Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONSTER 第27話『証拠の品/Pieces of Evidence』 海外の反応

entry_img_417.jpg
以下MyAnimeListより翻訳





sotohan_monster27_img002.jpg


・探偵は今後ストーリ上で重要なキャラクターになるのだろうか?
やたらとバックストーリーが掘り下げられている気がするけど。


sotohan_monster27_img004.jpg


・探偵の娘はキュートだな。
しかし、彼女に出会いを断られるとは、親として辛いだろうなぁ。


sotohan_monster27_img007.jpg


・探偵の過去が明るみに出たね。
彼が退職した理由は、酒と銃絡みらしい。
でも、銃社会では銃口を向けてきた相手を撃つことに忌避感は無いけどな。



Re:銃を許可してる国全てがそうとは限らないけどな。
ヨーロッパでも地域によっては発砲の処罰が厳しい所はたくさんある。



Re:アメリカも見習ってくれ。


sotohan_monster27_img009.jpg


・どうやらリヒャルドは過去の事件のトラウマを抱えているようだ。
それが理由でアルコールを禁じたようだ。
さらに妻と娘との不仲も関係しているらしい。   (フィンランド 男性)


sotohan_monster27_img008.jpg


・探偵のキャラが好きになって来た。
トラウマを克服しようとする様子は好感が持てるよ。
それにしてもMONSTERに出てくる刑事は家庭の問題を抱えている人達が多いな。


sotohan_monster27_img012.jpg


・探偵とカールは類似性があるな。
状況は全く同じであり、ただ立場が正反対であるというだけだ。
カールは父親から逃げ出した。
そしてシューバルト氏に真実を告げる事を恐れた。
一方であの探偵の娘は飲んだくれだった父親を恐れらたという事だ。
でもカールがシューバルト氏と仲直り出来たと言う事は、あの探偵にもハッピーエンドが見られるんじゃないかと思っているよ。   (リトアニア 男性)


sotohan_monster27_img013.jpg


・リヒャルドがシューバルトの思いを代弁してくれた。
『親はいつだって子供に会いたいと思っている』か。
娘に出会いを断られた男の一言としては切実なものがあるね。
おそらく彼が酒におぼれていた時期は妻と娘に相当な迷惑をかけたのだろうな。
でも元妻の素っ気ない対応が悲しいよ。


sotohan_monster27_img014.jpg


・自分はリヒャルドの描かれ方を楽しんでいるよ。
元刑事だった探偵、その苦難と試練をね。


sotohan_monster27_img015.jpg


・このエピソードはルンゲの家族のエピソードを思い起こさせるね。
前半部分ではあの探偵の家庭事情を描いていた。
ただ、ルンゲとは異なり家族の事を後悔しているようだったが。
それにしてもあの妻と娘は一度二度出てきて消えるだけではなくて、ちゃんとストーリーで重要な役目を果たすのかな?



・探偵の娘が会いたくないって言ったのはより一層悲しくさせるね。


sotohan_monster27_img017.jpg


・『アルコールは敵』って感じのパートはナイスだった。   (男性)



・リヒャルドの苦悩は自分にも分かるなぁ。
酒が好きだけど、悪酔いしちゃうタイプだから禁酒した事があった。
その時は本当に辛かったものさ。


sotohan_monster27_img018.jpg


・探偵は医者や別れた妻の前でアルコールを克服したかのように振る舞っていたが、まだまだ根は深いようだ。
僕には結局彼が酒を飲んでしまって、トラウマの幻影が一層悪化していくように思えるよ。   (男性)


sotohan_monster27_img019.jpg


・Monsterは自分が見てきた中で容易に、最も知的で、雄弁で、リアルなアニメだと言う事が出来る。
これは良いエピソードだった。
僕はここ一連のメインストーリーからの転換を楽しんでいるよ。
我々の主人公がいなくでも面白い。
ヨハンは興味をそそるし、謎多きキャラクターだね。
彼の手法は見ていて魅了されるよ。


sotohan_monster27_img022.jpg


・このヨハン編が本当に気に入ったよ。
ストーリー上で語られるだけの役ではなくて、ついにキャラクターとしての彼を見ることが出来たからね。
ヨハンが思い描いている最終局面は一体どういうものなんだろう。   (アメリカ 男性)



・なんだかヨハンは本当に良い奴なんじゃないかと思い始めてきたよ……w   (オーストラリア 女性)


sotohan_monster27_img023.jpg


・ここ一連のエピソードはヨハンがもっと人間の心理を学ぶためのゲームでしかないのではないかと思わずにはいられない。
彼がこの先、何をするのかが待ち遠しい。   (イギリス 男性)



・友達を持つことはいつだって良い事だ。
ただし、それがヨハン・リーベルトでない限りね。


sotohan_monster27_img024.jpg


・ヨハンは絶対隠された真の目的があるだろうな。
でも本当の問題はその動機だ。
これでシューバルトとカールはヨハンに恩義があるわけで、おそらくヨハンはそれを利用して何かをするつもりなのだろう。
そして、あの探偵がどのように絡んでくるのかも気になるね。   (男性)



・ヨハンは理由も無しに他人に近づかないからね。
おそらくきっと誰かが死ぬことになるだろう。   (リトアニア 男性)


sotohan_monster27_img027.jpg


・養父母とカールのシーンはとても辛いな。
シューバルトに自分が息子である事を明かさないと決断した矢先に、シューバルトが息子の事を知ってしまった。
やはり本当の家族に勝るものはないのだろうなぁ。
願わくばカールがシューバルトと親子になった後も養父母の事は忘れないでいて欲しいものだ。


sotohan_monster27_img028.jpg


・良いエピソードだったよ。
あのエンディングはまさに驚きの急展開だった。
これから新たな事が始まろうとしているのだろうか?


sotohan_monster27_img029.jpg


・彼らはヨハンの蜘蛛の糸に絡めとられてしまった感じがする。
このエピソードは美しくも一筋縄ではいかない感じだった。
ヨハンはセラピーが必要だな。
彼は人を操る社会病質者で人生を台無しにしている。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster27_img030.jpg


・カールは本当に優しい奴だな。
なんだか彼の事が気の毒に思えてきたよ。



・後半部分はヨハンに焦点を当てていたね。
以前のエピソードだけでは、一体全体ヨハンが何をしようとしているのか全く分からなかったからこれは嬉しいよ。



sotohan_monster27_img031.jpg


・カールがどういう役割を果たすのか気になっている。
このエピソードを見た限りだと、これで彼の出番は終わってしまったように思えるんだよなぁ。   (ポルトガル 男性)


sotohan_monster27_img033.jpg


・最後の父親と子のシーンは僕の目から水を流させた。
本当にこのアニメはずっといい感じで進んでいるよ。
ついに僕たちはヨハンの能力のほどを知る事が出来たわけだ。   (アメリカ 男性)



・あのエンディングのシーンといったらもうT_T
ついにシューバルトが本当の息子を知る事になった。   (男性)


sotohan_monster27_img034.jpg


・最初、ヨハンはあの兎の足を盗み出して、自分が本当の息子のふりをするのかと思った。
それにしても、エピソードの最後でのカールとシューバルト出会いをみて思わず泣きそうになったのは自分だけだろうか?
あれはとても感動的なシーンだったよ。
でもその時のヨハンの顔……なんだか奇妙で恐ろしかったな。   (男性)



・僕も本当にヨハンがカールから真の息子の証拠を盗み出して、自分が利用するんだと思っちゃった。
でも真実は小説よりも奇なりと言ったところだろうか。
ヨハンの真の計画が何なのか気になってしょうがない。



Re:自分もだよ。
あの父と子のひと時は感動した。


sotohan_monster27_img035.jpg


・ヨハンの計画はシューバルトに近づく事なんだね。
彼は今やシューバルトの秘書になった。
おそらくヨハンには探し求めている情報があるのだろう。
そして、シューバルト氏の信頼を得るために本物の感情を示す必要があったんだな。
それには偽物の息子をでっち上げるだけではダメだったわけだ。   (リトアニア 男性)



・ヨハンが彼の秘書に収まったって事は、これからシューバルトがやる事為す事すべての文書に目を通す事が可能で、彼が知りたい事を容易に入手できると言う事か。



sotohan_monster27_img037.jpg


・ヨハンは悪魔の化身だ。
人の心を読み取る悪魔的な天才だ。
いや、悪魔以上の存在かもしれない。
そして最高の悪役キャラだね。
アニメのキャラにこれほどゾクゾクさせられたのは初めてだよ。



・心に触れるエピソードだった。
最後の方では泣きそうになったよ……。
フィクションのキャラクターを恐れた事はこれまで決してなかったけど、ヨハンは本当に恐ろしい奴だね……。  (オランダ 女性)


sotohan_monster27_img038.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

悪役を魅力的に描くのは難しいけど、それだけ深みが増すからね

最近多い社会システムを悪にしてたりするエンタメものがうすっぺらいのは、
悪を馬鹿なものとして、それを覆す主人公を賢いものとして描くから、
結果して世界観もまぬけになって、主人公もただのおかしな奴らになってしまうからね。

キャラクターそれぞれの論理感まで背景に描こうとしてる
MONSTERはその真逆だから需要は海外でもあるだろうな。

プッ

どうやらドクターテンマを完全に忘れさせるミッションはコンプリート
されたようだ・・・w
ヨハンの目は奈良公園の鹿の目と同じくらい何考えているか
分からない怖さがあるね

そういう反応できたか~なるほど

最後のヨハンやたらカッコイイな

>ヨハンはセラピーが必要だな。
セラピーの方がヨハンに取り込まれちゃうw

このエピソードではヨハンの悪魔的な才能が存分に見られる。
彼が最終的に何をしようとしていたのか、さすがに解る人はいないだろうなあ。
みんなの反応が今から楽しみでたまらない。

まあ、前半部のクライマックスたる図書館のエピソードが近いから
原作者もアニメ制作側も、盛り上げ方がすごくよくわかってるよね

この段階でのヨハンの狙いはマルゴットからの情報を得たであろうシューバルトで良いんだっけか?

それを遊び半分で大々的にやろうって感じだっけか?

これ確かに、パッと見はヨハンがいいことしてくれたような印象を受ける話だけど、養父母のシーンをあえて挟むことで、読者をヨハンに対して何となくモヤモヤさせることに一役買ってるよね。細かい演出だなぁと思ったよ。

あの探偵の結末に関しての感想が実に楽しみだ。
と思うのはサディストだろうか。

ヨハンは薔薇屋敷の辺りまでは絶対悪みたいな描かれ方だけど
最終的には哀愁漂う感じになるから、その辺りの反応が今から楽しみだわ

この作品は読み返しても面白いし、所見でも色々考えれるのがいいよね
最後まで見て、もう一回初めから見ると割とこの辺りのヨハンの印象も変わると思う

良い感じにヨハンの評価が揺らめいてるな

この後のリヒャルドに対する最も残酷な仕打ちにどんな反応をするか楽しみだわーw

>MONSTERに出てくる刑事は家庭の問題を抱えている人達が多い

欧米の刑事のイメージじゃない?
海外ドラマとか洋画観てると、家庭に問題抱えてない刑事の方が珍しいじゃん

リヒャルトが苦しんでるのは処罰に対してじゃなくて子供を撃ったことに対してだという発想は銃社会の人々には無いのかな

「銃社会では銃口を向けてきた相手を撃つことに忌避感は無い」
この文章が表わすように、銃口を向けて来たら大人も子供も関係ないんでしょう

アメリカでも 取り出そうとしてる杖と銃を見間違えて老人撃っちゃった警察
辞職後は鬱になってしまったし
帰還兵もフラッシュバックとか抱えて社会復帰が難しいことになるしで
アニメのコメント欄では「忌避感は無い」とか何とでもいえるけど
実際撃って死なせてしまったら銃社会の国だって普通に心病むと思うわ
まぁ結局はアニメの話だけど

ああこれ最後どうなるか少し思い出した。でも反応が知りたいな。

アメリカのドラマ見てたら、警官って銃の使用が正当かどうか、よく公聴会みたいなの開かれてるよ
一般人を誤射してしまった場合はもちろん、銃装備や防弾装備つけてない犯人を射殺した場合、犯人が複数いてまだ仲間がいるかもしれないのに射殺した場合とかも
まあ、州の法律によって全然違うんだろうけど

事実は小説より奇なり???

えっ??

いやぁ、たしかに向こうは簡単に発砲しちゃうけど子供を射殺したらトラウマを感じる感覚はあると思うよ
ダイハードでも協力者になる黒人警官アルがそういうトラウマを抱えてたしw

気持ち悪いなぁ上から2つ目のコメ。なんで一々最近~なんて他を見下し評論家ぶってるんだろう。自分もおかしな奴って気付かないんだろうか。下2行だけでいいのに

でもイマイチわからないんだよな、少年はリヒァルトを銃で狙ったんだろ
先に撃たなければリヒァルト自身が殺されていたわけだ
飲酒がらみとは言えここまで社会から非難されるべきことなのか?

>でもイマイチわからないんだよな、少年はリヒァルトを銃で狙ったんだろ
先に撃たなければリヒァルト自身が殺されていたわけだ
飲酒がらみとは言えここまで社会から非難されるべきことなのか?

少年が銃で狙っていたというのは、読者とリヒャルトしかわからないこと
酒に酔ってなければ「正当防衛」って主張ができたかもしれないけど、まあ、リヒャルト自身そんなこと言えない心境でしょ
勤務時間に飲酒した警官なんだから、社会的に非難されてもしょうがない
(あとでわかることだけど、リヒャルトは単独行動していたっぽい)
しかも相手は凶悪犯で、わかっているだけでも、複数の事件に関与している、まだまだ余罪があるかもしれない犯人
事件解明を望む遺族や同僚から嫌われるのも、しょうがない

哀愁か。確か最後の方はヨハンは空気だったような気がするな
まぁ基本彼は裏方専門やしな

ヨハンは触媒だからね
方向性を定めて刺激を与え反応を引き出す
結果は刺激を与えられた人が出してくれる
指導者向きの才能だよね

>気持ち悪いなぁ上から2つ目のコメ

まったくもって同意
何かを下げないとその作品を善く評価できないのなら、一番うすっぺらいのはそいつの語彙と批評能力って事さ

>>最近多い社会システムを悪にしてたりするエンタメものがうすっぺらいのは、
>>悪を馬鹿なものとして、それを覆す主人公を賢いものとして描くから、
>>結果して世界観もまぬけになって、主人公もただのおかしな奴らになってしまうからね。

そりゃ描く方は楽だからな。歓喜懲悪は誰からも共感も得やすいし、出版社も
堂々と商品として出すのに抵抗が無い。やがて作り手側が何の経験も積まず、
薄っぺらい話に上手い絵を付けるだけのラノベアニメが氾濫する。作り手は主人公を
中心に描く為に主人公を持ち上げるような仲間を作る。そして敵は分かりやすい者で
固めて、読者や視聴者は主人公に感情移入しやすいストーリーになっていく。
モンスターの様に頭使ってみるアニメよりも猿でも分かるようなアニメを大衆は望みやすい。
それこそ対魔導学園35試験小隊みたいな作品だな。

ヨハンの正体を知った後のカールやロッテってどんな反応してたっけ?

ここって公然とネタバレが飛び交うコメント欄なんだな。

だいぶ時間が経っているんだから問題ないだろ! 的な空気なのか?

この記事に合わせて視聴している俺には辛すぎる。

えっと分かりやすい悪や社会システム物でも分かりやすい悪を描く作品は
そういった年齢視聴者層をねらったものであって、批判の対象にするのもね
ゲームの世界でもわかりやすいように、子供向けライト層向けヘビーユーザー用と時代がすすむにつれてカテゴライズが明確になっていっているしさ

どちからというとライトながら深いというジャンルがなくなってきている背景には
ヘビーな層がもっと深くもっと隠喩っぽくと刺激を求めすぎた結果でもあるんじゃないか?力のある作者が減ってきている面も否めないけどさ

>>この記事に合わせて視聴している俺には辛すぎる。

だったら見なければ良いだろ
ここはお前に合わせて記事を作っている場所でもないし、
コメントする奴らはお前の事を意識して書く訳じゃない
少しは他人の気持ちを理解したらどうだ

↑ひどいコメだな
ここのネタバレのすごさは既読組だけど気になってた。
初見さんに配慮あってもいいと思う。
初見さんにもいろいろな反応を楽しんでほしいし、
全部見た人がネタバレしないと楽しめないわけでもないんだからさ。
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。