Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法科高校の劣等生 第七話『入学編VII』 海外の反応

entry_img_86.jpg
以下MyAnimeListより翻訳





05-17-14, 8:53 AM
 えー、アクションはOK。
 凍傷の数々は痛々しかったな。
 予想してた通りだけど、ここでの達也は自分の技術を振るう事に慈悲はなかった。
 まぁいいや、悲劇的な終わりではなかったから。   (男性)


sotohan_mahouka7_img002.jpg


05-17-14, 8:54 AM
 彼らの本当の目的は主人公を引き抜くことだったのか。
 んで、記憶を改ざんするってか!? 壬生もこれに操られていたのね。
 主人公はリーダーと戦っただけではなく、桐原に復讐の機会を譲ったわ。
 この兄弟は信じられないほど驚きよ。  (女性)
 

sotohan_mahouka7_img004.jpg


05-17-14, 9:33 AM
 ああ、達也が絶賛されるための舞台だったな。
 『達也すげえ、すげえ』って感じ。
 そして敵はこうだ。
 『へい! 僕たちは君の学校を襲撃したんだ。そして君の大事な友達も死ぬ可能性があったかもしれない。ところで僕たちの仲間に入る気はないか?』
 みんなとても都合のいい魔法を持っているように思える。
 まるで敵が神への生贄として計画されていたかのようだった。
 でも、達也は深雪が手を汚してしまわないようにするために、敵を治療してあげたんだな。
 神よ、入学編を終わらせてくれてありがとう。
 この話は悪かった。4話か3話に縮めるべきだと思ったよ。
 今回の敵役は本当に弱すぎたしな……
 まるで散歩でも行くかのような気軽さで終わった。
 そしてまた近親愛のフラグがはためいている。   (不明)

sotohan_mahouka7_img005.jpg sotohan_mahouka7_img007.jpg


05-17-14, 10:09 AM
 どうでもいいけどみんなオープニングの彼をスザクって呼び過ぎ。
 これじゃ、遅かれ早かれ彼の本名を忘れてしまうよ。ハハッ。  (不明)


sotohan_mahouka7_img008.jpg


05-17-14, 11:40 AM
 今回はいつもよりも暗いエピソードだったね。
 達也と深雪は時にとても残酷になれるという事が分かった。
 言うまでもなく、桐原もね。
 腕を切り落としたのはちょっとやり過ぎだと思った。
 全てのシーンにおいて音楽がマッチしていた。
 さあ、九校戦が待ち遠しいな。  (ブルガリア 男性)


sotohan_mahouka7_img009.jpg
sotohan_mahouka7_img010.jpg


05-17-14, 11:45 AM
 流血のシーンに規制を入れなかった事はうれしかったよ。
 大部分では良いエピソードだと思ったけど、もっとうまくやりようがあったんじゃないかとも思う。
 願わくば、次のエピソードはもっと小説に忠実であって欲しい。
 このエピソードで、唯一頭を悩ませたのは、達也の分解の魔法の説明を省いたことだね。
 彼は物体の構造に直接干渉出来て、分解することが出来るって事だ。
 彼だけが使うことが出来る魔法の一つだってこともね。  (男性)


sotohan_mahouka7_img011.jpg


05-17-14, 11:52 AM
 素晴らしいエピソードだった!
 司のギアス、イビルアイは達也には全く効かなかったな。
 そして壬生はその眼によって洗脳されていたんだな。
 そして、達也が歩くだけで下っ端どもが道を開けたところが大好きだ。
 しかし達也に手を挙げたのはひどい過ちだった。
 お前ら、深雪はマジだぞ……!
 十文字と桐原のパートも同じく最高だった!
 エリカが壬生と桐原をからかっていた所もとても面白かったよ。  (男性)


sotohan_mahouka7_img012.jpg


05-17-14, 11:59 AM
 これ以上なんて言っていいのか分からない。
 ただ、この入学編が終わってくれたことはうれしい。
 今望んでいるのはマッドハウスが残りの物語を台無しにしないでいてくれることだけだ。  (男性)


sotohan_mahouka7_img013.jpg


05-17-14, 12:11 PM
 アクションは前回のエピソードほど壮大なものではなかったな。
 でも重要な情報を教えてくれた。
 そしてついに達也に匹敵する新キャラを見る事が出来るんだね。
 一条 将輝だっけ。
 そしてついに九校戦編に入っていく。
 とても興奮しているよ。
 壬生と桐原が一緒にいるところはキュートだった。  (男性)


sotohan_mahouka7_img014.jpg


05-17-14, 12:14 PM
 床を転げまわって笑ってしまった。
 将輝の声優はキリトの人なんだね。
 これは自分の認識とは合わなかったな@_@
 マッドハウスはノーライフノーゲームと魔法かの両方に彼を使ってきたか。  (不明)


sotohan_mahouka7_img015.jpg


05-17-14, 12:16 PM
 深雪のニブルヘイムは本当に最高だった!
 あの凍結のアニメーションとかね!
 深雪を怒らせてはいけない。もう既に分かってたことだけどな><
 十文字と桐原のコンボも最高だった!
 桐原の動きは本当にナイスなアニメーションだ。
 そしてあの斬撃! 残酷だ!
 あれほどの流血を見せてくるとは思っていなかったよ。
 まぁ、規制されずに見られたのはよかった^^
 桐原が司の腕を切り落とすのを達也が止めさえしなかったところはナイスだ。ヘヘッ。
 最後の最後で将輝が出てきたのはとっても心が惹かれるな。   (男性)


sotohan_mahouka7_img016.jpg


05-17-14, 12:28 PM
 赤い男がついに現れたな。   (メキシコ)



05-17-14, 12:29 PM
 まぁ、OKなエピソードだった。
 間違いなく前回よりもペース配分はよかったね。
 アクションと説明のバランスも良かった。
 達也がちょっと戦いの神すぎるけど、まぁそれはどうでもいいや。
 そしてやっとこの入学編が終わったことが嬉しい。
 次の九校戦は面白くなるだろうね。
 僕はもう既に将輝の事が、他の誰よりも主人公のライバルとして気に入っているよ。 (不明)


sotohan_mahouka7_img018.jpg


05-17-14, 12:45 PM
 このアニメは回を重ねる毎に悪くなっていくな。
 物語の構成や、高校生が他人の腕を切り落とした事に関する決定的な説明が全くされていない。
 妹の愛についても忘れてはならないね。
 うーん、なんか子供が書いた二次創作をアニメにしたものを見てる気分だ。  (不明)


sotohan_mahouka7_img017.jpg


   :Re・05-17-14, 1:01 PM
誰かが以前にはっきりと言ってたけど、僕はこれを何度も繰り返すよ。
『アニメの中の出来事を現実の基準で判断するな』
そうとも、これは確かに高校が舞台だとも。
でも、これは魔法科高校であり、第三次世界大戦後の魔法冷戦の最中の日本の出来事だ。
確かに桐原はやり過ぎだったかもしれないけど、
彼らのテロリストを取り押さえる行為は十文字や真由美などの名家の者の承認を得たことによって正当化されている。
それだけ影響力を持っている家柄ってことだ。  (アメリカ1)



sotohan_mahouka7_img019.jpg


   :Re・05-17-14, 1:16 PM
これについては別の所でも議論していた。
そのことは疑惑を止める理由にはならないよ。
彼らは高校生で国防を担う重要な人材であるが、
何の権限もなしに、自分たちから首を突っ込んでいったというのは事実だ。
テロリスト狩りは連邦政府によって決定されなければならない。
たかが高校生がそれをしてはならないだろう。
それでも、彼らの世界は僕らの世界とは違うんだから、現実世界と比較するなって言い続けるのか?
これは子供に殺人許可書を与えるようなものだよ。
政府は絶対そんなことしないと思うけどね。
それに、国防に関しても、魔法科の作品の中の日本政府がこれほど不介入を貫いている事に
僕は驚いちゃってるけどさ。  (不明)



sotohan_mahouka7_img020.jpg


   :Re・05-17-14, 1:22 PM
でも、君は十氏族の影響力を忘れていないか?
今回の事は十氏族の影響力がどれだけ強いかを示すためのもので、
平時の状況で彼らは間違いなく面倒事に巻き込まれているわけだ。
これは十氏族たちが釈放許可書を自由に行使できると見せる場面なんだろう。  (アメリカ1)



sotohan_mahouka7_img021.jpg


   :Re・05-17-14, 1:58 PM
テロリストたちはジュネーヴ条約の保護を受けないからね。
前のエピソードで述べられたように、彼らが学生ではない限り、
好きなように吹き飛ばしてもいいんだ。  (ブラジル 男性)


*ジュネーヴ条約は戦時国際法としての傷病者及び捕虜の待遇改善のための国際条約。


sotohan_mahouka7_img023.jpg


05-17-14, 12:47 PM
 今回はこれまでで最も強烈なエピソードだったな。
 そして、この物語の導入部分が終わったようでうれしいよ。
 僕はライトノベル既読者たちが言っている事が本当であることを望んでいる。
 つまり、これまでの部分はライトノベルでは最も弱いエピソードであり、
 物語の舞台を整えるだけに過ぎなかったということをね。   (カナダ 男性)


sotohan_mahouka7_img025.jpg


05-17-14, 12:59 PM
 彼らは本当に恋人のようだね。  (ブルガリア 女性)


sotohan_mahouka7_img026.jpg


05-17-14, 1:07 PM
 本当に良いエピソードだった。
 ナイスアクション。あの男は桐原のせいで腕を失ったのか。
 ワォ、なんて残酷なんだ。
 エリカは壬生と桐原をからかっていたね^^
 将輝……君を見てると本当にスザクを思い出すよ>.<
 次の編は次回から始まるようだ。
 お兄様数。
 一話:26
 二話:5
 三話:6
 四話:17
 五話:3w
 六話:12
 七話:14   (ドイツ 女性)


sotohan_mahouka7_img027.jpg


05-17-14, 1:23 PM
 クリムゾンプリンスは間違いなくスザクだな。   (男性)



05-17-14, 1:33 PM
 ついに来たわね。
 私はこのアニメをオープニングの最後に映っていた男を見たいがためにずっと見てきたんだ。
 次の九校戦編はもっと良いエピソードである事を強く望んでいるよ。  (ポーランド 女性)


sotohan_mahouka7_img028.jpg


05-17-14, 1:49 PM
 入学編が終わったのかな?
 僕はこれが永遠に終わらないのかと思っていたよw
 これで物語の導入が終わってくれる事を願う。
 そして、ついに達也に匹敵する相手が出てくるようだ。
 これまではずっと達也がどれほど強くて、いかに技術があるかという事の積み立てだったから、
 その達也に傷を与えられるヤツは強敵って事になるわけだね。
 あのスザクのクローンがライバルになるに違いないな。   (男性)


sotohan_mahouka7_img030.jpg


05-17-14, 2:02 PM
 将輝とコードギアスに出てくるスザクとの類似性を語るのは馬鹿げてるよ。  (イギリス 男性)


sotohan_mahouka7_img031.jpg


05-17-14, 2:32 PM
 このアニメはシスコンやブラコンを新しいレベルへと持って行ったな。
 このアニメは僕に良い影響を与えるとは思えないんだが。  (男性)


sotohan_mahouka7_img032.jpg


05-17-14, 2:37 PM
 クリムゾンプリンスと言われている男は自惚れているように見える。
 そして、壬生と桐原はくっついたんだね。手を切り落としたのに!
 あと車で門をぶち破ったシーンは楽しかったよ。
 達也は自分に向かういかなる攻撃をも無力化してしまった。
 達也の深雪に誰も殺させまいとする気遣いはよかった。
 四葉家は全くナイスに見えないな。
 まぁ兄弟の絆を見れたのは良かった。手を握ってたけど><  (カナダ)


sotohan_mahouka7_img033.jpg


05-17-14, 4:07 PM
 達也の魔法についての説明を全部飛ばしたのは本当にイライラする。
 作者が小説の中で、何度も何度も何度も繰り返し、
 達也の分解の魔法は全く音を立てないとはっきり述べていた点が好きだったんだ。
 でも、アニメでは音響効果を加えざるを得なかったのが……。  (不明)


sotohan_mahouka7_img034.jpg


05-17-14, 6:56 PM
 ちくしょう、深雪のニブルヘイム、あのクソ魔法はめちゃくちゃ怖いな。  (オーストラリア 男性)



05-17-14, 6:58 PM
 正直言って、壬生には達也のハーレム要員のままでいて欲しかったんだけどな。
 しかし悲しい事に彼女は桐原への恋愛感情を発展させてしまった。
 ちょっとがっかりしちゃったけど、アニメの流れに任せることにしよう。  (ニュージーランド 男性)


sotohan_mahouka7_img036.jpg
sotohan_mahouka7_img037.jpg


05-17-14, 8:10 PM
 弱くて馬鹿げた敵役と、最強の主人公の組み合わせには失望した。
 全体として入学編は整ってはいたけど、悪い物だったよ。
 神よ、やっと終わらせてくれて感謝します。
 さあ、次の九校戦がこのアニメに対する最後のチャンスだ。
 頼むからより良いものであって欲しい。  (男性)


sotohan_mahouka7_img038.jpg


05-17-14, 10:23 PM
 良かったし、まぁOKなエピソードだった。
 次のエピソードではもっと良くなることを期待しよう。
 そして、こんな馬鹿げた事を言うのは申し訳ない事なんだが、
 深雪よ、頼むから消えて欲しい。
 一体何度、どれほどに渡って君の『お兄様』を聞かなくてはならないんだ?
 まぁそれは忘れるとしても、君のゾッとする近親愛、ブラザーコンプレックスはどこに向かうんだ?
 別に近親愛をプロットに組み込もうがどうでもいいんだけど、これって本当に必要なのかな?
 願わくば、それが時間と共に落ち着いていって欲しいものだ。
 でも、美雪は物語のプロット上重要であることも分かってはいるんだけどね……
 まぁ、それ以上に達也がいつも通り最高でいて欲しいな。
 将来のエピソードではもっとアクションのフルコース作品になってほしい。  (女性)


sotohan_mahouka7_img040.jpg


05-17-14, 10:50 PM
 みんなが達也と恋に落ちる事はできないよw
 だって彼の妹が君を殺しに来るからね。
 入学編は終わったようだね。
 そして達也はやっぱり強すぎた! アハッ  (カナダ 男性)


sotohan_mahouka7_img041.jpg


05-18-14, 5:23 AM
 まぁ、このエピソードが魔法科はハーレムアニメではないことを証明したな。
 壬生が別の男とくっついたしね。  (ポーランド 男性)


sotohan_mahouka7_img042.jpg




 全体的に桐原が司の腕を切った事、そして一条がスザクに似ている事、九校戦を楽しみにしているコメントがとても多かったですね。
 あとはいつも通り、アンチと信者の殴り合いといった感じでしょうか。
 そして、小説既読者の九校戦に対する期待などなど。
 入学編の翻訳を終えてみて思ったのは、あまり日本の掲示板と変わらないという印象でした。
 こういう共通点が見れるのも面白いですね。
 次回以降どのような反応をするのかがとても楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

当然です。お兄様を誘惑する女狐は全員処刑します。

さすが

おにい

さま

ところで

壬生たんかわいい

翻訳ありがとうございます

さすが

おにいさま

異人さんが見てもスザクに見えるんだな…

よかった俺だけじゃなかったんだ

そのスザクもたいしたことなかったでござるの巻

入学編 魔法科高校がテロリストに襲撃される
九校戦 魔法科高校の競技大会がマフィアに妨害される
横浜編 魔法科高校の論文大会がテロリストに襲撃される

全部似たり寄ったりな話なのに、何故か面白い。不思議だ。

アメリカのドラマも似たようなもんだよ。
万能な警察や軍人が、仲間内で寝まくりながら
犯罪者やテロリストを捕まえる話ばかり。
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。