Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONSTER 第31話『白日の下へ/Under Broad Daylight』 海外の反応

entry_img_429.jpg
以下MyAnimeListAnimeSukiより翻訳




sotohan_monster31_img001.jpg


・今気づいたけど、テンマの髪の毛が伸びてるよ!!



Re:長髪姿の方が似合ってるな。


sotohan_monster31_img002.jpg


・誰も警察を呼ばないのか?
もし、僕がライヒワインの立場ならば、警察に自宅と職場のエスコートをしてもらうんだが。  (男性)



Re:テンマがいるのになぜ警察を呼べるんだ?


sotohan_monster31_img003.jpg


・どんどん事態が面白くなってくる。
物事がここからさらに複雑になっていくのだろうか?


sotohan_monster31_img004.jpg


・わぉ!!
ヨハンがテレビに映っていたが、彼が公衆の面前に姿をさらすというのはなんだか奇妙だね。
私たちはずっと彼の影ばかりを追いかけてきたというのに……。   (女性)


sotohan_monster31_img005.jpg


・スローペースだったにもかかわらず、またもや素晴らしいエピソードだった。
でも、あの後どうやってテンマとライヒワインがロベルトから逃げおおせたのかを見れなかったのは残念だ。   (男性)


sotohan_monster31_img009.jpg


・純粋にモラルの観点から言って、ヨハンを殺す事が悪い事だとは思わないな。
彼は処刑に値する。   (女性)


sotohan_monster31_img008.jpg


・今までいろんな人にディータ―を引き取ってもらおうとしてたけど、ここが終着点な気がする。
ライヒワインは今後もヨハンの事件で協力してくれるだろうし、ディータ―を預けておくにはちょうどいい。


sotohan_monster31_img010.jpg


・ディータ―の事が気の毒だ。
彼は本当にテンマの事を気にかけていて、モンスターになって欲しくないと思っているんだな。
だが、ヨハンは悪であり、悪はこの世界から排除されなければならない。
それにテンマがヨハンに憤りを覚える事は理解できるよ。   (フィンランド 男性)


sotohan_monster31_img012.jpg


・このモラル的な迷いが良いね。
テンマは正しいのか、間違っているのか?
テンマはこのままモンスターになってしまうのか?
このアニメは本当に息を飲むものだった。


sotohan_monster31_img013.jpg


・テンマがヨハンを殺せるとはどうしても思えないんだよね。
物語のテーマとしても人を殺す=モンスターになる、という事だと思うし、テンマは善人の代名詞みたいな主人公だからヨハンを殺してエンドなんていう後味の悪い終わり方には絶対ならないと確信している。
そもそもこれだけ複雑に展開しているシリーズが悪者を倒して終わりだというのは考えにくい。
きっとここから二転三転するんだろう。
絶対最後まで見る事に決めているよ。


sotohan_monster31_img014.jpg


・ルンゲが戻って来た!
いえい!
テンマが戻ってくる時、ルンゲもまた戻ってくるのだ。
だがこのエピソードのルンゲはひどかったな。
それが彼の持ち味なんだろうけどさ。



・ルンゲは愚かだ。
どうしようもないぐらい頑固な奴だよ。   (カナダ)


sotohan_monster31_img015.jpg


・自分はルンゲの事が好きだよ。
彼は孤高で、疑い深く、決して追跡を止めない猟犬なんだ。
素晴らしいキャラだよ!


sotohan_monster31_img016.jpg


・このエピソードのルンゲは見苦しいな……。
彼は全く聞く耳を持っていなかった。
これ以上、彼に対して敬意を払うべきか分からくなってきたよ。
彼はテンマが有罪である事に執着し過ぎている。



・ここまで来るとルンゲは憐れだね。
彼がヨハンに利用される未来が容易に想像出来るよ。   (女性)


sotohan_monster31_img021.jpg


・ルンゲは決して理屈を聞かないつもりなのだろうか?
彼には実際にミュンヘンで、ヨハンに遭遇してもらいたいものだ。
そして真の犯罪者が誰なのかをつきとめてもらいたいものだね。
とはいえ、それがこんなにすぐ起こるとは思ってはいないよ。
きっと50話か60話あたりになるんじゃないかな。   (ポルトガル 男性)


sotohan_monster31_img022.jpg


・ルンゲは正義や犯罪の事など気にかけていないようだ。
彼は精神科医が分析したように、ただ自分が間違ってない事を証明するためにテンマを追っている。
いっそルンゲがヨハンの写真を所持している事を理由に彼のグループに狙われて欲しいものだね。


sotohan_monster31_img023.jpg


・瞬く間にルンゲの指を動かす癖の裏側を推論してみせた。
ギーレンもまた一流の精神科医であるって事だな。
そして同時に、あの洞察こそ彼がカセットテープを愛用している理由でもある。   (男性)


sotohan_monster31_img024.jpg


・ギーレンとルンゲはまるで本の見開きのようだ。
それにしてもルンゲはすっかり自分の幻想に執着しているね。
彼は優秀な刑事なのに、テンマの事となるとすべてのロジックを窓から投げ捨てている。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster31_img026.jpg


・ギーレンによって説明された通りだけど、ルンゲに対する僕の考えは正しかったようだ。
彼はただ自分が間違いを犯せないだけなんだ。
未だにテンマを捕まえようとしている事自体がその証明だよ。
彼は以前、事件を解決し、それが職務だから、テンマを捕まえると言っていた。
でも今では、既に疑念を抱いているだろうに、ただ自分が正しいと証明するためにテンマを追いかけている。
彼の外面は穏やかなように思えるだろうけど、きっと内面は嵐のように渦巻いている事だろう。   (リトアニア 男性)


sotohan_monster31_img027.jpg


・ルンゲはいかに名残惜しかろうが、そろそろ自分の考えに疑いを持たずにはいられないだろう。
どれだけ頑固であろうと、彼の中の論理的な部分が黄色信号を点滅させているはずだ。
この作品で、法的、道義的にヨハンを捕まえる事が出来る人物はルンゲぐらいだろうからね。   (男性)



・ルンゲは徐々にテンマの味方になっていくんじゃないかな。
彼の敵役としての頑固さは度を超えているように見える。
今の彼にとって、テンマを探す事は人生の生き甲斐であり、他の何よりも自己防衛の意味合いが強いんだよ。
これが後々に変わっていくといいな。   (スペイン 男性)


sotohan_monster31_img028.jpg


・ギーレンが、テンマは有罪では無い事について、とても有益な供述をし、ルンゲのパーソナリティについてすべての側面を解説したのに、本当に彼は諦めないんだな。
なんという事だろうか、ルンゲには本当にイライラさせられる。
この手の人は本当に嫌悪する。   (ベネズエラ)



・子供でさえヨハンの周辺であれだけ殺人事件が起きるのは偶然の一致ではない事を理解出来ると思う。



・ルンゲはレ・ミゼラブルの刑事を彷彿とさせるな。
彼のテンマの罪を証明したいという欲望は彼を狂気に走らせるだろう。   (男性)


sotohan_monster31_img029.jpg


・なんでギーレンはテンマの居場所を教えちゃったのか分からないな。
1枚の写真ではルンゲの気持ちは変えられない事を知っててしかるべきだ……



・マジかよ、ギーレン。
お前、あの自己陶酔的なルンゲに証拠を与えた所で信じると思ってたのか!?
これでテンマはすぐにミュンヘンを出ないと面倒な事になっちまった。   (アメリカ 男性)



・どれだけの情報を与えて、いかにテンマが無実であり、すべてはヨハンの所業だと言ってもルンゲはあからさまに耳を貸さないね。
完全に彼の事が嫌いになった。   (アメリカ 女性)


sotohan_monster31_img031.jpg


・ルンゲがテンマが無罪である事をついに受け入れるのかと思ったけど、ただ精神科医を利用して情報を得ただけだったな。   (イギリス 男性)



・一瞬、ルンゲが心変わりしたと思ったのに。
これだもんなぁ!   (男性)



・皆がルンゲを嫌う理由は分かるけど、自分はどうしても彼の事を憎み切れないな。
僕は彼の粘り強さが好きだよ。
ただこのエピソードで唯一まずいと思った事は、ルンゲに騙されてしまったとはいえ、ギーレンがテンマの居場所を教えてしまった事。
ルディはテンマが身の潔白を証明するために戦ってほしいと思っているなら、彼が捕まるのを助長するような事はするべきじゃないよ。  (アメリカ 男性)


sotohan_monster31_img032.jpg


・重大な日が近づいてきているみたいだね。
ヨハンの命を救ってしまったという大きな過ちを正そうとテンマは決意を固めた。
だが、実際にテンマはヨハンを殺す事が出来るのだろうか?
テンマが殺人を犯すと言う事は、これまでのテンマを殺すと言う事だ。
でも殺人の定義って一体なんだ?
人間が人間を殺す事、だよね。
我々はヨハンを人間と考えてもいいのだろうか?
彼は疑いの余地なくモンスターだ。
彼の人格の奥底には人間のヨハンがいるのかもしれない。
いや僕はそれを100%確信している。
彼は病院に付く前に、妹に自分を撃てと言った。
もし彼が精神分裂病を患っていないなら、そんな事は言わないだろうしね。   (リトアニア 男性)



Re:ヨハンが精神分裂病である事に言及するのを止めないか?
彼が精神分裂である事を示唆するものはないはずだ。
精神病に対する無知には当惑させられる。
この番組で精神疾患について指し示すものがあったとすれば、それは解離性同一性障害もしくは多重人格だよ。


sotohan_monster31_img033.jpg


・テンマは度重なる逃亡生活ですっかり擦り切れてしまったように見えるな。
ついにスナイパーライフルまで持ち出した。   (カナダ)


sotohan_monster31_img034.jpg


・誰が有罪であるかを決めるのは刑事の仕事じゃないよね。
ただ可能な限りの証拠を集め、それに関わっていそうな者を逮捕する事だ。
誰が実際何をしたかっていうのは法律家の領分だよ。


sotohan_monster31_img036.jpg


・テンマがテレビスクリーンでヨハンを見ていた時、ヨハンもテンマの事を見つめ返したように見えた所は不気味だった。   (男性)


sotohan_monster31_img035.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

この回でまさかのルンゲ株大暴落かよw

物語後半のルンゲの活躍を見た時の反応が楽しみだw
ルンゲがテンマに謝罪した時は泣きそうになったもんなぁ
こいつらもきっと感極まるだろうな

院長の命令を無視してまだで人命を尊重してたエリート医師が
自分が関わったって事だけで殺人で事を解決するとは
到底考えられない。シナリオ破綻だ。

ルンゲは初見は確かにイライラさせられるかもねw
それがあるからこそ終盤の活躍がものすごくカッコイイんだよな。

>院長の命令を無視してまだで人命を尊重してたエリート医師が
>自分が関わったって事だけで殺人で事を解決するとは
>到底考えられない。シナリオ破綻だ。


↑意味わからん。
自分がかかわったって事だけ、っていうけどものすごく重要な部分だし
それ以前にも精神的にいろんなことあったわけで、それをふまえても
殺人で解決するかしないかは今の時点でもテンマは迷ってるじゃん。
その辺をはぶいて考えて「シナリオ破綻だ」と言われても……。
なんかすごい決めつける人だね。

テンマの日常萌えアニメじゃないからな
こういうテンマを追い詰めようとする存在が居たほうが
面白いので、観てる時はルンゲ好きだったけどな
あっちの方が感情移入度高いみたいだな

ルンゲの人気ガタ落ちwww休暇からの巻き返しの反応が今から楽しみだねw


>テンマが殺人を犯すと言う事は、これまでのテンマを殺すと言う事だ。

この意見はこの物語にとって重要だよね
のちに出てくる「平和の神様」の絵本の比喩は、ニナとヨハンの事だと思えるけど、これってテンマの事も指してるんだと思うし。(まぁ、特定の人を指して書かれたわけじゃないんだけど)
自分の信条で助けたのが悪魔だったとき、その悪魔を殺すかどうか、言いかえれば‘命は平等’というテンマのアイデンティティを殺すということだしね

Dr.テンマか
これひょっとして鉄腕アトムの脱構築なんじゃないかな

ルンゲは無能じゃないよ
ちょっと頑固で思い込みが激しくて多面的な見方ができないだけだよ

ルンゲが無能じゃないことを証明するのはこれからだからな。
その過程を楽しむためにもここはイライラしたもん勝ち。

俺もルンゲにはほんとに失望した記憶がある。優秀な人だけにいずれテンマが無罪であることにたどり着くものだと思っていた。なんか「レ・ミゼラブル」の刑事とにている。

>ルンゲは愚かだ。ヨハンは悪。 彼は処刑に値する

ルンゲもヨハンも大暴落だなwまぁルンゲはテンマ事件では良くはなかったね。強盗殺人犯をあえて見逃したり思い込みが捜査を曇らせた。ただそれでも最後に町に行きつくんだから優秀ではある。探偵みたいに他人に後ろ暗い過去がないから最後まで生き残れたんだし
海外で久しぶりに触れられたがまぁヨハンは二重人格ではないよな。ただの愉快犯かサイコパス

ちゃんと後でルンゲのこと好きになってくれるさ
後半戦は一人で無双レベルの活躍するからな

ヨハンを殺すことは悪じゃない
ヨハンは悪!
ヨハンは死刑に値する

こういう感じのコメントしているのって、死刑廃止している国の人なのかな?
もしこのアニメが海外でつくられていたら、テンマはヨハンを殺し、あとは裁判ものになって
「彼は有罪か、無罪か!?有罪だが善か、無罪だが悪か??」という検事・陪審員・弁護士・遺族の心理劇になってそう
(長期間の裁判になって、ニナがテンマの弁護士になるという…)

ルンゲはあれだけ客観的な事実を突きつけられたことと、自分の推理との乖離をどう折り合いつけてるんだろう。
これだけじゃ無実の証拠には結びつきませ~ん、とはいえ事実は事実だしさ。
それもこの先言及があるんだっけ。まあ楽しみにしとこうっと。

ルンゲは痕跡を一切残さない人間はいない、いたら悪魔だ。しかし悪魔はいない、だから絶対にいない。

こう絶対的な決め付けがヨハンを存在しないものとしてルンゲの中で確定しちゃっていたから人の証言なんてものは意味をなさなかったのだろうね。

あれ、ルンゲそんな活躍したっけか…記憶が薄いな
超人の方が何か印象に残ってる

>>ルンゲがテンマに謝罪した時は泣きそうになったもんなぁ

ルンゲがテンマに謝って死地へと歩いていった時はルンゲの死亡フラグを感じて不覚にも泣いてしまった
エヴァもそうだけど最初憎まれ役だったぶん凄く好きになるんだよな

ルンゲの手の癖についての考察はほんとすげえって思ったわ。
漫画の作者ってほんとすごいな。
作者も1人の主観を持った人間なのに、登場させるキャラクターはそれぞれ違った思想を持って自立してる。ほんとすげえ。
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。