Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONSTER 第25話『木曜日の青年/The Thursday Boy』 海外の反応

entry_img_411.jpg
以下MyAnimeListAnimeSukiより翻訳





sotohan_monster25_img001.jpg


・これは特にお気に入りのエピソードの1つだな。
序盤はつまらなかったけど、後半になるにつれとても強烈になっていった。
カールの初登場のエピソードだったのに、そのキャラの発展はものすごい深いモノだった。
カールは利他的で、正直な学生だ。
家族を尊敬し、それに誇りを持っている。
しかし、彼の内面には葛藤が窺えたように思える。
カールはお金に興味がないようだったし、常に母の誇りを守るために、エドムンドを探し出すと言っていた。
でも彼は経済学専攻なんだよね。
こんな事を言うのは野暮かもしれないけど、実は周囲を欺いていたり、内面に問題を抱えていたりするかもしれない。
まぁ見た感じそのようではなさそうだ。
もしくは、お金には興味があるけれど、遺産によって財を成すのではなく、自分の手でそれを成し遂げたいと思っているのかも。
これは彼の誠実さを強調する論拠になるね。
そして当然だが、僕たちはこのエピソードでヨハンに会う事が出来た。
彼が行動を起こして以来ずいぶんと久しい事だが、僕はこのエピソードの始まりの方からヨハンが背後に潜んでいると思っていたんだよ。
でも木曜日の男は別の人物のようだった。
そして彼は自殺したが、それでもヨハンとなんらかのかかわりがあったとにらんでいる。
彼がなぜこのような事をするのか。
ヨハンはお金に困っていないのだから、今の所まったく理由が見当たらないな。
可能性を考えるならば、あの富豪はヨハンの過去に何か関係があるという事だろうか?
511キンダーハイムの関係者だったり、もっといえばその権威だったりするのかも。
別の可能性としてはヨハンの計画の重要な情報を握っているとかね。
まぁ、ヨハンがあの大学に通っているのはほぼ確実にあの老人のためだけにだろう。   (リトアニア 男性)



・このエピソードは無意味だと思っていた……途中まではね。
ついついうたた寝をしてしまいそうになったその時、ヨハンが出て来ることに気付いた。
あの時は寒気がしたね……。
彼はとても恐ろしい奴だ……。   (男性)



・オーマイガッ!!
ヨハンだ!   (女性 オーストラリア)


sotohan_monster25_img002.jpg


・このシリーズは本当に短期間の間にとても上手くキャラ作りをするよね。 



Re:それ。
そして、だからこそ、ここまですべてのエピソードが素晴らしいんだ。
たとえそれが完全に新しいサイドキャラクターであろうと、それを見事に面白くしてくれる。
確かに、テンマが登場するエピソードが最高なんだが、彼が関係が無いエピソードも素晴らしいよ。
そしてそれがメインストーリーにかみ合う限り、とてもうまく機能する。  


sotohan_monster25_img003.jpg


・あのカールと女の子はテンマとエヴァみたいな感じだったなw



・カールはテンマに似すぎているし、あの女の子は若かりし頃のエヴァって感じだ。
アニメーターはもっとデザインに差異を付ける努力をすべきだ。



Re:両者は明らかに国籍が違うし、ヘアースタイルも違うし、大きな丸鼻だし、輪郭だって違う。
それにあの少女、ロッテは厚ぼったい眼鏡をしているし、まぁ口元は似ているけど、この作品の女性はみんなそんな感じだし、髪型も目もエヴァとは全然違うだろ。
少なくとも議論をする気があるのなら、もっとちゃんとした論拠を持ってきて欲しいものだ。  (カナダ)


sotohan_monster25_img004.jpg


・あの老人は若者に厳しいな。
彼は精一杯頑張ってラテン語を読もうとしているのに。
結局、ラテン語は世界一難しい言語だから、すぐプロのように話せるようになるのは至難の業だって事だ。  (フィンランド 男性)



・シューバルトはカールのラテン語に不満を言っていたが、あの本は日本語で読まれていた^_^  (ドイツ 男性)


sotohan_monster25_img005.jpg


・エピソードの途中までなぜどうでもいいキャラを見続けなければならないのか気になっていた。
だが、見続けていると、どうやらストーリーの途中からヨハンが関係しているという話じゃないか。
エンディングはついに彼が姿を現し、最も面白い瞬間だった。
良いエピソードだったよ。   (オランダ)


sotohan_monster25_img006.jpg


・木曜日の男はヨハンを指し示していると思った。
そしてあの文章の文言はヨハンが人々に恐怖を与えるように見えた。
おそらく彼はこのエピソードの1996年にあの学校を訪れたのだろう。



・あの新聞部の男が木曜日の男の事を稲妻だとか破滅をもたらすとか言ってた事で、きっとヨハンの事だと思っていた。
しかも金髪だっていうしね。
これは彼らを欺いたって事かな?
ヨハンは金曜日の男らしいが、木曜日の男になろうとしてた?
そして、ついにヨハンが現れたね。
でもなんでまた学生なんかやってるんだろう。
次のエピソードはきっと凄い事になるぞ……!   (男性)


sotohan_monster25_img007.jpg


・あの女の子はちょっと詮索好きすぎるけど、何にせよ、木曜日の男は結局ヨハンだったわけだ。
それは耳寄りな情報だった。
次回予告を見るにヨハンがエピソードの大部分を占めそうじゃないか。
こりゃ、これまでとは一味違ったエピソードになるだろうね。  (男性)


sotohan_monster25_img008.jpg


・ヨハン・リーベルトは本当に人を魅了するキャラクターだな。



Re:あまり頻繁にお目にかかれないのが残念なぐらいだね。



Re:イグザクトリー


sotohan_monster25_img009.jpg


・私がヨハンの声を聴いた時、恐ろしさと、信者っぷりが入り混じった気持ちを抱いたよ。
そして、カールはどのような目的を持っているのだろうね。
彼もまた次のエピソードに絡んでくるようだからね。  



・何、何、何、何、何!?!?!?
前にヨハンを見てからずいぶん久しぶりじゃないか!
私はこのエピソードの始まりからメインストーリーに関係ないにもかかわらず興味深く見てたんだよ。
そして、木曜日の男がヨハンなのかなと思ってたんだけど……わぉ!!
でもなんだって?
ヨハンも普通の人と同じように大学で勉強しているだって……!?
本当!?   (女性)


sotohan_monster25_img010.jpg


・あー、新しいキャラクターねー。
あー、あれは本当の母親じゃなかったんだねー。
あー、あの男は息子の事を知らないんだねー。
あー……えっ……! ヨハン!?!!?!?   (アメリカ 女性)


sotohan_monster25_img012.jpg


・良かった、彼女はマルゴット・ランガーの偽物だったんだな。
もし生き別れた母親があんなのだったら僕はどうにかなってしまう自信があるからね。


sotohan_monster25_img013.jpg


・ふーむ……これは興味深いな。
シューバルトはマルゴット・ランガーが偽物だと知ったうえでお金を払っているのか。
僕だったら偽物に金を払い続けるなんてごめんだが、それが彼の償いの仕方ってわけだね。
でもそんなに資産家だったらもっと有意義な事に金を使った方がいいんじゃないか?
例えば、他に、妻や子供のような思いをさせないように寄付をしたり施設を作ったりさ。


sotohan_monster25_img014.jpg


・わぉ、カールの声は木内秀信だと思ってたのに、関智一だったのか!!
2人の声はとても似ているね!
憂鬱な声は本当にそっくりだった。
それに偽物のマーゴット・ランガーの声は田中敦子だと思ってたら、本物のマーゴット・ランガーの声も田中敦子だっていうじゃないか!!?
わぉ、どうやって声を切り替えていたんだ……。   (男性)


sotohan_monster25_img015.jpg


・カールの母親の名前、マルゴット・ランガーというのは後々のプロットで重要になってくるかもしれない。
カールとロッテはマルゴット・ランガーを名乗る女性を見つけ、彼女にシューバルトは金を支払っていたわけか。
カールと本当の母親のシーンはとても悲しい物だったな。
そしてどうやらあのシーンで、母親はカールに何かを託したようだ。


sotohan_monster25_img017.jpg


・彼に必要な唯一の事はDNA鑑定だけだ。



・EDの紙芝居にどんどん夢中になっていく。
あれは一体どのようにメインストーリーに関係してくるのだろう。



・誰かエンディングの紙芝居は実際のストーリーに関係があるのではないかと考えている人はいないか?   (男性)


sotohan_monster25_img018.jpg


・今回もまたヨハンの新しい偽名が明らかになった。
エドムンド・ファーレン。
彼は実際に大学の生徒だったわけだね。
そして、今回のカールの調査はヨハンを相手にもがいていたという事になるな。
どうやら本物のエドムンドは退場したみたいだけどね。   (フィンランド 男性)


sotohan_monster25_img019.jpg


・彼らがドアを開けて、目的の人物が首をつっていた所はドキドキしたよ。   



・このエピソードがメインプロットに関連があり、木曜日の男についての描写があった時は彼の事だと思った。
そしてその男が吊られているのを見て、エピソードの最後にヨハンが突然現れた。
これは面白いエンディングだった。
ここからどうなるか、誰が分かるだろうか。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster25_img021.jpg


・実際ヨハンの目的って何だろうな?
彼は重要でもないキャラを殺すために時間を無駄にしているのか?   (リトアニア 男性)



・ヨハンは木曜日の男を利用したわけか。  (男性)


sotohan_monster25_img022.jpg


・誰かヨハンがなぜ大学に通っていて、木曜日の男を殺したかについて考えはある?
数あるドイツの大学の中でなぜあそこなのか。
なぜ木曜日の男を殺さなければならなかったのか?
あれをただの自殺として受け入れてしまえば、ヨハンに関する手がかりはなくなってしまう。
ヨハンはただ一人の人物を殺す事で時間を無駄にはしないだろう。
かならず理由があるはずだ。   (カナダ)



Re:ヒントになるようなものは、朗読をしてもらっているシューバルト氏が富豪だという事だね。
彼は人生の節目に至って、みんなが既に持っているモノが欠けている。
最も重要な事は、彼自身それを自覚していると言う事だろう。   (アメリカ)



・このエピソードにはいくつかの重要な物事が含まれている。
そもそもなぜ、カールの母親は夫の元を去ったのか。
一体どういう出来事があったのだろうか。
そしてあの老人はなぜあれほどの権力を持っているのか。
ヨハンはあの老人の何を求めているのか?
金か、影響力か、権力か。
なぜ木曜日の男は自殺したのか。
ヨハンが何か干渉したのか?
ヨハンと老人はどれほど親密な関係なのか?   (男性)



Re:1、妻子がシューバルトのもとを去ったんじゃなくて、シューバルトがあの妻子を捨てたんでしょ。
だからそれを後悔したシューバルトは偽のマーゴットに会いに行っていた。
2、財力だろう。
3、金や権力だろうね。
4、おそらく、ヨハンはカールの存在を嗅ぎつけたんじゃないかな?
本物の息子が現れたならば、彼の計画は確実性を失うからね。
5、ヨハンと老人の仲は読み手の一人に過ぎないと言ったところじゃないか?
潜在的にはカールの方が影響力がありそうだ。   (アメリカ)


sotohan_monster25_img023.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

いつも思うんだが、なぜ海外の人は主要人物や話の展開がないと、その回が作品に関係ない、あるいは楽しくないと思うんだろうか?
アニメでも小説やドラマでも、長編作品になると物語の視点が変わったり、それこそオムニバス作品なんかではよくある事だと思うんだけど・・・。
物語が終わるまでは、例えその時は本筋に関係なさそうでも後々関わったりするんだろうな~と思いながら俺は見るから、その辺がちょっと不思議だ。

誰もが物語の本筋に関心が高いのは当然だし、
本筋に関係のない話だと、興味がない人が出てくるのも、まぁ当然だろう。

日本人だろうが外人だろうが同じ。

いいねいいね
皆色々考察してるね

やっぱ手元にある手がかりだけで補足して考えるのは楽しい
ようやくヨハンのお出ましだしね

>>誰もが物語の本筋に関心が高いのは当然だし、
>>本筋に関係のない話だと、興味がない人が出てくるのも、まぁ当然だろう。
>>日本人だろうが外人だろうが同じ。

明らかに違うから散々言われてきてるんだろ
こういった間抜けなダメ出しをしてくる人は、
常にメインキャラクターが画面の中に居て、激しく話が進展してゆくカートゥーンや
ハリウッドで感性が停滞してる事に気付いてないんだよ。
日本にも同じタイプが増えてきてる
ワンピースが面白くてEXILE大好きってタイプの薄気味悪い人間

「木曜日の男がヨハンなのか?ヨハンなのか!?」

「なーんだ違った…」と視聴者に気を抜かせてからの

サラッと金曜日担当としてヨハン登場<衝撃


っていうこのすかすパターン、MONSTERでは他にもあるけど
今回の25話が特にバチっとハマった感じがして好きなんだよな
こういうの浦沢直樹うまいよね

>>日本にも同じタイプが増えてきてる
ワンピースが面白くてEXILE大好きってタイプの薄気味悪い人間

キミが高尚な物語の楽しみ方をしているのは分かったが、それを理由に見下すのは荒れる流れだからそこまでにしとこうか。

それにちゃんと物語を見て、それの考察をしている人もいるだろ?
それが君の納得のいく水準に達しているかは分からないけど幼稚なコメントが嫌いならそうじゃないコメントに目を向ければいいんじゃないか。

不満を言ってるのは少数派なのに粗探しのようにそういうところばかり取り上げて批判するのは違うだろ。

>常にメインキャラクターが画面の中に居て、激しく話が進展してゆくカートゥーンや ハリウッドで感性が停滞してる事に気付いてないんだよ。

それは「感性の停滞」うんぬんではなく、単なる好みの問題。

自分と違う趣向だからといって、いちいち批判しないと気が済まないのは、
幼稚としか言えないぞ。

>いつも思うんだが、なぜ海外の人は...

日本のヲタにもいくらでもいるだろ。

ちなみに日本の場合ははっきり言うとキミみたいなうるさいのに叩かれるから、こう言ってぼやつくんだよ。

「話が全然進まなかった」
「全く進展しなかった」
「溜め回」

それは「感性の停滞」うんぬんではなく、単なる好みの問題。

自分と違う趣向だからといって、いちいち批判しないと気が済まないのは、
幼稚としか言えないぞ。<<

好みの問題ってのは感性の問題とほぼ同意義だと思うけど。
大学のアニメ同好会で留学生も混じってアニメ話するんだが、留学生の話って単調だよ。
自分と違う趣向だから批判って言ってるけど、あなたもしてるじゃない。  他の人間の感性を受け入れろっていう主張を通そうとしているじゃない。幼稚って表現してね。
 実際問題、外国人って好きキライが激しすぎて、ダメなものはダメなんだよね。 

今頃だけど、おれ
いつも思うんだが、なぜ海外の人は主要人物や話の展開がないと、その回が作品に関係ない、あるいは楽しくないと思うんだろうか?
アニメでも小説やドラマでも、長編作品になると物語の視点が変わったり、それこそオムニバス作品なんかではよくある事だと思うんだけど・・・。
物語が終わるまでは、例えその時は本筋に関係なさそうでも後々関わったりするんだろうな~と思いながら俺は見るから、その辺がちょっと不思議だ<<
って発言した人間じゃないから。

>ワンピースが面白くてEXILE大好きってタイプの薄気味悪い人間

浦沢ファンだけどワンピースも好きだわ
EXILEは全く興味ないが

焦らしに焦らしてこの登場だからなぁ
ホントにうまいわ
男の子だけどあたしもお股がきゅーんってなったっ
キャラの描き分けは十分できてると思うけどな
多様なキャラデザが見られるのもこの作品の良いところ
確かに浦沢的な記号は目につくがw


ほんと、この翻訳読むのが生きがいです。
管理人さん、ありがとうございます。

海外のコメントはそれぞれが討論しあっているのではなくて
このエピソードは簡単にいうとこんな作品ですよと紹介しているんだよ
アマゾンで製品についてコメントするみたいにね
だから、本筋じゃないと書いておくとあとから見直す忙しい人のための目安になるし、おおっと途中までは退屈なようにみえてヨハン出るぞーと素直に書き残しているだけ
そこにつまらなかったという文章はよく見てみると殆どないでしょう?
どんな目的で書かれた文章かを考えてみるのも一興ですよ

>どんな目的で書かれた文章かを考えてみるのも一興ですよ
というのはわかるけど、

>海外のコメントはそれぞれが討論しあっているのではなくて
>このエピソードは簡単にいうとこんな作品ですよと紹介しているんだよ

それは違うんじゃないかな
元のリンク見てみたらわかるが「Review」からの翻訳じゃなくて「Discussion」ボードからものだよ
もし「Discussion」でも「Ep Review」みたいなことする人多いよ、というのであれば詳しく知りたいな

これが意識高い系か
選民意識が高すぎて当たり前のことですらドヤる

それに外人が言ってること何の間違いでもない
実際のところヨハン出てくるまでただの前置きで特に面白いこともない
1話分丸ごと説明に使っただけの話

ワンピースとEXILEディスったらこうなるんだな。

ヨハンが学生やってるのって前話で言ってなかったっけ?

たいていいつも面白い感想を残してくれるリトアニアさんが
最後まで観てコメントしてくれますように
俺は最後でなんじゃこりゃと思った浦沢スキーだが
彼が何を言うのかが楽しみだ

>好みの問題ってのは感性の問題とほぼ同意義だと思うけど。


よく読めよ。

「感性の問題」じゃなく、「感性が停滞している」と明らかにケチつけてるから
そこを突っ込まれてるんだろ。

ワンピース好きなやつは感性が停滞してる!爆
作品にはそれぞれの楽しみ方があるものでモンスターとワンピースを比べるのがまずおかしいですけど。
こんだけ深く考察してるおれかっけぇー、ってのがやりたければそもそも他の人の反応なんて見にくる必要ないのでは?
あっ、他の人の浅い考察(という決めつけ)を見て優越感に浸りたいわけね!
でもそれをわざわざコメ欄でアピールしなくてもいいよ。みんなは海外の反応を楽しみにしてるんだから。

この流れ止めないか?

前のエピソードの反応みたいな宗教戦争に発展して欲しくないんだが

この話の前の数エピソードは、小編が続いていたんだけど
このヨハン編と言うか、木曜日の青年篇の構成を練ってたのかね。
今から見返してみると、割にボリュームがある。

(つりですぞ……)

>いつも思うんだが、なぜ海外の人は主要人物や話の展開がないと、
>その回が作品に関係ない、あるいは楽しくないと思うんだろうか?

恐らく日本人は「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」の家康系が多いんだろう。
逆に外国人は「鳴かぬなら殺してしまえ~」の信長系が多いイメージ。

日本人でも導入に時間が掛かることや横道に逸れることに不満のある人は
いるだろうが、絶対数が少ないんだろうな。トップダウンの文化だし。

もしくは単純に、外国のドラマがメインプロット主体で作っているとかじゃないの。

モンスターって今どこかで放送してるの?
なんで今反応を翻訳?

ヨハン出てきてまた本筋が動き始めたね。
このエピソードで言葉一つで人の心に入り込み操るヨハンの恐ろしさ、闇の深さが明らかになってくる。
ヨハンがシューバルトに近づいた目的を知った時の反応が今から楽しみ。

※2015年11月25日(04:13) : ちぇ

とりあえずアンカーの付け方覚えてから書いてくれ。
どこからが引用でどこからが個人の意見なのかわかりづらい。

>>モンスターって今どこかで放送してるの?
なんで今反応を翻訳?

ここは海外の反応ブログが出始める前の名作を中心にやっていく所だから

>明らかに違うから散々言われてきてるんだろ
>ワンピースが面白くてEXILE大好きってタイプの薄気味悪い人間

アスペかコイツは?w 「なぜ海外の人は主要人物や話の展開がないと、
その回が作品に関係ない、あるいは楽しくないと思うんだろうか?」という
問いに対して明らかに関係のない例えを出している時点で脳みそ腐ってるw

外国人は日本人よりも主人公と一緒に謎解きや感情移入をしたいのだが、
どうでもいいモブキャラの話や視点を敵に変えた話が好きじゃないんだろ。
外国人(特に欧米)は早く本筋を見たいと思う人が多いし、今やっている
コンクリート・レボルティオみたいな謎が増えていて、一向に解決する
展開が見えないアニメを嫌う「傾向」が強い。

まあGレコで冨野節を英語に翻訳された字幕を読んだ外国人が
「なんだこのアニメ!何を言っているのかまるで分からんぞ」と
多くの視聴者がキレて、辞めていたからな。日本人よりも行間を
読んだり、分からなくてもいいと言う感覚がないんだと思う。
ヨーロッパは哲学や技術が発達した地域だから、原因究明や
論理的な展開じゃないとダメだったり、聖書を読んで、その意味を
調べる文化が根付いているから、電波的なセリフも駄目なんだと思う。

>もしくは単純に、外国のドラマがメインプロット主体で作っているとかじゃないの

ヨーロッパは分からないが、イギリスとアメリカは主人公目線でずっと
ゴール(目的)を追い続け、最後に謎が明らかになる展開が多い。
途中でサブエピソードがあるけど、主人公に関わる話が多く、おそらく
「It makes sense」の国だから、全部繋がっていないとダメなんだろ。
まあ日本語は主語を省略しても通じる言語らしいが、英語は主語や誰が
言っているのかハッキリしないと機能しない言語圏だから、それもあって
無駄なエピソードが嫌いな人が多いんじゃないかな。

海外の反応読みに来て海外の反応叩いてる奴がいるの笑える 意味ふめー

※1だけど、なんか荒れさせたみたいでごめん。
ただ俺は、海外の人達を叩くために言ったんじゃなくて、他のアニメの反応サイトでも長編のアニメにはいつも同じようなことが書いてあるから個人的に疑問に思ったんだ。
日本の感想サイトなんかでは、あきらかな引き伸ばし以外ならあんまりこういった感想はそんなに俺は見たことなかったから。なんか文化や生活や宗教とかの違いで見方が違うのかと思っての※だったんだけど・・・。
言葉不足だったね。すまん。

ここから長く続くカールとアル中刑事の話は正直退屈だった
外人さんはどういう反応するかな

カールがテンマに似てるって発想はなかったなぁ。言われてみりゃあそんな気がしないでもない

>ヨハンはあの老人の何を求めているのか?
>金か、影響力か、権力か。

>金や権力だろうね。
(アメリカ)

やっぱアメリカ人は中国人と似ているな。発想が貧困過ぎる。

>>前のエピソードの反応みたいな宗教戦争に発展して欲しくないんだが
さっき見ていたけど、ワンピみたいなクソ展開だったな

>途中でサブエピソードがあるけど、主人公に関わる話が多く、おそらく
「It makes sense」の国だから、全部繋がっていないとダメなんだろ。

放映時は無関係のように見えて、後々主人公に深く関わる重要人物(重要エピソード)でしたって展開って無いの?

一人称を追う自伝が好きな奴にとって客観性のあるストーリーは視野が広がりすぎてもどかしいのだろう
日本だと戦隊物ヒーローが比較的人気だけどアメリカなんかだとヒーローは基本一人だから

ヨハンが出た時の女子の反応と言ったら・・。モンスターは面白いけど男女ともあまり美男美女は少ないからね。テンマは日本人だし、欧米女子からするとハンサムはヨハンだけなんだよね^^;

ロッテの将来は、2ちゃんの鬼女だなw

アメリカでもヒーロー大集合のアベンジャーズあるし人気だし…

海外のオタクでも一部であろう人の感想を欧米代表みたいに扱うのは本当にやめてほしい
しかもそれで見下したり馬鹿にしたり本当何がしたいの…
某サイトのように悪意あるコメは検閲排除してほしいけど負担でかいか

>放映時は無関係のように見えて、後々主人公に
>深く関わる重要人物(重要エピソード)でしたって展開って無いの?

むしろ昔の方があったw イギリスのドラマ(名前忘れたが)や
ツインピークスや映画のユージュアル・サスペクツでは全く関係のない
人物が実は黒幕だったという展開が使い古された。だから欧米の方が
モンスターの様な展開をやりまくって、今のハリウッド映画が単純で
飽きやすい作品ばかりになっているのが現状。ヨハンのキャラ設定も
確かスロベニア人のアニオタが4chanで言っていたが、「東欧だと
よくある悪者の設定だから目新しさはないな。まあアニメで出すとは
思わなかった」と言っていて、まあ二番煎じに見る外国人も中にはいる。

>ユージュアル・サスペクツでは全く関係のない
人物が実は黒幕だったという展開が使い古された

あれは全部「関係あると思った供述がすべて○○○だった」が衝撃のポイントなんでは…

まあ、この話は、最初のイメージと、ラストを知ってからのイメージとはまるっきり変わってしまうのがおもしろいところなんで、
初見の人はどうしても一話一話でしか考えられないし、二度見以上の人は全体を通しての見方をしているんだから、意見がわかれるのは当たり前のことだと思うんだけど

二番煎じの何が悪いんだろう
何もかもオリジナルで斬新な作品なんてあるのか
王道だったりオマージュが入ってたとしてもどこかにオリジナル性がちゃんとあって
見てて面白いならそれでいいんじゃないのか

既存の作品に類似してるから先が全部読めるね!とか言ってるやつで
具体的に道筋を当ててるやつなんて見たことないぞ
「僕はわかってたよ」「僕は知ってたよ」って後だししてもかっこわるいだけだし

まぁ 展開に斬新さを感じるかお馴染みに感じるかは国によっても微妙に違うだろうけど
それも その人それぞれだからね

実際は自分もヨハンの超人ぶりが見えるのをいつかいつかと期待しながらみてて
最後の方でがっかりした口だからw

モンスターは心に残る漫画だけど
個人的には”ここら辺までが楽しかった”という作品だ

>>放映時は無関係のように見えて、後々主人公に
>>深く関わる重要人物(重要エピソード)でしたって展開って無いの?

>むしろ昔の方があったw 

質問した者だけど返答ありがとう。(引用省略してゴメン)
なるほど、欧州人にとってはわりと慣れた展開なのか。
人物描写中心であまり話がすすまない内容の時でも、いろいろ考察して楽しんでるのは欧州の人が多いのかな。
アメドラのスピード展開重視は「24」あたりから加速した印象。
ハリウッドは視覚のインパクトに頼る内容が増えたなあ。大作は特に。

ここのコメ欄は香ばしいな
特にワンピースうんぬんが

>>2015年11月26日(20:43) :    URL : 編集

ユージュアル・サスペクツは最初からケビン・スペーシーが
怪しいし、こいつ生き残っている時点でソゼじゃねえかと
映画ファンから突っ込まれているんだけどなw

まあモンスターは最初からヨハンと言うカリスマが敵として
出てきて、テンマはヨハンの謎を追いながら、実はヨハンが
主役なのではないかと言う作品だからな。プルートや20世紀少年も
そうだけど、浦沢は漫画の題名と主役を一致させる事にこだわる傾向がある。

>ハリウッドは視覚のインパクトに頼る内容が増えたなあ。大作は特に。
アメリカの視聴者のレベルは年々下がっているんだよ。ひねりが利いた
作品は売れないし、アカデミー賞を取った作品は内容が難しいからとかw
日本でも、エロと日常系アニメが増えているよな。要するにストーリー
よりも、日々のストレスを解消する作品が好まれる様になっている。
おまけに英語出来ない不法移民が増えていて、その人たちが受けるのは
「何を言っているのか分からないけど何かカッコいい」と簡単に伝わる
アクション映画になるんだよ。トランスフォーマーのマイケル・ベイが
賛美されるのもそれ。万人を楽しませるにはインパクトで十分だという
風潮がある限り、ハリウッドはダメになるだろうね。

正直、このエピソードからヨハンが火事場から退場するまでが
モンスターで一番盛り上がる部分なんだよな
それ以降もグリマーやマルティンとか魅力的なキャラは出てくるんだけど…

偽マルゴットの声優さんうまいな誰だろうと検索してるところで本物マルゴットが少佐だということに気づいた。

あと上でも言ってる人がいるけど「木曜日の男」からの「なんだ違うじゃん」から「金曜日でした~」って流れはやられたわ。ヨハン怖ぇ~。

アニオタって議論しだしたら末期だよねww
たかがアニメで無駄な時間議論すんな
アニメは見てる時間だけでいいの
アニメ大好き

海外の人には是非原作の漫画を読んでほしいね
あの洗練された絵を抜きに浦沢直樹は語れないよ
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。