Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONSTER 第33話『子どもの情景』 海外の反応

entry_img_436.jpg
以下MyAnimeListAnimeSukiより翻訳





sotohan_monster33_img002.jpg


・この番組は中毒になりそうだ。
健康に良くないね。
今回もまた素晴らしいエピソードだった……。  (男性)



・新しいEDは本当に、本当にひどいよ。
最初のOPやEDの大ファンってわけでもなかったけど、これは一層ひどい。  (アメリカ 男性)


sotohan_monster33_img003.jpg


・ヨハンが子供の頭をめちゃくちゃにしてたのか。
でも、彼にもまだわずかな人間性が残っているんじゃないかと思っている。   (ポルトガル 男性)


sotohan_monster33_img005.jpg


・わぉ、たくさんの興味深い出来事が起こったな。
でも最初の所では、なんで看護婦は二人の子供が病院を出て行った事に気付かなかったんだ?


sotohan_monster33_img007.jpg


・ヨハンは以前から気軽に子供達に話しかけていたと思ってたけど、洗脳してたのか……。


sotohan_monster33_img009.jpg


・老人にあんなことするなんて嫌なヤツだな。  (女性)



・あのマルティンっていう子供はディータ―よりもよっぽど不快だ。


sotohan_monster33_img008.jpg


・マルティンは成長したらサイコパスになるだろう。  (女性)


sotohan_monster33_img011.jpg


・実に見事なエピソードだった。
ディータ―とあの子供が屋上にいた所はサスペンスに満ちていた。
ヨハンが読んでいた本の内容を知りたい。   (イギリス 男性)


sotohan_monster33_img015.jpg


・ヨハンが子供たちを操っていたのは単に楽しみのためなのか、もしくはなんらかの実験なのかが気になる。
ヨハンが人間にあらざる絶叫をあげたのは不穏だったが、それを見られたのは嬉しい喜びだった。
おそらく、もうすぐ彼の過去を見ることが出来るだろう。   (フィンランド 女性)


sotohan_monster33_img016.jpg


・ディーターの声がマルティンの心に響いたのが嬉しい。
マルティンはヨハンのようになりたかったみたいだけど、恐怖心を克服できなかったようだ。  (男性)


sotohan_monster33_img018.jpg


・ヨハンの事が大嫌いになった。
どうやったらあんな風に子供を炊きつけることが出来るんだろう?
このエピソードには心を痛めた。
ディータ―が誇らしいよ。
彼は本当に強くなったね。   (アメリカ 女性)


sotohan_monster33_img019.jpg


・このエピソードは2つの行動を見せてくれた。
一つは最初の子供たちの遊び。
二つ目は最後のヨハンの仰天。
それらがヨハンの次の行動をほのめかしていたと思う。
考えるに、ヨハンは自分が死んだ後の継承者を探していたのではないか?
そして、ヨハンは今もっと恐ろしいゲームをしていると言っていた。
これはヨハンがずっとテンマの存在に気付いていたという事でもある。
そこで一つ疑問なのだが、ヨハンはテンマを試しているのかな?   (アメリカ 男性)


sotohan_monster33_img020.jpg


・これだよ!
これがミッシングリンクだよ。
このエピソードこそ、ずっと待ち望んでいたものだった。
今回のエピソードは僕の心に蓄積された抜け落ちた点をうまくつなげてくれた。
これでほぼ100%ヨハンは二重人格などではないと確信した。
ヨハンは以前、妹に頭を撃てと言った事があったね。
今回あのマルティンという少年が全てを説明してくれた。
ヨハンは自分が生きている理由を探そうとしていたんだ。
彼は自分が生きている理由があるのか、果たして自分は特別なのか、やるべき使命があるのかと悩んでいたんだ。
そしてもし自分が特別ならば、それを達成するまで死ぬことはないとも。
これこそヨハンが妹に、自分を撃つように言った理由であり、もし生き残る事が出来たとすれば、ヨハンは本当に自分が特別である事を確信できる。
この世界に役割を持って生を受けたのだと。
このエピソードがとてもうまく物語っていた。   (リトアニア 男性)


sotohan_monster33_img022.jpg


・SchuwaldはSchubertであるべきじゃないか?  (ヨーロッパ)



Re:これを見てるのは日本人なんだから綴りなんて気付かないって思ってるんでしょ。
他のアニメでたくさん不正確な綴りを見てきた身からすれば、こんなのは些細な問題だよ。  (男性)



Re:実際このアニメの綴りはどちらかといえばドイツ語に近いよ。
Lungeと書くよりもRungeと書いた方がドイツ語らしいからね。
Braunみたいなものさ、実際Brownはドイツ語だとBraunと書く。
そう考えれば合点がいくというものだ。
Schubert/Schuwaldについては議論の余地があるが、両方使えるよ。   (ベルギー)


sotohan_monster33_img024.jpg


・今回のエピソードはテーマとして前回のエピソードとうまく繋がっていた。
ヨハンは無垢な物を堕落させるのが好きなんだ。
彼の子供に対する愛情とマルティンが置かれていた状況はその代表例だ。
そして今回のエピソードこそまさに、テンマに狙われようとも気にしない理由だね。
より純粋な者であればあるほど、ヨハンにとっては好ましい。
テンマはここまでとても純粋である事を示してきた。
テンマは自分の身を捧げて他人を助けてきたのだから。
ヨハンが他人の親切心や道義心によって救われた事を踏まえれば、テンマを堕落させようと考えていても不思議では無い。  (男性)


sotohan_monster33_img026.jpg


・テンマが狙撃場所に選んだ所を、ヨハンが見つめていた事に気付いただろうか?   (オランダ 男性)



・ヨハンがもうすぐ死ぬという事を知っていて、その運命を受け入れているのは良い展開だな。
でも、モンスターサイドのヨハンは運命を受け入れたくないようだ。
今や、死の運命を受け入れる代わりに、モンスターが彼の身体を乗っ取ったのだろう。
あくまで僕の仮説だけど。   (フィリピン 男性)


sotohan_monster33_img029.jpg


・ヨハンのイデオロギーはなんだかニーチェ哲学みたいに聞こえる。
適者生存理論やニヒリズムなど。
ヨハンはニーチェが言う『超人』の体現者だ。   (ブラジル 男性)



・どのエピソードでもヨハンは最高だね。
この絵本絡みの話はこのシリーズで特にお気に入りだよ。   (女性)


sotohan_monster33_img030.jpg


・あの絵本だが、個人的にヨハンはあれを見て、幸せだった頃の記憶を思い出したのだと思う。
モンスターが宿る何年も前の、良いヨハンの記憶をね。
そしてあの本が善良なヨハンを呼び起こす引き金になったのだろう。
それゆえ絶叫して倒れてしまったわけだ。
後に起き上った頃にはきっとまともなヨハンに戻っているに違いない。
そしてその事に気付いたテンマがもはやヨハンを撃てなくなるのだろう。
撃てないからこそまだ40話も残ってるわけだし。


sotohan_monster33_img031.jpg


・ヨハンからあのようなリアクションを見られるとは思いもしなかった。



・ヨハンが読んでいた絵本の名前は『名前のない怪物』というらしい。  (女性)


sotohan_monster33_img032.jpg


・ヨハンがあげた悲鳴はここまでで彼が見せた初めての真の感情ではないだろうか?
あの本と彼ののつながりは何なのだろう?   (イギリス 男性)



・ついにヨハンの過去に対する洞察の足掛かりを手に入れた。   (男性)


sotohan_monster33_img034.jpg


・ヨハンが倒れたのは彼がチェコスロヴァキアにいた過去と、著者もチェコ出身である事に関係があるのだろうな。  (男性)



Re:彼がチェコにいた頃にあの本を読んだことがあるんじゃないかな。
たぶん、頭を撃たれる前にね。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster33_img035.jpg


・あのチェコスロバキアで書かれた絵本は間違いなくヨハンが511キンダーハイムに来る以前の過去に関係があるね。
そしていかにしてヨハンの中のモンスターが生まれたのかという事にも関係あるだろう。



・ヨハンが二重人格を持っているのか単にそう装っているだけなのか、定かでは無い。
きっとヨハンは絵本を読んだ時、過去を思い出したのだろう。
だからこそ倒れたんだ。   (フィンランド 男性)


sotohan_monster33_img036.jpg


・今回のエンディングはみんなを悩ませたことだろう。
でも明言されていたように、あの本はチェコスロバキアで書かれたものだ。
そして僕たちは、既に、ヨハンと彼の妹がチェコスロバキアの国境を越えてドイツに来た事を知っている。
論理的に考えれば、ヨハンの親か縁者によって書かれたのだろう。
そしてそいつがヨハンのパーソナリティを完全に変えたのだろう。
ヨハンの知性を見出して、自分のイデオロギーに沿う、完璧な存在に仕立て上げたんだ。
その過程でヨハンの内に潜むモンスターが生まれたのだろう。   (リトアニア 男性)


sotohan_monster33_img038.jpg


・テンマが図書館の中からヨハンを始末しようと考えたのはこの番組始まって以来の愚かな策だな。
どうやって脱出するんだ?   (男性)


sotohan_monster33_img037.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

>>テンマが図書館の中からヨハンを始末しようと考えたのはこの番組始まって以来の愚かな策だな。
どうやって脱出するんだ?

確実に殺すことだけで脱出は考えてないからな。
殺した後は捕まるべきだと思ってるし。

リトアニアさんのコメントを最後まで追いかけてみたい
毎回毎回ものすごく興味深い

ヨハンの絶叫いいよね〜
初見はホント驚いたなぁ
あと司書のおねーさんかわいい

いつも楽しみにしています、みなさんの反応でニヤニヤしています( ´ ▽ ` )ノ

狙撃成功したら自首して終わりですよ。

やっと翻訳キター

待ちかねてました!

待ちきれずに60話辺りまで見返しちゃった:)

今回からエンディングがフジ子ヘミングに替わったのか…確かに初めて聴いた時はビックリした(笑)
次回はベトナムの少女医師の話だけど、わりと好きなエピソードなので外人さんのコメントが楽しみだな。

リトアニア男性の理解力が凄い(笑)。自分が最初見た時はこんなに理解しきれなかったなー。

翻訳乙でぇす!

ディーターの印象悪かったのか

リトアニアさんファンが増えてるw

この後の場面が「MONSTER」で一番印象に残ってるんだよな。

当時、原作マンガ読んでた時も、なんで絵本読んでヨハンがぶっ倒れるのか全然意味不明だったからな…ヨハンのキャラがまったくわからなくなったエピソード

リトアニアさんの知性すごいな
よほどの読書家か知識人なんだろう

ふぇぇぇぇ。。。
いきなりEDがディスられてるょぉ。。。
ぼっくん好きなのに。。。。。

ヨハンの絶叫シーンはここから後半の重要シーンより一番心に残ってる

単にリトアニアは原作既読なんじゃないの
ここまでの話だけでは推測できないところまで踏み込んでるように思えるな

外国人はディータみたいな役に立たないような子供キャラって嫌いなのかね

>外国人はディータみたいな役に立たないような子供キャラって嫌いなのかね
好きじゃないと思うな。
まあディーターはちょくちょく役に立ってるし、テンマの良心の支えでもあり、
役にたたないまでも足手まといにはならない、察しが良くて聡明なキャラでもあるけど。
むしろ海外の方が、役に立たない上に足手まといな子供キャラが多いイメージだ。

マルティンの声優さんだれかなと思ったら、天丼マンでカムパネルラでメイちゃんか。確かに。
しかしなるほどね。ヨハンも自分自身で生き残れるか賭けをしてたわけか。

ここはかなりインパクトのあるシーンだよね
コミックで初めて読んだときは鳥肌たったわ

そしてリトアニアさんの考察力に脱帽

Ich freue mich sehr f眉r diesen Blog genossen. Ich f眉hle mich stark daran und lieben lernen mehr 眉ber dieses Thema.
replica designer shoes http://www.cheap-designer-shoes.com/
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。