Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONSTER 第29話『処刑/Execution』 海外の反応

entry_img_423.jpg
以下MyAnimeListAnimesukiより翻訳





sotohan_m,onster29_img001


・ヨハンが子供に問いかけた『世界征服は順調かい?』って言葉。
凄いな、ヨハンの口からその言葉が出るなんて。  (男性)


sotohan_m,onster29_img002


・今回のタイトルはなんて不吉なんだ……。
これには死を連想させられる。   (カナダ)


sotohan_m,onster29_img003


・リヒャルトには切に生きていて欲しかった。
僕は、彼の調査そのものよりも、必死に過去を拭い去って、娘に会おうとしている彼のパーソナリティーやストーリーを楽しみにしている事に気付いたよ。  (男性)


sotohan_m,onster29_img004


・ローゼマリーは本当にキュートだ。
僕の希望はリヒャルトが再び娘と会えることだったけど、でも死亡フラグがそこらじゅうに立っていた。 
とても胸が痛んだけど、でもあそこのヨハンのパートはすごく巧妙だったね。
ヨハンが微笑んでウイスキーを手渡す所なんかもう『マジか、そんな馬鹿な、そんな馬鹿な……!!』って感じで見てた。  (男性)


sotohan_m,onster29_img006


・このアニメはアニメ史上最高の脚本だな。
僕のお気に入りは鋼の錬金術師だけど、これは間違いなく僕の好きなアニメTOP3に入るし、ストーリーではナンバー1だ。
僕にはヨハンの壁紙が必要だ。


sotohan_m,onster29_img007


・ついにテンマが無実だという証拠を手に入れた。



・ドクター・ギーレンがついにテンマ無実の証拠をつかんだな。
今後は彼もヨハンのターゲットにされるのだろうか。


sotohan_m,onster29_img008


・リヒャルトはとても真実に近づいた。
そして、それゆえ彼は死ななければならなかったというわけだ。
でも彼が死んじゃった事には怒りを感じるね。
リヒャルトの事が好きだったからな。
彼は良い奴だった。  (アメリカ 男性)


sotohan_m,onster29_img009


・リヒャルトがヨハンに殺された今、ルンゲではヨハンが捕まえられるかどうか分からないな。
だがここまで登場した人物の中で、ヨハンを捕まえ、法の裁きを下せるものがいるとすれば、それはルンゲだけだろうけど。


sotohan_m,onster29_img012


・あの電話に出たのは彼の娘だとは思わないな。
あれはきっとヨハンが世話をしていたたくさんの子供の一人なんじゃないかな。
それによって洗脳の影響を強めたんだよ。   (アメリカ 男性)



・リヒャルトの事が気の毒だ。
彼はこんな風に死んでいい男じゃなかった。
それにあの二人のドクターも不幸な終わりを迎えそうじゃないか?
結局の所、ドクターテンマ以外はヨハンの事を知らないんだから。



・ヨハンお前はマジで人でなしだ。
リヒャルトは明日まさに娘に会えるところだったというのに。
殺してしまいやがった。   (男性)


sotohan_m,onster29_img014


・ユルゲンスが頭を刺されていたのは本当におぞましいな……。
ヨハンは本当に見ていて飽きない悪役だよ……。   (アメリカ 男性)


sotohan_m,onster29_img013


・ヨハンは単なるクソ野郎なのか、カッコいいキャラなのか、決めかねているよ。
私はリヒャルトの事が好きだったのにな。
まぁ、エピソードは素晴らしかったよ。   (女性)



・ユルゲンスはまだ生きてたんだな。
でも突然死んでしまった。
彼にとってヨハンはそんなに恐ろしかったのだろうか?   (男性)


sotohan_m,onster29_img015


・あのユルゲンスのシーンはゾッとしたね……。
彼の事は知らないけど、でも間違いなくあれには驚かされた。



・なんでユルゲンスはヨハンの『こっちにおいでよ』という言葉を繰り返した後自殺したのか分からないな。
一体どういう意味だったんだろうか。   (ヨーロッパ)


sotohan_m,onster29_img016


・マジかよ。
ユンケルスがボールペンで自殺した。
ハードコア過ぎるだろw  (アメリカ 男性)



・なんかこのシリーズが扱う洗脳/催眠術/マインドコントロール系の事についてよくわからなくなってきた。
ユルゲンスの死はここまでのこのシリーズで最も奇妙な死に方だった。
ヨハンの写真を見た後に、よくわからない事を呟いてヨハンの髪を黒く塗り始め、そして自殺したね。
これはヨハンの写真を見たときに発動するマインドコントロールプログラムの一種か何かなのか?


sotohan_m,onster29_img019


・ホラー映画のように訳が分からなかった。
マジで?って感じだったよ。
ヨハンが訪ねてきた時、なんでドアを開けたのかな?
どことも知らない場所になんでついて行くの?    (アメリカ 女性)



Re:彼はヨハンの事をもっと知らなければならない探偵だし、こいつには負けないというプライドを持たないとダメだからな。
視聴者にとって、リヒャルトが死ぬと結論付けられるだろうが、リヒャルト自身はそんな事ほとんど分からないだろうしね。   (アメリカ 男性)


sotohan_m,onster29_img020


・こうなると思っていたよ。
でもなんで彼はついて行ったんだ?
あんな愚かな行動をしてちゃ気の毒に思えないよ。   (女性)



・みんな今よりも安全に対する意識が低い90年代だという事を忘れてはならない。
あの状況で現れたヨハンに殺意があるとは思ってなかったんだろう。
この時代ならそういうものじゃないかな。  (男性)


sotohan_m,onster29_img021


・ヨハンがゆるやかにリヒャルトを絶望に追い込んでいく所が凄いな。   (イギリス 男性)



・ヨハンがリヒャルトのアルコールの証拠を集めたのはいいとして、一体どうやって家族の事まで知ったんだ?   (男性)


sotohan_m,onster29_img023


・完全にヨハンに夢中になってしまった。
ヨハンは今までアニメで出くわしたキャラクターの中で最も魅力的なキャラクターだ。
最後のリヒャルトとの会話のシーンは彼の精神について興味深い見方を与えてくれた。


sotohan_m,onster29_img025


・ついにヨハンが人を操る所を目の当たりにしたわけか。
とは言っても任意に操れるわけじゃないみたいだね。
彼は多くのリサーチを重ねて、リヒャルトの情報をスパイしていた。
彼がこんなに早く死んでしまったのはショックだったよ。
彼は10話ぐらいはレギュラーをはるキャラだと思っていたからね。   (リトアニア 男性)


sotohan_m,onster29_img026


・リヒャルトは100%過去の罪の意識を克服したわけではなかったね。
例えどれだけ賢かろうと、精神的欠点や過去のトラウマが現れる。
そして誰かがそこを突いてくると、いともたやすく壊れるんだ。   (オーストラリア 男性)



・あの探偵はヨハンの事を知らなさ過ぎた!
彼はヨハンを疑っていただけでどのように人を殺すのかを気付いたのは最期になったわけだ。
ヨハンはまだまだ若いハンサムな少年に過ぎない。
その一方であの探偵は屈強な大人だ。
ヨハンが殺そうとして来ても対抗できると考えたのだろう。
しかしヨハンの殺しの手法を知らなかったな。
彼は言葉で人を殺す。
でももし私が彼の立場であったとしても、ヨハンの事を調査しようと思い、ついて行ってしまうだろうな。   (女性)


sotohan_m,onster29_img027


・もしリヒャルトがヨハンの言う通り、あの少年を冷血に殺していたのであれば、ある意味ヨハンの言う事は理に適っていると思うな。
それにしても、リヒャルトの死を示すのに『飲みませんか?』の後何が起こったのかを見せる必要すらないほど見事な演出だった。    (アメリカ 男性)


sotohan_m,onster29_img028


・これは素晴らしいエピソードだった。
でもこのエピソードで一番微妙なのは最後のヨハンとリヒャルトのパートだと思うな。
ちょっと信じられなかったよ。
リヒャルトはプロットの都合によって、ヨハンの罠にハマり使い捨てられてしまった。
彼は既にヨハンの事を全て知っていて、疑いを抱いているのにね。  (アメリカ 女性)



Re:これ。
私は番組で、聡明なキャラクターが敵をカッコよく見せるために白痴化させられるような展開は嫌いだ。
それに自分はヨハンの事を全くカッコいいとは思えない。
リヒャルトはヨハンの事を解明した二人目の人物だ。
それなのにヨハンを調べる過程で行く先々に自分の痕跡を残して、自分の名前を使って行動していた。
これじゃバカみたいだ。
とりあえずギ-レンとライヒワインには死んで欲しくないな。   (女性)


sotohan_m,onster29_img029


Re:ただ疑っていたってだけだからね。
それに精神的に攻撃してくるだなんて誰も予想出来ないでしょ。



Re:最後のシーンが非現実的って言ってる奴は心理学ってものを分かっちゃいない。
文句を言う前に少しは勉強してみればいいんじゃないか。


sotohan_m,onster29_img030


・ヨハンは今まで見てきた中でも最も邪悪なキャラクターだな。
彼は人を殺すのに銃口を向ける必要も、ナイフを突きつける必要も無い。
これは本当に凄い。   (アルゼンチン 男性)



・ヨハンが簡単にやりすぎって言う人に言うけど、リヒャルトは地獄のようなトラウマを潜り抜け、未だに治療中だったんだ。
そりゃ精神崩壊もするさ。   (男性)


sotohan_m,onster29_img032


・"Dou desu? Nomimasen ka?"   (ブラジル 男性)



・ヨハンがリヒャルトを自殺するように巧みに操ったって事かな?
なんでヨハンがウイスキーの瓶を持ち出したかと思ったら……。
可哀想な男だ。
娘に会う事が出来ないだなんて。
彼が娘にあるとワクワクしていた時から死ぬと思っていたよ。   (アメリカ 男性)



・リヒャルトが殺した少年も511キンダーハイムにいたんだね。
ヨハンと彼は知り合いだったのかな?
これによってストーリーに別の次元を加える事になるだろう。   (イギリス 男性)


sotohan_m,onster29_img033
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

年末の忙しい合間に翻訳お疲れ様です。
とても好きな話だったので楽しく拝見いたしました。
この先さらに盛り上がる反応を楽しみにしておりますので、
来年もよろしくお願い申し上げます。

リヒャルド殺されたんだったか
まあヨハンの異常に効果的な洗脳術って
ファンタジーレベルだし、こういった疑念が
出てくるのはしゃーないと思うな
しょせんはフィクションだと割りきらないと
作品を堪能できない

ヨハンは手紙魔だ

実際問題そんなトラウマ持ちじゃないから共感出来やしないが家族崩壊するまでアル中になり未だに精神科でカウンセリングを受け立ち直ったと見せかけながら自分を騙していたところを全て見透かされ心臓をえぐられるように追い詰められ酒に逃げてしまったら…

まぁ自殺、あり得そうな範囲ではある気がするかな。
次も楽しみだ、翻訳頑張ってください!

ユルゲンスの突然の自殺に意味分からないって、そんなに悩むことかな?
奴はケンプ夫人殺害の際に、子供の頃のトラウマを思い出しているし、そのことを知っていたヨハンへの得体の知れなさと恐怖があっただろ。そこに当の本人の写真とか見せられたら、発狂のあまり自殺してもおかしくないと思うんだが。
ようは、トラウマを再び見せ付けられたもんなわけだし

ヨハンって確実に悪役だけど、なんか「許せねぇ、このゲス!」て訳でもなく
カリスマ性はあるんだけど、かと言って「様」付けで呼んで崇めたいタイプでもなく、でも不思議と憎めなくて、今回みたいな非道なやり方にも何故か感心してしまう所がある謎キャラだよな~

MONSTERがこの手のジャンルのパイオニア的作品ってのもあるけど、ヨハンは唯一無二の存在感だわ

こういうキャラって他のアニメとかにもいるの?いたら見てみたい

ヒゲおやじさん見ると安心するw

自分は強烈なトラウマがあるからこういうのは信じちゃうな
それにアル中が重なってたらこうなっちゃうよ

そんな簡単に殺されちゃうのってのは今までの反応からなんとなく予想はできた
相手がそうなることをわかっていて誘導するわけだから簡単にいってしまうのは当然なんだよね
どんなに聡明な人間でも負い目はあるわけでリヒャルトは特にそれが顕著だった
自分の中の闇を暴かれ心を見透かされ完全に動揺したところで酒を出されたら飲んでしまうだろう
ただ後の展開について踏み込むとヨハンは酒に関してもリサーチしていなければおかしいからラッケではなくスコッチを自然に手にできる状態に工作しなかったのは完全に漫画の都合ではあると思う

リヒャルドエピソード懐かしいなぁ
今まで読んだマンガの中で、一番可哀相な正義サイドだと思う

>カリスマ性はあるんだけど、かと言って「様」付けで呼んで崇めたいタイプでもなく

作中でもひたすら存在を隠して暗躍してるからね
表立って動いてないから「キャラ」としての魅力が描かれてないからかと思われる

さすがに「ヨハンは質問してただけで悪気は無かった」なんて言い出す奴はいないな。

酒を飲んでフラフラになった所で突き落として自殺に見せかけたんかな。

さらに残酷なのは、彼の家族にとっては「父はまた酒を食らい、事故死した」という事実。
酒を絶って改心していたから会おうとしていたのに約束を破った形になった。

ヨハンは目的がはっきりしてないからね。「様」付けで呼べる悪役は世界征服とか、不老不死とか明確なものを求めてるから、目的のために手段は選ばない故の邪悪さが有る。
あとヨハンは、なんとなく親しみやすいんだよな雰囲気が。「自分」ってものを出さないから、その分余計な印象を持たれ難い。だからヨハンは人(の心)に取り入るのが上手なんだと思う。相手に合わせてやればいいんだから。
ユルゲンスや殺人を依頼した他の連中やカールがいい例。

どうでもいいけどリヒャル「ト」じゃなかったか?

>ヨハンは酒に関してもリサーチしていなければおかしいからラッケではなくスコッチを自然に手にできる状態に工作しなかったのは完全に漫画の都合ではあると思う

そこね。ヨハンにしてはうかつな凡ミスだった。
まあ、完璧な悪役がうっかり犯した何気ない凡ミスが致命傷になるって話は小説でもドラマでもよくあるから、私はそういう展開もアリだと思ったよ。

>ヨハンは酒に関してもリサーチしていなければおかしいからラッケではなくスコッチを自然に手にできる状態に工作しなかったのは完全に漫画の都合ではあると思う

漫画の都合に凡ミスて・・・。普通他人が飲んでる酒のことまで覚えてるか?
先生は診療でリヒャルト本人からたまたま好きな酒の種類を聞いてただけであって、酒場の人間もヨハンのことなんて覚えてなかっただろ。人間の記憶なんて印象に残らなければそんなもん。
ヨハンは基本的に相手を深くリサーチして本人がどういう心理状態かなど推理していく。今回の場合、酒の種類は問題じゃあなかった。
そこが隙といえばそうなんだろうが、普通は見過ごすし気づかない。

>酒を飲んでフラフラになった所で突き落として自殺に見せかけたんかな。

自殺するまで精神的に追い込んだんだよ。
物理的に殺すなら自分が出向く必要も、あんな遠回りな方法する必要も無かったわけで。さらに人を操る実験の意味もあったのかもね。

>ヨハンは酒に関してもリサーチしていなければおかしいから

ヨハンはわざと手がかりを少しだけ残して、それに気付いた者の反応を楽しんでいる様子もあるしな。
テンマに対する様々なアプローチが典型。
ラッケの件も案外わざとなのかもしれないよ。

>>どうでもいいけどリヒャル「ト」じゃなかったか?


ご指摘ありがとうございます。
英語表記では"Richard"(リチャード)ですが、ドイツ語読みだと、ご指摘の通りリヒャルトになるようですね。
修正させていただきます。

アル中は実質、薬物中毒だから

人が自殺するのはどん底にいる時ではない
どん底から少し希望が見えた時が一番危ない
娘の電話もヨハンが関わってるのかもね

頑張ってやっと見えた光が消えた瞬間が本当の絶望
その本当の苦しみから逃げたいという思いが死を救いへと導いてしまう

MONSTERの欠点をあげるとするならリヒァルトが無駄死にに終わったことだなぁ…
ギーレンがいればいずれテンマの無実は証明できただろうし
肝心のヨハンには最後逃げられるわ、これじゃ死んだリヒァルトは浮かばれない
読者が感情移入し始めた辺りでリヒァルトはヨハンに殺された
このことで読者はヨハンに対する恐怖や憎しみが沸いたことだろうが
そのせいで最終回での消化不良のモヤモヤを感じた読者も少なくないだろうな

>MONSTERの欠点をあげるとするならリヒァルトが無駄死にに終わったことだなぁ…
ギーレンがいればいずれテンマの無実は証明できただろうし

ユンゲとの会話で、テンマの無実は証明できないってなかったっけ?
仮にシューバルトのそばにいるヨハンが入院していたときの子供と証明できたとしても、
ヨハンが殺したという証拠がないから
今回のリヒャルトの死は、初めてヨハンが人を殺す(というか、追い詰める)シーンを見せるための回と言ってもいいくらいだと思う
今思えば、ヨハンって、最終回のときのメガネの人とママのやったことを他の人にしてる感じがする

>MONSTERの欠点をあげるとするならリヒァルトが無駄死にに終わったことだなぁ…
ギーレンがいればいずれテンマの無実は証明できただろうし

リヒャルトの死の意義は、リヒャルトがやったことよりも、
ライヒワインがテンマが相手にしてる者のヤバさを実感し、積極的にサポートに回ってくれるようになるきっかけを作ったってとこじゃないかな。
ライヒワインて作中最も地に足がついた安定したメンタルのキャラだと思う。

1読者から不満は俺はライワインが一度しか狙われずに生活出来ていた事の不自然さかなぁ…

ヨハンの真骨頂の回だったのかな。でもこの後もあるし。。しかしボールペンで自殺ってできるのか。

推理っぽいようで、じつは雰囲気を楽しむ漫画だし、多少はね?」

>最後のシーンが非現実的って言ってる奴は心理学ってものを分かっちゃいない。
>文句を言う前に少しは勉強してみればいいんじゃないか。

ほんとこれだよな
北九州監禁殺人事件の犯人を見れば、
己の手を汚さずマインドコントロールで人を殺させたり自殺に追い込んだりできるサイコパスが実在するってよくわかる

リヒャルドが死んでしまうこと事態は視聴者からすりゃ辛いけど、
事件の全体の繋がりと解明・ヨハンという人物の恐ろしさを示す上で重要なパートだったと思う
無駄死になどとはまったく思わない
これがきっかけでライヒワイン本人にも本気でテンマをサポートする理由が生まれるわけだし
単なるいい人だから協力してくれる、っていうんじゃ動機が弱いしね

まぁ疑心暗鬼の相手にあんなホイホイ人気のない屋上についていくなよー、とは思ったけどな。リヒャルトあぶなーい!って。志村うしろー!みたいな感じで。

リヒャルトは屈強な元刑事。
あんな優男にやられるとは露とも思ってない。手の届く範囲にいる限りいつでも制圧できると判断してるんだろ。
疑惑と言っても証拠は何も無い。向こうから接触してきてくれたのは調査の為にはこの上ないチャンスでもあった。

いや元刑事ならなおさら疑惑の相手に人気の無いところに連れていかれたら警戒すべきだろ。仲間がいる可能性だってあるんだし。ここはヨハンの巧みな話術に引き込まれてしまったってとこだろう。まぁここじゃなくてもいずれ別の方法で殺害されてただろうけど。ヨハンは家族の話をしたり上手く引き付けたし、リヒャルトは軽率だった。

リヒャルトあぶなーいって思ってた人間も
精神攻撃が既にはじまってたことは想像できなかっただろうね
序盤の銃とか殺し屋のイメージもうまくミスリードになってるし
よくできてる回だと思う

TOKYO MXでMONSTERの再放送が開始しますよ

>いや元刑事ならなおさら疑惑の相手に人気の無いところに連れていかれたら警戒すべきだろ。

プロなんだから物理的な警戒はそれなりにしてるんだよ。
武器もってても仲間がいても、手の届く範囲にいれば即座に捕まえて人質にもできる。そういう手段にでてくれば素顔を暴く証拠にもなるしな。
危険はあるが、もう首突っ込んでいる時点で殺されかけるリスク背負ってるわけで。リヒャルトとしては証拠掴む見込みもないまま、ヨハンの仲間に命を狙われ続ける方が厳しい。

>今よりも安全に対する意識が低い90年代だという事を忘れてはならない。


欧州でも危ないってよく聞くけど
女性の一人歩きや一人旅も出来ないってな感じで
マジなのかな

>1読者から不満は俺はライワインが一度しか狙われずに生活出来ていた事の不自然さかなぁ…

そのうち狙われるよ。
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。