Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONSTER 第26話『秘密の森/The Secret Woods』 海外の反応

entry_img_414.jpg
以下MyAnimeListAnimeSukiより翻訳





sotohan_monster26_img001.jpg


・またもや素晴らしいエピソードだった。
今回僕たちはルンゲのように、また新たなしつこい刑事を得たようだ。   (男性)



・素直にアルコール依存症を治そうとしているやつを見ているのはいつも見ていて興味深いよ。
ついつい応援したくなっちゃうね。
彼の奮闘っぷりが分かるからな。


sotohan_monster26_img002.jpg


・彼は本当に心から涙し、感情をあらわにしたのかは疑いがある。
きっと信頼を得るためとかそういう理由な気がするけど……。   (男性)



・くそー、ヨハンは一体何を考えているんだ。
サスペンスが気になり過ぎて死んでしまいそうだ。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster26_img003.jpg


・なぜヨハンは部屋に本を置きっぱなしにしたのか?
あの本は明らかに目立っていた。
自殺の後なぜあの本を回収しなかったのだろう?
わざと気付かせたのかな?


sotohan_monster26_img004.jpg


Re:あれはファーレンの自殺に見せかけるため、ヨハンがわざとあそこの翻訳をさせたんでしょ?
それによって捜査をかく乱した。
確かにリスクのある事だが、ファーレンとあの本がヨハンの者であると言う事を関連付けるものはないだろうし。   (カナダ)


sotohan_monster26_img005.jpg


Re:そうだね。
僕もそれは捜査かく乱のためだと思ってる。
でも、分からないのは本を置き去りにした事なんだよね。
彼を殺した後にとっとと持ち去れば良かったじゃないか。
別にヨハンは部屋に戻る必要はないし、下っ端にでも汚れ仕事をやらせればいいわけだし。
だって、そもそもあの本が無ければ、あの探偵は何も疑う事は出来ないでしょ。
たとえルンゲのような有能なヤツでも苦労するだろう。



Re:君はファーレンが自殺した時、ヨハンがあの部屋にいたと思ってないか?
このアニメで提示された証拠では、ヨハンがあの部屋に決して行ってないだろうし、大学以外でまともに会っていたかすら疑わしい。
そうでなければ、あまりに多くの目撃者を生み出すだろうからね。



Re:いや、だから下っ端にファーレンを殺させて、下っ端に本を回収させに行けばいいんじゃないかって事さ。


sotohan_monster26_img007.jpg


Re:うーん、そりゃヨハンはやろうと思えば本を回収する事は出来ただろう。
でもなんで本を回収しなきゃ困るんだ?
僕たちはファーレンがシューバルトにラテン語の本を読み聞かせていたという事を知ってるよね。
そしてラテン語を習熟するために勉強している事も。
きっと彼はたくさんのラテン語の本を持っていた事だろうよ。
だから、別にあのラテン語の本が彼の部屋に置き去りにされていたとしても、全然場違いではないって考えても問題ないんじゃないか?
簡単にファーレンの持ち物だって思われるだろうし、どんな捜査官でも自殺以外のものに結び付けないと思う。   (カナダ)



Re:リヒャルドは何か手がかりを見つけたようだけどね。
まぁ彼が来るとは思ってなかっただろうし、ヨハンはテンマかアンナが見つけ出すと思っていたんじゃないかな?
ヨハンはゲームを楽しんでいるんだよ。


sotohan_monster26_img008.jpg


・このエピソードは意図的に糸口を無くしているんじゃないかと思うけどね。
もしファーレンの事を馬鹿正直な人間だって事を受け入れるならば、ヨハンがよほど巧みに説得して、まぁおそらく詐欺に加担するように無理強いしたんだろうけどな。
そしてヨハンがファーレンのモラルを巧みに誘導し、本の翻訳をするところで罪の意識によって自殺するように誘い込んだって事なのかな。


sotohan_monster26_img009.jpg


・ヨハンの声はとても紳士的だね。
だが彼の笑顔は時々不気味に思えるけど><   (男性)



・これが結局ヨハンの人間部分って事かな。
モンスターの部分が待ち遠しいね。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster26_img010.jpg


・おいおい、ヨハンは建物の端っこをいとも簡単に歩いていたぞ……。   (男性)



・ヨハンは今まで見てきたアニメのキャラの中で最も魅力的なキャラクターだ。
彼が根本的に反キリスト的な思想を持ってしまっているのが残念でならない。



Re:それが彼をストーリーの中で最高の悪役たらしめている所以じゃないか。


sotohan_monster26_img013.jpg


・ヨハンは屋上のシーンでカールを突き落すかと思った。
でもそうしなかったね。
ヨハンが涙を流していたのは悲しそうだったけど、カールとロッテの信頼を得るための芝居だと思う。
そしてこれこそが人を簡単に操れる理由なのだろう。  (フィンランド 男性)



・ヨハンのシーンは寒気がするようなトーンだった。
たとえその行動が親切であってもね。
特に屋上のシーンでは冷や冷やしたよ。
彼が子供に囲まれていた所なんか、子供に向かって『早く逃げろ!』って言いたくなってしまったぐらいだ。


sotohan_monster26_img014.jpg


・ヨハンが涙し、親切な人物になったのを見るのはなんだか奇妙な感じだ。
次のエピソードでは彼が豹変してモンスターの側面が顔を出すのだろうか?   (ポルトガル 男性)



・間違いなくあれは本物の涙というよりも計画の一環だと思うな。
何がヨハンはとてつもない事をやろうとしてるに違いないよ。  (オーストラリア 男性)


sotohan_monster26_img015.jpg


・ヨハンが本当に二重人格なのか分からないな。
みんなヨハンの異なる人格について話しているが、こういうのも含めてヨハンの全てだと思うんだ。   (男性)



・完璧にやってくれた。
ヨハンのキャラ付けは完璧だった。


sotohan_monster26_img016.jpg


・ヨハンの事を好きにならせるような演出は止めてーって思いながら見てたけど、ヨハンが子供に好かれてたシーンを見た時、魂を売り渡してしまった。
唾棄すべきキャラクターを好きになるだなんてダメな事だって分かってはいるけど……。
でもこれは凄いよ。
こういうところがこのアニメをとても美しくしているんだよね。
とっても感銘を受けたし、続きがどんどん待ち遠しくなるね。   (アメリカ 女性)


sotohan_monster26_img017.jpg


・違った側面のヨハンを見る事が出来たな。
うーん、これじゃテンマがヨハンを殺す事が出来るのか分からないな



・親切なヨハンを見るのはなんだか奇妙だね。   (オーストラリア 女性)



・ヨハンが笑っている小さな子供たちに囲まれているところは、なんだか不気味だ!   (男性)


sotohan_monster26_img019.jpg


・今回の件のヨハンの目的は一体なんだろうな。
彼は現在、取り組んでいる計画を匂わせていた。
彼はそれを楽しんでいるのだろうか?
もしくは人間を使った新しい実験なのだろうか?
それとも他人を気遣えるっていう事を見せたいのだろうか?
特に親のいない孤児の面倒を見れるという事を。


sotohan_monster26_img020.jpg


・ヨハンはとても魅力的だな。
彼に操られてしまった人たちを責める事は出来ないよ。
もう既に彼の事が気に入ってしまった。
ヨハンについて更なることが判明するのが待ち遠しい。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster26_img021.jpg


・今回見たのはヨハンのモンスターサイドだと思うな。
まず第一に、善良サイドのヨハンがあんなに穏やかではいられないだろうという事。
彼は自分のうちに眠るモンスターを恐れていたよね。
モンスターに乗っ取られるのではないかと自分の思想や行動を怯えているはずだよね。
まだそのように狼狽するヨハンを目にした事は無いが、善良サイドが出てくるならそんな感じなんだと思う。
それにしても、ヨハンの声を何度も聞く機会に恵まれたが、彼の声優は完璧だ。
瑕疵なく彼のパーソナリティーにフィットしているよ。   (リトアニア 男性)


sotohan_monster26_img022.jpg


・ヨハンの思惑が気になるね。
これまでヨハンがして来た事を考えると、シューバルトが殺されるんだろうな。
ただ、彼は子供のいない中年夫婦を専門で殺していた。
でも、その条件にシューバルトは当てはまらないんだよね。
だって、彼は既にカールがいるし、ヨハンはそれを知ってしまった。
そうなると単純に彼の権力を利用しようとしているんだろうな。


sotohan_monster26_img023.jpg


Re:中年夫婦を専門に殺害していたのは、ヨハンが彼らの養子になっていたからという部分が大きいだろう。
ヨハンはヴォルフ将軍の所でも言及されていたように、過去を消す事にこだわっている。
どのみちシューバルドはヨハンを育てていたわけじゃなさそうだから、殺されることはないと思う。
彼が511キンダーハイムに関わっていたら話は違うだろうけど。


sotohan_monster26_img024.jpg


・あの失われてしまった森のシーンはとても感銘を受けた。
現代に生きているとこういう事はたくさんあるよね。
彼らがヨハンの雄弁によって語られた光景を幻視した時、僕も故郷の昔の姿を思い出してしまった。


sotohan_monster26_img025.jpg


・今回のヨハンが泣いた時、仮面をかぶっていたとは思わないな。
もちろん、カール達の信頼を得るためだってのはあるだろうけど、それでも本心だったと思う。
彼は不気味に見えるかもしれないが、それは敵として描かれているからであって、その一方でとても紳士的で共感的な人物にも思える。
彼が未だに森がそこに残っているかのように振る舞っていた所は本当に壮観だったよ。
本当にね。   (女性)


sotohan_monster26_img026.jpg


・ヨハンのキャラの驚嘆さとその詩的さに思わず泣いてしまいそうだった。
彼のカリスマと魅力は別次元のレベルだね。
なぜ彼があれほどたくさんの人の心を簡単に捉えてしまうのか分かった気がする。
僕も彼の魔法には抗えそうにないな。  (男性)



・ヨハンがなぜ人をたやすく操る事が出来るのかが分かるってものだね。
でも、きっとあの老人は結局死ぬことになって、カールとあの少女がそれで責められる事になるんじゃないかという悪い予感があるよ。   (女性)


sotohan_monster26_img027.jpg


・なんて美しいんだろう。
新しいエピソードの度に何が起こるのか予想も出来ない。
ヨハンが現れるたび、彼について思っている姿とは異なる側面を見せてくれる。



Re:そんなに美しいか?
人殺しである事を忘れてはならないよ。
演技だって可能性もあるしね。



Re:極端な二面性のある人物は怖いからね。
僕もいとこに似たような人物がいるんだよ。
彼はとても聡明で、両親の離婚で狂ってしまうまで、ハーバード大学に在籍していたヤツがね。
まぁ、たまに精神病院にいる彼を訪ねに行くんだけど、今ではだんだん回復していってるみたいだけど。
豊かな生活を送っていたのに、監獄みたいな所で生活しなきゃいけないなんて可哀想なんだ。


sotohan_monster26_img029.jpg


・わぉ、これはちょっと悲しいな。
ヨハンが存在しない森の情景描写をした時、ちょっぴり涙ぐんでしまった。   (男性)


sotohan_monster26_img030.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

ヨハンがマジでやってるわけないだろ。何言ってるんだろうね。

>ヨハンがマジでやってるわけないだろ。何言ってるんだろうね。


そこは別に解釈しだいっていうか、マジでやってると思う派も、演技だと思う派
両方いてもいいと思うけど。
自分は、他人の解釈を「何言ってるんだろうね」とまで全否定する気にはならないな

>ヨハンがマジでやってるわけないだろ。何言ってるんだろうね。

結末を全て知っている人が、初視聴の人に対して
「何言ってる」ってコメントしてるなら、それはアンフェアだよ

本気だと思うけどなー
善良であることも、モンスターであることも両方ヨハンの本当の姿なんじゃないかな

ここから図書館炎上までの流れが本当に面白いよね

それにしてもヨハン人気だな~。わからんでもないけど(笑)
確かにリヒャルドの自殺誘導や、女装して孤児院の子供とヤンを騙すところとか
人を絶望の淵に叩き落とす様は悪役として完璧なやり方だと思う
ただそれだけじゃなくて、後半の記憶を取り戻してからの自身の存在を否定しようとするところも、単純な悪だけに終わるキャラじゃなくて好き

本当に今後の海外の人たちの反応が楽しみだ

ヨハンの声優が幽遊白書やアキラに出ていた少年役の人と同じだと知っているのであろうか。
まあ声変わりしてから役の幅は広がったよね

Re:極端な二面性のある人物は怖いからね。
僕もいとこに似たような人物がいるんだよ。
彼はとても聡明で、両親の離婚で狂ってしまうまで、ハーバード大学に在籍していたヤツがね。
まぁ、たまに精神病院にいる彼を訪ねに行くんだけど、今ではだんだん回復していってるみたいだけど。
豊かな生活を送っていたのに、監獄みたいな所で生活しなきゃいけないなんて可哀想なんだ。

すげー人来たな

本は残ってても全然不自然じゃないと思うけど

殺人鬼と聖人って両立するだろ
見る側によってはどちらかになるだけで

結局、子供の権利条約を調べてレポートを書いたり大学に通っていたりなんてのは
全部シューバルトに近づくための方便だったんでしょ
カールのために涙を流してはいたけどあれはどこまで本気だったんだろうか…
カールやロッテが邪魔になったら
ファーレンやリヒァルトのように簡単に始末したんだろうか?

自分の考えではあれは演技では無くて、本心だと思うね。
本気で人の気持ちを慮って本気で○す事が出来る。というかそこに善悪の区別なんてないからこそモンスターと言えるんじゃないかな?

>>ヨハンの声優

佐々木さん声すごく変わったよね
95年頃にCD買うくらい好きだったけど、ヨハンの声最初聞いたとき全くわからなかったわ

Re:極端な二面性のある人物は怖いからね。
僕もいとこに似たような人物がいるんだよ。

モンスターよりサスペンスホラーな感想きた。

心理学者が主人公のマンガであったんだけど
『「私は○○です」という文章を20ほど作ってください』というアンケートをして、その人の根幹を見るってのがあった
たいていの人は、最初の5~6行ほどは、
「私は○○出身です」「私は男/女です」「私は○○が好き/嫌いです」「私は○○(職業)です」とスラスラかけるけど、その先からが、心理学って内容だったかなぁ(うろおぼえ)
ヨハンは生い立ち上、全然書けないんじゃないかな
あの荒野の光景しかない感じ

それにしても歯の丈夫なじいちゃんだな

>>ヨハンが笑っている小さな子供たちに囲まれているところは、なんだか不気味だ!   (男性)

そう言えばドキュメンタリーで見たけど、アドルフ・ヒトラーもオーストリアの農村に
居た小さな子供に囲まれていたな。子供からは逆に慕われるところを見ると、なんか
周囲の大人からの警戒心を解く為に演出していたのかもしれないと思う。それに、
犬好きなところを見ると、ああいう先天的に異常な人は「自分に懐く存在」を見分け、
手なずける事に秀でているのかもしれない。どうすれば自分の思い通りに周りを動かせるか
そういう風に常に考えているのがヨハンそっくりだ。

>>ヨハンは生い立ち上、全然書けないんじゃないかな

逆にヨハンの場合、顔色変えずに嘘のプロフィールを書くんじゃないかな。
的外れな心理学の分析を楽しみながら、同時にその先生をどう殺そうか考えそう。

>極端な二面性のある人物は怖いからね。
これは恐怖に対する心理だね
急にキレるやつとかが一番怖い

>結末を全て知っている人が、初視聴の人に対して
>「何言ってる」ってコメントしてるなら、それはアンフェアだよ

初めてこのシーン見た時、ヨハンにも純粋で善い所があるなんて思った?
俺は『沙粧妙子』に出てくる梶浦みたいな人の心を操る天才が、操る手口の一端を披露してくれたとしか思わなかったけどな。

佐々木望さんだからこそのヨハン
後はシグルイの伊良子清玄
この声質は言葉が分からなくても伝わるようだな

ずっとヨハン出せヨハン出せ言ってたからさぞかし
満足だろうなw

MONSTERのコメントには俺の解釈は絶対なんだというモンスターがしばしば出てきて困るぜ

解釈云々の問題かな。
ヨハンが人の心を操ることのできる嘘吐きであることを示す材料は、もう何度も出てきているからな。

・指一本動かさず50人の人間を殺し合わせた。
・蟻の行列を子供が弄るように、大人の習性を実験していた。
・(二重人格説について)殺人犯の中には知能が高く社交的で話が上手い、大嘘吐きがいる。

女性だけでなく男性もヨハンに魅了されたか。このアニメは凄いな。

徹頭徹尾、冷徹に計算された行動だと思えても
ほんの1%内面の発露が見えたのかもしれない

そういう風に感じられる揺らぎがあるからこそ
より怖いし、より魅力的に見えるのだと思う

>急にキレるやつとかが一番怖い

確かにそうだが、俺は逆に怒らせる事に気づかない奴が怖いと思うけどな
金曜日も部下が部長に対してタメ口を言っていたのに、「言ってませんよ?」と
そいつは言い訳し、部長が機嫌悪くなっているのに全く気付いていない

人を怒らせていると気が付かない若者が多すぎる
学校じゃねえんだよ、職場は

>心を操る天才が、操る手口の一端を披露してくれたとしか思わなかったけどな。

自分も同意見。
特に森の情景描写するシーンは凄すぎて怖いって感じだな。
感動とか以前にヨハンの底知れなさを感じて呆然となるシーンだ。
美しくて怖ろしい。
あと沙粧妙子なつかしいw好きだったな。

目的の為の行動と言う範疇で、でだけど
同情してる部分は本当に同情してるんだと思うよ。
完璧に計算しつくされた、完璧な同情。
悪人だから、絶対に同情しないという訳ではないからね。
ただ俳優と違って、相手の過去を知り尽くして、
今どうする事が、今後どう作用するのかを全部把握して行動してるだけで。
後々どう利用するかを考えていたとしても
子供と遊んでるシーンでも、一人一人を一々どう利用しようか、なんて今は考えてないだろう。
計画に引っかからない部分は、ある程度は真情は見せるだろう。

図書館の火事のあとヨハンは休学届を出したのかな?
レポートの提出はガン無視、児童のボランティアなんかもドタキャンなんだろうか…

外人さんはピュアやな

演技か本心かって、どちらもでしょう
一流の役者ってのは、まさに役の精神状態そのままになれるんだから
彼は自身の意志によって、本心から涙を流し人を慮ることができる
その情動は真実だが、意図したものだという意味では縁起でもある

>人の心を操る天才が、操る手口の一端を披露してくれたとしか思わなかったけどな
俺もこれと同じ印象を抱いた。泣いたシーンはなりきった演技
確か二重人格を示す根拠は最後までなく撹乱だったような
勿論善人みたいな心は誰しも持っているがヨハンは子供のころから洗脳受けずに親を平然と殺しまくってたからなぁ。幼少から善人みたいな描写は全く皆無だった

間違えた善人じゃなく本気で人を慮る描写

>幼少から善人みたいな描写は全く皆無だった

ちょっとネタばれになるけど、最終回のとき、精神的な人体実験って怖いって思ったな
アンナは記憶がないからまだまともに育ったけど、ヨハンにだけあった記憶がどんな影響あったのかと思うと、賛否両論ある最終回だけど個人的には好きだわ

俺はもう物語の最後がどうなったか忘れてしまったので割と新鮮な気分で見られるんだけど、あの涙はウソ泣きだと思ったな。

といっても「本心の涙だ」という意見や、「自分を完璧に騙せる」「相手のために本心から泣いてあげる自分を作り上げることができるということそのものがヨハンのすごいところだ(それを本心と言ってよいかはともかく)」という意見にはなるほどなと思う。

それにしても探偵のリヒャルトやDr.ライヒワインの声優さん(波へい)どちらもここ数年で亡くなったんだな……。

>本気だと思うけどなー

相手が望む物、欲する心が読めるから
そういうふうに自然に演じてるんだよ。

サイコパスだよサイコパスw

魅力的な悪役は良い悪役だ

真実味のある嘘を吐く為に自分で嘘を信じこむタイプの人間はいるが、ヨハンに関してはそんな感情的な存在ではないよ。
全く信じてない事でも平然と演技できる。

人を殺した罪悪感に苦しんでいる人間を自殺に追い込むために
ヨハンが「なんて思い罪だ」と慄いてみせるシーンがある。
人殺しが悪い事なんて信じて言ってるわけじゃないのは言うまでもないだろう。

ヨハンの二重人格説信じてる人は、どの辺でそれがミスリードだったって気づくのか心配になってきた。
明確にあれはミスリードでしたって解るエピソードってないよね?
もしかして最後まで二重人格説でいくのか…。

あの涙が本物だったとしても
カールがヨハンにとって邪魔になったらサクッと殺したんでしょ?

この辺りのヨハンの目的って何だったんだろ?
■メインクエスト
・シューバルト氏の地位相続
■サブクエスト
・自身のルーツ探し
└でも真マルゴットとの関係を考えると違う?
・511的な児童を使った実験
って感じ?
「なまえのないかいぶつ」も超偶然で見つけたもんだし、ここら辺の話は目的がはっきりしないのと、重要な要素が偶然で片付いちゃってる感じがあんま好きじゃない。
素直に物語を受け取れば、ヨハンは表舞台に理想の家庭を持とうとしたってことなんだろうけど。

ヨハンの目的って、本質は遊びみたいなものだから理解するのは難しいよ。
テンマもわざと泳がせて、殺されるか殺されないかの微妙な綱渡りを楽しんでいる様子もあるしな。

ああ久しぶりに面白い感想欄だ

自分ははなっからヨハンは全部演技してると思ってたので
笑顔も子供引き連れてるのも気持ち悪い印象しかなかったけど

マジでやってる派の意見も共感は出来るわ

俺はヨハンは演技でも本気でもなく、全部素でやってるんだと思ってたな
だから視る人によっては演技にも見えるしマジでやってるようにも見える
そんな感じ

サイコパスが人の過去が分かるとかチート過ぎて手もつけられないよな
これら全ては人の心に入る込み洗脳する為の演技よ
育てたら仇で返すわああ恐ろしい

演技じゃない派に聞きたい。
ヨハンはリヒャルトの殺人を責めたが
本当に殺人が重い罪だと思っていたのなら
なぜ自分が犯した数々の殺人を反省も反省せずに、リヒャルトを責める事ができるのか。

あの言葉は本心だと思う?
リヒャルトを殺すための演技じゃないのか。

演技か演技でないかというのは関係が無いよ。
ヨハンはそもそも人の命を奪うということを悪だと認識していない。
ただ、世間一般においては殺人は悪に分類される行為であり、それを犯すことに人は躊躇いを覚え、強い贖罪意識を持つものだということを知っている。
だから、リヒャルトを追いつめるためにそこを突いただけ。

涙を流して見せたのは、ある意味本心。
言葉一つで人の行動を操れるということは、その人の心の動きを詳細に推察できるということ。つまりその人の気持ちに同調して考えることができるということ。
子供の気持ち、リヒャルトの気持ち、そして世間一般の「善良な」人がどう考えどう感情を動かされるかに同調した結果の涙。

魂胆があって、こうすればこいつはこうなるって分かってやってるんだから演技なんじゃないの?少なくともカール関係に関しては。演技じゃなく全部本心てほうが何か超然としててヨハンのイメージには合うけど、打算づくの行動だと思うなぁ。他人の感情なんて、共感でじゃなく実験に基づく結果でしか理解してないでしょ。

>その人の心の動きを詳細に推察できるということ。つまりその人の気持ちに同調して考えることができるということ。

人を操るための実験・研究に余念がなく、異常者の特殊な性癖・トラウマを利用して操ったり、個人だけでなく大きな集団を操作したり、あれは共感の天才というよりは、プロファイリングの天才と言うべき。

ただ問題はそこじゃない。共感してようがしてまいが、相手を操るための計算ずくの行動なのは変わらないんだから、俳優が演じる際に「役に成り切っている」かどうかの違いでしかなく、それをまさに演技というわけ。
女装してニナの振りして信用させるのと一緒。

>演技じゃない派に聞きたい

ヨハンの場合、何が罪かを決める尺度に、『法律』が入ってないんじゃないかと思う。
同じ殺人でも、法律を度外視すると、ヨハンとリヒャルドの殺人は種類が違ってくる。
例えば、リヒャルドは“偶発的である”と、“装っている”。“あとで後悔している”、など。
特にヨハンの生い立ち上(東ドイツと西ドイツ、さらにキンダーハイムを経験)、『法律』というのが如何に簡単に変わるか、またそれを破る人間が実はどれだけたくさんいるか知っているからこそ、はなから『法律』が倫理観に無いというのが俺の説だ。
ちょうど良い質問をありがとう。

>ヨハンの場合、何が罪かを決める尺度に、『法律』が入ってないんじゃないかと思う。

ヨハンは「子供の権利」や「推定無罪の原則」など、法律も引き合いにリヒャルトを責めたよ。
ただでさえアル中になるほど罪の意識に苦しんでいたんだから、それが最も効果的に精神を破壊する方法だったんだろうね。

>はなから『法律』が倫理観に無いというのが俺の説だ。

法律云々以前に倫理観自体が存在しないだろ。
子供が死ぬようにしむけたり、人の精神を蝕んだり、大量殺戮したり、恩人であろうと必要なくなれば平然と殺す。
いったいヨハンの行動のどの辺を見れば倫理が存在するように思えるのかが謎。

>ヨハンは「子供の権利」や「推定無罪の原則」など、法律も引き合いにリヒャルトを責めたよ。

それは、リヒャルトの中にある矛盾をどう処理しているのか知りたかったから行った『質問』にすぎない。視聴者とリヒャルトは、勝手に『責められている』ように感じたけどね。
なにしろヨハンの人生で、
人の道に生きている人間の一人が、人を殺し、それを後悔していて、しかしその理由を自分で捏造し、なのに家族を持ち、ささやかな幸せを~と、まるで普通の人間のように振る舞っている人間は初めて見ただろうしね。
ヨハンだって、内に秘めたモンスターを受け入れつつも、普通の幸せや生活を送る術を知りたいからね。リヒャルトは彼にとって、モンスターの飼い慣らしかたを知る希望の人物だったはずだ。
終盤リヒャルトが、知らずのうちに自分自身に嘘をついていただけであったことに気が付いてショックを受けているのを見て、ヨハンは「なんだ」って感じに落胆していたけどね。

>それは、リヒャルトの中にある矛盾をどう処理しているのか知りたかったから行った『質問』にすぎない。

幾らなんでも、こんな解釈は少しも賛成できないな。
じゃあ「なんて重い罪なんだ」と慄いてみせたのは何でだ?
恩人でも平然と殺してきた者が抱く感想ではない。
娘を引き合いに出してトドメを刺した後、酒を渡したのは何故?
トラウマを利用して人を操ることのできるヨハンが、相手がどうなるか予測できなかったとは全く信じられない。

質問であれ感想であれ、真実に近づいたリヒャルトを排除するための方便だったとしか取れんわな。
目的のために邪魔だったら、誰であれ平然と殺してきたし、容易く他人の心に入り込んで操ってきたのがヨハンだぞ。
あの時だけ悪意なく質問してただけなんて、どういう無茶な解釈なんだよ。

リヒャルトの気持ちを聞かなきゃ分からないようなら、本当は素面で殺してたなんて事実がどうして分かるんだろうね。
なにもかも分かっていて、その上で追い込んだんだよ。
その回のタイトル「処刑」通り、彼も処刑されたんだろ。

>あの時だけ悪意なく質問してただけなんて、どういう無茶な解釈なんだよ

悪いね。ヨハンが演技なんてチャチなことをしてない確信はありつつも、俺もこの件に関してはヨハンの心境について手探りだから、出来る限りの解釈をした結果なんだ。
ヨハンの生い立ちから、ヨハンの倫理観の勘定に法律が入っていないところまではすんなり出てきたんだが、
リヒャルトの件など細かい部分では『殺人の意図』が透けて見えるのはその通りだ。
ただ『演技』というのはやはり違うと思う。
『演技』とは演じる技術だが、ヨハンは誰も『演じて』はいない。
常に素面のヨハンが素面のまま、人を追い詰めて(というより自身が有利になるように)いるだけだ。

チャチでも何でもない。
本心であれ嘘であれ、ヨハンは人を操るために最も効果的な言動をしているだけ。

どうも言葉の定義の段階で噛み合ってない感じだな。

>ヨハンは誰も『演じて』はいない。

日本語では誰かを演じる事だけでなく、「本心を隠して見せかけの態度を取ること」も"演技"というんだよ。
もっともヨハンは女装してニナに成りきったように完璧に他人を演じる事だって容易いんだけどね。

↑↑ヨハンはある時は賛同者のように殺人鬼に寄り添うが、ある時は聖職者のように断罪し死に追いやっている。ヨハンは人を操るのに最適な行動をしているんだよね。演じるとはある場面、状況などにおいて、ある印象を見る人に与えるよう行動するともある。リヒャルトに対してはこれを断罪する聖人のように振舞っている。どうへ理屈こねて解釈しようがこれは演技の解釈で合ってるよ
ってか後で妹の振りして変装もしてるし

自分自身を騙せなきゃ詐欺師は向かないよ

↑ダサい台詞だなぁ…かっこいいけど(((^_^;)

西洋人ってやっぱりキリスト的な雰囲気を持った人物に弱いんだな
想像してたよりも引き込まれてて驚いた

逆にエバみたいなタイプは日本の方が弱いのかも

ヨハンが自分の心で泣いたところは
図書館で絵本を読んだところだけだと思うな
あ、あと幼少期にテンマの病院に入院してた時の
アンナとの面会シーンも本心の涙だろうね

本心だからこそヨハンが怖いw

コミックでここまでは読んだ(6巻まで)
この先は内容を知らないのでアニメを楽しめるけど、ヨハンはやっぱり唯のサイコパスだと思うな
シューバルトに近づいたのは金が目的だったのかな?
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。