Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第10話『蝶は十一月に消えた(前編)』 海外の反応

entry_img_418.jpg
以下MyAnimeListRedditより翻訳




sotohan_sakurako10_img002.jpg


・この先生は本当に植物が大好きだな。



・先生×植物のカップリングをおススメする><


sotohan_sakurako10_img003.jpg


・なんだかここら辺のプロットは神様のメモ帳を思い出すな。
たぶん、蝶々とかドラッグとかのせいだと思うけど。



・来週は櫻子にとってより良い死体が出てくるかもしれないね。   (イギリス 女性)



・最後のミステリーに向けて話がどんどん面白くなってきたね。


sotohan_sakurako10_img008.jpg


・先生はトラウマが原因で植物好きになったのか。
以前の祭のエピソードで百合子にとった態度を見て、随分と斜に構えたヤツだと思っていたが、似たような辛さを再び味わいたくなかっただけなんだな。
これを見た後だと先生は好感が持てるキャラになったよ。


sotohan_sakurako10_img009.jpg


・ついに先生のバックグラウンドストーリーが明らかになった。
最初から最後まで心をとらえたエピソードだった。



・祭りの後からの磯崎を見ることが出来た。
少女の疾走で彼がどのような影響を受けたのか、植物のパートから分かるね。  (男性)


sotohan_sakurako10_img012.jpg


・他の何よりも世間体を気にする過保護な親か。
娘がどんなことになっていたかなんて、そりゃ糸口すら知らないよね。
厳格な人ほど自分たちの子供の素行が良いと思いがちだからな。
現実世界でも、そういう親の前で子供が良い子にしているのは親の前だけなんだよ。
あの家の子供が逃げ出したいと思った理由は明らかだ。
もう大人だという事を考慮すればね特にね。



・櫻子があの両親に対して生意気な態度を取っていた所が気に入った。  (男性)


sotohan_sakurako10_img015.jpg


・ていうかなんであの両親は娘の失踪事件の件で、もはや担任ですらない教師を呼び出したんだ?
内海の世話になるのが筋ってものじゃないのか。
そして、あの少女のうちの1人はもう既に死んでいると思う。 


sotohan_sakurako10_img016.jpg


・前回のエピソードの最後で言及されていた『先生』っていうのはあの画家なのか。
先生って言ってたものだから、磯崎先生の事かと思った。
そう思ってしまった事が申し訳なく思っているよ。
実際、磯崎は好感の持てる人物のようだしね。
特に今回得られた彼の情報や、百合子との電話のシーンは良かった。


sotohan_sakurako10_img017.jpg


・『さなぎ』についてもっと知りたいね。
最初は、あの先生が自分の犠牲者を自殺させようとしているのだと思っていた。
でも最後のシャワーシーンを見るに、自分自身を解き放てという事なのかな?
蝶の羽を描かせて羽ばたけるようにと。



・あの少女は画家の先生に蝶の彫り物を背中に入れてもらったという事に賭けるよ。
最後のナイフには血もついてなかったし、自分でやったわけじゃないんだろう。


sotohan_sakurako10_img021.jpg


・このエピソードはPsycho-Passに出てきた王陵璃華子の事件を彷彿とさせるな。
絵画絡み、誘拐、格式高い高校の生徒、人を操る先生キャラ/殺人者。



Re:それを思い浮かべていたのが自分だけじゃなくて嬉しいよ。


sotohan_sakurako10_img022.jpg


・犬の散歩中に家を飛び出した女の子はドラッグでもやってそうだな。
クレイジーに見えたよ。



・子供たちよ。
ドラッグはこうなるからダメなんだぞ。



・あの画家はおそらく2話のいーちゃんのエピソードの頃からずっと関与してきていたよね。
あの薬物中毒の男は逮捕された時、蝶を捕まえなければと口走っていた。


sotohan_sakurako10_img024.jpg


・このエピソードの櫻子は人でなしのように見えた。
少なくともマナーってものがあると思うんだが……。   (男性)



・結構みんな正太郎の事がイライラするって議論をしてきてたけど、でも櫻子だってたまに限度を超えるよな。
今回の彼女の言いぐさだって、死に遭遇する準備っていうよりは、それを楽しみにしているかのようだったぐらいだ。


N8SSEZu.gif


・このエピソードのハイライトは櫻子のお尻だな。



・あのお尻!!



Re:お尻を愛している。
お尻に敬意を!


sotohan_sakurako10_img027.jpg


・あの櫻子のファンサービス ( ͡° ͜ʖ ͡°)



・正太郎もあれには思わず照れていたぞ。



・正太郎ですらあのお尻には抗えなかったか。



・どうやら邪悪な芸術家が帰還したようだ。
彼はなんだか攻殻機動隊のゴーダみたいだな。   (アメリカ 男性)


sotohan_sakurako10_img028.jpg


・櫻子がこの事件に興味を持ったのは、あの画家が弟の死に何か関係しているからだろうか?
なんにせよ、以前の毒の絵の事件とのつながりが見られてうれしい。   (アメリカ 男性)



・どうやら最後のミステリーに向けてギアを上げてきたようだ。
これまであまりあの蝶男の事を見ることは出来てないが、既にあの男を嫌う準備は出来ている。



Re:あの男は死や苦痛からインスピレーションを得ている画家って感じかな?
そして、それ繋がりで蝶々が好きと。
彼はおそらくソウタロウの死や2匹の猫の死にも関係があるだろうな。


sotohan_sakurako10_img032.jpg


・絵画に毒を入れたミステリアスな男って黒髪ロングヘアーじゃなかったっけ?
今回の男はハゲだったような。
同一人物なのだろうか。
何にせよ、この章が最後のミステリーになるのだろうね。
まだまだ櫻子の弟について学んでない事がたくさんあるが、きっとその件にも奴が絡んでいるのだろう。
きっと最終話か次のエピソードでそれが明らかになるのだろう。   (アメリカ 男性)



・毒の絵の男と今回の男は髪型が違うけど、彼がウィッグをかぶっていたと言われても驚かない。



・あの芸術家は不気味な奴だな。
でもこのエピソードのストーリーテリングはみんなも気に入ったはずだ。
これで全てがつながったわけだね。


sotohan_sakurako10_img033.jpg


・これでさなぎを破って私の蝶になって欲しいって卑猥に聞こえないか?
あの芸術家男は気持ち悪いな。
どうやってあの女の子達を惹きつけたんだよ。



・あの画家は犠牲者を自殺させようとしているのか?
今回、ペーパーナイフを手渡して、さなぎを羽化させるとか言ってたのは自殺を示唆しているようだったし、藤岡の件も彼の自殺絡みで関与していたよね。


sotohan_sakurako10_img034.jpg


・ミナミのデザインが気に入った。   (ドイツ 男性)



・このエピソードは多くのサスペンスとドラマがあった。
ミナミのデザインはとっても牧瀬紅莉栖にそっくりだった。
彼女の感情表現すらそっくりだったよ。   (男性)


sotohan_sakurako10_img036.jpg


・このシリーズは全編を通して敵役としてあの蝶の男のキャラ付けを進めてきた。
でも残り3話というのは彼の働きを披露するには短すぎやしないかな。
登場したばかりのキャラに焦点を当てちゃ良いクライマックス感は出せないと思うんだけどなぁ。   (アメリカ 男性)



Re:僕は今期の内にあの蝶々男の最期を見れるかどうかには懐疑的だ。
大体、探偵の敵役ってのは雲隠れするか死んだふりするだけだからな。
モリアーティーとか金田一の高遠とかね。
まぁ、原作がまだまだ続いている事を考慮すれば、2期の可能性も決して無視できないからな。 


sotohan_sakurako10_img038.jpg


・あの画家はなんだか変態ロリコンシリアルキラーって感じだな。
若い少女に自分の絵のモデルになるように釣りあげて、薬で洗脳して自傷行為をさせるなんて。



・喧嘩して仲が悪くなったって所はちょっとドラマティックにし過ぎてる気がする。   (男性)


sotohan_sakurako10_img040.jpg


・あと2話しかないのが悲しいな。
おそらくこの先の展開は駆け足になりそうだ。
それにしてもあのミナミという娘は牧瀬紅莉栖にとても似ていないか?   (ウルグアイ 男性)


sotohan_sakurako10_img041.jpg


・なんておいしそうなケーキだ。
私も欲しいなぁ。  (女性)



・なんだか櫻子が正太郎を食事に誘った所はサヨナラの挨拶のように思える。
櫻子は蝶々の男と対峙して死ぬ覚悟をしているような。


sotohan_sakurako10_img043.jpg


・最後のシーンは正太郎が危険にあう伏線か何かかな?



・正太郎に死亡フラグが立ったか。


sotohan_sakurako10_img044.jpg


・櫻子が読んでいた文章が気になるなぁ。
あーあー、もう少し日本語が出来れば読めるのにw   (女性)



・願わくば次の2話で櫻子が病院に訪れていた時の人物が誰なのかを説明して欲しいな。



Re:あれは既に言及されていただろ。
櫻子のおじとかじゃなかったか?


sotohan_sakurako10_img046.jpg


・彼女は背中に蝶の絵を描いていた。
あれは何を意味するのだろうか?
あのシーンを見た後、少し混乱している。   (男性)



・あの画家は女の子の背中に蝶を彫ったのか?
エンディングはスリリングだった。
この番組のゆっくりとワクワク感を積み上げていく感じがとても好きだ。
次のエピソードが待ち遠しいよ!   (男性)


sotohan_sakurako10_img048.jpg


・あの背中の傷はどうやっていれたんだ?
花房はぺインターナイフを手渡して、自分で彫るように促したのだと思うが、どう考えても一人で出来ないだろ。



・ぺインターナイフって一般的にはそれほど鋭くないだろ。
薄いバターナイフみたいなものだよ。



Re:ぺインターナイフはもっと丸みがあって、人を突き刺そうとすると曲がってしまうようなものだね。
でも本気で突き刺そうとすれば、大きな損傷を与えられる事が出来るってのは疑ってないけど。
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

いつも、翻訳ありがとうございます。

あの画家は、蝶骨を集めるのが目的なのかな。
外人は1話の蝶骨の話を覚えているのか?

いよいよ花房が出てきたか
でも原作でも花房の件は解決してないんだよなw

やっとアニメの名前と内容が一致するのか?

原作途中だからなあw
原作は全部短編集だから盛り上がりは弱いけど、アニメは丁寧に作ってる感じだし、売れて2期やって欲しいな

>アニメは丁寧に作ってる感じだし

え?

コメント少なくなったねぇ
もう見てる人あんまりいないのかな

これをミステリーだと絶賛してた奴はもう見てないのかなw

MALでも話数を重ねるごとにコメント数は減っていってて
1話では344コメだったのに、現時点で10話が76コメ、11話で57コメ

ぺインターナイフは研ぐから簡単に手を切るよ、洋画やってると一度は凄い怪我するからな
プロフィール

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。