Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONSTER 第28話『ただ一つの事件/Just One Case』 海外の反応

entry_img_420.jpg
以下MyAnimeListより翻訳




sotohan_monster28_img001.jpg


・シューバルトを孤立させるために4年も費やしたヨハンの目的が何か分からないな。
歪んだ実験のようにも見えるが、シューバルトはヨハンが特に必要としているモノを持っているのだろうか。   (男性)



・ヨハンはシューバルトを孤立させたいわけか。
でも何のためだろう?
お金目当てだろうか?
それともシューバルトがヨハンの過去でも知っているのだろうか?   (男性)



Re:シューバルトの息子はシューバルトをさらに孤立させるために殺されるんじゃないかな。
そしてヨハンはシューバルトの財産を相続するつもりとか?
何にせよ、次のエピソードでヨハンが何をしようとしているのか見る事にしよう。    (カナダ)



Re:ヨハンが金を欲しがってるとは思わないな。
それじゃあなんだか安っぽく聞こえるよ。   (女性)


sotohan_monster28_img002.jpg


・なんでヨハンは本当の名前を使っていたんだろう?
これまではずっと偽名を使い続けてきたのに。   (アメリカ 女性)



Re:それは自分もずっと気になっていた。
偽名を使うのを止めた理由が説明されるのかと思っていたが……。   (男性)



Re:ヨハンは異なる目的に応じて異なる名前を使ってるんじゃないかな。
ヨハンというのは公式の偽名なんだよ。
大学に入学した時の名前がそれってだけでしょ。
今ある戸籍の名前がそれだから公式文書で他の偽名を使う事が出来ないのだろう。   (男性)


sotohan_monster28_img003.jpg


・ヴォルフ将軍の時のようにシューバルトが持つすべての友人を殺して回る傍らで、ヨハンはシューバルトとお茶を飲んでいるわけだ。
寒気がするな。
今テンマは何をしているのか知りたいよ。
カールもリヒャルドもシューバルトももうすぐ死ぬと思う。
だって次のエピソードの名前が『処刑』だからね。  



・次のエピソードのタイトルは『処刑』なんだが……0_o   (ブラジル 男性)


sotohan_monster28_img004.jpg


・リヒャルドは首を突っ込み過ぎたな。
絶対大きなトラブルに巻き込まれるよね。   (アメリカ 男性)



・ここまでの積み上げはとても良いね。
この章がとても大きなものになって行っているのが嬉しいよ。   (オーストラリア 男性)


sotohan_monster28_img006.jpg


・あー、あの探偵の事が心配だ。
彼が内なる悪魔と戦っている所が好きなのに、メインキャラじゃない善人はいつもこの番組で殺される危険性が高い……。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster28_img005.jpg


・ここ5話ぐらいサブキャラ達にサイドステップした事についてはどう考えていいのか分からないが、あの探偵の事はとても気に入った。
彼が物事をつなぎ合わせていく所は素晴らしいよ。
テンマ以外の誰かが謎を解いている事を知れたのも良い。   (イギリス 男性)


sotohan_monster28_img007.jpg


・あの探偵は最初、ストーリーに関係ない単なるサイドキャラクターだと思っていたけど、間違っていたようだね。
彼はここに来て重要な役割を果たした。
彼のキャラの発展は実に見事だ。
彼はレギュラー枠ではなさそうなのに、他のメインキャラのごとくキャラが掘り下げられていた。
彼は聡明であり、自分固有の人生観を持っていて、罪の意識にさいなまれている。
その様がありありと分かって、見ていて楽しいよ。


sotohan_monster28_img009.jpg


・すぐにでも次のエピソードが見たくなった!
サスペンスが気になって死にそうだ。
全ての欠片が意味を成していくところが素晴らしい。    (アメリカ 男性)


sotohan_monster28_img010.jpg


・そろそろテンマとニナが必要になって来た。



Re:確かに。
でもヨハンが出演しているから十分楽しめている。
リヒャルドもなかなか面白いキャラだしね。


sotohan_monster28_img011.jpg


・少なくともテンマ以外にもヨハンの本性を明かす人が出てきた。
次のエピソードがどうなるか楽しみだ。   (男性)


sotohan_monster28_img012.jpg


・テンマのクラスメイトの医者がまたもや出てきた!
彼があのカウンセラーとつながりがあっただなんてね。
まぁ、両者ともに精神科医である事を考えれば辻褄があうか。   (男性)


sotohan_monster28_img015.jpg


・あの探偵は知り過ぎたな。
きっと殺されてしまうだろうね。   (アメリカ 女性)


sotohan_monster28_img016.jpg


・準備に4年かかったらしいが、ヨハンはシューバルトに対してどんな計画を練っているんだろう。   (ポルトガル 男性)


sotohan_monster28_img019.jpg


・リヒャルドの調査、そして死に瀕するにつれてパラノイアに駆り立てられると共に、高まっていくサスペンスが僕を惹きつけた。
リヒャルドはカッコいい奴だな。
彼が死なない事を期待したいが、でも彼は知り過ぎたから……。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster28_img018.jpg


・このエピソードは物事をうまくつなぎ合わせたな。
リヒャルドはヨハンの犯罪歴を暴き、それを精神科医に告げた。
あの精神科医はテンマの無実を知っているドクター・ギレンと面識があったんだね。
リヒャルドとヨハンはミュンヘンに居て、テンマは旅の途中だという事を考えれば、この二人の対決はテンマの到着時に繰り広げられるのだろう。   (男性)


sotohan_monster28_img025.jpg


・既にあの探偵の身に危険が迫っているのか?
でもヨハンが狙うならば本気でとどめを刺すと思うのだが、単に偶然が重なっているだけだろうか?


sotohan_monster28_img024.jpg


・次のエピソードでカウンセラーが死にそうで怖いな。
そしてテンマがそこにやってきて散らばった証拠を集めるのかな。   (男性)


sotohan_monster28_img027.jpg


・またもやMONSTERから究極のエピソードが出たな。
ただ一つ気に入らない事があるけどね。
それは全てが説明されてしまった事。
糸口を残したままストーリーを続けて、視聴者が単にストーリーを聞くだけじゃなく、考えさせるようなものにした方が良かったと思う。
そして、数話前まではリヒャルドが単なるサイドキャラクターだと思っていたけど、でもどうやら僕が間違っていたようだ。
彼は重要な役割を担っているね。
彼のキャラクターの発展は本当に素晴らしい。
彼はありきたりな探偵ではなく、聡明であり、人生について彼独自の価値観を持っている。
しかし彼の罪の意識がその知性に鍵をかけてしまっているようだ。
彼が銃を発砲したのは、酔っぱらっていただけではなく、彼がそのつもりだったからなんだね。
あの犯人はシリアルキラーで、刑事自身が真の悪だと表現していた。
そのことはあの精神科医にも話していたね。
だが相手が悪だからと言って人を殺してはならないというわけだ。
リヒャルドがヨハンを狩るのではないかと思ったが、もしその機会があったとしても殺す事が出来るのかな?
これは本当に問題だ。
まぁ彼がヨハンを殺すには役者不足なのは明らかだが、これには本当に考えさせられたよ。
おそらく彼はチャンスに恵まれても、失敗してしまうんだろうな。   (リトアニア 男性)


sotohan_monster28_img028.jpg


・リヒャルドがあれほど短時間で多くの事を明らかにした事を考慮すれば、ルンゲは自分の行いを恥じるべきだな。
とはいえ、たった一日でヨハンの事を明らかにしてしまったのはいささか安っぽいとは思うけどね。   (男性)



・この探偵はルンゲよりもよっぽど有能だな。
ルンゲの方が見てて面白いけど、リヒャルドの方が良い探偵だ。
ルンゲはテンマへの強迫観念で盲目になっちゃってるからね。


sotohan_monster28_img029.jpg


・セラピストと探偵がヨハンについて結論を出した時、真剣に全身に寒気が走った。
ヨハンもこの事に気付いていて、彼らを弄んでいるとしか思えないね。   (男性)


sotohan_monster28_img030.jpg


・探偵とあの医者はイカしたチームだな。
だがおそらくヨハンに殺されるんじゃないだろうか。
ヨハンは絶対に彼が見ていた事に気付いていたよ。   (男性)


sotohan_monster28_img032.jpg


・ヨハンについてだが、彼がシューバルトに取り入ったのは100%お金のためではないだろうね。
だって彼は自分自身でもっと金を稼ぐことができるし、それは以前のエピソードでも説明されていた。
ヨハンが4年間も計画を練っていたのならば、きっととてつもないほど大きな事をしようとしているんだろう。
それこそヨハン一人の能力では無しえないような何かを。
その計画を実行するための道具や情報が必要で、ようやくそれが可能になったと言うところかな。
以前に言及されていたと思うが、ヨハンは人間全体を軽視していて、きっとそれを完全に変えようとしているのだろうか。
たとえばヨハンのように無感情で合理的に。   (リトアニア 男性)


sotohan_monster28_img033.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

>ただ一つ気に入らない事があるけどね。
>それは全てが説明されてしまった事。
>糸口を残したままストーリーを続けて、視聴者が単にストーリーを
>聞くだけじゃなく、考えさせるようなものにした方が良かったと思う。
(リトアニア 男性)

何故上から目線でアドバイスを送るんだw

サイドって言葉が乱発してるけど、こいつ等にとって本筋かどうかって事はとても大事らしいなw穴埋め回かどうかを言葉を置き換えて争ってるように翻訳してる感じ

そりゃこの手の作品は本筋かどうか大事ですから

君もガイジンか

突然ですが…

ブログ読んでる内に…ファンになってました(o゚▽゚)o
なんかこう純粋な優しさを感じたんです。
少し冷静さを取り戻せた気がします
今の私は、思い足枷が足のみならずなんかもう両足両腕にはめられてるんじゃないかと思うぐらい心だけじゃなくて体までしんどくて…。

sotohanさんも日々、苦労や悩みお持ちだと思うのですが相談とまで言わないので私の話聞いてもらえたりしませんか?

耳を傾けて頂けるだけで有難いです
お返事を本当に心から待ってます。
ご迷惑ならコメント事私のことも消してください。すみません。

MONSTERは色んな伏線が絡み合って本筋を作り上げていくというイメージなんで、
サイドとか穴埋めとかそういう発想はいまだにわからん…
確かにストーリーによって好みはあるだろうけど、無駄はひとつもないよなぁ

monsterはめちゃくちゃ展開とろいから外人はこれからもイライラするだろうな

サイコパスに一般人の常識なんて通用せんw
まぁサイコパスの考えが理解できるって事は怖いことだけどなw

>>何故上から目線でアドバイスを送るんだw


上から目線じゃない視聴者(読者)なんて存在するの?w

ここからシューバルトとヨハンの関わりが明らかになるまでが本当に長い
ラストまでが我慢なんだよな~

リヒャルトもルンゲも優秀なんだろうけど、ルンゲは完全物証主義でワンマンのうえ頑固者だから、現場に匂いを残さないヨハンとは相性が悪いんだろうな。

大体の人はリヒャルドが死ぬことを確信してんだな
次回その通りになるけど、やり方が心抉るやり方だかんなー
ヨハンの悪の魅力に拍車がかかる所だから次回の反応が楽しみだ

こっからが長いんよね

今回の1コメはツッコミレベルだけど
振り返ると大抵最初の1.2コメって
海外レスへの不満からはいるのな
そういう人がコメを書こうと張り付いてるのか
最初のコメはそういう事書きたくなる気持ちにさせられるのか

まあ海外の反応を見に来ている以上、コメントは彼らに対する同意かツッコミになるもんだ
ここで受け答えをしたり作品への想いを綴ったところで誰にも届かない

結局ヨハンはシューバルトを孤立させてどうしたかったの?

最後のコメントの考え方面白い

リヒャルトの場合ヨハンの存在を認識して疑うところから始まってるからルンゲとはかなり話が違う
まあ日本でもルンゲはしょっちゅう無能扱いされてたからしょうがないか
それでもルンゲは一番好きなキャラだ

この時期のルンゲは思い込みで無能全開だからな
ただその思い込みも大したもので、テンマ(=ヨハン)ならどうする?
ってとこからほぼノーヒントで「そうや、シューベルトや!」と辿り着くような異常な推理力あるんだよな

ヨハンはこの時4年も費やしていたのか。その理由も知りたい。

友達に全巻貸して、なぜか13巻だけ戻ってこない
会う度に言い続けて15年近くなるだろうか・・・

ノーヒントっぽいマルゴットを見付けて同居まで漕ぎ着けるだけでもいくらヨハンとは言えど時間掛かったりするんじゃないかな?

ヨハンが1人でシューバルトの関係者を探して殺害した訳じゃないだろうから余計に。

でもシューバルトはなぜ狙われたのかが俺もいまいち理解出来なかった、ヨハンの生い立ちをかなり詳しく知られていたから?ならヴォルフみたいな孤立させてヨハンの世界を見せた理由は?この辺りいまいち解らん。

シューバルトを孤立させて、つけいる隙のない「バイエルンの吸血鬼」を弱らせて、偽の息子を受け入れさせようとしたんじゃないかな
その予定だったのに、本物がでてきたんで作戦変更、と

作品後半になると、テンマやヴォルフ、最終話のあの人の場合は、「荒野の世界」をみせるのが愛情表現みたいな説明があったような

>息子を受け入れさせようとした

これがヨハンにとってなぜ必要だったのかな?って部分が謎なんだよね。それは目的を果たす手段の道程であってヨハンの目的は何だったんだろう。

愛情表現、これは確かにそれらしき表現はあった気がするから解る、ヴォルフとテンマはヨハンの命を助けたからって流れだったと思うんだがシューバルトはなぜだろうか?

ヨハンの母親と意気投合してマルゴットの話をしたりしていたからあのヨハンが好感を持ってたりするのか?

まあ長く連載してたら、途中でうまく繋げられなくなる事もあるでしょう。

シューバルトに対するヨハンの目的に対して深く考えるのはやっぱ野暮なのかな…
毒入りキャンディとか考察したところでどうしたって矛盾が出るしね

え!リヒャルドまじで死んじゃうの!
なんだかんだで生き残ってテンマの力強い味方になってくれるかなと思ってたのにー。

さて再放送始まったしやっと追いつけるぜw

ヨハンリーベルトも本当の名前じゃないんだけど・・・
テンマとヨハンが再会したときヨハン本人が言ってたのにね
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。