Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONSTER 第32話『聖域/Sanctuary』 海外の反応

entry_img_432.jpg
以下MyAnimeListAnimeSukiより翻訳





sotohan_monster32_img001.jpg


・全てが大きなクライマックスに向けて動き出しているようだ。
テンマがヨハンを殺そうとし、ルンゲがテンマを追いかけ、ニナも同様に到着した。
こりゃちょっとしたティーパーティーに発展する可能性もあるかもね。   (ポルトガル 男性)


sotohan_monster32_img005.jpg


・カールは本当にクソ野郎だな。
ロッテは今まであれだけ手助けしてくれていたのに、それに対してまともに報いる事すらしないとは。
少なくともダンスぐらい一緒に行ってやれよ、馬鹿が。
可哀想なロッテ。   (男性)


sotohan_monster32_img003.jpg


・あー、かわいそうなロッテ。



・ロッテには気の毒に思う。
でもニナに嫉妬するのは完全にお門違いだな。



・すべての女性は能登麻美子に嫉妬するべきだ。
結局、彼女は女神なのだから。
彼女にはみんなを癒す特殊な力があるのだ。


sotohan_monster32_img004.jpg


・これですべての主役がミュンヘンに揃ったわけだ。



・ニナはミュンヘンに向かい、ヨハンに繫がりのある友達すら作ったわけだ。
だがテンマはあまり調子が良くないみたいだね。
良くないどころかヨハンを殺すという決意が揺らいでいる。
この先一体どうなってしまうのだろうか。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster32_img006.jpg


・たぶんこのヨハン編で一番微妙なエピソードだった。
それでも見てて楽しかったけどさ。
ちょっと安っぽいパートが多すぎたと思う。



Re:ははは……でもそんなに悪くは無かったよ。
ちゃんと独自の持ち味もあったしね。
僕はキャラクターとキャラクターが徐々に結びついて行く所が好きだし、キャラ同士がお互い誰かも分からずに出くわして最後まで気付かない演出が好きだ。
このエピソードはとてもうまくサスペンスを積み上げてくれたよ。


sotohan_monster32_img009.jpg


・ニナがみんなに追いついたのは嬉しいな。
ニナがどう行動するのか楽しみ。   (アメリカ 女性)


sotohan_monster32_img010.jpg


・今ディータ―はどこにいるんだろう?
精神科医の人と一緒にいるのかな?   (アメリカ 女性)


sotohan_monster32_img012.jpg


・え? カールがあの男に金を握らせてロッテと踊るように言ったって事か?
流石にひどすぎないか?
ロッテを好きになれないっていうのは、それはカールの価値観の問題で尊重するけど、今の自分を築き上げてくれた相手に対してとる行動じゃないと思う。
これは単に女心が分かってないっていう問題じゃ済まないぞ。


sotohan_monster32_img013.jpg


・ニナが戻って来た!
彼女を見るのは本当に久しぶりだな^^
そしてあのウザい奴を取り押さえたね。
彼女の技は衰えてなかったようだ。   (男性)


sotohan_monster32_img015.jpg


・ニナとロッテのパートは興味深い。
ロッテはいつも通り詮索好きだったけど、彼女の恋愛部分の発展はちょっぴり面白かった。
カールは完全にロッテを捨てたように見える。   (男性)


sotohan_monster32_img016.jpg


・ロッテはニナがヨハンに似てる事に気付いたな。
彼女がニナについて調査を始めるのは確実だろうな。
にしてもロッテは本当にカールの事が好きなんだな。   (フィンランド 男性)



・ロッテが、ニナとヨハンが似ているって事を言っていればなぁ。
ニナはロッテの所に留まって、ヨハンをすぐに発見出来ただろうに。   (男性)


sotohan_monster32_img017.jpg


・もしこれが猫とネズミのゲームだとすれば、ヨハンはみんなの追跡を巧みにかわしているネズミって所かな。
ここまでのサスペンス、スリル、ストーリーの積み上げ方を見るに、この先はドキドキハラハラする展開が待っているに違いない。  (ポルトガル 男性)


sotohan_monster32_img018.jpg


・高経口のスナイパーライフルを使ってるテンマはイカしてるな。
だがヨハンを殺そうとする事に悪戦苦闘しているみたいだ。
しかもヨハンがそのことを感知していて、テンマには出来ないと言う事を分かってるみたいに見えた。  (男性)


sotohan_monster32_img019.jpg


・このエピソードの前半にはがっかりしたな。
確かにニナが到着したのは素晴らしい事だった。
でも大部分があのイライラするロッテと一緒だったし、メインテーマに全く絡まなくてつまらなかった。
後半部のテンマの行動は見ごたえがあったけどね。
きっと彼は躊躇っているんだろうな。


sotohan_monster32_img020.jpg


・ヨハンもシューバルトに取り入ってまで行うであろう真の計画をいつ実行するのだろうか?
結局まだ彼がシュートバルトの下にいる理由は分からないままだよね。
続きが気になるな。
もう朝の4時だけど次のエピソードを見るとしよう^^


sotohan_monster32_img021.jpg


・ヨハンがテンマのスコープを覗き返したようにみえた所では鳥肌が立ってしまった。   (男性)


sotohan_monster32_img022.jpg


・すべてのキャラクターに重大な危機が迫ってると思わずにはいられない!
ミステリースリラー作品とはこうあるべきなんだよね。
MONSTERはここまで本当にうまくやっているよ。   (ポルトガル 男性)


sotohan_monster32_img026.jpg


・今のヨハンは最早モンスターでは無いのではないか?



・テンマは困窮の極みにあるようだ。
食欲不振になって、やけくそになってるように見える。
しかし、あの森で撃てないならどこでヨハンを撃つのだろうか?
子供に囲まれていう時に撃つとでも?


sotohan_monster32_img027.jpg


・このエピソードはテンマの苦悩をうまく示していたと思う。
人を殺すのは簡単に見えるかもしれないけど、でももし僕が、実際に誰かを殺すような状況になったら今テンマが陥ってるよりもっとひどい状態になると思う。
これこそがこの番組をとてもリアルに見せているものであり、僕がこのエピソードを楽しめている理由でもある。


sotohan_monster32_img030.jpg


・どうやらあの森でヨハンを殺す度胸は無かったようだ。
ところで謎なんだけど、テンマはどうやって生活しているんだ?
一切収入が無いんでしょ?
バイトとかやってるようには見えないしね。   (フィリピン 男性)



Re:テンマはスーパー脳外科医だったから、金なんていくらでも有り余ってるだろ。   (男性)



Re:テンマは最高の外科医として9年間働いてたんだから、仕事してなくてもたくさんの蓄えがあるだろw   (イギリス 男性)



Re:テンマは以前のエピソードでもどこかの組織のボスの命を救っただろ。
あの手のモグリの稼業で気前よく報酬をもらっているだろうしな。


sotohan_monster32_img029.jpg


・このシリーズについて一つだけ困惑させられる事があるんだ……。
テンマはシリアルキラーとして逃亡している身の上なんじゃないのか?
一体どうやったらあれほど簡単に公の場をうろつけるんだ。
ポスターとかTVとかで放送されてるんじゃないの?
テンマを理解して警察に引き渡さない人が居たのは良い事だよ。
でも、普通の一般人が誰も気付かないって言うのはにわかには信じがたい。   (オランダ 男性)



Re:そうだよ。
日本人がドイツをうろつきまわっているという事を思い出そうじゃないか。
ドイツにはそれほどアジア人は多くないぞ!   (男性)



Re:そんな事言ったら、大人気映画やドラマでさえ大きな欠陥を抱えているぞ。   (ポルトガル 男性)


sotohan_monster32_img031.jpg


・テンマがヨハンを殺そうと苦しんでいる状況はフョードル・ドフトエフスキーの『罪と罰』のようだ。
この本の主役のラスコーリニコフは若い学生で、金のために老婆を殺そうとした。
ところが計画を実行する中で、奇妙な行動を取ってしまうんだ。
ちょうどテンマのようにね。
ストーリーを全て語る余裕はないけど、でもとても似通っている部分があると思う。
そして今回の鳥はテンマが純粋である象徴だね。
僕はテンマにはヨハンを殺せないと思うよ。   (ポーランド)


sotohan_monster32_img032.jpg


あの老人のスピーチは魅惑的だった。
一度、人を殺めてしまえば、取り返しがつかないって事だね。
テンマは果たして冷血にヨハンを殺す事が出来るのだろうか?




・罪を犯してしまった者の立場から、人の道徳を考察するエピソードだった。
とても深かったよ。
やっぱりテンマはヨハンの中に潜む人間の側面が気になっているんだろうね。
ヨハンが完全なモンスターだと思っていない可能性もある。
なんであれ、テンマは引き金を引けないだろうなぁ。
だってあの老人の話はテンマの中に深く刻み込まれているだろうし、今回のサブタイトルが示すように『聖域』では血を流すべきでは無いからね。
でも、撃てない問題は森だからってわけじゃないだろう。
だからこそ、この先まだまだたくさんのエピソードがあり、テンマが目的を達成するまでの精神的な発展を見る事になるんだろうから。  (リトアニア 男性)


sotohan_monster32_img033.jpg


・あの元ナチの兵士だった老人が命令を受け、あの森で外国人を殺し、そして今、外国人であるテンマに贖罪の気持ちを吐露しているのは何とも皮肉な事だ。   (男性)



・この先、機会は無いだろうに、あれでヨハンを殺さない事を決意する理由としてはちょっと弱すぎるんじゃないかな。
このままテンマに日和って欲しくは無い。



Re:そうだね。
ちょっくらスナイプしてそれでミッションコンプリートだろって話だよな。
でもまぁ仕方ないよ。
テンマはとても感情的に苦しんでいたようだしね。   (カナダ 男性)


sotohan_monster32_img036.jpg


・このエピソードで強調されているのはテンマの純粋さだな。
怖気づいたり、嘔吐してしまったり、そして象徴としてテンマの肩に小鳥が止まったりする事が全てを物語っている。
MONSTERであるヨハンとは異なり、テンマは間違いなくMONSTERではないという事だ。
彼はここまで悪事といえるものを一切犯してない。
殺人というのは明らかに大きな交錯点だ。
テンマには別の方法を見つけてもらいたいね。   (男性)


sotohan_monster32_img034.jpg


・このエピソードは実に見事なエピソードだと思った。
ここしばらくの間でこれほど感銘を受けたことはないよ。
スローペースだったが、これほど多くの事を1話に込める番組はそうそう無いね。
これぞ、やるべきことを分かってる作者って感じだ。
あのダンスチケットの渡し方は単にあのジャーナリスト少女のほろ苦い思いを伝えただけではなく、それによってニナと友好を深めるものでもあった。
それにあの森で出てきた老人は単なるわき役だったのに、彼の語る話はとても心をつかんだ。
最後の鳥の演出はちょっと安っぽいけど、ストーリー自体はとてもうまく語られていた。


sotohan_monster32_img035.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

金を渡したのがカールとは思わなかった。でも付き合うつもりもないのに、中途半端に付き合って勘違いさせても良くない。

カール的には悪意はないというか、たぶんロッテが自分のこと好きだってことすら気付いてないんだろう。
パーティやその他今後付き合ってはやれないが1人だと気の毒だし、っていう彼なりの配慮と善意のつもりだったんだろう。
ただ女性経験が乏しいせいでそれがどれだけロッテを侮辱し傷つける行為かわかってないというだけでw

カール「誰かパーティに行く予定の人いる?ロッテがチケットを売りつけられて、困ってたんだけど、誰がパートナーになってくれないかな?」
あの男「俺行く予定だけどさぁ、金ねーから、ドリンクもおごってやれねーわ(ヘラヘラ)」
カール「じゃあ、僕がだすよ」←大富豪の息子と判明してから、こういう扱いに慣れてしまった

これぐらいの事情じゃないとひどい話だ
母親が娼婦だったってのに、いろいろと鈍感すぎる

テンマがヨハンを殺すことに悩むのは、単に道徳的な葛藤だけじゃなく、今までの自分の生き方を否定できるかどうかでも悩んでると思うんだよね
殺すつもりでここまでヨハンを追って来てるけど、その間に救える命は救ってきているテンマだから「命は平等」という信念はまだ持っているだろうし、その中には殺そうとしているヨハンもまだ含まれているのかもしれない

自分の責任を果たす為とはいえ、ただ殺してハイ終わり!ってわけにはいかないだろうな

>母親が娼婦だったってのに、いろいろと鈍感すぎる

この場合母親の職業は関係無いだろ
分かれたのは子供の頃だし

まあ俺も初見の時はずっと
「ドイツでロンゲの東洋人殺人犯が余裕の逃亡生活やのー」
と思いながら見ていたが
細かい事に目くじら立ててちゃフィクションなんて楽しめないもんな
まだ半分も終わっていないのにヨハンをスナイプしちゃったら
そこで試合終了ですよ!

まあテンマがあれだけ堂々とうろつけるのはこの作品の中じゃ突っ込んじゃいけないところだわな
ただでさえアジア人なんて多くない上に変装もしてないんだからバレないのはどう考えても不自然
作品の前提として理解するしかない

このナチスお爺さんの話は作中でも屈指のエピソードだと思ったんだが、外人にはあんまり響かなかったのか。

まるでナチだけが人殺しみたいないいかたがおおいね

まずいな・・・ここら辺の話さっぱり思い出せないわ

ああそんなエピソードもあったなって記憶してるくらい
ここから先のニナとテンマの「私が彼をやる!あなたは殺しては駄目!」
「いや僕がやる、君は殺してはいけない!」のやりとりがだんだんウザくなってきて

しっかり読まなくなってくんだな

たのしかったの超人さんのエピくらい

東洋人の顔なんて、みんな一緒に見えるんじゃないの?

いくらか似て見えるんだろうけど、当時のドイツに東アジア人はかなり少ないから、テンマを見たらすぐニュースが頭に上がるはずという指摘だね

ヒゲぐらい生やしてたらまだ説得力あったかも

なんかコーヒーに砂糖を3杯入れるエピソードを思い出したな
あれをみて殺人ができなくなったんだっけか。まぁ暗殺者がためらうのと様々な葛藤でためらうテンマとでは状況が全く違うが

カールは善意でやってるつもりであろうことが本当にやっかい。恋愛関係無しにこんなこと友達にやられても傷つくだろ。相手が女の子なら尚更。デリカシーっつーか、想像力が無さすぎる。こういう善意だけで想像力が無い奴ってリアルにも結構いるから本当困る。後のエピソードで普通に二人一緒にいるけど、ちゃんと謝ったのか!?…ったく…。

日本人は影が薄いってことなのかとてっきり…

たった五杯のスプーンの砂糖で、人を殺せなくなった、「人殺し」の話しと、
時の政府の命令、いや、狂信者となり躊躇無く人を殺した、「平凡な一般人」の話。
どちらの人物が、罪深く、その後の人生に、どの様な影響を与え、どちらが幸せか?。
思いを馳せる。

そうなんだなぁ、テンマなかなか撃てないんだよな。最後は忘れたけど。

テンマは引き金を引けるかなぁ…。最近はヨハンもおとなしくしてるし、もうほっといてもいいんじゃないかなんて思っちゃったけど、今までにヨハンのせいで何人死んでんだって話だわな。
俺はこの先のストーリーを知らないので、ヨハンの計画も知らないけど、やっぱり生かしておくには危なすぎるか。
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。