Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 第8話『素食の晩餐 FAKE FOOD』 海外の反応

entry_img_335.jpg
以下MyAnimeListより翻訳



sotohan_2ndGig8_img001.jpg


・今期は『スタンドアローンコンプレックス』とは全く別のアプローチを取っているけどでも素晴らしいね。
今期が前期よりも素晴らしいものになる事を期待しているよ。
今回は両方の課がしてやられたけど、最後にやり返す所が楽しみだ。   


sotohan_2ndGig8_img002.jpg


・誰かが間違った情報を提供し、その背後にゴウダがいたのだと想像するのはとても簡単だな。
でも、ゴウダって単独で動いているんじゃないの?
それとも誰かいるのかな?
あとあの男を味方に殺させた理由もなんだろうね?    (カナダ 男性)


sotohan_2ndGig8_img003.jpg


・ちくしょう、またもや一杯食わされた。   (男性)


sotohan_2ndGig8_img004.jpg


・わぉ……あの男は嫌いだよ。
9課が罠にハメられどうする事も出来ないだなんて……。



・今期は9課がやられっぱなしの展開が続くな。
なんだかとてももどかしいよ。    (男性)   


sotohan_2ndGig8_img006.jpg


・今回のエピソードの間たくさんの事が理解出来なかった。
そしてどうやら今回はあの容疑者を殺すように欺かれていたわけだ。
個別の11人事件の問題を行き詰まりにさせるか、システムの信用性を失わせるためかな?
プロットと物語はとてもグッドだった。
キャラ達の会話や思考を聞かせてくれるのもとても興味をそそるし、考えさせられるよ。
描写もシナリオやメソッドよりも意義深いものだった。
タチコマのアップグレードには本当に感銘を受けた。


sotohan_2ndGig8_img008.jpg


・えー、正直言ってとても退屈なエピソードだった。
もうすでにゴウダの悪役っぷりには飽き飽きしてきたよ


sotohan_2ndGig8_img010.jpg


・あのディベートで話していた男はちょっと知り過ぎじゃない?
ゴウダも彼の事は知らなかったように見える。
これはどういう展開になるのかとても興味深いな。   (カナダ 男性)


sotohan_2ndGig8_img009.jpg


・今期のプロットは密度が高くじっくりと下積みをしていくようだね。
1期よりも勢いと感性に重きを置いているともいえる。   (男性)


sotohan_2ndGig8_img013.jpg


・とてもすごい。
またもやゴウダは9課を欺いていたんだね。   (ブラジル 男性)



sotohan_2ndGig8_img014.jpg


・あいつは日本の公安の間での混乱を作りだそうとしているんだな。
彼は個別の11人に関与が疑われている退役軍人の男についての不正確な情報をリークした。
それによって1課と9課が両方ともに操られていた事が分かった。
バトーが言っていた言葉を借りれば『かまされた』って事だ。  (フィリピン 男性)


sotohan_2ndGig8_img015.jpg


・1課がかまされたのは分かったんだけど、9課はどういう風にかまされたの?
それと少佐によってアップグレードされた新しいタチコマは最高だった。    (ニュージーランド 男性)



Re:内閣情報局は明らかにミスリードする情報を1課と9課に渡して、彼らがその目的を欲しがるような行動をとらせたって事だろう。
今回の件は、9課も身柄を押さえたい相手であり、1課でもテロリストとして認識されていた男が対象だったわけだからさ。
最後には、その台湾の男は1課によって撃たれてしまい、謎は闇に包まれたままになってしまった。
彼が本当に個別の11人に関係があるのか、はたまた別のテロリストに関与していたのかどうかもね。   (フィリピン 男性)


sotohan_2ndGig8_img016.jpg


・やっぱり自分は1期の方が好きだったなぁ。
今回笑い男の引用が出てきた事で、昔の記憶が呼び起こされたよ。   (不明)



Re:今回、笑い男事件の関係が出てきた所は良かったよね。
でも、どうやら個別の11人の論文は笑い男事件の前に書かれていたようだ。
自分はどっちが良いのかは決められないけど、両方のシリーズを愛しているよ!!!   (男性)


sotohan_2ndGig8_img017.jpg


・ゴウダは9課を欺く事に関しては素晴らしい仕事をしているな。
今回は別の課も同様に操っていたようだが。   (カナダ 男性)


sotohan_2ndGig8_img019.jpg


・なんか今回の件でゴウダという男も敵の中の一人のような気がしてきた。
でもまだ結論を下すには早すぎるか。   (ポルトガル 男性)



・またやりやがったのか?
ゴウダは俺をからかってるに違いない。   (男性)


sotohan_2ndGig8_img020.jpg


・ちくしょう、またもや圧倒されてしまった!!!
内閣情報局は9課をおもちゃにして一体何を成し遂げたいのだろうか。   (男性)



・面白いエピソードだった。
これで内閣情報局が他の誰よりも強いという事が明らかになった。   (男性)


sotohan_2ndGig8_img021.jpg


・更なる情報が得られたな。
どうやら今期はビルドアップは情報オンリーでやって、後の方でフルアクションが始まるのかな。
少なくとも僕はそうである事を望むよ!   (ベルギー 男性)


sotohan_2ndGig8_img022.jpg


・誰が誰を何でどういう目的で操っているのかがちょっと混乱してきたぞ。   (男性)



・全員が最後には欺かれてしまったな。
なんにせよ、個別の11人事件は本当に面白いよ。   (リトアニア 男性)


sotohan_2ndGig8_img023.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

さて次回はいよいよトルキア初登場

SACはよかったけど、2ndはなんかなあ…

2ndは、合田を悪役としたメインストーリーもよかったけど、それ以上に9課のメンバーそれぞれを個々に取り上げたストーリーが良かったように感じている。
特に少佐の過去に触れたものは何度見ても涙をそそる。クゼとの関係をイメージさせたところもいい。

笑い男事件と比べれば個別の11人事件は劣ると思うけど、
合間の単話を見ると2ndも面白い話色々ある。

自分は一期と二期全部合わせてもその中で一番好きな話は
二期の「左眼に気をつけろ」だし、「草迷宮」も好きだ。

関係ないけどNARUTOのオビトって
ゴウダ意識してるよね。
あの人攻殻好きだし

たしかにゴウダのせいでストレス溜まる展開が続くからねー
フラストレーションがっぱねえー

なんだろう・・・さりげなく飯テロされている気がする・・

そうか、2ndってメンバーのエピソードがあるんだっけ
それでサイトーさん大好きになったから反応が楽しみだ

笑い男編と比べるとシーズン通して暗いしね

この回は合田の経歴調べてるけど、ちょっと説明が欲しかったね。
“合田があやしい”という台詞と“個別から合田に捜査シフトしようかな”という描写が足りなかった。普通に合田の経歴調査しただけ感になってるから展開にアクセントがないんだよ。

何度も全話観ないと分からないと思うけど、合田がカロリーメイト食べながら討論番組観てる時に「こういう発症例もあるんだな」と言ったのは、討論してる土橋の“土”の字が“十と一”に分かれてるからなんだよね。一瞬土橋のネームプレートが映る。これは漢字圏じゃないと外国人は分からない。
この土橋って人、たぶん『朝まで生テレビ』小林よりのり氏がモデルじゃないかな?

1期も2期もタチコマには泣かされる
人工知能にゴーストが宿って自己犠牲するとか
その部分だけで見る価値はある

ラスト付近の"I do"のかかるシーンのせつなさもすこ

やっぱサイトーと少佐の話がイイよね
他の人も書いてるけど

タイトルが緑っぽいのが本筋から離れたお話で
青っぽいタイトルが本筋の合田の話なんだったよね確か

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>「こういう発症例もあるんだな」

この台詞に注目する人がいるかと思ったが、スルーされたみたい。事件の真相に近づくヒントはこの時点でも結構転がってるんだけど、初見じゃぁやっぱ難しいか。

>2ndは、合田を悪役としたメインストーリーもよかったけど
んー。それはちょっと違う。合田一人は悪役ではなく、単純に
利権を求める官僚として描かれていた。むしろ、あの作品で
一番の悪役は米帝でしょ。CIAと合田を使い、日本の右翼と
左翼を両方争わせ、極東を紛争地帯にさせようとしていた。

おそらく最終回辺りでアメリカ人が「これは反米だ」と気づいて荒れそうだな

>おそらく最終回辺りでアメリカ人が「これは反米だ」と気づいて荒れそうだな

1期10話「密林航路にうってつけの日」の時のアメリカ人の反応ねw
そもそも攻殻SACの世界でアメリカは米帝、米露連合、アメリカ合衆国の3つに分かれてる設定だけど、それ知ったら怒り狂うかもね。

>そもそも攻殻SACの世界でアメリカは米帝、米露連合、アメリカ合衆国の3つに分かれてる設定だけど、それ知ったら怒り狂うかもね。

原作の漫画や前作を見た奴らは分かっていると思うんだけど、中には知らないアメリカ人も
居るし、あとたまにフィリピンやブラジル、ポーランドなどの東欧で親米の奴がいて、
場違いに「日本はアメリカの同盟国だろ。なんで反米なんだ。恩知らずだ」と
アメリカのお蔭で日本は経済発展出来たと日本の事を知らないアニオタが海外に多い。

>んー。それはちょっと違う。合田一人は悪役ではなく、単純に利権を求める官僚として描かれていた。

これも違うだろ。っていうか次の話で合田の動機は明らかにされてる。その中には利権のりの字もなかった。官房長官とゴチャゴチャになってないか?
だから一番の悪役が米帝ってのも違う。

2ndはメインストーリーの方は癖出しすぎ。サブのメンバーのサブストーリー方が"らしい"って思うわ。
何より初見で納得できるほど情報出してないしな。後半の合田の回答編でもわからんレベル。

他の人も述べてるけどアメリカ筆頭に周辺国の設定とか複雑過ぎてな。2ndは輪をかけてファン向けの創作作品になってしまった感じ。

>合田の動機は明らかにされてる。その中には利権のりの字もなかった。
>だから一番の悪役が米帝ってのも違う。

いや最後まで見れば分かるが、合田一人は個別の11人をプロデュースする事で
極東地域で軍事兵器を売りたい米帝(劇中でも説明されているが軍事費が原因で
経済力が疲弊した)と手を結んでいたのが分かる。

「米帝CIAとは、内庁の高官という立場を利用して難民問題を米帝に有利な
ように取り計らったり、日米安保改定において米帝主導の安保を継続させるよう
働きかける見返りに、米帝への亡命後の高い地位を約束されていた。一見すると
合田は米帝側の人間のようだが、彼なりに日本の現状を憂いて行動していた。
実は米帝と中国による冷戦構造の中で、日本が中国の側についてもかまわないと
考えており、親中派の茅葺首相が中国に助けを求めるシナリオまで描いていた。」

これは他の考察サイトからの引用だけど、合田は利権を求めて動く人間だよ。
口では日本の現状や未来を語っていたけど、自分の保身を考えるのがコイツ。
と言うか合田の目的は「冷戦下で発展していた日本」を再現する事で、そこに
経済的利権は必然的に生まれるから、利権は関係ないと断定するのは違うだろ。

合田が淡々と無機的な形状のカロリーメイト食べてたのと、
トグサらが、擬似的サイボーグ食&台湾素食(精進料理)から
“たとえサイボーグになっても人間は“食べもの”を渇望する”としてたのは、なんらかの象徴的な対比だったんだろうけどインパクトが浅かったね。

あと久保田が美味しそうにラーメン食べて「昔のままの味だぞ」「昔と変わらんか…」と、
最後に殺された川島がゴミ箱残飯を見て「この国は難民を満たすほど裕福じゃない」。
この劇中の4つの食を、もっと意味付けとして上手く関連づけ出来たと思うんだけど、一度の視聴じゃ気づかない演出だし、勿体無いなぁ。

川島の食の発言からは、彼が排他的思想だと判る程度(南陽新聞襲撃&野次馬から容疑かけられてたけどね)、久保田と荒巻のラーメンの演出は、意図がよく分からない。
たとえば、久保田が「この昔からあるラーメンさえあれば難民にも食物を充分与えられて&保守派とも仲良くなれるのに」的な台詞だったら、川島の発言と意味付けが上手く関連できたかもね。

2ndは初見の時はわかりづらいけど、再度見直すとほんと面白い。
ゴーダも忘れられない個性があるが、物語後半のクゼのカリスマ性にはホント圧倒される。
荒巻も少佐も含め、9課のあの個性的な面々が凡人に見えるくらい。
2ndの価値はまだ認識されてないんじゃないかあな。

合田は自分の卒論通りの人物のプロデュースに成功してたわけか

自分が英雄になるよりも大衆を扇動し、カリスマを演出で作り上げる事を
選んだ男。それが合田一人。最近はオリジナルアニメで、こういう濃い
キャラが出てこないのが残念だ。合田一人が深夜のラノベアニメに出てほしい。
まあ自らの顔を「この方がインパクトがあって顔を覚えてもらえるから」と
手術で治さない所とか、深夜萌えアニメで出てくるキャラじゃないなと思うけどw

>いや最後まで見れば分かるが、

もちろん米帝とは手を結んでいた。しかし分るのはそれまで。どちらが主導的だったのかはまでは分らない。米帝は、あくまで合田のサポートに徹していただけかもしれない。一番の悪役が米帝とは断定できない。

>これは他の考察サイトからの引用だけど、

この考察を読んで、どうして合田が利権目的のただの官僚って結論になるのか理解できない。「一見すると合田は米帝側の人間のようだが、彼なりに日本の現状を憂いて行動していた。」って書いてあるじゃないか。
そして利権は関係ないなんて言ってないぞ。合田が利権目的のただの官僚って言うから、違うと言ったんだよ。

右翼だの左翼だの冷戦構造だの利権だの、好みのキーワードに無理矢理当てはめてSAC2を見ようとしてないか?合田はコンプレックスを拗らせた英雄願望者だよ。世界を作り変え、英雄すら作る、俺すげーって。

面倒臭い奴だよな合田は
関わり合いになりたくない

みんなこの回の内容でなく、ネタバレして先の事を話ちゃうと、後から書き込む事が枯れちゃうぞ。
印象ないけどチーム合田の部下5人
赤嶺、青沼、黄村、桃瀬、緑山
戦隊モノみたいなカラーリング名なんだよ。

あと他には、19話に出てくるコード刺さりまくりの無気味なデブ2人は黒柳兄弟というらしい。
ちやんと設定に名前が付いてるので、合田と共に覚えておいてあげて(笑)。名前あるからと言っても特に劇中何もないんだけど。

>米帝は、あくまで合田のサポートに徹していただけかもしれない。一番の悪役が米帝とは断定できない。
それお前の主観だろ? 反論したいのが分かるけど押し付けるのは良くないぞ

>右翼だの左翼だの冷戦構造だの利権だの、好みのキーワードに
>無理矢理当てはめてSAC2を見ようとしてないか?
別に右翼や左翼とか一言も言っていないだろ

>合田はコンプレックスを拗らせた英雄願望者だよ。世界を作り変え、英雄すら作る、俺すげーって。
うん、完全にお前の思い込みだと思うわ

合田ってヤマカンみたいな人間じゃないの?
実力のあるなしの違いはあるけど

合田は日本の今後の立ち回り(米中冷戦時にどうすれば良いのか)を真剣に
考えていたと思うけど、合田は最終回で亡命しようとした訳だ。そこを少佐に
射殺されたのは事実。だからどんなに言い訳しようが合田も所詮義体化した
「人間」だったというのが神山が言いたかったことだと思う。神を気取った人間が
実は小心者で童貞だったというのは滑稽じゃないか。

合田はコンプレックスを拗らせたことによる自己承認欲求が強く、
それが行動の根底にある人間というだけだ

パズ対パズの話は立原あゆみのヤクザまんがの絵柄で再生されてしまったよ。

サイトー対少佐とか、鉄也さんが作画した回は渋くていいよねぇ。

なんでみんな早漏してるん?
その回の内容は、その回で披露してくんないと 勿体無いやろ。

ラーメン食べたくなっちゃったじゃないですかー

偉人はだいたい童貞・・・

ボーマのソックリさんがティルトローターに乗ってたのってどの話だっけ?
確かヤクザが革命家のゴーストをダビングしてた話だったと思うが・・・
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。