Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第7話『託された骨 前編』 海外の反応

entry_img_409.jpg
以下MyAnimeListRedditより翻訳





sotohan_sakurako7_img001.jpg


・この学校祭は氷菓を彷彿とさせるな。
このシリーズのトーンを考慮すれば当然か。



・どこでも櫻子さんが訪れる場所は不穏になる。


sotohan_sakurako7_img002.jpg


・このエピソードの始まりでは何か不吉な事が起こると思った。   (カナダ 男性)


sotohan_sakurako7_img005.jpg


・ちょっと展開が遅いエピソードだったけど、幽霊姿の鴻上が出たのは見る価値があったよ。



・百合は正太郎よりも櫻子に親密みたいだが、彼女は文字通り百合の気があるのか?   (男性)



Re:病院行って来い。   (男性)


sotohan_sakurako7_img006.jpg


・櫻子は大人の女性なのに、なんでケーキを食べるのに祖母の許可が必要なんだ?



Re:大人であろうが子供であろうが、お婆ちゃんが作る夕食の前にデザートを食べたら怒るかもしれないでしょ。
それが人生ってものさ。   (男性)


lPbQWN9.png


・櫻子がパンケーキを食べている所では思わず笑みが浮かんでしまった。
ばあやには内緒だぞ……って所も、なんか子供っぽくて良いねぇ。



Re:Oishiiという声が脳内に聞こえたよ。


sotohan_sakurako7_img010.jpg


・今回は面白いエピソードだったよ。
それはやっぱり、単に櫻子が奇癖を持っているというだけでなく、本当にどこかおかしな部分があると分かって来たからだろうな。
本気で彼女の婚約者がどのような人物なのか気になり始めてきた。
彼女のような女性が選ぶ婚約者ってのは想像しがたいものだ。



Re:婚約者が誰であろうと、櫻子はそこに恋愛的な意味を見出してはいないと思うよ。。
その点だけは明らかだ。


sotohan_sakurako7_img011.jpg


・磯崎先生がまた登場して、彼の植物オタクっぷりを見れたのは良い事だった。



・磯崎先生は石田彰の声にピッタリだ。   (男性)


sotohan_sakurako7_img013.jpg


・主人公たちの関係はちょっと複雑そうに見える。
でも正太郎がとても従順すぎるところが好きになれない。  (ブラジル 男性)


sotohan_sakurako7_img015.jpg


・なんだか正太郎にイライラしてきたのは自分だけかな?
彼は繊細過ぎる。
この作品は、誰かを殺す事なくすべてを救いたいと嘯くような少年漫画じゃないんだぞ……。   (男性)


sotohan_sakurako7_img016.jpg


・櫻子は未だにUlcaの骨を身近においていると思うな。  (女性)


sotohan_sakurako7_img018.jpg


・今回のサスペンスに満ちた雰囲気がとても気に入った。
今回のエピソードでは次のエピソードのための興味深い準備をしてくれた。
例えば、正太郎の櫻子に対する気持ちとか、婚約者に対する疑問とか、猫に関するミステリー等々、そして彼女の弟について。
正直、来週が待ち遠しくて仕方がないよ。   (男性)


sotohan_sakurako7_img019.jpg


・櫻子は本当に、感情が欠如しているように思える。   (アメリカ 男性)



・猫の骨が無くなった事は、櫻子が抱えていた事と関係あるのかな?
彼女が持って行ったとか。   (アメリカ 男性)


sotohan_sakurako7_img021.jpg


・櫻子と正太郎のモラルの衝突は興味深い。
櫻子の意見はとても大胆だけども気に入ったよ。
両者の価値観はどっちとも一理あるよね。
ただ正太郎の反応はちょっと大げさすぎるとも思う。
でも、これがどういう風に展開するのか楽しみだ。


sotohan_sakurako7_img023.jpg


・どうやら櫻子は猫と絆があるようだな。
彼女自身も飼っていたようだし、その骨を収集していた事からもうかがえる。
でもどうやらその事について、正太郎は全く好きになれないらしいね。
彼はとても感情的になっていた。



・なんで正太郎が櫻子に怒ったのか分かるなぁ。
ペットはやっぱり埋葬したり火葬したり手厚く葬るものだからねぇ。
やはり大切に思うからこそ、それを表現して欲しいのだろう。   (男性)



・正太郎はちょっとグチグチいう傾向があるけど、彼の懸念はよくわかるな。
今回の猫の事のように彼と櫻子の間には決定的な違いがある事を示してくれた。   (男性)


sotohan_sakurako7_img022.jpg


・なんで正太郎は誰も気にしてないような猫の骨の事であんなに怒ってるの?



Re:櫻子に共感が欠如してると思ったからでしょ。
例えば自分のペットの死をそれほど気にしてないように思えたり。



Re:そうはいうけど、櫻子が猫を標本にしたのは遺品として大切にしてるからだと考える事も出来るけどな。
遺族が火葬した灰を持ち続けるようにね。
それに櫻子は熱心にその死因を調べようとしていたんだろ。
感情表現の仕方が違うだけで、彼女はペットの事をちゃんと思っていると感じた。



Re:キミの意図するところは分かるよ。
でも櫻子は猫が死んだとき悲しかったと言っていたけど、それに感情移入してなかったように見えたから、正太郎は怒ったんだろう。



Re:誰しもがペットの死に同じリアクションをしなければならないわけじゃないよな。
とはいえ、解剖して標本にするような人はごくまれだろうけど。
でも正太郎は自分と異なる価値観を持つ人間がいるという事を理解するべきだ。


sotohan_sakurako7_img025.jpg


・櫻子が数年前に死んだペットの猫の話をしたとき、正太郎は泣きそうだったな。
まるで人騒がせな赤ん坊のようだ。    (男性)



Re:あの後実際彼はちょっと涙ぐんでたしね。
彼は櫻子のようにはなる事が出来ないと分かっちゃったんだろうな。
彼らは繋がりがあるにもかかわらず、とても違うからね。
悲しい事だ。    (男性)


sotohan_sakurako7_img027.jpg


・この作品のキャラクターの怒るポイントが何かおかしい気がする。
いや、おかしくは無いんだが、百合子といい、正太郎といい、勝手に突然怒り出すよな。
突然すぎて感情移入できなく、置いてけぼりを食らったような気持ちになる。


sotohan_sakurako7_img028.jpg


・櫻子はきっとうちの学校の研究室を気に入るだろうな。
なにせ完全な人間の骨の標本があるんだから。


sotohan_sakurako7_img029.jpg


・櫻子は自宅に秘密の部屋を持っていて、そこに弟の骨の標本を飾ってあるんじゃないかと思う人他にいる?
このエピソードを見ているとその可能性が浮上してきた。   (男性)


sotohan_sakurako7_img032.jpg


・櫻子の骨の興味に対していつも正太郎が怒ってるのがさっぱり分からない。
そもそもあの少年の事は好きじゃないから、ただイライラするだけだ。



Re:独特の価値観の持ち主だからな。
他人が自分と同じ感情を抱かなかったら、怒るんだよ。
でも幸運な事に彼はその事を早くも理解してくれたように見たけどね。


sotohan_sakurako7_img033.jpg


・正太郎が櫻子の猫の反応に動揺したのは、櫻子の事が好きだったからじゃないかな?
もし、櫻子が大切にしていたペットに対してあのような反応しか見せないのであれば、自分に対しても同じようなのかと恐れたのかもしれない。
ただ単に、彼が女々しいだけというわけじゃないと思う。
何にせよ、櫻子は今期アニメのベストガールだ。



Re:そうだろうね。
正太郎はもっと櫻子に人間味を持って欲しく、感情を露わにして欲しいのだろう。


sotohan_sakurako7_img036.jpg


・最後の方のシーンは興味深かったな。
これはこのまま櫻子の過去を掘り下げた話になるのだろうね。
彼女と猫の関係が明かされるのが待ち遠しい。


sotohan_sakurako7_img037.jpg


今回はいろいろとミステリーを散りばめたエピソードという感じだったな。
ほとんど事態が進展しなかったが、それは来たる日への下準備と考えれば妥当な話だろう。
ただ、もう後半になるのに蝶々の男が一切出てきてないし、どういう風に終わらせるのか少し気になるけどね。
今回は、猫と櫻子の関係、誰も興味が無い昔の先生とその女性関係、櫻子が訪れた病院と謎の人物。
いろんな伏線や下準備がなされていた。
ここからどのような展開を迎えるかは、次のエピソードで語られるのを待つことにするよ。


sotohan_sakurako7_img039.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

あの先生の声は、「ヅラじゃない、桂だ」の人か?

やっぱり櫻子さんはいいね
今期のもうひとつのミステリ・アニメのFは切っちゃったよ
おしゃれアニメにしようとしすぎてて
原作は面白かったのに

その点櫻子さんはいまのところアニメも原作も素晴らしい

ズラじゃない、桂ヒナギクだ!

ただただ正太郎のヒステリーが不快だった

男がビッチばかりで不愉快すぎる

☓ミステリーアニメ ○ヒステリーアニメ

感情の発露をキレることでしか表現できないのは原作のせいなのだろうか

正太郎の価値観の押しつけがほんとウザいな
人はこうあるべきって言えるほど人生経験無いだろうに

>ただただ正太郎のヒステリーが不快だった
アニメに対して何をマジになってんだコイツ

>アニメに対して何をマジになってんだコイツ

一個人の感想に対して何をマジになってんだコイツ

いやいや櫻子に対してじゃなくて、自分と違う感性に改めて気づいて、
距離感が実は変わってない事に対しての怒りだから・・・。

なんで猫の頭蓋骨を撫でたことで怒ったんだ…?

少年らしい、つか子供らしい感受性ということだろ
自分のペットを死後はく製にしたり標本にしたりはギョッとする
自分もそんな扱いにされそうだし

助手の声優の演技がへたくそなのか雰囲気をぶち壊してる
こういうの見ると声優を使いたくない監督の気持ちがちょっと分かるな

サスペンス物見ても助手が邪魔だと思ったことなんてないし
大体が助手がいい味出してるのが多いがこれは逆だな

>助手の声優の演技がへたくそなのか雰囲気をぶち壊してる
>こういうの見ると声優を使いたくない監督の気持ちがちょっと分かるな

一行目がすべてだと思うのだが・・・二行目と意味繋がらないよね?
演技の上手い声優に監督or音響監督が自ら望む演技を正しく指導すれば済む事だしさ
某ジブリみたくごり押し芸能人の素人な棒演技をすればいいってことじゃ、まさかそんな訳ないよね?

倍賞さんのことならジブリよりガンダムが先だ

>いや、おかしくは無いんだが、百合子といい、正太郎といい、勝手に突然怒り出すよな。

これはアニメでよく感じることだなあ。
おそらく脚本からコンテに起こす時に、プロットを将棋の駒のように並べるだけの演出だから、感情の機微まで表現できてないんだろう。
まあ演出の不出来だな。

ゴシックを見た時も感じたけど、狂言回しと言うか進行役の男ってツッコミ役になるから甲高い声で騒ぐだけなんだよな。
正直うざいわ。

骨格標本を作るときって柔らかい部分を削ぎ落として煮込んだり土に埋めて腐らせたりして作るからなー。
家族同然のペットにそういうことをするってかんがえられなかったんだと思うよ。

ばあやを櫻子の祖母だと思ってるらしいコメントがあるけど、字幕だとどんな感じなんだろう
てっきり※欄で突っ込まれてるかと思えば無かったし
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。