Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のだめカンタービレ フィナーレ 第7話『Leçon 7』 海外の反応

entry_img_336.jpg
以下MyAnimeList、AnimeSukiより翻訳





sotohan_nodame_finale7_img004.jpg


・ここしばらくで最高のエピソードだった。
ここの所少し落胆していたんだけど、今回は違った。
エピソードが終わってしまった時、悲しくなったよ……。   (カナダ 男性)


sotohan_nodame_finale7_img003.jpg


・可哀想なのだめ。
今の彼女にはたくさんのストレスが彼女に課せられているね。   (アメリカ 女性)


sotohan_nodame_finale7_img002.jpg


・あの緑っぽいのだめに変化するのはこの番組で最高のパートの一つだw
オクレール先生に名前で呼ばれて『もう、ベーベじゃない!』ってはしゃいでたところは良かった><
そしてルイが演奏していた曲が大好きなんだよね。   (パキスタン 男性)


sotohan_nodame_finale7_img005.jpg


・おめでとうのだめ、これでもはや君はベーベじゃないぞ!



・ついにのだめがベーベちゃんから本当の名前になった。
おめでとう! 


sotohan_nodame_finale7_img006.jpg


・『メグミ』だって!?
イェーィ! もはやのだめはベーベちゃんではない!!
どうやらオクレール先生は真剣になったようだ。
僕はのだめの裏切り、絶望の演奏表現が気に入ったよ。   (アメリカ 男性)


sotohan_nodame_finale7_img007.jpg


・『私、もうベーベちゃんじゃない』
なんというエピソードだろうか。
おそらくこのエピソードはシリーズの中でお気に入りのエピソードになるな。
のだめの成長の流れが、千秋とルイの交流の中で、とても楽しく描かれていた。
特にジャズに重きを置いた演出がいいね。
個人的に、ジャズの大ファンなんだよ。
ルイが演奏してみせたちょっとしたピアノの曲は本当に本当に良かった。   (イギリス 男性)


sotohan_nodame_finale7_img008.jpg


・イエス……間違いなく1期の感じが戻って来た。
未だにのだめの音楽に対する本能的なアプローチは見てて面白い。


sotohan_nodame_finale7_img011.jpg


・本当にワンダフルなシリーズだ。
とてもナイスな感情を呼び起こしてくれる。



・今回はみんな大人だったね。
ついにのだめに対して敬意が払われたのは良い事だよ。   (EU 女性)


sotohan_nodame_finale7_img010.jpg


・ルイが昔ののだめみたいになって、のだめは成長してもはやベーベちゃんじゃなくなったのは面白いね。
僕はジャズはそれほど好きじゃないけど。   (ヨルダン 男性)



・またのだめが憂鬱状態になり始めたな><
あと数話しか残ってないだなんて信じられないよ。
最高のシリーズに相応しいエンディングをお願いしようじゃないか。   (不明)


sotohan_nodame_finale7_img009.jpg


・オーノー、のだめにはまたもや落ち込んで欲しくは無かったよ。
でもルイがのだめに嫉妬していた所は面白かった。
みんな尊敬できる点を持っているよね。
本当に現実の世界みたい。
そしてのだめが自身の裏切りと絶望を曲に込めた所が大好きだった……。
あとはそれをオクレール先生に聞かせるだけだね。   (女性)


sotohan_nodame_finale7_img012.jpg


・未だにルイの部屋があれほど汚いのに平気な顔で居られる理由が分からない。


sotohan_nodame_finale7_img013.jpg


・のだめとルイの共通点は、彼女たちの住むアパートは災害のようだって事だ。
そして彼女たちはピアノと友達である事。
今回はルイが父親の影響からジャズと密接な関係にあるという事が分かった。


sotohan_nodame_finale7_img014.jpg


・本当にラヴェルのピアノ協奏曲が楽しみだ。
今回のリハは本当に印象を残してくれたよ。
そして、ジャズはやっぱりいいよね!   (アメリカ 男性)


sotohan_nodame_finale7_img016.jpg


・千秋はコンマスから賢者のようなアドバイスをもらったな。
『出し惜しみしないで、最高の演奏をして、次はそれを超える演奏をしろ。守りに入ってどうするんだ』ってね。


sotohan_nodame_finale7_img017.jpg


・ここしばらくで最高のエピソードだったな。
にしてものだめのピザはひどい有様だった。
のだめが成長しているところが見れたのは嬉しかったけどね。   (アメリカ 男性)


sotohan_nodame_finale7_img018.jpg


・のだめ、一体どうやったらピザをあそこまでめちゃくちゃに出来るんだ?
それでも彼女が素晴らしい進歩を遂げたのは良い事だ。
千秋の演奏がどうなるか続きが楽しみだよ。   (ベルギー 男性)



Re:一目見たときのだめが持っているのは炭で、これからバーベキューでも始めるのかと思っちゃった。   (女性)


sotohan_nodame_finale7_img019.jpg


・わぉ、本当に凄い……。
音楽を聴くのが本当に好きなんだよ。
そしてのだめが輝くその時が待ち遠しい。   (アメリカ 男性)


sotohan_nodame_finale7_img020.jpg


・のだめが落ち込むときはいつでも、ちょっぴり心配になるよ。
でもこのエピソードのジャズのパートは大好きだった。



・ワンダフルなエピソードだった!
あのラヴェルはとてもプリティーだったよ。
私もあれほど難しい曲を弾けるぐらいピアノが上手かったらよかったんだけどなぁ。   (アメリカ 女性)


sotohan_nodame_finale7_img021.jpg


・ラヴェルの次に『I Got Rhythm』を持ち込んで着たら面白いと思った。
ピアニストには気晴らしが必要だからね。
そしていつも通り、音楽史のレッスンはとても冴えていて、このストーリーにピッタリだった。


sotohan_nodame_finale7_img023.jpg


・なんだか千秋から浮気のにおいがする。



・ふむむ……面白いね。
少なくとも、のだめはまだ知らないだけでコンクールには出れそうなわけだ。
千秋から浮気のにおいがする事については、別にルイが誘惑しようとしても靡かないと思うけどね。   (インドネシア 男性)


sotohan_nodame_finale7_img025.jpg


・このエピソードはオペラ編がある事を示唆しているのかな。
その後に新しいシーズンがあるのなら、残り数話でも問題ないよ。
そしてルイの演奏の中にのだめを幻視したのは、千秋とのだめのきずなの強さが見て取れると思うんだ。   (不明)


sotohan_nodame_finale7_img026.jpg


Re:オペラ編だって!?
ぜひお願いします!
いや、本当に。
今期のエンディングを見ても満足しきれなかったら漫画に手を出すつもりでいるんだ。
このエピソードはとても良かったよ。
きっとルイと千秋のコンサートが今期のクライマックスになるのかな。
そしてオクレール先生がのだめをコンクールに出場させようとしている所が来期への指標になるんだろう。   (アメリカ 男性)


sotohan_nodame_finale7_img027.jpg


・ついに前期までの2シリーズに匹敵するエピソードが来た。
オクレール先生にめぐみと呼ばれただけであれほど幸せそうなのだめが見れて嬉しいよ。
でも代わりの先生がいてくれてよかったね。
あの状態を見られたらまたベーベちゃんに逆戻りだよw   (女性)


sotohan_nodame_finale7_img028.jpg


・悲しい事にあと4話しか残ってないのか。
このシリーズが終わったら、きっとまた最初のエピソードからマラソンしてみようかなと思ってる。   (カナダ 男性)



・次のエピソードが待ち遠しいよ><
漫画を読みたくなる衝動に抗わなきゃ……。   (女性)



・EDソングが突然聞こえた時、『ノー!』って感じだった。
もっと見ていたかったんだよ……。   (女性)


sotohan_nodame_finale7_img029.jpg


・あと4話しかない。
この調子じゃのだめが千秋と共演するなんて無理だと思うな。
ルイが手を痛めたりしない限りはね。   (オーストラリア 男性)


sotohan_nodame_finale7_img031.jpg


・のだめがオクレール先生がルイのコンサートに来ていた事に驚いていたシーンは、自分のピアノのレッスンには来なかったのにルイのコンサートには足を運んでいたからかな?
あと、ルイにプライベートレッスンをしていると言う事実もね。
きっとのだめはオクレール先生がそういう事をしていた事を全く知らなかったから単に驚いただけかもしれないけど。   (女性)



Re:面白いのはオクレール先生は実際にはルイにプライベートレッスンをしていなかった事だよね。
一言二言アドバイスはしたものの、ルイが付きまとっていただけだった。
それでのだめが裏切られたように感じるのは愉快な事だ。
他の何よりも誤解によるものだよね。   (不明)


sotohan_nodame_finale7_img032.jpg


・このエピソードは元通りになったように感じる。
やっぱりこの番組は音楽が中心で、それが人々を集結させるんだ。
今回のように千秋とルイのコンサートを聴くためにみんなが集まったように。
それがみんなの関係と個性を明確に表現してくれる。
同様に挑戦や成果も表してくれる。   (アメリカ)



・千秋とルイのコンサートを聴いたのだめがどのように感じるのか、期待が高まるってもんだよ。
ルイのラヴェルはのだめとは違う感じがするよね。
きっとのだめの演奏を聴いた時から記憶が薄れていってるという事もあるんだろうけどさ。
でものだめは感情豊かに弾いて、ルイはどちらかといえば技術的な演奏だと思った。
のだめが自分とルイの演奏の違いをどのように感じるのか楽しみだ。   (アメリカ 男性)


sotohan_nodame_finale7_img033.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

このアニメタイトルでも来期がある思ってる人が結構居るんだな

ああ(>_<)この反応からの来週…
どう反応するのやら

のだめとルイの演奏の違いを楽しみにしてる人多いね
嫌な予感しかないと思うんだけど普通

いまだに「カリフォルニアジュース」の正体がわからん

話の流れとは全く関係ないけど、一言言いたい!
オクレール先生と、のだめの おばあちゃん の区別がつかない(ほど似てる)と思うんだ!!!

二人のコンサート聴くなんて嫌な予感しかない
プロフィール

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。