Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONSTER 第34話『闇の果て/At the End of the Darkness』 海外の反応

entry_img_439.jpg
以下MyAnimeListAnimeSukiより翻訳







sotohan_monster34_img001.jpg


・二人の女の子にお見舞いに来てもらうだなんて、ヨハンは女殺しだな。



・結局、ヨハンはなんで倒れたんだ?
あの時、人格が入れ替わったのか?   (アメリカ 男性)


sotohan_monster34_img002.jpg


・絵本に何が書かれているのか気になるな。
おそらくロッテが調査してくれるものかと思っていたけど、このエピソードはマルゴット・ランガ―事件に使われてしまった。
次のエピソードにて絵本の内容が分かる事を期待しているよ^^


sotohan_monster34_img003.jpg


・図書館にいた女性はすべてをロッテに話したわけだね。
これを聞いちゃったら、この後ロッテはさらにヨハンの事を調べようとするだろうな。   (フィンランド 男性)


sotohan_monster34_img004.jpg


・このエピソードのヨハンは良かったよ。
彼のキャラクターはより一層複雑になっていく。    (アメリカ)


sotohan_monster34_img005.jpg


・風船をもらっていいか尋ねるヨハンは可愛らしかった。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster34_img007.jpg


・あの偽物の太ったマルゴット・ランガ―は誰を相手にしているのか分かってねぇな。
まぁ当然の報いだ。   (男性)


sotohan_monster34_img009.jpg


・あのデブの売春婦はシリアルキラーを脅そうとしたのか?
信じられねー。
しかもどうにか出来ると思ってただなんてね。
キミじゃヨハンにちょっかいをかける事は出来ないよ。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster34_img010.jpg


・ヨハンとシューバルトの関係についてさらに糸口が得られた。
そしてヨハンが何らかの心理的実験を行っている事も明らかになった。
でもその実験対象はシューバルトでは無く、自分の実験なんだな。
シューバルトはその道具にすぎないのだろう。

『一番の恐怖って何だと思う? 最も暗い所にたどり着いたと思っていたんだ。でももっと深い闇が見えたんだ』というのは、ヨハンが青いソフィーに言っていた台詞だけど、この言葉を口にしたとき、ヨハンの眼には本当の恐怖が見えたよ。
ヨハンは『闇(悪や、非人道的なもの)』を恐れているのかな?
ヨハンは自分の行動とそれによって引き起こされる結果を理解しているよね。
おそらくその恐怖の引き金になった事は、図書館の件となんらかの関係があるのだろう。
ヨハンは自分の過去を、ヨハンがこれまで重ねてきた悪行よりも恐ろしいものだとみなしているのかな?
ならば、ヨハンは自分が恐れたものに成り果てる事を恐れているのかもしれない。    (リトアニア 男性)


sotohan_monster34_img011.jpg


そして、今回の最期にテンマは『闇の中にいると闇に沈んでしまう』と言っていた。
この引用は僕の前回の考えを補強してくれた。
ヨハンはなんらかの使命や目的を持っている。
そしてそれを達成するために自分がやっている事は過ちであるとはっきり理解している。
しかし、あの本を読み、自分の過去を思い出し、どうやら自分がどういうものに成り果ててしまったのか本当に気付いたんだ。
さらには、将来にさらに深い闇にいる自分の姿さえ見てしまった。
そしてその事に恐怖を抱いた。
おそらく今後、彼のパーソナリティに変化が見られるべきだろう。   (リトアニア 男性)


sotohan_monster34_img012.jpg


・ロベルトについて、彼が現れた時はとても驚いてしまった。
ここまでに言及されてきたデカい男っていうのは彼の事のようだけど、でも『赤いヒンデンブルグ』は何話前かにそのデカい男に始末されたと思ってたからね。
僕が今気になっているのはロベルトとヨハンの実質的な関係だな。
ヨハンはあそこでロベルトが出てきた事に驚いていない様子だった。
ロベルトはヨハンの依頼を受けているのか、自分の判断でヨハンを支援しているのか、どっちだろう?
だってロベルトがヨハンの頼みを聞いて行動しているならば、以前元刑事だったヤツの邸宅でアンナを殺そうとしたエピソードがあったよね。
そんな事をしてもヨハンは喜ばないと思うんだ。



Re:うーん、ロベルトはヨハンのために働いているのだと思うけどな。
そのエピソードの事を思い出したけど、僕の記憶が確かならば、その時ロベルトはヨハンのために働いていると言ってたと思う。


sotohan_monster34_img013.jpg


・みんなヨハンこそ純粋悪だと言うけど、ロベルトの方が酷いと思うな。
彼は人々に親友や恋人と思わせておいて、無慈悲に後ろから撃つんだから。



・ロベルトがヨハンを手伝っている理由は何だろうな。



・なぜロベルトがヨハンのためにあちらこちらで人を殺しまわるのかが気になる。
相当な額のお金を受け取ってるに違いない。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster34_img014.jpg


・ロベルトが現れた時、驚きはしなかった。
それにしてもヨハンが売春婦のためにクスリを買うお金をあげるとは愉快だ。
次のエピソードも面白くなりそうだね、どうやらルンゲがミュンヘンに到着するようだ。   (ポルトガル 男性)



・あの太った女性がついに死んだか。
まぁどのみちガンで死んでただろうけど。   (カナダ 男性)


sotohan_monster34_img015.jpg


・ヨハンの目的はシューバルトではないという事が説明された。
それと風船を持ったヨハンは愉快だった。
それにしても、ロベルトはいつもヨハンの傍で誰かを欺いているな。
そして人々を裏切る。   (フィンランド 男性)


sotohan_monster34_img016.jpg


・ヨハンは子供たちと遊んであげて、老人に本を読み聞かせて、貧しい者にお金をめぐんであげた。
なんて親切で優しい人なんだろう。   (女性)



Re:自分もヨハンのその二面性についてコメントしたかった。
彼が持つその善と悪。
そこが大好きだ。


sotohan_monster34_img017.jpg


・このエピソードを見たら、テンマが救命救急室にいた頃のエピソードが恋しくなってきた。
そもそも、それこそが最初にこの作品を見始めた理由だったからね。
まぁ今でも病院ドラマ、犯罪ドラマ、サスペンス映画の要素のバランスを取ってくれるのは良い事だ。  (アメリカ 男性)


sotohan_monster34_img019.jpg


・あのベトナム人ドクターはとてもキュートで美しいな。
しかもまだ17歳だって!?   (フィリピン 男性)


sotohan_monster34_img020.jpg


・新しいキャラクターが出てくると、事態が面白くなってくるね。
そしていつも通りドクターテンマが自らの専門分野でそのプロっぷりを発揮したようだ。   (男性)


sotohan_monster34_img022.jpg


・最初、あの病院で女性の手術をしていた女の子はテンマが銃の訓練をしていた時の女の子だと思ってしまった。
でも別人なんだろうね。   (フィンランド 男性)


sotohan_monster34_img024.jpg


・17歳で医者をするなんて天才だな。
しかもキュートでラブリーだ。
彼女の声優も分かったよ。
桑島法子だよね。
すぐに彼女の声だと分かった!!
彼女はニナ役の能登麻美子と同じく最高だ。    (男性)


sotohan_monster34_img025.jpg


・アンナの他にも非凡な容姿を持つ女性が現れた。   (男性)


sotohan_monster34_img027.jpg


・テンマがスナイパーライフルを持ち歩いてた事で誰も疑わないのは驚きだった。   (アメリカ 男性)



・あの女医は今回だけの登場なのかな?
それとも今後絡んでくるのだろうか。
そうなるのも悪くは無いと思うが、まぁこの先を見守るしかないだろうな。


sotohan_monster34_img028.jpg


・なぁ、正直ナチ絡みの話に疲れたんだが……。
そういう政治的、歴史的なものをどけておいてくれればなぁ。



Re:たった一つのネオナチへの言及について言ってるの?
なぜそれらのパートをシリーズから取り除いて欲しいんだ?
政治的に正しくないからか?   (カナダ)


sotohan_monster34_img030.jpg


Re:ポイントはそこじゃないよ。
毎話毎話そんな話を聞きたくないからだ。
それだけだよ。
MONSTERで第二次世界大戦に関する話はもう十分見たし、ヨハンのストーリーに戻って、テンマとの対決を見たいだけ。
それに、1つだけってわけじゃない。
数話前の森の老人の話もそうだろ。   (不明1)



Re:このエピソードではネオナチについての言及の一つだけだろ。
キミはこのストーリーの舞台がドイツである事について考えたことがあるか?
それらナチに関係する引用はおふざけで添えられているとでも?
MONSTERという作品は、ただヨハンとテンマの対決っていうわけじゃないんだよ。
もしそんなものであるならば、僕はとっくに見るのを止めてるさ。   (カナダ)


sotohan_monster34_img032.jpg


Re:申し訳ないが君の発言にはノーと言わせてもらおう。
別に舞台がドイツだからといって、ナチの話をする必要があるとは限らない。
キミはいつもその国とその歴史を関連付けているのか?   (不明1)



Re:好む好まざるにかかわらず、このストーリーは90年代半ばのドイツに舞台が置かれている。
それは壁が崩壊してからさほど時間が立っていない時期だ。
ナチ思想が未だに多くの人々の心を食い物にしていた時代の事だよ。
そして新しい思想への過渡期でもあったわけだ。
キミが言ってる事はストーリーを現代のイラク、イラン、韓国、ハイチを舞台にして、話からアメリカの関与とテロリズムを排除しようとしているのと同じことだ。
これらの事は密接な関係があり、議論されるべきだろう。
それにストーリー中でもヨハンとナチスの関与はバックグラウンドとして描かれている。
彼らの行動がヨハンに影響を及ぼした手段と、その範囲を学ぶ事は、ヨハンの経歴についての設定と、それを明らかにする事を必要とする。   (不明2)


sotohan_monster34_img034.jpg


Re:別に自分は国とその歴史の一部を関連付けてるとかそういうわけじゃないよ。
ただ国は歴史を持っていて、歴史は常にその国に関連しているだけだ。
単にストーリーがヨハンvsテンマというだけならば、舞台がドイツである必要性は無い。
もしそういうストーリーであるのならば、ジローvsテンマとかにして舞台が日本でもいいじゃないか。
作者は日本の事をよく知っているし、日本の慣習を知っている。
日本の方が遥かにストーリーを作りやすいだろうね。
でも彼はそうしなかった。
浦沢さんはドイツを選んだんだ。
作者になぜドイツを舞台にしたのか聞いたことはないけど、でもドイツ歴史的情報を元にして、それをストーリーに組み入れているという事は、浦沢さんがドイツの歴史が複雑で面白いと思ったからこそ、そうしたんだと言って間違いないだろう。
大事なのは、ドイツが舞台でなければMONSTERという作品は我々が知っているMONSTER足り得なかったという事。
そしてドイツが舞台でなければ、ヨハンすら創られてはいなかっただろう。   (カナダ)


sotohan_monster34_img036.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

ジローって誰だよw

ドイツ人は第二次世界大戦の罪を全部ナチスになすりつけて「自分たちはナチスに操られただけ」って感じで謝罪を済ませた気になってるから、ドイツを舞台にしてナチス絡みの話をされるのを心底嫌います。

タローの弟だろうなw

サブローが黒幕だよ

ネオナチ自体は戦後の問題じゃね?
ネオナチを名乗る頭剃った若者集団がドイツ人から仕事を奪うなとか言って外国人襲撃して社会問題になってたのって20年前ぐらいだろ

MONSTERという作品の最大の弱点を指摘されてしまったwww
どうして日本人漫画家が日本人医師を主人公にして日本の戦後史を題材にこの物語を描けなかったのか。

イチローが犯人だってばっちゃんが言ってた

ツッコミ入れてるカナダ人の人は良いこと言ってるな。
この漫画は東西ドイツとベルリンの壁崩壊、隣接するチェコスロバキアとその共産主義崩壊と分裂、それらの情勢が密接に絡み合うことでヨハンというモンスターが生み出されたということを描いている。
単なる偶然現れたサイコパスの話してるんじゃないんだから政治の話や歴史の話はするなとかお門違いもいいところだよ。

>どうして日本人漫画家が日本人医師を主人公にして日本の戦後史を題材にこの物語を描けなかったのか。

日本を舞台にしたら劇中で銃使えないだろうがよ
テンマがヤクザから射撃教わるのか?
サビだらけの三八式で狙撃すんのか?

悪役がジロ-になったら、寿司の話がベースになって
 "Dr、テンマ"が、 "ワークマン(職人)、テンマ" になるから やめて。

MONSTERをただのアニメ、ただのフィクションとして終わらせないで、
色々時代背景やら思想やら歴史やら実際の諸々を絡めて、本気で
ディスカッションしているのをみるのはなかなか興味深くて面白いな
欧米の人達は、自分ら日本人とはまた違った視点でみれるし語れるからなぁ

>MONSTERという作品の最大の弱点を指摘されてしまったwww
>どうして日本人漫画家が日本人医師を主人公にして日本の戦後史を題材にこの物語を描けなかったのか。

???何言ってんだこいつは。
日本人漫画家が日本の戦後史を題材に描いた物語なんていくらでもあるじゃん。
MONSTERは戦後ドイツとチェコっていう舞台じゃないと描けない作品だからドイツを舞台にしてるだけだろ。日本人漫画家は日本を舞台にした漫画以外描いちゃいけないと思ってるのか??
「どうしてドイツ人漫画家がドイツ医師を主人公にしてドイツの戦後史を題材にこの物語を描けなかったのか」って言うならまだわかるけど、このストーリーを思いついたのがドイツ人漫画家じゃなく日本人漫画家の浦沢直樹なんだからしょうがないよね。
主人公を日本人にしたのは日本向けの漫画だからそのほうが感情移入しやすくキャッチーだからでしょ。

日本人だげど、テンマに感情移入したことないわ
テンマの役割は投影の対象よりも、視点にあるのだと考えてた
視点として成立させるために読者と同じ日本人なのだと
あれだな、もののけ姫のアシタカと通ずるとこもあるんじゃないかと思うんすよ
アシタカなんかは極端に感情移入できないつくりになってるし

単にナチの置き土産だけを元凶にしてるんじゃなくて、第二次世界大戦後の東側の闇をテーマにしてるんだけどなあ。
まだこの段階じゃ解らないか。

>最大の弱点を指摘されてしまった

いや意味がさっぱり解らんなぁ、何を題材にするかなんて作家の自由だろ。それの何が弱点なんだ?本当に意味が解らない、こんな異様な解釈をする人間がいる事にかなりの驚きを感じる。

陰謀めいた背景、曖昧なまま風化しつつある歴史的な事件、タブーかのように扱われている謎めいた出来事の数々、世界中の人が知っている事など様々なレトリックを組み込んで作家自身も興味のある国を舞台にした作品てだけであってそれが弱点?頭おかしいんじゃないかと。

まあ当時のトレンドだったし多分左派系ノンポリグローバリストであろう作者なので、移民排除のネオナチや極右思想=悪、移民=貧しくとも善良ってのが根底にあって、それを作品内で安直に出し過ぎってのは感じてたよ。トルコ系移民の先住ドイツ人に対する逆差別問題は少し報道されてたけどね。浦沢直樹って善人なんだなって思う

偏差値25の戯れ言に釣られることもあるまいに

>ドイツ人は第二次世界大戦の罪を全部ナチスになすりつけて「自分たちはナチスに操られただけ」って感じで謝罪を済ませた気になってる

ドイツ人は「ナチスを選んだ国民に責任がある」って教えてるよ。

>ドイツ人は第二次世界大戦の罪を全部ナチスになすりつけて「自分たちはナチスに操られただけ」って感じで謝罪を済ませた気になってるから


いかにもネトウヨって感じのコメだな。

浦沢漫画の最大の弱点は風呂敷の畳み方が極端にへたくそだってことだろ

> 1:22
横レスだけど、それは事実だね。ネトウヨとか無関係に。


ドイツはナチスのユダヤ虐殺のみ反省し、戦争したことについては謝罪してない。
ただ謝罪はしなくて正解だったし、そもそも不必要だとも思う。


池上彰もテレビで度々引用して「ドイツを見習っていつまでも謝罪すべき」とでも言いたげに日本人視聴者に紹介したワイツゼッカー演説の有名な一文

「過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となります。」


しかし実際は、演説の中には謝罪に当たるものはなくこうも言っていた。

「民族全体に罪があるということはない」

「当時に子供だったり生まれていない人達が自分が手を下していない行為に対して罪を告白する事はできない」

しかし池上彰はこの部分は紹介しなかった。意図的なものだろうね。

要は、ドイツ人はワイツゼッカー演説の、池上彰が紹介しなかった部分の考えを持っていて、ナチスの問題に過ぎないと考えているんだと思う。

もう一度言うけど、ナチスによる大虐殺を反省しているのであって、戦争については反省も謝罪もしていないのが事実で、

日本だけが戦争について謝罪を繰り返してきたマヌケだった。

>貧しい者にお金をめぐんであげた。
いやいやいや
どういう使い方するかもわかった上で渡す残酷さの描写が台無しにw

>そして新しい思想への過渡期でもあったわけだ。

あれ?過渡期ってぶり返すものなの?w
いままさにそうみたいだけどw

ハリウッド映画やドイツ映画の今だに毎年ナチ映画乱発してるのはきにならないのかね?

>いかにもネトウヨって感じのコメだな。

いかにもブサヨって感じのコメントだなw

全部ウヨクがわるい~ってかw

>2016年02月17日(02:47)

すばらしいつっこみだが
ここでは高尚すぎてだれも反論できないだろうな

ドイツは植民地支配についても一切謝罪してないからな。併合したオーストリアや植民地には逆にインフラ整備にかかった費用を請求してる。日本ぐらいだよ、謝罪&賠償だけでなく全く不要な数々の〇〇金とかまで払ってるの。更に酷いことに遡及法で裁かれてる(笑) 例のワイツゼッカーのスピーチを部分引用して本人の意図を歪めることの悪辣さは以前から指摘されてるよね。そういう連中は似たような政治思想、似たような世代が多いんだよ。池上彰が学生時代に所属してた組織を考えると「典型的」だなぁ、と。ま、無知な一般人を印象操作して特定の結論に誘導するのは上手いと思うよ、彼。

クスリ代をあげたのは、そのまま身を滅ぼせって感じに見えたんだけどw

ドイツ人の気持ちもわからんでもないが、あくまで日本人用だから
ドイツ人にとっては誰もが知ってる当たり前の話でも日本人には欧州やドイツの戦後史なんてなじみがないから、劇中でくどくど細かく説明しないと歴史や舞台背景がわからないんだよね

>浦沢漫画の最大の弱点は風呂敷の畳み方が極端にへたくそだってことだろ


20世紀少年はまあ、そう思うけどMONSTERは個人的には畳み方が下手だとは
思わないなあ。
ラストの解釈は人それぞれだけど、自分はあれは微かな希望っていうかそこそこハッピーエンドだと思うし
うまくまとめたんじゃないかなあって感じる

ドイツ人「ナチスが悪行を行った。ナチスを選んだ国民に責任はあるが、それは当時生まれてもいなかったものたちに罪を償う義務があるという意味ではない。今を生きる我々の仕事はナチスの歴史を正視し、同じ過ちを繰り返さないようにすること」

日本人「ドイツ人は全てナチスに責任を押しつけている。日本人は全ての国民が罪を背負わされている(無根拠の被害妄想)。我々はもう謝罪しない(し、歴史を正視し同じ過ちを繰り返さないように深く政治倫理を考えることもしない)」

日本人の支離滅裂さ、身勝手に他人の話の歪曲するいい加減さが目立つ事例だよね

「俺自身が悪いわけじゃないに決まってるけど、お利口に先人の教訓とします」ってシンプルで便利なスタンスを取れば良いだけのことを
「先人の罪をすべておっかぶせられている」とか言う意味不明に過剰な被害妄想膨らませてる日本人ってマゾ遺伝子でも持ってるの?
安倍ら戦犯がそういう嘘で国民を煽ってるのは知ってるけど、簡単に煽られる国民も普通に考えて頭悪すぎるよね

ネオナチはナチスじゃないだろ。
チャットでドイツに住んでる日本人と話したことあるが
ドイツでも排外的な地域は本当にアジア人に酷いらしいからね。

>日本人の支離滅裂さ、身勝手に他人の話の歪曲するいい加減さが目立つ事例だよね

それはおかしい。
日本は戦争そして植民地支配について謝罪と賠償をしている唯一の国なんだから。
ドイツ政府は戦犯裁判の正当性を一貫して否定しているし、ヴァイツゼッカー大統領はホロコーストについては反省すべきと言っているが
自分の父親の戦犯容疑は否認し、ドイツ軍の戦争犯罪を特集した展示会について、栄光あるドイツ軍を貶めていると批判しているんだから。

ドイツの基準に照らせばホロコーストと戦争犯罪は別。
日本はそもそも何にも謝罪する必要はないって話になるから。

>「先人の罪をすべておっかぶせられている」とか言う意味不明に過剰な被害妄想膨らませてる日本人ってマゾ遺伝子でも持ってるの?

まさにそういう理論で韓国が「千年恨む」「日本人は何度でも謝罪すべき」とやってますやん。
中国も韓国も、日本人の先人の罪どころか証拠ひとつない南京虐殺や慰安婦問題で今も大騒ぎですやん。
ネットの保守層もやったことをやってないとは言ってないし認めてるよ?
ただ戦後賠償と謝罪はサンフランシスコ条約と日韓基本条約ですべて終わってる、今もぐだぐだと金や謝罪を要求される謂れは無いってスタンス。

>我々はもう謝罪しない(し、歴史を正視し同じ過ちを繰り返さないように深く政治倫理を考えることもしない)

戦後、一度も自衛官が敵を殺していない事実が日本が歴史を正視している証明だよ。
ドイツ軍はアフガニスタンに行ってアフガニスタン人を殺してるんだからね。しかも昔から武器輸出大国だからな。
戦争を反省してこんだけ平和な社会作ったってのは、日本人が誇りにしていい部分だと思うよ。

「誰もそんな風には思ってないよ」と事実を教えて安心させてあげようとしているのに
「いやそんな風に思ってるに違いないんだ」と思い込む
それを被害妄想と言います
立派な病気です

あとヴァイツゼッカーの発言がドイツ人の全てではありませんw

どうしてこうなのこの人たちw

>戦後、一度も自衛官が敵を殺していない事実が日本が歴史を正視している証明だよ。
それを変えようとしてるから怒られてるんだろ?
戦後70年の平和を根拠に戦後70年の平和を壊そうとすることを正当化できると思ってるのが支離滅裂でなくてなんなのか、考え直すだけの正常な精神を持った日本人が増えることを祈ります
私からは以上

以上、と言ったけど最後にリフレイン
この手の人と話してるとどんどん話がどっかに飛んで行っちゃうけど
この記事に関係のあること(そしてそれを理解すれば全ての議論は終わること)は最初のこれだけ

>ドイツ人「ナチスが悪行を行った。ナチスを選んだ国民に責任はあるが、それは当時生まれてもいなかったものたちに罪を償う義務があるという意味ではない。今を生きる我々の仕事はナチスの歴史を正視し、同じ過ちを繰り返さないようにすること」

ヴァイツゼッカーとかいう個人が何を言おうが、これが公式に現在のドイツ人が持ち、持つべきとされている意識の全て
このシンプルで筋が通ってるスタンスを曲解する人間がどれだけ言葉を重ねたところで卑劣な詭弁以外の何ものでもない
今度こそ本当に、以上

>それを変えようとしてるから怒られてるんだろ?

誰が怒ってるんだ?
日本が変えているのは国連が加盟国の義務としていることを実施できるようにしているだけで、国際社会はむしろ歓迎しているだろ。

変えたとしてもやっとドイツの足元くらいになるだけの話。
もちろんドイツの方が正しいよ。日本は普通の国になるべきだけど
それでも戦後70年の平和は、極端で間違っていたとはいえ、日本人が戦争を反省し平和を希求した証拠なんだから。
その事自体は歴史的財産として日本人の貴重な経験にすればいい。

例えば国連憲章は加盟国に、平和維持のために国連の指示ですぐ動かせるよう空軍の保持を義務付けている。

日本が非難されたのは湾岸戦争とか、国連の義務に反して軍隊出さなかったからだよ。
ドイツは国連加盟国の義務果たすのは当然といって出すようになった。
自分がよければ人はどうでもいいって国は国連に入るべきじゃない。

>あとヴァイツゼッカーの発言がドイツ人の全てではありませんw

ドイツ人の全ての意見なんてない。
歴史問題の発言について最も有名なドイツの国家元首だから注視されるだけ。

ヴァイツゼッカーの発言はドイツ人の全てではないと言っておきながら

「日本人の支離滅裂さ、身勝手に他人の話の歪曲するいい加減さが目立つ事例」

この言い様。日本人の全てを表しているの?これは
被害妄想はどっちだよ。

ナチスのついての記憶はMONSTERにはない。このエピソードは忘れていた。ヨハンが絵本?で倒れたのは絵本の怪物?を見て、自分がいかに人として枠を外れたMONSTERかを自覚したからなのかな?もしそうならヨハンは変わるはずだけどここから変わったという記憶はない。自分が最も印象深いシーンはもう少し先か。

最後ナチナチうっせww
読んでられん

もちっとこの女医さんの仄かなロマンスの気配とかに言及したりしてる奴はいねーの?

日本が舞台だとコナンや金田一が事件を解決しちゃうから

海外のみなさん^^
日本人医師が日本で身を隠しながら底辺の人々を助けつつ、裏ボスを倒す(目的はそれだったが最後違うが)的な物語読みたかったら
『きりひと讃歌』がおすすめだよ。

手塚先生 戦争経験してるだけあって当時の日本の村社会的な閉鎖空間や人間関係に憎しみすら伺えるけどw
MONSTERよりよっぽどドロドロしてて読み応えあるよ
ほぼ救いのない話だけど

ドイツだからナチスの遺産かとふつう思うわな。

桑島法子さんの声、大好きやわ

国連に入るべきでないというのはまさにそう。日本の左翼の主張からすれば国連に入ってはいけないはずなんだけど彼らはいつも現実を無視する。
私がいつも日本国憲法は自衛権を否定していないと断言しているのは日本が国連に加入しているからなんだよね。
国連憲章と日本国憲法に矛盾があるのなら加入しないはずだから。
でも左翼の人からなぜか国連脱退しろという話は出ないんだよ。

monsterの感想はどこへ行った…

>浦沢漫画の最大の弱点は風呂敷の畳み方が極端にへたくそだってことだろ

ここのコメント欄でも浦沢漫画の話になると頻繁にドヤ顔でこれ言う人いるけど、正直それに該当するのって20世紀少年くらいだろ。
MONSTERはヨハンという人物を単なる謎のカリスマサイコパスというだけで終わらせず、その生い立ち含めかなり真っ向から深くまで描写したと思うし、終わり方も相応しいと思う。人によって好みはあるだろうがたたみ方が悪いとは思わない。
それに浦沢漫画の最大のヒット作と言えば当然YAWARAだけど、YAWARAはこれ以上ないくらいの大団円で幕を閉じてる。読後感もいいし、あれを読んで畳み方が極端にへただなどと思う意味がわからない。
単一のイメージだけで知ったかぶって全体を語るのは滑稽だわ。

へたくそというか、サスペンス仕立てにしておいてヨハンがいかに幼少期からカリスマ性を持っているのか煽るだけ煽っておきーの
え?それだけの理由で大量殺人企てたの?って拍子抜け感はあるわな

千と千尋にも似てる(勿論内容は似てない)
実はこういう理由だったんですよ、ってつじつま合わせは上手くされているが、持ち上げたテンションが爆発せずにフェードアウトするパターン

この話って、ナチがメインじゃなくて、東西冷戦時代と壁が崩壊してからの混沌がメインかと思っていた
後半、話がチェコに移ったり、読書会に参加していた人たちの反応って、昔ビデオで見せられた、旧ソ時代の一部に特化したエリート作ろうとして、精神面ボロボロになっちゃった人たちを思い出す

今リアルタイムでmonsterのliveReactionをYouTubeで上げてる外国人いるね、口髭のおっさんw

翻訳乙でーす。
図書館大炎上回が近づいてるね!
その前にコメ欄が大炎上ってか。みんなの盛大な伏線の張り方には頭が下がりますな!

この話のメインって
絶望に負けない最強の人間兵士の作り方ってなんだ?って話かと
ナチや東ドイツはあくまで素材だね

人は神になれない
創造主たろうとうぬぼれた人間が創りだしたのは制御不能なモンスターとなった
エセ創造主は自らが与えた能力で滅ぼされる
生み出された意味がなくなった時代にモンスターは生きる意味を模索する
そして至った結論は、、、

みたいな物語だと思いながら読んでた。
精神的フランケンシュタインみたいな話かなーと。

南京事件に関しては下記を見ると、数はともかく虐殺はやってると思う。
http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/ba7c323938bb4c49f843826f525a69cc

世界史をもう一回勉強したいな。今の教科書は昔とはだいぶ違うだろうし。

あなたの決意はどうでもいいんだけど
書き込む場所間違え過ぎなんだよ
MONSTERの物語を語り合う場所だってのに

でも世界を恐怖に落とし込む怪物なのかと思いきや
思いの外…というか
戦争時代の負の遺産として洗脳教育受けた人間が、普通の生活に戻れないで化け物化する話は
パイナップルアーミーにもあったけど、主人公含めて元特殊兵士同士の闘いだからか
あっちの方が世界を巻き込む時限爆弾と隣り合わせの様なシチュエーションが多かったな

まあ、ドイツと言えばナチってネタにはうんざりする人もいるだろう
外国人作家にネオナチとかベトナム移民問題とかをネタにされるのも嫌だろう
物語後半にディスられるのはチェコと東ドイツだな
でも、創作においてナチスの秘密兵器とか旧東側の秘密実験とかは、言い方悪いがある意味ロマンだからなあw

それ凄い分かる。
物語としては悲劇になる歴史背負ってるから尚更ロマン感じてしまう。
さらに異国で、しかも秘密のベールに包まれて未だ明かされない、特殊な環境下の人々の謎を解く様な
しかも解くと命が狙われる様なシチュエーションはワクワクする

>南京事件に関しては下記を見ると、数はともかく虐殺はやってると思う。

問題が違う。
日本軍は捕虜(投降兵)の処刑はやっていた。
日中共にジュネーブ条約に批准していなかったし、日本兵も中国軍に捕らえられたら公開拷問処刑されていたからな。
これを虐殺とは呼べないと言う人はいても、有った事自体を否定する人はまずいない。

ただ中国が主張している大虐殺とは、南京市内で女子供含めて手当たり次第に30万人虐殺したという話。
当時南京の外国人委員会が記録していた資料の中にはそんな話はどこにもない。だからデマだろうということ。

>南京事件に関しては下記を見ると、数はともかく虐殺はやってると思う

中国や反日左翼の術中にまんまとハマってるな

虐殺ってのは通州事件であったことようなことをいうんだよ
日本で南京大虐殺はあった!という人は
なぜかこの件についてはまるで言及しないんだよね


海外コメントのジローVSテンマに笑ったw

浦沢がブサヨじゃなく良かったよ
日本を憎む人間が作った捏造資料を集めて描かれた漫画とか見られたものじゃない
戦争は全て虐殺なのに日本だけがやったように語る基地外には呆れるばかりだ
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。