Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第6話『アサヒ・ブリッジ・イレギュラーズ』 海外の反応

entry_img_406.jpg
以下MyAnimeListRedditより翻訳





sotohan_sakurako6_img003.jpg


・今回は百合子が舞台の中心に立ち、櫻子がミステリーの謎を解くためだけに現れたね。
いつもとは違ったエピソードだったな。
ところで百合子は正太郎に気があるのかな?
今回は主にカップルに焦点をあてていたように見えた。
悪くは無かったけど、どちらかと言えばメランコリックなエピソードに感じたよ。   (アメリカ 男性)


sotohan_sakurako6_img002.jpg


・なんで百合子はこんなに可愛いんだ。
おそらくこのエピソードは僕の特にお気に入りのエピソードだな。
そしてアートも素晴らしかった。
わぉ。   (ポーランド 男性)


sotohan_sakurako6_img005.jpg


・百合子の友達のチカはあまり喜ばしい友人には見えないな。
百合子やマナを全く気にかけてないと言うか自分勝手な子だね。
まぁ良いエピソードだったよ。
この先、磯崎先生も絡んでくるのかな。 
彼は重要なキャラクターのように見える。  (カナダ)


sotohan_sakurako6_img004.jpg


・百合子はいろんな意味で実際の10代のように行動するのがとても気に入っているよ。
恋愛に夢見がちで、前向きになろうとしていて、時に物事を真剣に受け止めすぎる。
百合子が他人の自殺を止めようと必死になる所は、彼女の祖母の出来事を考えれば納得のいく話だよね。



Re:百合はある意味視聴者的な立場とも言えるね。
彼女は最も普通の人間だから。



Re:小粋だよね。
自分もまた、彼女が感情的になる部分が気に入っている。
彼女の表情や性格はとても魅力的だよ。


sotohan_sakurako6_img007.jpg


・今回は一風変わったミステリーだったね。
そしてこのエピソードでも鴻上は未だに祖母の死を引きずっているようだ。
こういうキャラクターの提示の仕方が大好きだ。



・スタンドアローンなエピソードとしてはそれほど悪くなかった。
このエピソードはストーリーを前進させる事はなく、文字通り穴埋めエピソードだったけど、人に死ぬ権利があるかどうかなどの問題を投げかけていたね。
そして、全く関係のない人でも助けるべきかどうなのか?など。
ストーリーの提示方法はとても良かったし、アニメーションはいつも通り一流だったよ。  


sotohan_sakurako6_img008.jpg


・このエピソードはあまり好きじゃなかったな。
いつもみたいに櫻子と正太郎が一緒にミステリーを解く方が好きだ。
だからといってこのエピソードが悪いって意味では決してないけどね。
ただ12話のシリーズでメインキャラが絡まないようなエピソードを入れる余裕があるとは思わないんだ。



Re:でも穴埋め回(もっと適切な言い様はあるかもしれないが)は時に良い効果をもたらしてくれるよ。
必ずしもすべてのエピソードはストーリーを進める必要があるわけではなく、時には気分転換も必要だ。



Re:僕はこのエピソードが穴埋めだとは思わないな。
このシリーズのメインは櫻子がミステリーを解いていく事だと思うが、これまで見てきたとおり、この作品のすべてのシチュエーションは殺人事件の謎解きであるわけじゃないだろ。


sotohan_sakurako6_img009.jpg


・あの少女は衛宮士郎の幽霊にでも取りつかれているのか?
死にたい奴がいるなら死なせてやればいいじゃないか。
いかれた世界から解放されたいと思っているやつを一体誰が止められるって言うんだ。   (男性)


sotohan_sakurako6_img011.jpg


・あの先生は馬鹿げたキャラクターだな。
自分の無関心な戯言を多感な生徒に押し付けるなよ。
健全な心を持った大部分の人は自殺なんて選択肢に入らない。
なんで死ぬことはその人の自由なんて言えてしまうのだろうか。



・高校の教師ほどの人物でさえ、あれほど責任感に欠けているとは驚きだな。
先生と百合子のルートが無い事を祈るばかりだ。
まぁ前向きに考えて、このエピソードは百合子や櫻子の発展のためのエピソードだったのかなと思っているよ。
今回、生と死の話題を扱ったことから、それと櫻子の関係を推測する事は容易だけど、百合子も主要なキャラクターになっていくようだね。


sotohan_sakurako6_img012.jpg


・一体どういう教師が10代の教え子に対して、自殺したい奴には自殺させておけと教えるんだ?
彼はこれまで10代に接してきたことが無かったのだろうか?   (イギリス 男性)



Re:あれは親愛なる生徒に対する適切なアドバイスだったけどね。
先生を批判してる人が多いけど、なんでみんなはあの先生の役目が、生徒を面倒事に巻き込ませないためのお目付け役だって事を忘れてるの?
あの先生は生徒が自殺事件に関わって欲しくなかっただけでしょ。
それによって彼女の心に人生に影響を与えかねない犠牲を及ぼすならなおさらのことだ。
まぁ先生への反対意見を付け加えるなら、誰かが死んで永遠に後悔するから、止めようとしてみるのも悪くは無いと思うけどね。   (男性)



Re:同意。
なんで先生がこんなにひどい言われ様なのか分からない。
例えそれが終わらせ方についての話だとしても、人の命はその人のものってのは一理あるよ。
我々人間は他者に影響を与える権利を持つが、でも究極的にはその人の命はその人のものだ。
別に僕は自殺を支持するわけじゃないけど、自殺しようとしてる人に対して、自殺する権利が無いって言うのは僭越が過ぎるってもんだ。
単に先生が自分と違う意見を持っているからと言って、愚か者扱いは出来ないよ。   (男性)



Re:別にどっちの意見が正しいっていうエピソードでは無いというのは分かる。
でも鴻上の立場を考えれば、彼女の行動は笑いものにする事は出来ない。
つい最近に大切な身内を亡くしたばかりなんだからね。
とはいえ、それを大人特有の冷めた厭世観で諭すのは見ていて面白いものだとは思わないけどね。
まぁ先生にも大切な人を無くすストーリーが必要だ。


sotohan_sakurako6_img013.jpg


・このエピソードは、あの女性がただ引っ越しして、身投げをしようとしてたわけでは無かったんだね。
手紙がそれをハッキリさせてくれた。
それでも彼らが彼女を探そうとしていたのは面白かったよ。
まぁもし彼女を見つけたとしても、それほど力になれなかっただろうけどね。


sotohan_sakurako6_img014.jpg


・今回のエピソードは悪くは無かったけど、でもどういう形にせよ、この話をメインストーリーに結びつけるべきだね。
わき役がどのように考えているのかを分かったのは良い事だし、先生視点の価値観で見れたのも良かったよ。  (アルゼンチン 男性)


sotohan_sakurako6_img016.jpg


・モーニングジュエリーか。
このシリーズのクリエイターは今まで無かったものを作ろうとしてるな。


sotohan_sakurako6_img020.jpg


・ちょっと百合子に対してはどのような感情を持って良いのか分からない。
子供と言ってしまえばそれまでなんだろうけど、不確かで全く関係ない他人を探すために、人の時間を使うのはどうなんだ?
前回までは好意的に見ていたが、今回の行動は少しイライラしたな。



Re:彼女は時々ヒステリックになるね。
感情が優先して周りを見ていない事が多い。
まぁ少女らしいと言えば少女らしいのだろうが、僕は先生に共感してしまうな。



Re:君らは彼女のこれまでの発展を見てきたのか?
彼女はつい最近身近な人間を亡くしたばかりなんだが……。


sotohan_sakurako6_img022.jpg


・磯崎先生は折木や八幡にそっくりなパーソナリティを持っているのかな?
まぁ先生はクールだったけど、折木や八幡ほどのレベルでは無いな。
今回は百合子をたくさん見れて良かった。
個人的意見としては彼女はとてもナイスなキャラクターで、ワトソン的な役割を担っていると思う。
それ以外には、EDソングにとても惹かれたよ。
とても滑らかで旋律的な曲だった。



Re:自分も折木みたいな印象を受けたな。
でもあの先生は面倒な生徒に対応しなければならないのになんで教師になろうと決めたんだろう?


sotohan_sakurako6_img034.jpg


・あまり百合子のキャラの発展を見る事はあまり気分が載らないな。
まず最初に3話で彼女の登場の仕方が祖母の死絡みだった事が影響してるのかも。
あれさ、主要なキャラの紹介としてはちょっと突飛すぎると思ったんだよね。
だって、あの時点では彼女のことについてほとんど知らなかった。
だからそんな重い話をされてもろくに感情移入が出来なかったのが尾を引いているんだと思う。
でも今では、自殺をするかもしれない他人のために行動出来るという彼女の性格を理解し始めているけどね。
でもこの手のタイプの人間って最近では珍しいよね。


sotohan_sakurako6_img035.jpg


・なんでこのシリーズは『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』ってタイトルなの?
何か深い意味合いがあったりするのかな?



Re:死んでしまった弟の記憶に何か関係があるんじゃないかな。
その曖昧な伏線になってるんだろう。



Re:正太郎が最初に櫻子と一緒にいるといつも死体に出くわすって言ってたからそれがらみなんじゃないのかな。


sotohan_sakurako6_img036.jpg


・浴衣でフェスティバルだったな。
百合子は素敵に見えた。
でも櫻子にも浴衣を着ていて欲しかったな。   (男性)


sotohan_sakurako6_img037.jpg


・櫻子が迷子の呼び出しを受けた所は腹の底から笑った。



・櫻子が迷子か。
賢い迷子の子供もいたもんだなぁ。



・今回のMVPは櫻子をパブリックアナウンスで呼び出した少年だなw


sotohan_sakurako6_img038.jpg


・このシリーズの欠点は新しい男性キャラまでもが女の子の気持ちを理解出来ないヤツって事だな。
そもそも正太郎は百合子がとてもナイス女の子なのに、全くその気持ちにも気付かないしね。
せいぜい、弟程度にしか思われてないのに、正太郎は櫻子にくっつきすぎだし、そもそも正太郎の櫻子に対する感情は恋愛感情に思えない。
鴻上が気の毒だよ。
自分は鴻上を応援する。


sotohan_sakurako6_img041.jpg


・このエピソードは一味違ったな。
とても楽しめたよ。
でも百合子と先生の仲を進展させたりはしないで欲しい。
正太郎……男を見せろよ。
あんな可愛い女の子がいるんだぞ。
いつまでも櫻子に付きまとってないで、現実を見ろ。
櫻子には婚約者がいるって事は知ってるだろ!   (男性)


sotohan_sakurako6_img043.jpg


・いつもの二人組以外に焦点を合わせた興味深いエピソードだった。
今回のストーリーや事件は面白いが、櫻子の分析と考察を聞かされるだけで、被害者も加害者もいないっていうのはユニークでもあり、奇妙でもある。
今回、櫻子が迷子の案内で呼ばれた所がとても愉快だったよ。   (男性)


sotohan_sakurako6_img045.jpg


・今回のエピソードはちょっとずるいと思ったな。
あの女性の事を探るのが今回のミステリー要素なんだろうけど、このネタは完全にモーニングリングの事を知っているかどうかが全てだった。
前回のエピソードまでは、ミステリーを解く手がかりを視聴者に与え、その考察の余地があったのに、今回は知っているか知らないかで全てが決まっちゃったように思える。
まぁ、メインプロットに絡まないエピソードだし、あまり揚げ足取りをしても意味が無いのは分かっている。
次のエピソードを楽しむことにするよ。



Re:うーん、このエピソードはモーニングリングが骨から作られている事を知ってれば簡単に解けるミステリーって事か。
もちろん櫻子みたいな骨オタクでなければ簡単には解けないよね。
でも、それ以外にも、自殺じゃない伏線を張っていて欲しかったな。
これじゃ百合子の考えや価値観が馬鹿みたいに見えちゃうよ。
そりゃ青ざめた黒服を着ている女性が橋の縁に手紙を置いてりゃ、自殺を犯すと思っても不思議じゃない。
祖母を亡くした経験から人の死に敏感になっているのに、空回りした挙句違いましたでは、まるで道化のようじゃないか……。  (男性)



Re:自分は同意出来ないな。
今回は微小だったとはいえヒントはあったように思える。
彼女の黒い和服と、手紙を投げるそぶりを見せた後、カラスが横切っていくシーンは喪中を連想させるシンボリズムになっていたと解釈できる。
それを差し引いても、今回の中心は『自殺は許されるのか?』などのテーマがメインだったんじゃないかな?
肯定派の先生と、否定派の百合子の会話がそれを物語っていると思う。
まぁ、ミステリーはさておき、チェンジオブペースとしてはこういうエピソードも楽しめるものだったよ。


sotohan_sakurako6_img047.jpg


・櫻子がモーニングジュエリーは西洋で有名だって言ってたけど、自分は初耳なんだが……。



Re:Wikiを見ると良いよ。
どうやら古い慣習のようだね。



Re:僕はお目にかかった事があるけどね。
別に骨を使う必要はないし、リングである必要もないけどさ。
遺物から宝石やアクセサリーとして作り出すみたいだよ。


sotohan_sakurako6_img050.jpg


・ちょっと拡大解釈しすぎてるかもしれないけど、このエピソードのタイトルのアサヒブリッジイレギュラーズっていうのはベーカーストリートイレギュラーズの引用かもしれない。
シャーロックホームズが事件の容疑者を探し出すために雇用するストリートチルドレンたちだね。
そう考えると今回のエピソードで、メインキャラに関連のあるサイドキャラクター達に焦点が当てられてたのも符号するんだよ。



Re:拡大解釈では無いと思うな。
完璧に一致しているように思える。



Re:そうだね。
偶然の一致にしては出来過ぎてる。



sotohan_sakurako6_img054.jpg


・日本の祭りとアメリカの祭を比べると、アメリカの祭りは全く歯が立たないな。
僕はいつか日本を訪れて、最大限に日本の祭りを満喫したいと思ってるんだ。   (アメリカ 男性)



・花火がすごいきれいだった。   (カナダ 女性)



・日本の祭はエキゾチックな感じがして趣深いよね。


sotohan_sakurako6_img055.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

遺骨ダイヤはインクルージョンが目立つ(傾向にある)から「ジュエリーにするほどのクラスの石ではないのに指輪になっているので遺骨ダイヤかもしれない」という櫻子さんの推理は成り立つ
一方で合成ダイヤと天然ダイヤを肉眼で見分けるのは至難の業だから男性教師の鑑定の方はちょっと無理が・・・という感じかな

「櫻の樹の下には屍体が埋まっている」という文学由来のミームは日本で使われることはわりと多いけど知っている人はいなかったようだ

>まぁ先生にも大切な人を無くすストーリーが必要だ。

あるんだな、それがw
アニメで今期やるかはわからないけど

教師が色々暗躍してる奴なんじゃねーの
今回で死についての持論展開させてフラグ立ててたし石田だし

声優が石田ってだけで黒幕扱いされてて草生えるw

>黒幕石田
原作は知らないからどうだかわからんがほんのりそう思っちゃうのは間違いないw

遺骨から人工ダイヤを作るというのは十数年前にアメリカで始まってアメリカでは一時的とはいえ富裕層でのブームにもなったんだけどね。
まぁ普通のダイヤを買うほうが安いほどの費用が掛かるから一般的じゃないんだけど、当時は日本や欧米のニュースで何度も取り上げられたから知名度はそこそこあると思ってた。

仮に自殺願望の者だとして関われば彼女の闇に捕らわれる事になりかねない
そんな危険に生徒をさらす教師がいたら問題だろ
更に教師が今までに同様の闇に触れた過去があったとすれば…今回の対応の裏がかいまみえる
と読む方が楽しいと思うのだが

あんなデカイ人工ダイヤがあるかよ・・・・
せいぜい1ミリ位のサイズしかないぞ

アニメに自分の価値観押し付けてる奴はもう少し大人になれよ…

>>このネタは完全にモーニングリングの事を知っているかどうかが全てだった。
>モーニングリングって初めて知ったよ。

>せいぜい1ミリ位のサイズしかないぞ
スイスの遺骨ダイヤのメーカーで1カラットまで制作してるところがあったけど

>>一体どういう教師が10代の教え子に対して、自殺したい奴には
>>自殺させておけと教えるんだ?
>>彼はこれまで10代に接してきたことが無かったのだろうか?   (イギリス 男性)

最近思うのは、アニメを観て、日本の教師は皆こうなんだと思い込む
外国人が増えたなと。何度Youtubeで英語で教えても、アニメを現実の
日本と思い込む外国人(特に白人国家の)が多すぎる。いい加減、
アニメと現実を混同しないでくれと思うわ。けいおんのさわちゃん先生を
観て、「あんな日本人の先生が居るなら、日本は楽しそう。移住したい」と
いうコメントを見て、正直単細胞過ぎると思うわ。マジで。
アニメ=日本の日常と考えるのは何故なんだろうか?

>このネタは完全にモーニングリングの事を知っているかどうかが全てだった。

>Re:うーん、このエピソードはモーニングリングが骨から作られている事を知っ  てれば簡単に解けるミステリーって事か。
  もちろん櫻子みたいな骨オタクでなければ簡単には解けないよね。

は? つまり自分が持ち得てない知識を使ったミステリーを作るなって事か?
こいつら馬鹿か?
いや馬鹿だと断定しよう

百合子の友達がもう片方の友達の彼氏と一緒に抜けてデートしてるシーンにだれかコメントするかと思ったが一人もいなんだね~
今後、もつれるのかなって あそこ結構印象に残ったんだがw

指輪の主の浴衣女は香貫花・クランシーかとオモタ

>「櫻の樹の下には屍体が埋まっている」という文学由来のミームは日本で使われることはわりと多いけど知っている人はいなかったようだ

1話で思いっきり説明してるんだけどな。

すべての人間を納得させる事は不可能だろうけれど
まずケチをつけてやろうという目的のために必死に粗探しする奴らに
対処する方法は存在しないだろうね

あと全ての展開が自分の思い通りにならないと気が済まない人間
そういった人は製作サイドになったら納得いく作品が創れるだろう
それが万人に支持される作品になるとは全く思わないけれど

日本のコメント欄だと鴻上さん否定派が多いけど、海外は先生否定派も多くて興味深い
自殺に対する考え方の違いかな

遺骨をダイヤモンドにするとインクルージョンが多い
ってのは間違い。
インクルージョンが多いからジュエリーにしない
ってのも間違い。
今回の推理はかなり強引だった。

手紙と指輪を一緒に捨てようとしてたって時点でこれは自殺志願者じゃないとわかる
だって遺書は残していくもので捨てるものじゃないからね
もし遺書だったとしてそれを捨てたなら自殺する気を失ったってことだ

原作ではちゃんとダイヤにIDが刻印されていると言ってるのに、なんでその一番大事な部分をアニメで言わないんだろうな?
これじゃルーペで何を見ていたか、アニメじゃわからないよね
彼女はインクルージョンなんて見てないのにな

祖母の死の影響で自殺と思いこんだのかもしれないけど、視聴者の自分視点からは「え、なんでこの手紙で自殺と思うの」としか…
手紙を捨てようとしてた点が遺書として最もおかしいし、
誰が祭りの最中の人であふれる橋の上から飛び降りようとする?
いつもバカな警官はともかく皮肉屋な教師までそれかよと

しかし話が進んで百合子に攻められたり自殺許容してくると、
あー この教師の口ぶりだと奥さんか子供か知らないけど親しい人に死なれたパターンのキャラかなという気もしてきた
もしそうなら、石田教師もまた自身の身近な死に、思考が引きずられたって事になって単なるバカでは無くなるな

手紙の文面だけ先入観無しで読めば、今の恋人と別れて新しい恋人の所へ去ります、って指輪を返す内容にまず見えるからな
一旦そっちの発想が出てくると自殺のミスリードには引っかかりにくい
手紙や指輪を直接渡さないで川に捨てるのは相手が個人なのかなという風にすぐ思った

>アニメで今期やるかはわからないけど

オープニングを見るかぎりではやりそうだな

FATE・ZEROの監督がコンテと演出補佐やってたんだな

今回のは完全に百合子の早とちりがミスリードでしたな。
奴が自殺自殺と騒ぎ立てたから教師も警官も振り回された。

>最近思うのは、アニメを観て、日本の教師は皆こうなんだと思い込む
外国人が増えたなと。

考えすぎ。というよりそれが人間の性だろ。
女はこう、日本人はこう、外国人はこう・・・そういう物言いを誰でもしがちだし、ただの感想なんだから直截な言い方をするのは仕方がないぞ。

お寒い脚本に酷い演出…、もう限界なので消えます

>>考えすぎ。というよりそれが人間の性だろ。
女はこう、日本人はこう、外国人はこう・・・そういう物言いを誰でもしがちだし、ただの感想なんだから直截な言い方をするのは仕方がないぞ。


ほんとうにな
日本人だってアメリカとか外人と言われれば大抵金髪とか白人とか思い浮かべるだろ
そういうもんだ
実態はそれ以外の有色人種の方が多いのにな

こういうの発想も海外の人からみれば滑稽極まりないだろうな

「桜の樹の下には」は日本文学だから外人さんにはわからんのか

>日本人だってアメリカとか外人と言われれば大抵金髪とか白人とか思い浮かべるだろ

自分の見識の浅さを基準にしてるとアホだってことがバレますよ
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。