Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONSTER 第37話『なまえのないかいぶつ/A Monster Without a Name』 海外の反応

entry_img_452.jpg
以下MyAnimeListより翻訳




sotohan_monster37_img002.jpg


・絵本の中のモンスターが意味するのは、人生の目的を見つけようとする我々自身の事のように思える。
西に行った怪物は善良そうだったし、東に行った怪物は悪を表しているわけだね。
どれだけひねくれているように見えてもこの本は児童書って事だ。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster37_img003.jpg


・なんて児童書なの!?   (オーストラリア 女性)



・あの本だけは自分の子供に魅せたくはないな。


sotohan_monster37_img004.jpg


・この本は本当に子供向けなの?
本気か?
でも一体この本の何がそれほどヨハンの胸を打ったのか気になるなぁ。
この本はまるで彼の人生そのもののようだけど、ヨハンはその事を分かっているのかな?
でも俄然とこの双子の出自が気になってくるね。
両親は一体誰なのだろう?
最初はどこで育ったのかな?   (女性)


sotohan_monster37_img005.jpg


・あの絵本は啓発的でありながら、とても不穏なものだったな。
まぁ結局の所、グリム童話のオリジナルだってとても身の毛のよだつようなものなんだけどね。   (イタリア 男性)



・能登麻美子のナレーションは本当に大好きだ。
すごい心が温まるよ。   (男性)


sotohan_monster37_img006.jpg


・bari bari gusha gusha baki baki gokkun
面白い怪物だな。   (カナダ 男性)



・絵本はとても不気味だったけど、これで僕たちはヨハンの事について知れたわけだ。   (イギリス 男性)



・あの絵本はヨハンとアンナの子供時代を描いたかのようなものだった。   (フィンランド 男性)


sotohan_monster37_img007.jpg


・あの絵本は凄いな。
あの分裂したモンスターというのはおそらく双子の事だろう。
彼らは初めは同じように人生をスタートさせ、双子として生まれた。
同じ目的を持ち、そして何者かになろうとした。
これは怪物が名前を持つこととして象徴化されている。
でも彼らが何になるのかという事は環境に依存するって事だね。
もう一体の怪物に何が起こったのかを見ることは出来なかったから、そいつが周囲に与えた影響は見ることが出来ないけど、僕たちが見た方の怪物はおそらく悪い人達に出会ったから悪になったという事なんだろうな。
彼らは怪物を自らの力のために利用した。


sotohan_monster37_img008.jpg


これはヨハン自身の人生のパラレルのようなものなのだろう。
511キンダーハイムや、彼の養父母、ファシスト集団などなど。
彼らはヨハンの特別性を利用しようとし、ヨハンは彼らに金や権力をもたらした。
そして彼はついに自分を本当に心配してくれる人を見つけた。
テンマの事だね。
絵本の中でいう王子様だ。
彼は身勝手では無く、怪物の事を気にかけてくれた。
だから、怪物は善良になろうとしたのだろう。
それを表すように、9年間の間ヨハンは殺しをしていなかったよね。
でも、もはやヨハンは内なる自分を抑えきれなくなっていた。
だからテンマを殺す代わりに、自分を利用する他人を殺し始めた。
まずは養父母から始まった。
これは絵本でいう城の住人達だ。
そして、ヨハンは自分の別の側面であるアンナに出会う。
そのアンナ自身はヨハンとは完全に違うものになっていた。
その怪物は別に特別である事を求めなく、歴史に名を残さなくても、幸せに暮らしていけると考えていた。
でも、王子を乗っ取ったモンスターは言う事を聞かなかった。
彼は内なる自分の怒りや空腹に従った。
そして今、彼が出来る事はすべてを食らい尽くす事のみ。   (リトアニア 男性)


sotohan_monster37_img009.jpg


・ニナが西に行った優しいモンスターで、ヨハンが東に行ったヤツなんだね。
けど、あの本では東に行ったモンスターが西に行ったモンスターを食べたよね。
でもニナがまだ生きている事を考えれば、西へ行ったモンスターというのは彼女の事では無いのかな?
ヨハンの別の人格とかさ。   (男性)



・『ついに彼は名前を手に入れました。しかし、もはや彼を名前で呼んでくれる人は誰もいなくなりました。残念な事です。ヨハン。素晴らしい名前を手に入れたのに』
うーん、悲しいね。   (女性)


sotohan_monster37_img010.jpg


・なんてこった、あの絵本はひどいな。
寒気がしたよ。
でもヨハンに対する視点を手に入れた。



・みんなこの絵本がひどいひどい言ってるけど、『もじゃもじゃペーター』や『マックスとモーリッツ』、もしくはいろんなおとぎ話の原典を読んで見なよ。
こんなのヨーロッパの児童書では普通のレベルだよ。


sotohan_monster37_img012.jpg


・児童書を出版する代わりにあの本の著者をセラピーに連れて行くべきだ。
まぁあのアニメーションは好きだけどw   (ベルギー 男性)



・ニナはあの街でヨハンの事に気付かなかったのかな?
だってヨハンはテレビとかにも映ってたじゃん。


sotohan_monster37_img017.jpg


・マジか。
このシリーズが半ばに差し掛かっているだなんて信じられない。
最初のエピソードを見たのがまるで昨日のように感じるよ。   (カナダ 男性)


sotohan_monster37_img016.jpg


・以前のエピソードでシューバルトが言ってたように、ヨハンは更なる巨悪によってしか打ち倒せないと思うよ。
だから、テンマが実際にヨハンを殺す事が出来るとは信じられないね。
ヨハンは更なる巨悪によって打ち倒されるか、ヨハンを殺す過程でその人物がそういう怪物になるかのどちらかだろう。


sotohan_monster37_img018.jpg


それゆえ、その人物はヨハンの代わりの怪物になる。
ニナがヨハンを殺してしまえば、彼女もヨハンと同じ道を辿る事になるだろう。
彼女は以前のエピソードから、時々殺人者のような眼を持っているという事に言及されてきたわけだし。  (男性)


sotohan_monster37_img019.jpg


・テンマの射撃を誰かが阻止するとは思っていたよ。
カウンセラーか、ルンゲか、ニナか……でもまさかロベルトとはね……w  (男性)



・テンマを止めたのはロベルトだったか。
まぁ驚きはしなかったけどね。
以前ヨハンはテンマが陣取っている場所を見ていたわけだし。
でもセレモニーの間に起こった出来事については驚いたな。
実際、ヨハンはシューバルトを殺すと思っていた。
まさか出席者を恐怖に陥れる事が目的だとは思わなかったよ。   (ポルトガル 男性)


sotohan_monster37_img020.jpg


・一体どれだけ、テンマは座り込んでいたのか。
あれには困惑させられたな。
ロベルトが照準を合わせていたのは明らかにヨハンでは無かったというのに。   (アメリカ 女性)



Re:テンマには落胆させられた。
撃とうとすらしてなかった!
そして危なくロベルトに発砲させる所だった。   (女性)


sotohan_monster37_img022.jpg


・たとえ誰もテンマを妨害しようとしなくても、テンマは撃てなかったと思うな。
どれだけその必要があると自分に言い聞かせたとしても、彼はヨハンを撃てない。   (アメリカ 女性)


sotohan_monster37_img021.jpg


・モンスターは見ごたえがあるね。
とても素晴らしく描かれている。
でも私は主人公が人間性を捨ててでも、みんなにとってベストな結果を達成してくれるストーリーが好きだな。
テンマ……一体この先どれだけの人が君の覚悟出来るまでにその身を犠牲にし、苦しむことになるんだか……。
彼は高潔過ぎるんだよ……。   (女性)


sotohan_monster37_img029.jpg


・あの放火した女性は一体誰なんだ?



Re:ヨハンが操った第三者だろ。
ロベルトが連れて来たんじゃないかな。   (ブルガリア 女性)



Re:彼女は診療所に来たロベルトの妻だった人だろ。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster37_img031.jpg


・あのロベルトの妻をしていた人は図書館の司書の人?
それならすんなり警備を潜り抜けたのも分からなくもないな。
ただ、テンマの件といい、どうにもセキュリティがずさんすぎるように感じる。


sotohan_monster37_img037.jpg


・テンマの事はキャラクターとして好きだけど、それもだんだん衰えてきた。
だって彼はためらってばかりだからな。
彼にとって命を奪う事は厳しい事だというのは理解出来るけど、本当に出来ないのであれば、手を引いて欲しい。
イチイチ引き金を引く事を躊躇うところは見たくない。


sotohan_monster37_img038.jpg


・どうやらヨハンは本当に蟻を弄んでいるようだね。
以前に犯罪者が、ヨハンは次に何をするかという事を予測した通りだ。
でも、ヨハンの行動は以前のエピソードで僕が考えていた事を否定したね。
僕はヨハンが目的をもってやっているのだと思っていた。
でも、彼は自分の人生を違うものにしようとしているようだ。
それは楽しむことであったり、心の赴くままの欲望に従う事だったり。   (リトアニア 男性)


sotohan_monster37_img039.jpg


・今回の出来事がヨハンがあの売春婦の所で言っていた本当の恐怖って言う奴なのかな?
興味深い事にここにきてヨハンの殺しの方向性が変わった事に気付くだろう。
これまでは名前の無い怪物のストーリーの通り、養父後に恩恵を与え、そして彼らを殺すのがヨハンの主な手口だった。
過去の犯罪はルンゲも分析していたように、ヨハンの殺人には感情が欠落した。
しかし今回の放火はまるで楽しんでいるかのようにヨハンの感情に満ちている。
これによってヨハンの内なる怪物が目覚めたという事なのだろうか?


sotohan_monster37_img040.jpg


・シューバルトがヨハンの正体を知った今、彼らの間に何が起こるのか楽しみだ。  (アメリカ 男性)


sotohan_monster37_img041.jpg


・テンマが撃たなかった事で文句を言っている人がいるけど、自分はテンマがまさに銃を撃とうとしていた所のためらいが好きだな。
とてもリアルだったよ。
でももしテンマが最後にロベルトを撃ったとすれば、ここはターニングポイントになりそうだ。   (イタリア 男性)


sotohan_monster37_img042.jpg


・最後のシーンで銃弾を受けたのはどっちだろう?
テンマが死ぬでしまう事は無いと思うけど、ロベルトを撃てるのかどうか……。   (アメリカ 女性)


sotohan_monster37_img043.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

リトアニアは今回も語る

>みんなこの絵本がひどいひどい言ってるけど、『もじゃもじゃペーター』や『マックスとモーリッツ』、もしくはいろんなおとぎ話の原典を読んで見なよ。
こんなのヨーロッパの児童書では普通のレベルだよ。

ほんとそれ 

『もじゃもじゃペーター』なんか親のいいつけ破って指しゃぶった瞬間に
1Mくらいの大ばさみ持った床屋が家に入ってきて親指切られるしw
スープ拒んだ子供は針金みたいに細くなって死ぬし
昔の児童書なんてトラウマになる様な教訓節にあふれてる

『名前のない怪物』の絵本見るたびにアーノルド・ローベルの『いろいろへんないろのはじまり』を連想させるんだけど
画のタッチも心理学的な内容も

『名前のない怪物』の絵本は、単行本のオマケで付いてきた
ヤフオクで入手可能
その後、特別版として、本編に出てきた絵本をまとめたのを売ってる

って、まぁ知ったかなんで、間違ってるかも
ヤフオクで見つけたことあったってだけッス

特別版を本屋で見かけたことがあったな

ちょっと前に怒り新党の三大で「子供向けらしからぬ刺激が強い絵本」ってテーマやってたな
3冊中2冊がヨーロッパの本だったけど怖かったw
もじゃもじゃペーターも取り上げられてたね

都合よくニナが駆けつける展開か。

こういう所は浅はかだよなぁ・・。

「更なる巨悪」って愛のことかああああああああ!!

ロベルトなら撃てる(撃てる!)

やっと物語の核が登場したね

この絵本と双子の出自、そして母親の選択でヨハンが怪物になった理由がようやくわかるからなぁ
でもこの話が物語の折り返し地点って感じさせないからすごいわ

・マジか。
このシリーズが半ばに差し掛かっているだなんて信じられない。
最初のエピソードを見たのがまるで昨日のように感じるよ。   (カナダ 男性)

ってあるように長さが感じられない

どういうわけかこの回が一番印象に残っている。テンマが撃てないこと、火災、そして童話の中身も紹介された。色々濃い回だと思う。

名前なんかどうでもいいじゃん、現にロベルトなんか立派に成長できたじゃん。偶に気軽に札人するけど。

双子だから名前が重要なんだよ

>名前なんかどうでもいいじゃん、現にロベルトなんか立派に成長できたじゃん。偶に気軽に札人するけど。


うん・・・。まあロベルト好きだから否定しないよ・・・・w

今は大分マイルドに変換させられてるけど日本の昔話だって結構恐ろしい話多いよね
そのまま絵本にしたら子供の精神衛生上良くないと親が怒りそうなもの多い
つくづく平和な時代だよ

モンスターはここら辺から助太刀登場シーンがおざなりに感じちゃう展開多い
ニナもよく間に合ったね

残酷童話は数あれど大抵は教訓や事実の変形だったりする
「名前のない怪物」はそういったものとは違って読者に悪意をぶつけてくるところが問題なんだと思う

たしか物語に出てくる一連の絵本はほとんど
なにがいいことでなにが悪いことなのかがわからなくなるように描いてあるんだよね

良かれと思ってヨハンを助けたことが
本当に正しいことだったのかというテンマの苦悩とうまくリンクさせてあると思う



>都合よくニナが駆けつける展開か

こういうドラマや漫画的な演出にケチをつけるのがよくわからない
こういうのがあるからこそ盛り上がると思うんだけど
一体創作物になにを求めているんだろう・・・

>都合よくニナが駆けつける展開か。
まあありがち展開過ぎてつまらんと言いたいんだろうけど。

前回まで全く姿を見せてなかったのに、急に登場したとかなら、そりゃ「都合よく駆けつけた」だろうけど。
ニナは前回から出てて、図書館にも来るだろうなって伏線は張られてたじゃん。
前回の感想で、
>次のエピソードでテンマ、ヨハン、シューバルト、ライヒワイン、ニナ、カール、そしてロッテが一堂に会するわけだ。
って海外の人も楽しみにしてたじゃん。
ここで駆けつけるのはむしろヒロインとしてのお約束。



都合よく駆けつけなかったら駆けつけなかったで無能だなんだと言われる
フィクションの登場人物も楽じゃないぜ

クライマックス間近のようでまだ折り返しなんだよな

マックスとモーリッツは絵が怖い トラウマ

>西へ行ったモンスターというのは彼女の事では無いのかな
お、するどい人がいるな。
ニナの怪物を食べたのがヨハンって分かったら、この人はドヤ顔するだろうw

おお、よくこんな細かい描写が理解できるなと関心して、あ、これもリトアニアさんかと思ったらその通りだった。
俺は説明されて初めて、ああその通りだなと理解できた部分が多いし、なんとなく分かっていたとしてもそれを文章化できないから、自分の理解を整理整頓できてきちんとアウトプットできる人ってすごいと思う。

他の絵本と違うのはただ怖いだけじゃなく作者の思想が偏ってるとこなんだよな

リトアニアは考察楽しむタイプだね
正しいかどうかよりこういう作者の意図を
あーでもないこーでもないって考えてる瞬間て幸せだよな
リアルタイムでワクワクしたかったわ・・・

>あーでもないこーでもないって考えてる瞬間て幸せだよな
 リアルタイムでワクワクしたかったわ・・・

マンガ読んでいる時だって、リアルタイムでしょーが
完結してるマンガに手を出した時だって、最終巻に至っても「ほんとにこれでまとまるの!?」ってハラハラ感は尋常じゃなかったわ

いや、若干ネタバレされてから読んだ口だったので
最後のシーンも知ってたんよ

この出来事がテンマの転機にならないのがな…。
散々テンマが引き金を引けばヨハンの様な怪物になると示唆してきたのに、そうならなかったのは肩透かし。
盛り上げるのは上手いんだけど、落とし所が盛り下がる。
この繰り返しだな。

いやいや今まで人を助けてきた高潔な奴に人を殺せは無理がある
しかも医者だし
そもそも助けたのも自分と言うジレンマ
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。