Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MONSTER 第13話『ペトラとシューマン/Petra and Schumann』 海外の反応

entry_img_372.jpg
以下MyAnimeListより翻訳




sotohan_monster13_img001.jpg


・このエピソードは胸がよじれるようだった。
危うく泣きそうになったよ。


sotohan_monster13_img002.jpg


・このエピソードは穴埋め回のようだった……。
ストーリーの進展が全くない。


sotohan_monster13_img003.jpg


Re:どのスレに行っても穴埋め回とかいうふざけた言葉でスレッドに染みを付けるヤツがいる事が本当に信じられない。
そういう奴らは単に読解力が無いだけ。
このシリーズはここまですべてのエピソードが名作だ。   (男性)


sotohan_monster13_img006.jpg


Re:まぁ君の言い分は分かるが、必ずしも穴埋め回が悪いってわけじゃないけどね。
たとえばフルメタルパニックふもっふはシリーズの1と2との間にある穴埋めシリーズみたいなものだけど、僕は本編よりもよっぽど気に入ったから。  (アメリカ 男性)


sotohan_monster13_img007.jpg


・何? もしかして、今じゃクライマックス以外は全部穴埋め回扱いされるの?
勘弁してくれよ……。
このエピソードには間違いなく素晴らしい進展があったじゃないか。
そりゃ以前のエピソードみたいに大きなことは明らかにならなかったけど。


sotohan_monster13_img008.jpg


Re:思うに、このシリーズは通常のエピソードの期待水準をあげすぎてしまったのだと思う。
個人的にはこのエピソードはあまり好きじゃなかったな。
まぁ穴埋めとかまでは言うつもりはないけどね。
このエピソードの最後のテンマの告白は重要なものだったのだから。  


sotohan_monster13_img011.jpg


・ドクター・シューマンは本当に良い医者だ。
最初彼を見たときはただのいかめしい奴だと思ってたよ。
でも患者の治療をした通りすがりの男の事を知るや、すぐに追いかけていった。
ハハハ、クールだ。
それとハインツが酒場にやってきて、テンマが誰なのか尋ねた時も、ドクター・チャンだと欺いた所も良い考えだった。   (フィンランド 男性)


sotohan_monster13_img012.jpg


・テンマはちょっと姿をさらし過ぎ。
あの警官が心変わりしなければどうなってた事か。
そしてディータ―はこの先もテンマについて行くようだね。
彼には村に留まっていて欲しかったな。   (ポルトガル 男性)


sotohan_monster13_img013.jpg


Re:マジでそう思う。
少なくとも偽名ぐらいはちゃんと使うべきだ。


sotohan_monster13_img015.jpg


・ドクター・シューマンはツンデレ過ぎるぞ。   (イギリス 男性)


sotohan_monster13_img016.jpg


・このエピソードは、『果たしてテンマがこの先本当に悪事に手を染める事が出来るのか?』と考えさせられるものだったな。
注目すべきは、ぺトラ婆さんの所で彼女が医者嫌いで、ドアを開けたくないと言っていた時に、テンマが『医者も過ちを犯す』と言ったところ。
テンマはあのとき、ヨハンを蘇らせてしまった事を考えていただろうね。   (フィンランド 男性)


sotohan_monster13_img017.jpg


・やったー、すべてが望み通りの展開になってくれた。
テンマには世界で自分一人ぼっちでいるよりも一緒にいる誰かが必要だと思ってたんだ。
でもディータ―が長い事テンマと一緒に居られるとは思わないな。


sotohan_monster13_img019.jpg


・なんだかようやく前向きなエンディングだった気がする。
時々、このシリーズは僕にはダークすぎるように感じてしまうんだ。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster13_img020.jpg


・個人的にはこのエピソードが大好きだ。
テンマが誰かの命を救うのはいつ見ても笑顔にしてくれる。
もちろん、ヨハンを殺さなければならないという葛藤も僕たち読者には分かっているけどね。
テンマが人々を救いたいという欲求とヨハンを殺さなければいけないという欲求がぶつかり合うのを興味深く見ているよ。
このシリーズがどこに向かうのかほんとうにワクワクしている。


sotohan_monster13_img021.jpg


・『私は健康だよ、医者なんていらないわ』
お婆さん……。


sotohan_monster13_img022.jpg


・この番組を今まで見ていなかった事が信じられない。
ところでディータ(ナルトと同じ声優)はどこかでラーメンを食べに行くべきだと思うんだが。


sotohan_monster13_img023.jpg


・ディータ―は村に残って火影になろうとするものだと思っていた。
でも結局、彼はテンマに同行する決意を固めたようだ。   (男性)


sotohan_monster13_img024.jpg


・ディータ―は今の所問題ないかな。
大体どの作品でも、旅のお供になる少年っていうのはぐちぐち文句を言ったり、無駄話をしすぎたりするからね。
彼にはそれが無い。   (男性)


sotohan_monster13_img025.jpg


・このエピソードは展開が読めすぎるね。
警官が心変わりしたり、テンマが患者を救ったり、などなど。   (リトアニア 男性)


sotohan_monster13_img026.jpg


・あの警官が心変わりするのはかなり明らかだった。
案の定予想通りのエピソードだったよ。
それと、殺人容疑をかけられて逃亡するのに少年を連れまわすのは賢いと言えるのか?
まぁエピソード自体はまぁまぁって感じかな。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster13_img027.jpg


・展開が予想出来たってみんな言うけど、少なくともディータ―が村に残らなかった事は予想出来なかったな。
そのことは視聴者に驚きを与えたと思うよ。
でももし私がテンマだったら、ディータ―を連れていくというのはあまり良い考えには思えないけどね。
ディータ―はあそこで何の心配もない自由な生活を送る事が出来たのに。
この先、ディータ―がテンマの邪魔になったり、安全を脅かされる事になったら視聴者の不興を買うと思う。   (女性)


sotohan_monster13_img028.jpg


Re:おそらく心配すべきはそれなんだよね。
テンマはずっとディータ―について来てはいけないと言い聞かせていた。
でもテンマにはディータ―を見捨てられないわけだ。
この先のディータ―の行動次第だ。


sotohan_monster13_img030.jpg


・テンマは銃口を向けられていても一切気にしていなかった。   (男性)



・医学生になり、もうすぐ医者になる者として、テンマの素晴らしい技術と善良な心には嫉妬してしまう。  (男性)


sotohan_monster13_img033.jpg


・ヨハンは言葉の巧みな指導者タイプだと言われているが、この話の舞台は第二次世界大戦後の話なんだよね。
その時勢のドイツではこの手のタイプはあまり好まれない気がするけど、その辺の描写はこの先あるのだろうか。


sotohan_monster13_img038.jpg


・このエピソードが、テンマの在り方こそがまさに医者としてあるべき姿であると更なる確証を与えてくれた話だった。
たとえヨハンを殺そうとしている事実にも拘わらず、彼は未だに自分を見失っていないし、それこそが重要な事だと思った。
みんなはこのエピソードが穴埋め回だと思うかもしれないが、テンマによる将来を暗示するコメントを考慮すれば、意味のあるエピソードだったと思うよ。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster13_img042.jpg


・このエピソードは射撃訓練のエピソードと同じぐらい楽しめた^^
シューマンもテンマと同じぐらい優しい奴だな。
昔のテンマと昔のシューマンは似たような境遇だったんだね。
院長の娘と親しくなったところまでそっくりだ。
シューマンは妻を気にかけなかったため死なせてしまった過去があったようだが、
今回のあのお婆さんにこだわっていなかったら彼女は死んでいただろう。
ならば、彼が得た教訓は間違っていなかったと言うコトだ。
それにシューマンが話の分かるヤツで良かったよ。
ちゃんとテンマの事を庇ってくれていた。
きっとテンマの事を友人のように思ってくれていただろう。   (男性)


sotohan_monster13_img043.jpg


・人間の感情と、善意と悪意の区別をハッキリ描いたエピソードだった。
テンマの置かれた状況や、警察の介入にもかかわらず、彼の道義心は命を見捨てる事を許さなかったわけだ。
彼に更なる決意を促したという良く出来たエピソードだった。   (アメリカ 男性)


sotohan_monster13_img045.jpg


・『アジア人だったので、見間違えました』
差別だ><



・『アジア人だったので、見間違えました』
笑ったw


sotohan_monster13_img046.jpg


・時々思うんだけど、『キャラクターが寡黙である事』はうまく扱えばとても良い演出になるよね。
前回のエピソードの、ディータ―がヨハンの椅子に座っていて、ついに階段を降りる決意をしたところとかもそうだ。
ディータ―は銃口を突き付けられていながら、なぜ階段を降りる決意をしたのかを彼は決して語らなかった。
でも、そのおかげで、あの虐待者にとってディータ―は撃てないほど大事であるという事を感じさせてくれる。
まぁ、テンマがいたからっていうのもあるだろうけどね。


sotohan_monster13_img047.jpg


Re:こういう絶妙さは良いよね。
視聴者自身に考えを委ねさせる効果がある。
ただ正直な話、このシリーズではそれが乱用されている気はするけど。
もうこのシリーズを2度見返しているけど、そのアイディアの素晴らしさを実感する反面、演出不足に感じる事もある。
テンマが寡黙であり、秘密に包まれているで、彼に対する面白みを覆い隠してしまう事も時にはあるんだ。
モンスターはサイドキャラクターに焦点を当て、その発展によく力をいれているし、それらはとても面白い。
特に18話の『五杯目の砂糖』なんかイチオシだよ。
逆にテンマはキャラとのかかわりの中で描写されていなければ、彼の事を見失いがちになってしまう。


sotohan_monster13_img050.jpg


・このエピソードではテンマが『モンスター』を殺しに行くとはっきりさせてしまった。
最初はヨハンを捕まえるんだと言い続けていただけだったが、このエピソードの最後でヨハンを狩る決意を明確にした。
後は実際にそれを出来るかどうかだ。
テンマが自分の決意を表明したということについて、このエピソードが気に入ったよ。
彼はあの村に留まり、ディータ―と一緒に暮らし、警官から逃げ回るのを止め、昔の人生を捨てて、家庭を持つ事も可能だった。
だが、彼はそうしなかった。


sotohan_monster13_img053.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

原作にあるエピソード回を穴埋めだなんて言ってたら浦沢漫画は穴埋めだらけですがなぁww

外国人「俺にはすべてが穴埋め回に見えるぜ!!ひゃっはー」

この話は原作で強く印象に残っている。
これこそがこのシリーズの根幹をなすエピソードなんだ。
こういったエピソードの積み重ねがキャラクターに深く味わいを与えてくれるんだ。
グッドエピソード。

翻訳ありがとうございます!

穴埋め回って…w
当時原作読んでた時もそういう発想は全くなかったけどなw
MONSTERはこういうエピソード、人間関係のひとつひとつが
後から大事になるんだよ

作劇としてロードムービーなんだから無駄というのはないんじゃないかね

確かに途中でダレてはくるけどクライマックスに向けて無駄な回は一つもないんだよねえ
それぞれがまさにパズルの一ピース

いきなり穴埋め回とか出てきたから、これはコメント欄で文句を言ってやらねばとか思ってたら速攻ボコられてた

いやいや、日本のヲタも「穴埋め回」はボロクソ叩く奴いくらでもいるじゃん。
外人が、外人が、と言ってるおまえら、かなり偏見入ってるぞw

海外の反応だから外人が、てなるのは当たり前だろ

そうそう、この作品は超長編になるとわかっていても原作から削っていいエピソードがほとんどない
そこが魅力でもあるし、間延び感がする欠点でもあるんだよな

18話の『五杯目の砂糖』をオススメしてる人は、本当にMONSTERが
好きなんだなぁとホッコリしてしまう。

穴埋め回と騒ぐ奴は、お話をしてもらっているときに、
どうなるのどうなるのと先を催促する子供と同じで、
文化の違いというより、ただの子供なんだろうな。

確かに「テンポ」と「飽きさせない工夫」をひたすら欲する様は、映画館でジッと座ってられない幼児を彷彿とさせるねw
それこそ、彼らのニーズに合致するのは子供向けのディズニー映画なんじゃないか


翻訳お疲れ様です!
うわー!早く18話の反応を見たいです><
よろしくお願いしまあああーす!

穴埋め回ってのはナディアの島編みたいなやつのことを言うんだ!

18話ってどんな話だっけ?ちょいと見直して来るわ

次回はルンゲ&エヴァの話だっけ?

外国人のコメントの中にテンマのパーソナリティの描き方についてのものがあるけど、確かに俺の覚えてる限りテンマの過去についての情報って全編通して
・親も医者
・家族関係が希薄
みたいな事をサラッと触れられてるだけだったような気がする。
作者がなるべく渡独以前のことは描かないようにして、こっちの想像に任せてるのかなと思った。
ルンゲは『日本人社会に馴染めなかった』と分析してたけど。

あまりにも説明的な「内的独白」だらけのアニメに
毒されて 読者(視聴者)に考えさせる描き方を
描写・演出不足と感じる人間が増えているのか?
悪い傾向だねえ

>海外の反応だから外人が、てなるのは当たり前だろ


アホか。
「俺ら日本人とは違って~」というニュアンスを含んでいるから
いちいち「外人は~」ってツッコミになるんだろ。

そんな的外れの指摘には「お前らジャップも同じだろ」と返されるのは
当たり前だろ。


穴埋めとか無駄エピソードとか言う人もいるけど、
これがなかったらラストでの、テンマに関わって救われた人たちが
テンマを助けるために動くっていう激熱展開ができないじゃん。

それにテンマの人間性をゆっくり視聴者にみせてくスタイルだし
だからこそ感情移入できる。
このエピソードも無駄じゃなくて、MONSTERそのものっていうか
内容がただのイイハナシってのじゃなくて、MONSTERってアニメの方向性を指示してると思うし。
演出ももっとしろって意見も会ったけど、自分はこれでちょうどいいと思うなあ
これ以上演出過多にしたらクドイし雰囲気ぶちこわしだよ

ナルトの出演
ディーター → うずまきナルト
Dr.テンマ → うちはシスイ
アンナ → ナメクジ(^-^;


「俺ら日本人とは違って~」なんてどこにも書いてないけどな~
妄想しすぎだよ

「外人は〜」って十把一絡げに言う奴に限って
「日本人は〜」ってディスられたら烈火の如く猛反論しそうな気がするのはなんでなんだぜ

俺が海外の人間の感想見たいのは20話だな。大人になってから観るとまたさらにグッとくるわ。

つまんないと感じたんならつまんないでいいんじゃない?
穴埋め回発言に対する反発は海外勢も各々でしてるし
自分は好きな回だけど

例えテンマが殺人犯じゃないと確信出来たとしても、逃亡生活の身の上の彼に、「あいつがとんでもない事をしでかさない様に、おまえが傍にいてやれ」って小学生のディータを送り出すって
シューマンも相当な精神構造してるなって思う

面白いアニメやマンガであればあるほど、サブピソードや脇役の詳細が気になるし教えてもらえるとうれしいけどな。早く終わっちゃうのはもったいないって感じ。
そりゃ「はぁああああああああ!!!」と叫びながら光りだしただけで一話まるごと使っちゃうようならさすがに穴埋めだろと思うけど。
そういや「穴埋め」ってのはもともとはアニメが原作に追いついちゃうことを避けるために引き伸ばすんであって、モンスターは原作終わってからだからそういう意味での引き伸ばしはそもそも必要ないもんね。

ここまで感想一気見してきた
管理人さん更新乙っす
 
見てる時は気にならなかったけどテンマ偽名くらい使った方がいいってのは確かにそうだわ

前の回で、ヨハンの施設での強烈な殺し合い回があったからこういう回が必要なんだよ。ダークに走ってばかりでは60数回も持たずにこのアニメは終わっていただろう。

>「あいつがとんでもない事をしでかさない様に、おまえが傍にいてやれ」って小学生のディータを送り出すって
シューマンも相当な精神構造してるなって思う

とんでもないことって言うか…ディーターという自分(テンマのことね)しか頼れない、守るものがいれば、自暴自棄にならないんじゃないかというわずかな希望ってことじゃないかな
テンマというキャラはこの時点で自分のことなんてどうでもいいと思っていそうだし
ディーターが訳ありの子供ってのは、なんとなく察しているだろうし

いまさら。

MONSTERって今どこで視聴できるの?

>ディータ―は村に残って火影になろうとするものだと思っていた。
でも結局、彼はテンマに同行する決意を固めたようだ。

わろた

> MONSTERって今どこで視聴できるの?

今更だがhuluで全話見られるぞ
クレカさえあれば2週間の無料期間中で完走できるか?
YAWARA!もあるぞ

管理人さんお元気ですか?大変だとは思いますが、MONSTERの更新、楽しみにしています
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。