Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの憂鬱 『涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ』 海外の反応

entry_img_47.jpg
2006年放送順最終回
以下よりAnimeSuki翻訳

2006年放送当時の感想です。



2006-07-02, 08:34
 二期の情報が来なかったら私は死ぬと思う。  (アメリカ)



2006-07-03, 05:07
 偉大なシリーズの最後に相応しいエンディングだ。
 今から二期があることを期待しようじゃないか。  (不明)


sotohan_haruhi6_img003.jpg sotohan_haruhi6_img001.jpg
sotohan_haruhi6_img002.jpg sotohan_haruhi6_img004.jpg


2006-07-03, 05:35
 京アニの名に恥じない美しいエンディングだったね。
 このエンディングは神人が崩壊していくシーン以外はがっかりすることはなかった。
 他の部分は小説よりもうまく描かれていたからね。  (男性)



2006-07-03, 06:02
 素晴らしい番組に相応しい終わり方だ。個人的感情としては完璧と言える。
 ハルヒは最も偉大なアニメキャラクターの一人ありで、平野綾は素晴らしい演技をしてくれた。
 そして京アニ自身も特別だった。  (不明)

sotohan_haruhi6_img005.jpg sotohan_haruhi6_img006.jpg


2006-07-03, 06:14
 このエピソードは単純に美しい。そして小説よりも良い出来だと思える唯一のエピソードだ。
 キョンと谷口のシーンはとても愉快だった。
 キョンとみくるのシーンは見ていて楽しかった。
 クライマックスは完璧だ。
 今や、ハルヒ様は憂鬱から抜け出す理由を見つけたんだね。
 完璧なエピソードだったよ。満点だ。  (不明)

sotohan_haruhi6_img007.jpg


2006-07-03, 06:57
 たまにキョンの妹がみくるに似ているように思えるんだが……。
 もしキョンの妹が『禁則事項です』っていったら僕は本当にびっくりするよ。
 キョンが妹をとても可愛がっているのなら、妹が家族を心配して過去に戻るというのが一番しっくりくるんだけどね。
 もしくはみくるはキョンの曾×5孫であるのかもしれない。  (アメリカ)



2006-07-03, 07:20
 このエピソードを愛している。十点中十点だ。
 僕は長門のファンかもしれないけど、
 最後の部分では、キョン×ハルヒがもっとも心温まる組み合わせだと思った。
 オウ、イェァ! 妹がベッドからキョンを起こしているシーンが大好きだ。
 なんて惹きつけられるシーンなんだろう。
 そしてキョンがでたらめ話をでっち上げてるシーンも大好きだ。
 谷口「うそつけ」 キョン「ちっ」  (男性)



    ・2006-07-03, 07:46
もしくはキョンの妹は本当はキョンの血縁でなかったりするのかもね。
忘れてはならないのが、小説でもアニメでも彼女には名前が与えられていなかった。
彼女への呼び名は全部『妹』だった。
何か重要なものの産物だったとしても僕は驚かないよ。   (男性)


sotohan_haruhi6_img009.jpg sotohan_haruhi6_img011.jpg
sotohan_haruhi6_img012.jpg sotohan_haruhi6_img013.jpg
sotohan_haruhi6_img015.jpg sotohan_haruhi6_img016.jpg


2006-07-03, 15:22
 音楽がとても素晴らしかった。
 今回はマーラーの交響曲第八番がキョンの背後に巨人が現れたときや逃走するシーンで流れていたね。屈指の名曲だ。  (アメリカ 男性)



2006-07-04, 09:43
 このエピソードで起こった全ての出来事がめちゃくちゃ愛しい。
 二人の関係の雰囲気の変化や、化身が大暴れしていたときの音楽、そしてキョンのナレーション、映像撮影技術、すべてが最高だった!
 僕の記憶に京アニの名が刻まれるだろう。
 これはお気に入りのエンディングだよ。これはトップ5に入る出来だ。
 終わってしまってとても憂鬱だよ ;__;  (男性)

sotohan_haruhi6_img018.jpg sotohan_haruhi6_img019.jpg


2006-07-04, 11:04
 ずっと尋ねたかった疑問があるんだけどさ。
 キョンはあの空間から抜け出したいという理由だけでハルヒにやむを得ずキスをしたんだろうか?
 そして、ハルヒはキスされることを望んでいたんだろうか?
 それともむしろハルヒはキスしてもらうためにキョンと自分を夢の中へと運んだんだろうか?
 これはハルヒがキョンにやむを得ずにキスさせるためだったんだろうか? (不明1)

   

   ・2006-07-04, 11:16
小説の通り、アニメでもキョンがやった。
そしてキョン自身、キスする時に目を閉じていたからハルヒの反応は分からない。
アニメではキスシーンのクローズアップがなかったから、
キャラクターの感情を観衆が捉えることは出来ないよ。  (不明2)


sotohan_haruhi6_img022.jpg sotohan_haruhi6_img020.jpg


   ・2006-07-04, 11:40
彼らのリアクションは見られなかったけど、
ハルヒは次の日に髪をポニーテールにしてきたじゃないか。
これは彼女が完全に不愉快なものだと思っていない事のヒントになると思うけど。  (男性)




   ・2006-07-04, 11:48
僕が言いたいのはキョンがやむを得ずハルヒにキスしたことは外に出るための打算ではないのかって事。
彼はやむなくキスさせられた、言い換えればハルヒがキョンにキスをやらせたとも言える。
白雪姫や眠れる森の美女は魔法によって毒を盛られて、キスによってのみ呪いが解けるという話だ。
ハルヒはキスしてもらうための呪文を『使った』のではないか?
もしキョンがやむなくキスしたか、やむなくキスをさせられる状況に置かれたとすると、ハルヒにキスする事はキョンにとっては喜ばしいことではなく、気が進まない事になるのではないかな?   (不明1)


sotohan_haruhi6_img023.jpg sotohan_haruhi6_img024.jpg


   ・2006-07-04, 12:40
君には実際もっと考えるべき疑問があると思う、”なんでキスが元の世界に戻る鍵なのか?”ってことだ。
なんでハルヒがキスをしてもらった後、再び元の世界に帰ろうと思ったのかを考えると良い。
もしこの答が分かれば、君の答えもおのずと分かると思うよ。  (不明3)




   ・2006-07-04, 12:43
僕が聞きたいこととは少しずれてるな。
つまり、繰り返すがハルヒは自分自身を白雪姫や眠り姫の立場に変えてしまったんじゃないかって思うんだ。
キョンのキスによって自分自身を夢から呼び起こしてもらうためにね。  (不明1)


sotohan_haruhi6_img026.jpg sotohan_haruhi6_img025.jpg


   ・2006-07-04, 12:59
京アニはこのシーンのキョンの独白を飛ばしたからね。
小説ではこの直前にキョンの甘い語りがあるんだよ。
以下引用。
"わかったぞ! 朝比奈さんは何か言ってなかったか? そう予言だ! そして長門の最後のメッセージ。
白雪姫と眠れる森の美女。そうとも、いくら俺でもSleeping Beautyの意味ぐらい知ってる!
この二つの物語の共通点は何だ? 俺たちの置かれている状況から、答えは明白だ。
おい、これはちょっとダメだろ。 ダメだろ!
朝比奈さん、長門。こんな展開は決して認めるわけにはいかない!
俺の理性が主張する。しかし人間は理性のみによって生きているわけではない。
長門ならばそれをデーターの混乱と呼ぶかもしれない。
俺はハルヒの手を放させて、彼女の方をつかみこちらを振り向かせた。"

    
以上からキョンはやむを得ずハルヒにキスしたと言えるが、嫌だったわけではない。
個人的には、ハルヒがキスしてもらうために夢の中に連れ込んだとは思わないけどな。
ハルヒがキスを嫌がったら、どっちの世界も滅び去るんじゃないかな。   (不明)

*小説文章の引用に関しては、再翻訳したものであり、
日本語原版とは細部異なりますのでご了承ください。

これに関して少々興味深かった事。
日本語版小説で長門は理性に紛れこんだ物をノイズと言っておりました。
あちらでもノイズはそのまま翻訳されるのかと思っていたのですが、
どうも英語版では『Mixed up data』となっているようですね。


sotohan_haruhi6_img027.jpg


2006-07-04, 11:46
 なんて最高の最終回なんだ……!
 でも、くそっ! まだ八分の一の要素しか使ってないし、小説などは出続けている。
 ここで終わってしまうわけがないよな!?  (不明)
 


2006-07-04, 13:05
 わぉ、ラストエピソードは犯罪的に素晴らしい。
 僕は二期を本気で望んでいるよ。
 しかし二期がなかったならば、
 このような素晴らしいアニメをこれまで見れたことに満足することにする。 (不明)

sotohan_haruhi6_img029.jpg


2006-07-04, 11:51
 絶対に満点だ。実際このアニメが終わってしまって動揺や悲しみを感じている。
 しかし、その一方でこの最終回にはとってもとっても満足しているんだ。
 物語を見終えた後、このような気持ちになったのはとても久しぶりの事だよ。
 さあ、二期を期待して祈ろうじゃないか!  (ヨーロッパ 男性)



2006-07-04, 12:06
 最近までずっと小説版を読んでいたから
 いままで京アニがどれほどうまく各章をヴィジュアル化、アニメ化できたのかは分からなかったんだけど、京アニは本当に小説の魅力をうまく引き出していたんだね。良い仕事をしてくれたよ!
 カノンの後に二期をやってほしいね。  (不明)

sotohan_haruhi6_img030.jpg sotohan_haruhi6_img031.jpg


2006-07-04, 13:09
 ポニーテールがキョンに対する本当のご褒美なんだろうね。  (不明)



2006-07-04, 13:44
 キョンのモノローグや発言をいつもいつも真剣に捉え過ぎない方がいいと思うけどなぁ。
 文字通りという程度にとどめて置いた方がいい。
 『あなたにそんな事をして欲しくない』って言いながら、内心ではそれを望んでいる人もいるようにね。
 キョンはそれを口に出来なかったり、認めたくなかったりする場合もあるんだよ。
 だからキョンの発言通り、ハルヒのことを好きかどうかは分からないんだよなぁ。
 とは言っても、彼はモノローグで示唆しているほど、うんざりしていなかったのもまた事実なんだよね。
 キョンがとっても皮肉屋なのはみんなも思い出せると思うんだ。
 『ハルヒがキスを望んでいたか』とか、『それを好ましく思ったか』については、
 ここで指摘している人もいるように、、翌日のポニーテールがその全てを物語っていると思うよ。
 僕はあのシーンの演出のされ方が大好きだった。
 キョンはポニーテールについて特に何か言ったわけではない。
 なぜならキョンはハルヒに面と向かって、真面目にそれを言う自分を想像できなかったからだろう。
 彼はただハルヒの髪に焦点を当てて『似合ってるぞ』って言っただけ。
 このシーンで京アニの素晴らしい仕事ぶりが分かるってもんだ。
 おぅ、そして最後のみくるのシーンは純粋に最高だったよ。
 小説を読んでいたから何が起こるかは知っていたけど、それにもかかわらず大笑いしてしまった。
 みくるの『きゃぁぁぁぁ!』は扱いに困るほどかわいかった。   (不明)

sotohan_haruhi6_img032.jpg
sotohan_haruhi6_img033.jpg


2006-07-04, 14:29
 僕の解釈ではキョンはまだハルヒに対する感情を決めかねているんじゃないかと思う。
 時系列順に並べたときの後半のエピソードでもそれは明らかだ。
 彼は未だ直感的にハルヒの事を、やっかいで迷惑で横柄な人間と見なしている気がする。
 もしキョンが自分に正直になって、ハルヒのことをもう少し真剣に考えたら、彼女と一緒にいることは嫌なことではないと気付くだろうね。
 まぁ、彼がそれを認める前にもっともらしい理屈を並べるだろうけど、
 ハルヒのことを気にかけ始めたというのは明白だ。
 事件の最中は、正確にはキョンがハルヒにキスする計画なんて立ててなかった。
 そしてキョンはそれのことをあまりにもベタだと言ってた事実から、やはりキスしたことはキョンにとって嫌なことではなかったと思う。
 でも、やっぱり彼が望んでいたすべての事は元の世界に帰る事だったのだろう。
 そして彼がそのために出来る唯一の選択をしたに過ぎない。 (男性)


sotohan_haruhi6_img034.jpg sotohan_haruhi6_img035.jpg


2006-07-04, 14:37
 おいみんな、僕はちょうど一か月前にREM睡眠や夢のこと、そしてフロイトの事を学習したばかりだ。
 アニメでそれが出てくるなんてほとんど思いもしなかったよ!  (不明)

sotohan_haruhi6_img037.jpg sotohan_haruhi6_img038.jpg


2006-07-04, 16:01
 キョンは明らかにハルヒに対して性的魅力を感じてるだろ。
 これを否定したい人はバカなだけ。
 キョンは強烈な皮肉癖を除けば典型的な十代だ。
 そしてキョンにとってハルヒは友達以上の価値がある。
 まぁそれが愛なのかについては疑いがあるが、
 そこに向かって進行していくと踏んでいる。  (不明)
 
sotohan_haruhi6_img039.jpg sotohan_haruhi6_img040.jpg


2006-07-04, 17:28
 GOD Knowsの歌詞……このエピソードにめちゃくちゃぴったりじゃん。 (不明)
 


2006-07-04, 17:35
 素晴らしいエピソードとエンディングだった。
 でも、まだ分からないんだけど、ハルヒはいつ、どのようにキョンのことが好きになったの?
 最初の方でハルヒは「以前どこかで会ったことある?」って言ってたけど。
 つまりこれは以前からこの二人は知り合いでハルヒは昔からキョンの事を好きだったってこと?
 いつかその場面が見られることを期待しよう。  (不明)

sotohan_haruhi6_img043.jpg sotohan_haruhi6_img044.jpg


2006-07-04, 22:52
 とても強烈なエピソードだったけど、自分が望んでいた終わり方とは違うな。
 閉鎖空間が崩れ落ちるときは"Noooo---!!"って感じだったよ。
 ハルヒ、ちくしょう、君は創造のタペストリーを振るっていたのに、
 結局、愛のようなものに振り回されちゃうのかい?  (男性)

sotohan_haruhi6_img045.jpg


2006-07-04, 23:33
 ぎゃああああ!!!! もっと見たいんだよぉぉぉ……はぁ……ため息。
 みんな、僕はキョンとハルヒの仲の進展がとても好きだった。
 とっても可愛いよね。
 くそ、これがラストエピソードだなんて信じられないよ……。
 もし、二期やOVAのように物語を続かせるものがあったなら、
 僕は素早く飛びつくだろう。  (アメリカ 男性)

sotohan_haruhi6_img047.jpg


2006-07-05, 00:19
 素晴らしいエピソードだ。そして素敵なエンディングだったね。
 十点満点に値するよ。
 閉鎖空間が消滅するときの演出はとっても気に入った。
 そしてキョンの妹はめちゃくちゃ可愛い!  (カナダ 男性)



2006-07-05, 00:34
 おお、わかったぞ。
 これはハルヒがお姫様でキョンが王子様、そしてキスですべてを解決するおとぎ話なんだね。
 確かに素晴らしいエンディングだし、キョンが「実はポニーテール萌えなんだ」って言ったときは笑った。
 でも、キョンは本当に変態なんじゃないかと思っちゃうよ。
 みくるの事もいやらしい目で見ているよね。
 ふむ? でも猫耳、ナース服、そして女王様だって? おいおい、ちょっと待ってくれよ!
 コスプレをしたみくるに刺激されるキョンの気持ちが分かった気がする。
 最終回は満点に相応しい出来だった。  (イギリス 男性)

*キョンの「ポニーテール萌え」発言が「ponytails turn me on」と訳されていたようです。
有志による字幕ですし、公式の訳はちょっと分からないですが、
少なくとも"turn~on"だと萌えのニュアンスは消えてしまうような……
turn+人+on で 人の興味を引き付けるという意味ですが、そこには性的なニュアンスが含まれてしまいます。
そうなるとキョンが言いたかった萌えの定義から若干逸脱する気がしちゃう。
……結構難しいですよね。この言葉。
察するにこの方はそれを見てキョンを『髪フェチ』とでも捉えたんでしょうか……。




2006-07-05, 01:54
 素晴らしい、素晴らしい、素晴らしいエンディングだった。
 ためらうことなしに満点をつけられるよ。
 もののけ姫で出てきたようなアレが大好きだったし、
 音楽も一樹のスピーチも大好きだ。
 有希の音声なしのチャットもよかったね。  (男性)

sotohan_haruhi6_img048.jpg sotohan_haruhi6_img049.jpg
sotohan_haruhi6_img054.jpg
sotohan_haruhi6_img053.jpg


2006-07-05, 03:16
 いつも通り、素晴らしいエピソードだった。
 今から二期を待ち望んでいるよ!!!!  (不明)

sotohan_haruhi6_img056.jpg


2006-07-04, 15:14
 みんな考えすぎなんじゃないかな。
 この物語自体が何が起こり、そしてなぜなのかをうまく体現してると思うよ。
 15:32分のシーンから見てみようか。
 キョンとハルヒは突如として奇妙な状況下に置かれてしまった。

sotohan_haruhi6_img057.jpg sotohan_haruhi6_img061.jpg

 キョンは新しい世界が望ましくない事を示すいくつかの理由をあげ、元の世界に戻りたくはないかとハルヒに尋ねた。
 たとえば、この世界に食べ物があるのかどうかとか、SOS団を築き上げた努力はどうするんだとか。
 でもその都度ハルヒはペラペラと『分からないけどうまくいきそうな気がするのよ』って感じで話そらしていたよね。でも16:06分のところで、キョンが『俺は戻りたい』と言うとハルヒは初めて躊躇いのようなものを見せた。
sotohan_haruhi6_img060.jpg

 ここから半分はキョンによるとても興味深い論説のターンだ。
 そして彼は「こんな状況に置かれて始めて発見したよ。俺はなんだかんだいって今までの暮らしが結構好きだったんだな」と言っていた。
 これはキョンの人格について深い洞察を与えてくれる。

sotohan_haruhi6_img062.jpg

 つまり、彼の独白で不満を言ってる時は彼の本心だと捉える必要はないってことだ。
 思い返してみると、彼はずっとSOS団についての不平不満を言い続けていたが、去ろうとはしなかった。
 これは人間の義務感からくるものだと思うかい?
 僕はキョンがそこにいる仲間たちが好きだからSOS団に居続けたんだと信じるよ。
 そして彼が不平不満を言うのはただの性格だってことだ。
 キョンはハルヒにいつもいつも振り回されていたけど、キョンがハルヒのことを嫌いだと考える理由にはならない。

sotohan_haruhi6_img070.jpg

 そして次に彼は、学校の仲間たちに囲まれてどれだけ楽しかったかについて言及した。
 その中にはみくる、有希、一樹、そして驚くべきことに朝倉まで入ってる。
 それに対する、ハルヒの返答はとても興味深かったね。

sotohan_haruhi6_img063.jpg

 「また会えるわよ。この世界だって永遠に闇に覆われているわけじゃない。
 明日になったら太陽だって昇ってくるわよ。私にはわかるの」とのことだ。
 裏を返せば、ここでハルヒはそれらの人々が新しい世界に存在することを約束したんだ。
 これは新しい世界が、部分的にとはいえ、キョンの望み通りになることを意味する。
 だがキョンはきっぱりと、それじゃダメなんだと言った。
 『元の世界で元の世界のアイツら彼らと会いたいんだ。この新しい世界の運営を止めろ、これは俺が望んでいるものじゃない』って感じの事をね。

sotohan_haruhi6_img064.jpg sotohan_haruhi6_img066.jpg

 そしてハルヒは手を振り払い立ち止まって言った。
 『わかんないわよ。 あんただってつまんない世界に飽き飽きしていたんじゃないの? もっとも面白いことが起こって欲しいと思ってたんじゃないの?』
 この時のハルヒはか弱い子犬のようだったよ……。
 最も驚いたパートはここだったね。

sotohan_haruhi6_img065.jpg

 一体いつ、キョンがハルヒに対して元の世界が退屈だなんて言ったんだっけ?
 ハルヒこそが退屈していた主体であったと考えられていたけど、ここでの彼女の言葉や動作は、実はハルヒ自身のためではなくてキョンのために新しい世界を作ったとも解釈できる。
 彼女自身のためではなくてキョンの為にだ。

sotohan_haruhi6_img068.jpg

 そしてもっとブッ飛ぶようなことをキョンが言った。
 「思っていいたも」と答えたんだ。
 これは完全にキョンが視聴者に対して言っていた事とは異なるよね。
 だって彼は何度も普通の生活を望んでいると言っていたんだから。
 このエピソードの冒頭部分でも、『宇宙人や未来人や超能力者本人がハルヒに話してやればいいのだ。その結果どうなっても知らない』って感じの事を言っていたからさ。
 キョンはここでハルヒに嘘を吐く理由はない。
 キョンはハルヒに真実を伝えて、本当のことを白状すればいいんだよ。でもしなかった。

entry_img_47.jpg
 
 そしてキョンが元の世界に戻りたい理由を聞いたかな?
 元の世界にはエイリアンやタイムトラベラー、超能力者がいるからだ。
 決して普通の生活を取り戻したいという理由ではなく、古い世界はすでにたくさんの非日常が存在するからという理由なんだよ。
 そしてキョンはハルヒに対して「自分では気付いていないかもしれないが世界はお前を中心に回っていた」ということを告げた。
 ハルヒはそれを理解できなかったようだけど、その結果としてハルヒは新しい世界が良いものだと考えるものを思い直し始めたんだ。

sotohan_haruhi6_img075.jpg

 この世界じゃキョンは幸せになってくれないんだと彼女は悟ったんだろうね。
 それはハルヒにとって、とても重要なことだったんだろう。
 だからハルヒも元の世界で幸せになるための理由を欲しがった。
 だから、キョンとハルヒはキスをしたんだ。   (不明)


sotohan_haruhi6_img074.jpg


   ・2006-07-04, 15:54
その分析には驚いたよ。確かにある意味理に適っているね。
結局のところ、たぶんキョンの合理的な思考癖が信じる心を阻害してしまうんだと思う。
心の奥底ではハルヒが望んでいたようなことをキョンもまた望んでいたんだろう。
だからこそキョンは無意識のうちにSOS団やハルヒに惹かれていたのではないかと思う。
キョンの独白が我々をずっと欺いていたかもしれないということには同意だ。
でもそれは、彼の語りはキョンの理性的な部分によって話されていたという理由でね。
彼は昔に一度何でも信じる癖があったから、今ではそれを信じなくなったのだろう。  (男性)



sotohan_haruhi6_img075.jpg


2006-07-05, 06:47
 ハルヒはいつも着替える時にキョンがいても気にしなかったのに
 急に気にし始めたのはどういう心境の変化なんだろう?  (オランダ 男性)



   ・2006-07-05, 08:37
ハルヒがキョンの事を好きになってしまったからでしょ。
彼の前で服を着替えることがどれだけ恥ずかしい事なのか、気付いてしまったんじゃないの? (イギリス 男性)



sotohan_haruhi6_img076.jpg sotohan_haruhi6_img077.jpg


2006-07-05, 15:06
 ちょっと待って、何だって?
 僕は戸惑っているんだけど、え? これが最終回なの?  (不明)



  ・2006-07-05, 15:07
そうだよ。時系列順だと違うけどね。  (男性)




  ・2006-07-05, 15:29
イエスでもありノーでもある。
放送順の最後であり、小説の一巻の終わりがこれなんだ。
アニメ一期の時系列順では、真の終わりはサムデイ・イン・ザ・レインだけどね。  (不明)


sotohan_haruhi6_img079.jpg sotohan_haruhi6_img080.jpg


2006-07-05, 15:48
 あーあ、もっと続きが見たいよ。
 えっと、十四話がたった本一冊なの?
 それは朗報だ。  (不明)



   ・2006-07-05, 15:52
大部分のラノベ原作アニメのようにアニメ化するときには、物語を短くしたり、長いストーリは他の巻の話と差し替えられたりするからね。
だから、基本的に一巻だけど、実際は違う。  (不明)


sotohan_haruhi6_img081.jpg


2006-07-05, 23:38
 わぉ、ついに十四話を見終えて、満点を投票したわ。
 エンディングは100%完璧だったわよ。
 キョンがハルヒにキスする前のパートが大好き^^
 眠れる森の美女や白雪姫のコンセプトもよかったわね。
 私が望んでいたことをすべて説明してくれた場面でもある。
 率直な答えを与えるのではなく、小さなヒントを使って示してくれた、十分理解できるものだったわ。
 涼宮ハルヒの憂鬱! イェイ!  (カナダ 女性)

sotohan_haruhi6_img082.jpg


2006-07-06, 03:58
 一つ不確かなことがあるんだけど、なんで長門は『Sleeping Beauty』って伝えるかわりに、
 もっと分かりやすく『ハルヒにキスしろ』って伝えなかったんだろうね。
 思うに、未来のみくるは現代のタイムラインに明確な変化を与えたくなかったから、迂遠な手段を選んだと考えられるんだけど、有希にはそんな制限ないよね?  (男性)



   ・2006-07-07, 00:58
彼女みたいな情報統合思念体は明らかに本の虫だ。
だから、眠れる森の美女の隠喩が合理的だっただけだよ。
そして『ハルヒにキスしろ』とかその類のものだとおそらくキョンは拒絶すると確信できるよ。
その結果、世界が滅びる。  (不明)


sotohan_haruhi6_img085.jpg sotohan_haruhi6_img084.jpg


2006-07-06, 04:55
 とんでもない、それが有希の物事のやり方ってだけでしょ。
 彼女はなんでも直接言うタイプではない。
 本のしおりの件を見てみればいいよ。
 有希はキョンに待ち合わせの場所に来てと言う事も出来た。
 でも、それをやる代わりに有希は本にしおりを挟んで待ち続けた。  (中国 男性)



    ・2006-07-06, 08:12
それが彼女のいいところだよね……。
ちょうど、女性が男性に対してさりげない思いを伝えるかのように。
直接それをいう事はなく、遠まわしな糸口を男性に与えるんだよ。
まぁ、大抵それは破綻するんだけどね……w
その点で有希は率直な物言いをするタイプの人じゃないって理解できる。
でもなんでみくるはキョンに対してハルヒにキスしろって言わなかったんだろう。  (イギリス 男性)




    ・2006-07-06, 08:17
既に言ってる人がいるけど、過去の人間に未来の出来事を伝えることは許されていないからでしょ。
朝比奈さんが出来る唯一の事はヒントをあげることだけだった。  (不明)


sotohan_haruhi6_img088.jpg


2006-07-06, 04:59
 有希はミステリアスでいることが好きなんだよ。
 でももっと融通を利かせても良かったかもね。
 だって、世界の終焉がかかっているんだから。  (男性)



2006-07-06, 06:37
 有希は終焉を前にしてあまりにもクールだったw  (不明)

sotohan_haruhi6_img089.jpg


2006-07-07, 11:40
 キョンに同意、ハルヒのポニーテールはとっても魅力的だ。 (不明)



2006-07-08, 01:28
 キョンはみくるに気があったように思えたけど
 結局ハルヒとくっついちゃったか。  (不明)

sotohan_haruhi6_img090.jpg sotohan_haruhi6_img091.jpg


2006-07-09, 11:48
 街中を散歩していてもこの最終話の事しか頭に浮かんでこない。
 このことは満点をつけるに躊躇いのない理由だよね。
 このアニメは僕がオタクになってからの八年間でもっとも素晴らしいアニメだった。
 音楽、アニメーション、演出どれをとっても素晴らしい。  (不明)



2006-07-10, 21:37
 思うんだけど、キョンは日本より西洋の聴衆にウケるんじゃないだろうか。
 僕らは日本人たちよりも皮肉を理解する傾向があるから。   (アメリカ 男性)

sotohan_haruhi6_img092.jpg sotohan_haruhi6_img094.jpg



2006-07-10, 23:03
 いや、それも結構難しい問題だよ。
 西側諸国の人たちでキョンについての悪評を言ってまわってる人もいるから。
 弱虫とか、わざとらしいとか、役立たずとかいろいろ。
 彼らには期待外れだったよ。なんでキョンを嫌うのかが分からない。  (不明)

sotohan_haruhi6_img095.jpg


2006-07-11, 01:27
 話は変わるけど、キョンはみくるばかりに見とれていたわけじゃないんだよね。
 小説では頻繁に、みくるが来ているコスプレをハルヒが着たらどうなるのか、想像しているシーンがあったしw
 そしてハルヒのセンスはいつもキョンの心を捉えているんだよ。
 バトルウェイトレスとかさw  (不明)



2006-07-22, 19:11
 キョンって実は結構変態だよな。よくみくるの妄想しているし、
 言うまでもなく、みくるの画像を捨てる代わりに隠しファイルに保存してたこともある。
 このシリーズでもっとも面白い瞬間がそこだったw  (男性)

sotohan_haruhi6_img096.jpg sotohan_haruhi6_img098.jpg



2006-07-22, 21:08
 白雪姫と眠れる森の美女には共通した一つのエンディングがあるよね。
 白雪姫は毒りんごを食べて、死んでしまった。
 しかし王子様とのキスによりその魔法は解けたんだ。
 
 眠れる森の美女は魔法の毒針で気絶して、眠りに陥ってしまった。
 そしてまたその魔法は王子様によって解かれることになる。

 ハルヒの魔法を解き、彼女の夢から目を覚まさせるために、
 キョン王子はハルヒ姫にキスをしなければいけないんだ。  (不明)
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

この話の翻訳待ってました!
ありがとう

当時のコメを読むと、最近のアニオタが海外に近づいているように思われる。
目についた物を片端から、ケチつける所とか一方向からしか考えない所とかw

翻訳お疲れ様です。初見時を思い出すなあ

あくまで個人的な考えだけど、
1.ひと昔前に比べて生の感想を見られる機会・場所が増えたこと
2.年数の経過とともに作品自体の絶対数が増加&所謂平均的な作品がほぼ大半であること

この2点も最近の~云々の主な要因かなと。あ、別にハルヒがどうこうじゃなくてね。

一昔前よりアニメを観る人の経験値が増え、受け手の目が肥えた。
その結果、視聴者の目のつけ所が変わった。
目のつけ所が変わり、今まで気にならなかったところが気になるようになった。
その結果、難癖が増えた、っていうのもあるだろうね。
あるいは単純に視聴者の年齢層が上がったことが原因で辛口が増えたのかもね。
一方向からっていうよりも、むしろ今の方が多面化してると思う。


管理人さん、特盛の翻訳ありがとう。

最後のポニーテールほめられた時のハルヒのリアクションはぎりぎりわからないんだよな
キョンが知らないこと気付かないことは描写されないっていう
一人称のアニメ演出に当時すげーってなったの思い出した

翻訳お疲れ様です。
リアルタイムで見てなかったから知らなかったけどハルヒの次がカノンだったのか。
京アニは中二以降、keyや角川なんかの他社の原作から距離を置いているようにみえるけど、またいいのがあれば何かやってほしいな。
杉田さんはキョン、祐一と立て続けに出てたんだな。

時系列順で放送されてないので、最終話が分かりにくくなってるのか・・・
一巻の終了時だからこそ、ハルヒも「フロイト先生も爆笑だぜ」って転げまわっているのが想像できたけど、ほかのエピソードも終わった後だと新しい世界から帰ってこない可能性も少し出てくるからなぁ。

 「思っていいたも」に吹いた
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。