Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONSTER 第39話『目の中の地獄/The Hell of His Eyes』 海外の反応

entry_img_460.jpg
以下MyAnimeListより翻訳





sotohan_monster39_img002.jpg


・ルンゲvs理屈だな。



Re:これは……これは、なんて言っていいのかなぁ……。
もうルンゲの勝ちでいいよ。
誰かコイツにメダルを送ってやれ。


sotohan_monster39_img003.jpg


・ルンゲが病院に行き、ヨハンを見つけて欲しいと言うカールに会い、何が起こっているのかを分かり始めた。
ヨハンに繋がる証拠を手に入れたようだね。
まぁ、これでルンゲがテンマじゃなく、ヨハンを疑い始めるいい機会だ。  (フィンランド 男性)


sotohan_monster39_img006.jpg


・ルンゲはシャーロックホームズの格言である『不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる。 』という言葉を明らかに忘れてしまっている
もしヨハンがルンゲの前に現れて『僕が人殺しをした』と言っても、彼はテンマを責め続けるだろうな。  (男性)


sotohan_monster39_img007.jpg


・ついにルンゲは光明を見たのかな?
ああ、そうであって欲しいものだ。
ルンゲがヨハンの存在はテンマの頭の中のみにしか存在しないと思っているのは本当にイライラしてたからね。   (ポルトガル 男性)


sotohan_monster39_img008.jpg


・今回の事でルンゲは少なくともヨハンが実在する可能性について考えるようになった。
でもヨハンがあまりに完璧すぎるという事で最後にその考えを捨ててしまったようにも思える。
しかしこれだけ多くの人がヨハンについて言及しているんだから、どれほど無関心でいられるものかな?
写真や彼の実在の証拠まであるわけだしね。   (リトアニア 男性)


sotohan_monster39_img009.jpg


・なんでみんなルンゲを嫌うのか分からない。
かれは素晴らしいキャラクターであり、攻殻機動隊2ndGigのゴーダを彷彿とさせる男なのに。
彼の顔や所作までもがね!   (男性)



・ワォ、ルンゲはヨハンを現実だと認めざるを得なかったね。
でも彼の行動が完璧すぎて悪魔的であるから認めたくないようだ。    (男性)


sotohan_monster39_img010.jpg


・ニナが生きている事を神に感謝しよう。
そしてカールがついにルンゲにヨハンの存在に気付かせたようだね。
ついにルンゲがテンマを諦めるのかどうかを考えてワクワクしてる。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster39_img011.jpg


・ルンゲはバカだ。
いつもテンマが犯人では無いというたくさんの証拠があるのに。



Re:もし実際テンマが精神分裂症であるならば、たくさんの事に合点がいくけどね。



Re:実際そうだったらすごいどんでん返しだな。


sotohan_monster39_img012.jpg


・僕が深読みしてるだけかもしれないけど、ニナはテンマになんらかの感情を持っているのかな?
そうだとすると、ちょっと歳の差があり過ぎるように思うんだよね。
ただテンマとニナの間で何かあったら、ちょっとエヴァが気の毒に思える。
エヴァもまた孤独な人だから。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster39_img014.jpg


・ルンゲは自分のロジックをどこかに捨てられないものかな?
まるでテンマが悪人である夢をみたから、テンマを追わなければって言ってるようなもんだ。


sotohan_monster39_img017.jpg


・もしLやキラがこのアニメに出ていたならば、謎は一瞬で解けるだろうに。



Re:賢さという事に関しては、ヨハンもまたLやライトのレベルだけどな。



Re:でもライトなら、テンマをたやすく殺せるだろうな。
なぜなら彼の名前はテレビで放送されているのだから。


sotohan_monster39_img018.jpg


・このエピソードは火事の後の小休止って感じのエピソードだったね。
ただ、ちゃんとした理由もなしにヨハンが逃げおおせた事についてはまだ納得出来てないな。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster39_img019.jpg


・ジョークなのか分からないけど、ヘレンカ・ノヴァコバーのヘレンカってのはチェコの名前じゃないね。
でもチェコ語でhalenka っていうのは服のブラウスを意味する言葉だよ。
正しい名前としてはHelenaかな。
Helenkaと特定の女の子に対して呼ぶのであれば、とても彼女に近しく、特に大人が自分の娘や孫に対して使うものだね。   (男性)


sotohan_monster39_img020.jpg


・ヨハンの母親を探す事はヨハンが何者であるか、そして何がヨハンを変えてしまったのかを理解する手がかりになるだろうな。


sotohan_monster39_img021.jpg


・ニナが記憶を取り戻した。
これで彼女たちの過去の真相に一歩近づく事が出来る。
ところでヨハンの部屋はもぬけの殻だったけど、今のヨハンの養父母も消息不明になっていたよね?
彼らはリヒャルトの話に耳を貸さなかった覚えがあるけど、殺されてしまったのかな?
ロベルトの妻みたいにグルだったって事は無いと思うんだよね。
本気でヨハンの事を息子のように思っていたみたいだし。


sotohan_monster39_img022.jpg


・これは美しく強烈なストーリーだな!
まさに名作だよ!
これまで見てきたショーの中でこれほど独特で美しいものがあっただろうか?
もしあるならそれもまた別の名作だろうね。
世界にはいろんな素晴らしい物があって、素晴らしい!   (男性)


sotohan_monster39_img023.jpg


・絵本について一層知りたくなったし、ニナとヨハンの親がどんな人なのかも気になるね。   (男性)


sotohan_monster39_img024.jpg


・ついにこのアニメが良くなり始めた。



Re:お前は馬鹿か。
1話からずっと良いだろ。


sotohan_monster39_img025.jpg


・テンマがニナ達の母親を見つけ出して、ニナとディータがテンマに合流出来ると良いな。   (カナダ 女性)


sotohan_monster39_img027.jpg


・ディータにはイライラしてきたな。
いつも『テンマが』とか『テンマは』とか言ってばかりだ。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster39_img028.jpg


・テンマもニナもヨハンの母親に会うためにプラハへと向かっている。
これは面白そうだな。
素晴らしいエピソードだった。
このアニメは本当に中毒的だよ。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster39_img029.jpg


・シューバルトがカールにドレスデンに行ってテンマにメッセージを伝えて欲しいと言った所は興味深い。
そしてそのメッセージは『チェドック橋、三匹のカエル』というものだった。
追いかけているモンスターが双子ならば、その双子の母がプラハで生きているとも言われていた。
うーん、3匹のカエルというのは本当に謎めいている。
おそらく、3人の人物もしくは組織のメンバーに関係があるのかな。
そしてチェドック橋は待ち合わせの場所なのかもね。   (フィンランド 男性)


sotohan_monster39_img030.jpg


・これまで、ヨハンの父親が生きている事を強く確信していたけど、どうやら僕が間違っていたようだね。
ここでシューバルトとヨハンの母親の関係を考えてみよう。
ヨハンの母親はシューバルトが愛したカールの母親であるマルゴットの友人だ。
ヨハンの母親は国境で捕まってプラハに戻り双子を育てたからシューバルトは個人的に面識はない。
そして僕たちはヨハンとアンナのみが国境で発見された事を考えれば、母親は実際には国境を越えてなかったと推測できる。
この事から察するに、シューバルトがヨハンたちの事を知っているとしたら、マルゴットが彼に言ったという事が一番ありえる。
もしそうだとしたら、マルゴットは双子たちの過去を知っていた事になるね。
マルゴットがしばらくヨハンの面倒を見ていた事もこの事実を補強する。
そして3匹のカエル。
これは謎めいている。
双子の過去には明らかに関係があるだろうけど、実際何を意味するのかな。
そしてもう一つ戸惑うのはマルゴットがヨハンがモンスターであると知っていた事だ。
なのになぜ彼女は手紙にあったように平和にヨハンと過ごしていたのだろうか。
ヨハンを外部から守ろうとしていたのかな?
でも彼女はヨハンと闇の銀行に関わっていたんだからこの考えも排除されるよね。
彼女はあの手紙を無理やり書かされたのだろうか?
この場合ヨハン自身が手紙を書いた可能性もある。
でもカールは母の筆跡だと言っていたよね。
ヨハンがマルゴットは幸せに暮らしていたとカールやシューバルトに思わせたい理由も分からないしなぁ。
おそらくヨハンはマルゴットの死後に手紙を編集したのかな?    (リトアニア 男性)


sotohan_monster39_img031.jpg


・カールの母親とリーベルトの双子の母は友人なわけか。
この両者の繋がりはなぜヨハンがシューバルトの下にやって来たのかという疑問に対する答えになるかもしれない。   (ナイジェリア 男性)


sotohan_monster39_img032.jpg


・テンマがシューバルトを助けたわけだけど、どうやってニナとシューバルトの両方を助けたんだろう?
しかも誰にも気づかれないように逃げ出すしね。
ニナが図書館に入って来た入口と同じところを通ったのかな?   (男性)


sotohan_monster39_img033.jpg


・うーん、ヨハンが自分の母親が生きていると知らない限り、テンマがヨハンの母親を追いかける事に意味があるとは思えない。
そしてなぜシューバルトがヨハンの母親の事を知っているのだろうか?
マルゴットがヨハンの事を話したのかな? 


sotohan_monster39_img034.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

このアニメの評価は高いけど、使いまわしはかなり多いよなぁ。
そこがイライラする。
冒頭では前回で使ったシーンをやたら多用する。

例えば、テンマがロベルトを銃撃したところで終わったが、次回にその先の展開をO映すまでに
OP含めて放映開始から5分も要することになった。


管理人お疲れ様
更新ペースが落ちてきて心配してたけど楽しみにしてるよ
ありがとう

Monster翻訳だけを楽しみにしてるけどもうやめたのかと思った

管理人さん、MONSTERの記事いつも楽しみにしてます。

いつも楽しみにしてるので、ゆっくりでもいいんで、どうぞ最後までお願いします。

>>このアニメの評価は高いけど、使いまわしはかなり多いよなぁ。

ドラゴンボールとかも凄かったよ~

Lとかライトとか妙に評価高いな
あれは突っ込みどころ満載というかトリックにあまり説得力を持たせていない気もするんだがぶっちゃけるとあの世界から出たらお笑い界に入ってしまうような感覚もある
その点ヨハンに関しちゃ大雑把な証拠隠滅やらともかくとして人の心理を読み自由に動かせるという天才的なキャラクターなのはよく表現されてると思う
実際の漫画の中の行動で判断する頭の良さなら探偵的とは言えないけどやっぱエウメネスかな

確かにLや月は抜群に頭いいけど感覚的にも思考パターン的にも常人の範囲だと思う
ヨハンの場合精神構造からしてそういうのとは違うというか、人心を操ることに長けたサイコパスって感じだよな
レクター博士と同じ部類

次回からいよいよ真打ちのグリマーさん登場だな。
日本人には好感度抜群wのグリマーだけど、外人さんの評価がどうなのか興味深い

ルンゲの手が止まるシーン、鳥肌立つくらい好きなんだけど言及無しかぁ…
ヨハンの母親が生きている事に対するテンマの反応は確かに不自然に感じたな、この時点でヨハンの幼少期の事情を知らないテンマがそこまで重要視するかっていう

リトアニアがいつも以上に管理人さんを
疲れさせているw
グリマー編は評価割れそうだな

長いし過去のアニメだから翻訳も大変だとおもうけど、とても楽しみにしています。

いつも楽しみにしてます。お疲れ様です。

ディータ好きなんだけどな。いつもイライラしてる人いるね。残念。
ルンゲがデータとれないヨハン怖いー

翻訳ご苦労さまです
毎日この為にここを覗きに来てます
すべての感想翻訳系サイトの中でそとはんのMONSTERが一番楽しみだからです

ゆっくりでもいいので更新頑張ってください と余裕で言えたらいいんですが
楽しみ過ぎる気持ちはどうしようもない!
さあ次のエピソードにとりかかるんだ!

ここからルンゲの挽回劇が始まるけど
その反応が楽しみだな

>その点ヨハンに関しちゃ 人の心理を読み自由に動かせるという天才的なキャラクターなのはよく表現されてると思う

そうかぁ? そこも突っ込みどころ満載だと思うけどな。
ヨハンが他人を操る術に長けているということは分かるが、そこについて説明や
説得力がある描写が無い。
そこをすっ飛ばして、ヨハンが超人的な人間・怪物のように抽象的に描かれているので、その点が浅く薄っぺらく感じられてしまう。

ルンゲの休暇が48話から
テンマへの対応の変化を見られるのが51話
待ち遠しい

今までルンゲの中で今ひとつ像を結ばなかったヨハンが、意外な形で取っ掛かりを得るのが面白い

翻訳お疲れ様です。楽しみにしています

>そこをすっ飛ばして、ヨハンが超人的な人間・怪物のように抽象的に描かれているので、その点が浅く薄っぺらく感じられてしまう。
天才を具体的に描写することは極めて難しいから仕方ない
的外れな描写をしてしまえば薄っぺらいどころではなく、お話にならなくなってしまう
間接的な描写にとどめてそれを避けながら、ヨハンの異常さを見る人に伝えることには成功していると思う

>ヨハンが他人を操る術に長けているということは分かるが、そこについて説明や
説得力がある描写が無い。

あの元アル中の探偵さんを心理的に追い詰めた描写でも十分伝わると思うよ

毎回モンスター翻訳が待ちきれない

待ちきれなさすぎて英語で読んでしまうわ

翻訳お疲れ様です
毎回楽しみにしているので更新嬉しいです

流石のリトアニアも今回は見当外れかな?
双子の母親とマルゴットが国境を越えようとしたのは双子が生まれるもっと前だし、マルゴットが双子の母親から手紙を受け取ったエピソードを知らないから仕方ないんだが

海外勢の怒涛の指摘すこ
この漫画は推理のようで実は雰囲気を楽しむものなんだよ

意味深な’’三匹のカエル”がものすごい直球だと知った時の反応が楽しみ

ヨハンの天才というか人身掌握ぶりってわりと作中で説明されてると思うけどなぁ
ネタバレになるけど双子の生まれた経緯がまさに天才を作り出す為のものだし、ニナに打たれて病院に運ばれた夜のやり取りや、リヒャルドの件でも見て取れる
自分の隠れ蓑に妹の振りとかするし、しかもその間でさえ子供や刑事達を誑かしてるし。大人しく潜伏とかしない辺り普通じゃない
あとポッペの絵本や彼がやろうとしていたことがわかるけど、彼の思想や教育を一番体現してるのはヨハンだと思うから、その点だけでも説明になるかな?

リトアニアの原文見たくてMyAnimeListから探したわww

どのエピソードでもすげー論文みたいな文体で読み応え半端ない
これからいくつかある山場でも冷静を装ってむっちゃ興奮してる感じの文とかあって
なんとなく、いい奴なんだろうなーと思う

ヨハンは人の心にある闇やトラウマを見抜く、引きずり出す術が非常に長けてる。推理や推測と云うよりその闇やトラウマをどういじれば人をコントロール出来るかを熟知している。

511ではそれらの手法を学んだりもしていたようだしマインドコントロールがヨハンの力だろう?天才的な閃きや推理力とはまたベクトルが違うよね。

勿論、それらもかなり高いレベルで備えてはいるんだろうけど。

Re:もし実際テンマが精神分裂症であるならば、たくさんの事に合点がいくけどね。

Re:実際そうだったらすごいどんでん返しだな。


俺は最後の最後の直前までそう思ってた。
ルンゲが間違ってるはずがないって。

テンマがヨハンの幼少期に反応するのは当然だと思うけどな。
これまでに511キンダーハイムも経験してるし、子供のころから暗殺能力を備えてるくらいヤバイやつだということも身をもって知ってる。
当然幼少期になにかあったと考えるだろうし、それを知ることができると分かったら「重要な糸口だ」とすぐに思うだろう。

>Re:もし実際テンマが精神分裂症であるならば、たくさんの事に合点がいくけどね。

解離性同一性障害または多重人格ではないかと

ここを読んでMONSTERというアニメとは何だったのかを改めて考えている。

ディーターってそんなに苛つくような要素持ってるか?

他のアニメであきらかに話を引っ掻き回すために作られた、イラつく子供キャラを見たことは何度かあるがディーターを批判する理由がわからん
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。