Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/stay night -UBW- 第21話『answer』 海外の反応

entry_img_309.jpg
以下Redditより翻訳



sotohan_UBW21_img002.jpg


・良いエピソードだった。
でも、士郎vsアーチャーの戦闘はもう少し盛り上げる事が出来たと思うんだよね。
何が欠けているのか説明するのは難しいんだけど、でも見終わった時もっと高揚が胸に残るものだと思っていたから……。
それでも悪く言う事は出来ないけどね。    (不明)


sotohan_UBW21_img003.jpg


・うーん、今回のバトルは熱が冷めてしまったなぁ。
前回のエピソードで士郎vsアーチャー戦は終わらせておくべきだった。
少なくとも僕はそう思ったよ。   (不明)


sotohan_UBW21_img006.jpg


・アーチャーvs士郎はこのシリーズでもっとも期待してたのに、会話し過ぎなせいで台無しだった。
記憶に残るようなチャンバラが不足してたし、EmiyaのBGMも中途半端だった。
全然クライマックスって気がしなかったよ。
Ufotableでも少年モノを扱いきるのは難しいって事だな。
こんな事を言うのは自分でも信じられないけど、映画版DEENの方がこのシーンをうまく実行していたと思う。   (不明)



Re:ここのシーンはやっぱりヴィジュアルノベルじゃないと難しいな。
全部媒体の問題だよ。
会話に重きを置いた筆記媒体をアニメ化するときはやっぱり問題があるって事だ。   (不明)


sotohan_UBW21_img008.jpg


・セイバーが王だったころのブリテンに何が起こったの?   (不明)



Re:君はアーサー王伝説に馴染みある?   (不明)



Re:無いんだなぁ。   (不明)



Re:マジで?
世界で最も有名なストーリーの一つだぞ。   (不明)


sotohan_UBW21_img009.jpg


Re:セイバーは自分の事を内乱でキャメロットを破滅に追い込んだ愚王だと思っている。
だから聖杯を使って、自分の時代を変えたいと思っていた。   (不明)


sotohan_UBW21_img010.jpg


・もうちょっと長くEmiyaをかけて戦闘を続けて欲しかった。
ちょっとがっかりしたよ。   (不明)


sotohan_UBW21_img011.jpg


・なぜ多くの人がこのエピソードは肩すかしだと思うのか分からない。
とても素晴らしいアニメ化だったと思うし、アーチャーの内なるもがきを実にうまく示していた。
それによって、なぜ士郎に負けたのかという事を示してくれた。   (不明)


sotohan_UBW21_img013.jpg


・アーチャーと士郎の戦闘は良かったと思うけどなぁ。
士郎がなんでサーヴァントと殴り合えるぐらい強くなってるの?とか、アーチャーは士郎に勝てるのになんでとっとと倒さないの?とか、そういう物の見方をする人にはこの戦いの良さは分からないだろう。   (不明)


sotohan_UBW21_img015.jpg


・最後士郎がアーチャーに向かって走っていくシーンで、空間の色が塗り替えられていったけど、
あれは固有結界に士郎が上書きしたって事なのかな。
まぁこれは後々に向けて素晴らしい伏線を張った事になる。   (不明)


sotohan_UBW21_img016.jpg


・士郎vsアーチャーではやっぱりEmiyaの曲の使われ方が一番残念だ。
これまでもUfoは原作の曲をあまり使わなかったり、控えめなアレンジをしたりしていたからまぁ悪い予感は前のエピソードから抱いてはいたんだが、結局すごい中途半端な形でEmiyaを使って来た。
あの曲はこのシーンを象徴するクライマックスを盛り上げる曲なのに、小出しで中途半端にし過ぎたから、無かった方が良かったかもね。   (不明)


sotohan_UBW21_img018.jpg


・サーヴァントが死んだら、永遠に死ぬの?
その先の聖杯戦争でもまた再召喚されるの?   (不明)



Re:彼らの伝承が残っている限り、再召喚する事は可能だよ。   (不明)


sotohan_UBW21_img019.jpg


・なんでセイバーはギルガメッシュの事をアーチャーって呼んでたの?   (不明)



Re:Fate/Zero見てこい。   (不明)


sotohan_UBW21_img020.jpg


・士郎が切嗣の理想を引き継いだのって、切嗣が士郎を救った時に魅せた顔があまりにも幸せそうだったからなんだよな。
アーチャーがその理想は身勝手だとか、偽善だとか言ってたのは、全ての人を助けるために他人を助けようとしているように見えたから?
でも実際、士郎は人助けをする事によって切嗣が感じていたような幸せを体感したいと思ったから助けるって事でいいの?
一応それは、自分の欲望に応える事だし、偽善というわけでもないよね。
だからアーチャーは納得したのかな。   (不明)


sotohan_UBW21_img021.jpg


Re:アーチャーや切嗣は手段よりも結果に囚われるようになってしまった。
士郎は過程と結果とを取り違える罠に陥る代わりに、人を助けようと生きるその過程に焦点を当てたって事だろう。   (不明)


sotohan_UBW21_img022.jpg


・アーチャーが士郎を庇ったシーンはイイね。
自分が殺そうとしていた相手を守るという事で、自分が執着していた価値観としっかり決別出来た事を意味している。 
そして士郎に対する信頼感すら感じさせる。  (不明)


sotohan_UBW21_img023.jpg


・今回のエピソードで何気にギルがアーチャーに対して脅威を抱いていた事を示したのは好きだ。   (不明)


sotohan_UBW21_img024.jpg


・アーチャーが消えた時の凛の絶叫は間違いなく胸が痛い物だった。
その事について誰も触れてないなんて信じられない。   (不明)


sotohan_UBW21_img028.jpg


・ギルガメッシュが災害から生き残る価値のある臣下を探しているって言うんなら、士郎はそのリストの頂点に来るんじゃないのか?
それとも士郎やアーチャーの贋作っぷりが苛立ちすぎて受け入れられないだけ?   (不明)



・たぶん、言峰繋がりで士郎が前回の聖杯戦争の被害者の生き残りっていうのはギルも知ってると思うんだよな。
やっぱりギルは士郎の事を気に入らないから無視してるのかな?   (不明)


sotohan_UBW21_img029.jpg


・ギルガメッシュが聖杯の邪悪なものによって人間を一層したいっていうのは、1期の時、慎二の家で話していた事と関係あるんだろうな。
"当時には今ほどたくさんの人間がいなかったが、10人の奴隷を選んで殺そうとしてみた。
その結果一人も殺せなかった。
なぜならそれら全員は必要だったからだ。"
よってギルは昔の雑種の方が今の雑種よりも価値があったと結論付けていた。
でもなんでだろうね?   (不明)


sotohan_UBW21_img031.jpg


Re:それは人間の社会における価値の話って事だろう。
当時はどんな人材であっても無駄な奴はいなくて、全員が必要であった。
たとえそれが最下層の奴隷だったとしてもね。
ギルにとって今の人間たちは無駄が多すぎて、それが不愉快なんだ。   (不明)


sotohan_UBW21_img035.jpg


・慎二から言峰が死んだと伝えられた時のギル。
わずかな間を置いて、『……そうか』と言ってたな。
Zeroで結成された愉悦同盟解散による絶妙な哀愁が漂っていたよ。   (不明)



Re:慎二が『言峰は死んだ』って言った時のギルの一瞬の間がいいよな。
偉大な真の王が唯一の仲間の死を悲しんでいた。    (不明)


sotohan_UBW21_img036.jpg


Re:言峰は興味深い奴だったけど、でもギルガメッシュにとって真の友と呼べる奴は生涯に独りしかいないよ。   (不明)



Re:パルテナだっけ。   (不明)



Re:エンキドゥだよ。雑種。   (不明)



Re:一体誰だよそれ。   (不明)



Re:勉強してこいよ、雑種。
少なくとも我らが王の神話ぐらいは知っとくべきだ!   (不明)


sotohan_UBW21_img038.jpg


・慎二はざまぁみろ系のキャラだから、今回の彼の末路には満足している。   (不明)



Re:慎二について言える事は声優の演技が素晴らしかったという事だけだな。   (不明)



・慎二は何も悪い事してないのに……。   (不明)



・最後の慎二のシーンはまるでドミネーターで撃たれたかのようだったw   (不明)


sotohan_UBW21_img039.jpg


・慎二よ、安らかに眠れ。
君は最も素晴らしく価値のあるマスターだった。   (不明)



Re:慎二はまだ死んでないけどな。   (不明)



・おいおい、エピソードの最後でAkiraみたいな事になったぞw   (不明)



Re:鉄雄おおおおおおおおおおおおおお。   (不明)


sotohan_UBW21_img043.jpg


・このエピソードを見終わった後でも慎二に対しては気の毒に思わない。
ギルガメッシュの事がそんなに嫌いじゃないだけかもしれないけど。   (不明)



・イェェェイ、次回はいよいよイルカのシーンだ。   (不明)

*イルカというのはDEEN版の例の↓のシーンにおけるイメージ描写。
sotohan_UBW21_img046.jpg


Re:マナ・ドルフィンが来る!
期待が高まるぜ!!   (不明)



Re:I am the bone in my pants    (不明)

*boneは骨以外にも男性器の隠喩でもある。


sotohan_UBW21_img044.jpg


・次回予告で『俺と遠坂の間にパスを通して魔力を共有する』って言ってたな。
ふふふ、ついにか。   (不明)



・でもイルカのシーンは無難に終わりそうな気がするけどな。
あまり大っぴらに描写出来る場所じゃないし、まぁUfotableだから何かやってくれる事に期待している!   (不明)


sotohan_UBW21_img045.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

水霧けいと「エンキドゥはかしこいからな」

なんなんだ
凛ルートだから士郎と凛の絡みでもあるのかな

この回、滅茶苦茶期待してたのに、ひどすぎる…。
一番大事なシーンを台無しにしてくれたなufotable…。
絶対Blue-ray BOX2を買うと思ってたけど、買う気が失せた…。

3話ダラダラやってごらんの有様だよ!
エミヤも士郎VSアーチャーもしょぼすぎ
このシーンはもっと激しく切り結ぶべきだろう

一部の戦闘シーンにしか興味のないやつがあちこちで大暴れしているな

>Re:エンキドゥだよ。雑種。

このあたりのやりとりはなんかシビれるねw

士郎とアーチャーのお互いの精神状態を丁寧にやってくれて満足だわ
原作でもここは戦闘なんて呼ぶような代物じゃないしね

原作だと次話で凛とセイバーと士郎のセクロスがはじまる

個人的に士郎の覚悟に負けるアーチャーという構図は初見の人にも分かったと思うから今回の脚本は最高だと思うぜ。地味だけどubwで一番大切なところだからな

派手な剣戟やドラマチックなBGMを期待する
小説ばりの心理描写に期待する

どちらも正しいことなのよ
理想と結果に違いが生じすぎるとアーチャーになってしまうがなw

とはいえ、ここは明らかに心の戦いがテーマの場所だしなぁ
アクションを期待するのは場違いだと思う

前回と違って今回は不評だな
まあ大体同意見だ。悪くないが盛り上がりに欠けたエミヤの使い方は原作通りで一時間でまとめた方が良かった
これで円盤購入は考えなくてよくなった。

EmiyaのBGM中途半端だった

某所で静岡が現在進行形で暴れているのを暴露されたから今日は一段と荒ぶっているなw最初から買う気のないやつがよく言うよw

前回で終わらせておくべきだった。
構成がアカン

OAの不満がBOXへの期待になるのは、ゆほの策略かね?

圧倒的演出技術不足。
もともとufoなんて演出も無しに高いアクション作画力をぶっぱするだけの集団だとは思ってたしいつでもそうだった。絵描き集団だな。
はじめの一歩の対千堂日本チャンピオン戦とか見たことないのかね。ああいうの一度でも見たら映像の力だけで感動させようなんておこがましいと思うわ。

まぁ最後の突進の後何合か切り結すぶシーン入れてもよかったように感じるが
BDで追加してもいいんじゃね

悪いとは思わなかったんだけど
前回が良かったから期待が膨らみ過ぎて肩すかしくらったって感じだなぁ

あれだけ時間かけたのに、何かあっさりアーチャーが退場しちゃったから
拍子抜けしちゃった。

士郎の事、結局認めて去っちゃうし・・・
最後まで認めずに逝かないと、この3話はなんだったって事にならないかね

増えるネタはさすがに日本語習得して無いと分からないよな・・・

原作が長々とこの戦闘やってたのは分かるんだけど
さすがにアニメで同じ戦闘を3話引っ張るのは無理があったな

>Re:セイバーは自分の事を内乱でキャメロットを破滅に追い込んだ愚王だと思っている。
だから聖杯を使って、自分の時代を変えたいと思っていた。

それzeroだから!
zeroのセイバーは、自分失敗して全てをぱーにしたと思い込み、
snのセイバーは、自分では駄目だったから他に託すことにした
snのセイバーは自分自身がやれることは全てやったと思ってるぞ
・・・だからzeroより根が深いし、士郎と共鳴できたんだが

悪くはなかったけど、もう少し斬り結びながら心理描写に入っても良かったな
エミヤも使うなら、もう少し長く流して印象づけるべきだった。それでこそ伏線として生きる
あれなら最初から使わなくてもよかった。正直、これじゃあ次の一番肝心なエミヤもちょっと心配
次のエミヤだけは演出絶対ヘマすんなよ、円盤買うかどうかはココで決まるんだから

普通に良かったと思うけどな
画的に映えないと文句言うやつ多すぎ

このシーンは別に力の強さで優劣を決めるようなものではないだろ
もっと動けもっと斬り合えとか言ってるのは映像さえ動けばカッコいいとか思い込むだけで何も見ていない子供か?

静岡がネガキャンしまくってるのは知ってるよ

そんなにチャンバラが必要なくだりじゃないだろこれ、と俺は思う。
もちろん反対意見があってもいい。

ひょっとして円盤円盤言ってる人って同一人物?
他所でも一人で1000回書き込んで自作自演しまくってる人いたみたいだけど

個人的には士郎が動きすぎてたと俺は思うな。
正直、原作が好きな俺としてはここは派手な剣戟とかアクションを削り落として我武者羅に剣を振るう所だったと思う。
まあ、そうするとアニメとしては映えないから無理だろうけど。

綺麗な作画でのチャンバラを延々見たいって奴は別なの見ろって感じだわ

ああなるほど、チャンバラうんぬんじゃなく士郎がボロボロになりながらガムシャラにって所が薄かったのはそうかもしれない

少なからず不平が出てくるのは、ufoには戦闘描写に対する期待が大きかったというのもあるだろうな。
それに心理描写と戦闘描写、どっちも中途半端だったのが個人的には気になった。
シロウとアーチャーの精神的な対話を重視するなら、もういっそ
全ての戦闘描写をカットしても良かった気もする。

好意的に解釈すれば心理的な独白や会話は上手く描かれてたけど、ufoの悪い部分が目立った回でもあると思う。
チャンバラ不足っていうのはぱっと見浅はかな感想だと思われがちだけど、核心をついてると思う。
あの対決の士郎は小手先の剣技じゃなくて信念のパワーで押し切った訳だけど、ufoって
セイバーの再契約とか、空の境界の式の腕の力とかみたいなパワーのある描写が欲しいシーンでどうしても弱い。

言葉が思いつかなかったので補足するとここで言うパワーのはエミヤvsランサーとか式vsアラヤみたいな「勢い」とは別ね。

海外と日本の理解力不足とチャンバラ好きはこっちの方のブログに集まるから
住み分けができてていいね

そりゃあ原作の濃い部分をそのまま映像媒体に落とし込もうとすると原作より面白くなることは当たり前だし、実際そうなってたと思う
ただ、すでに書いてる人もいるけど士郎の必死感をもう少し戦闘で表現できたらより効果的だったよね
やっぱりアニメとなると視覚的な情報の方が説得力あるからさ

1話削って圧縮すべきだって意見には同意だな。ただ最高の出来じゃないにしてもやはり無難にまとまってると思う。
さてエロ要素には今更興味は無いが最終戦に向けての重要な部分だからおもしろくまとまってくるか次は期待。

翻訳乙です !

>> もっと戦闘シーンを入れてほしかった !

自分は普通に満足してるけどね ♪
戦闘シーンも丁度よい具合だと思うけど ?

力の差があるのに戦闘シーンを長引かせるのもどうかと思います。

士郎がどんなに「 がむしゃら 」に頑張っていても、アーチャーが本気でやり合っていないので、下手に戦闘シーンを長引かせても · · · · 。

会話を合間に入れることで「 アーチャー 」が、スタミナ切れの士郎の体力回復を待っているようで、お互いの力量差がハッキリ判るようでした ♪

がむしゃらに剣を振っていて欲しい派の意見もわかるが媒体の違いを考えるべきだ
そりゃ皆の頭の中では何万回と想像されてきたシーンだからさ気に入らない部分はあると思うよ
けどアニメに起こした時には限界があるわけじゃないか

エミヤ、エミヤってラストのアーチャー戦があるのにな

そびえ立つ究極の糞回だったわ
熱さの欠片もない
UFOはHFをもう降りてほしい

>UFOはHFをもう降りてほしい
酷いのは概ね同意だけど
HFは話の流れ的にそれこそufo向きだと思うけどね

最大の見せ場のナインライブスとベルレフォーンさえ失敗しなければだけどね

今回は良くも悪くもない感じだったな。アーチャーの心理描写したのは良かったけど、どうもテンポが悪いように感じたしもっと上手くできたような気がする。あとエミヤのbgmも中途半端だったなあれはもっと使っていいと思う。
ただ最後のシーンは素晴らしかった神谷さんの演技がうまかったわ

Zeroから入った外国人はおそらく今回のセイバーに違和感を覚えないけど、
原作やDEEN版を知っている俺からすると、ちょっと違うんだよな。

あと凛ルートだと本当に桜の存在を忘れてしまうw そしてロード・エルメロイⅡ世は
最後のシーンで出て来てくれるのかな、期待している。

大方の意見で出ているがこれに関してはDEEN版のほうがよかったね
意地のぶつけ合いだったのにダラダラした印象になってしまった

心理描写を丁寧に描くのはいいけど、映像だけで伝えられる部分を削ってまで心理描写に割く必要はないといったところ
剣を打ち交わしながらアーチャーの表情がかわるでも伝わるんだから士郎の剣が強くなりアーチャーの剣が弱くなる、そういう魅せ方をしたほうが映像としては段違いに映える

1時間というならまだしも1話圧縮の無謀さは前回で体感できたはずだが。
削るところなんで何処にもねえよ・・。

もう少し”某”信者のしっぽ隠せよマジで。

何かいっぱい言いたいことあったけど、ワカメの「増える、増えるゥ!」って言ってるシーンで全部吹っ飛んだわwwしかもコレが作中唯一のワカメ生存ルートだから尚更面白いww

※1
節子、それ違うエロゲや

翻訳ももうちょっと添削して掲載したほうがいいよw
コメ数多い作品なんだからある程度添削してもまったく困らんだろ。
最初の方の批判コメっていつも字幕版が出る前に書き込まれるコメントじゃん。
映像だけ見て判断してる人たちが0話のころからいて最初のほうに書き込むんだ。
「一番乗り!」みたいな感じで。

まぁそれはそうとして基本的にこれがUfotableの作風だよなぁ。
空の境界なんかの延長線上にある演出論だがFATEは台詞がどうしても多い。

いい演出でこういうのもありだなぁと思ったけど
正直イリヤとキャスターの回想を削れば尺に困ることもなかったんじゃないかと思っちゃうな
でもどっちにしろこの出来でこき下ろすなんてありえないよ

正直戦闘がどうのこうのより、会話がクドイ
結局言ってる事が、同じ内容を繰り返し言ってるだけ
DEEN版見れば分かると思うが、あれだけ短くても十二分内容は伝わるんだから。もっと短く出来たはず
3話だっけ?そんなに掛けて、やった結果がこれでは、そりゃ不評だよ

あちこちで信者ががんばっているけどdeen版が好評とかねえよw
今後どれだけアレなできになったとしても劇場版を下回ることは不可能

頑張ったんだろうがのっぺりしすぎてるな
いっそ一話丸々説明会にして後を詰めれば良かったか

結局の所、ufoはサーヴァントのような超人の戦いを描くのは上手いけど士郎のような凡人の戦いを描く事は出来ないのだと思う。

1週間あいてたからなぁ・・・
もっかい1から盛り上げてくれないと気持ちがついて行けないって
開始1分で感じたなー

今回微妙にアーチャー視点に移ったの嬉しかったけど
アチャの気持ちを描く絵と台詞はあっても
前回と違って音楽が全く仕事してなかった
心情を感じ取れるBGMが入ってれば全然印象違ったんじゃないの

そこらへんこの作品通して意図的にやってるのは感じるけど
もっとシンプルにやっちゃいかんのかと
初見じゃ分かりづらいとこ多いんだから
アニメ的でチープな演出になろうが音楽でゴリ押ししても良いんじゃなかろうか

この作品見てわかることは、同じエロゲ出身作家とは言え、奈須より虚淵の方が作家性が高いことを証明してる

>この作品見てわかることは、同じエロゲ出身作家とは言え、奈須より虚淵の方が作家性が高いことを証明してる
虚淵の方が高いってw
理解力のないお子様にはそう思えるんだろうなw


娯楽に徹する事ができない奈須
言葉遊びに終止する奈須
Fate以外に作品をつくる事ができない奈須
そんな奈須を信奉するアホなFate厨が、ここに1人


Fate以外に作品をつくる事ができない奈須>
補足。正確には、空の境界や月姫、Fateと同じ世界観の作品しか作れないという意味

一言で言えば、やっぱり今回は監督の力量不足だと思うんだな
2期では変わってくれないかな、と期待してたんだけどね・・・
原作との兼ね合いでzeroは賛否あるが、やっぱりあっちは相対的によくできてたと思う

まあアニメだけ見ればZeroのほうが面白いと感じるやつは多いだろうな

>それzeroだから!

俺はZEROを経て完全な諦めに至り、SNのような考え方になったと思ってた。
やり直すとかじゃなくて、私がダメなんだ。ってな。
何スロットさんはそんぐらい堪えたんだとら、

不満言う人って声大きくいろんなところで何度もぶちまけてそう

今回は慎二の場面で泣きそうになった・・
グロは平気なほうだったのに、リアルにいろいろ想像して気分悪くなった
痛そうで痛そうで・・・

原作やってないけど、次回の展開の噂をきいてるから
はやく次がみたいわ

>奈須より虚淵の方が作家性が高いことを証明してる

虚淵が書いたオリジナル小説で売れたものなんてないぞ?
奈須きのこは空の境界やDDDで既に一流作家並に稼いでるし評価も高い

アニメ作ってるんだからぐだぐだ喋ってないでアニメーションで表現して欲しかった
きのこ文章そのままアニメへと落とし込んだらそらテンポ悪くなりますわ

ここはアーチャーと士郎が「自問自答」を繰り返した結果、アーチャーがついに自分の願いを取り戻す、というのが場面なのだから、むしろチャンバラが目立ったらだめでしょw
あくまでもチャンバラを名目にした「自問自答」だよここは。
士郎もチャンバラで勝った訳ではないし、アーチャーも単なる戦闘での勝利を目指してたわけじゃない。
この辺、原作やったって人でも誤解して勝手に失望してる人がいるのは謎だわ。

いや、20話と合わせて実にきのこきのこしいエピソードだったと思うよ。
BD来たら20話と通して観たいかな。

アーチャーって漢らしいとかかっこいいとかよく持ち上げられてたの見るけど
結局、セイバー、ヘラクレス、アサシン、ランサーに次から次へと負けて
唯一の戦果は女騙まし討ちにして後ろから殺しただけじゃん。。。
肝心な所は毎回遅刻して役立たずだわ、命の恩人の凛を裏切ってシンジみたいなゲスに貞操くれてやろうとするわ・・・・・・

八つ当たりにきた子供時代の自分にまで負けてほんとこいつろくなキャラクターじゃねえ。。。。。。

奈須きのこは・・・一流作家並に稼いでるし評価も高い>
よくもそうポンポンウソのコメントをするよな。エロゲ、書籍、脚本、アニメ製作等で虚淵の方がよっぽど稼いでるだろう。それに奈須は評価が高いというが、虚淵のように公に賞貰った事ないじゃん

それでも、金銭的には俺みたいな一般人よか儲けてそうだよな菌類。
個人的にはどっちも好きだというのを前提に書かせてもらうけど、最近の菌類は型月の世界観と言うよりfateオンリーで稼いでる気がする。
何かとfate/◯◯ばっかだし。

まぁ出版なんていかに一発あてて長続きさせるかみたいな所あるししょうがない。
ラノベで言うなら、とあるとかSAOもそうだし、少年ジャンプで売れてるものなんて全部そう。
次々と新作出してヒット出しまくってる方が希少だよ。

増えるワカメは誰も触れてないのか・・

↑4
虚淵のエロゲ、小説なんてどれも小粒ばかりだろうがw
大体監督でもプロデューサーでもない脚本家が億レベルで貰えるかよ
奈須きのこは空の境界の2巻だけで100万部越の印税億レベル
月姫系列の同人時代で法人化促されるくらいのヒットで、fateのゲームは累計で100万本は余裕で超える
そのクラスの版権、商品展開による印税が型月っていう小さな会社に流れ込んでるんだよ
そして奈須はその会社の代表の片方

虚淵厨本当うぜえわ
自分の気に入らない作品に虚淵に任せろ虚淵に任せろ
虚淵は凄い虚淵は凄いってそればっかり

暗い展開至上主義の奴ばっかりで虚淵がキャラを残酷に殺す度にリアリティがあるリアリティがあるって

>そんな奈須を信奉するアホなFate厨が、ここに1人
あのさw
最初まどかマギカを見て面白い話を書ける人だなと思って虚淵の他の作品を期待してみたわけよ。その結果こいつはワンパターンの話しか作れないと分かった訳だ。そんな奴のどこが作家力が高いんだ?同じ世界観でもいいから別のパターンの話を作ってみろよとw

>作家力
訂正。作家力ではなく作家性
あと、勝手に奈須を信奉することにされたわけなのだが、
そもそも奈須の存在を知ったのはごく最近で、あくまで好きなシナリオライターの一人に過ぎないのだが?勝手に信者扱いしないでくれる?

剣戟みたいな直接的な熱さを求めてる人には不評なのかねぇ
原作だと心の強さの天秤がそのまま戦いに直結してたのは確かだったけれど

でもつまり、このシーンはもともと心の戦いがメインだったのだし
原作ではここであまり描かれなかったアーチャーの過去シーン挿入とか、
絶妙なところで月下の誓いの挿入(Emiyaアレンジも合ってた)とか
かなり洗練されていて心にジンとくる割合はこちらの方が上だった

求めているものの違いかね
こういう最近のきのこアレンジは大好きですよ

端的に言えばテンポが悪い。少なくとも週間30分アニメとしては。
原作だって23分ごとに一週間インターバル開けてプレイすれば
こんな程度だろうがね。

そこをアニメとして最適化するのが脚本と演出の腕なんだけど。

なんかよくわからん怒り方してる奴がいてウケルw
野暮なチャンバラごっこを見せなくちゃ面白くないとか言ってる奴、ガキでしょ。

グロシーンなんだけど
増えるワカメでギャグシーンになったとさ(´・ω・`)

作家の好みなんて人それぞれ。
好きなものは好き、それは決して間違いじゃないんだから。
20話と21話を1時間スペシャルなんかで通しで視聴してたらまた感想は変わったかもしれないと思いました まる

クソみたいなオリジナルBGMをこの回でも使いつづけたのはほんと最悪だった…まず才能ないよね梶浦や川井と比べるのは酷だけどさほんとにゼロのメンツはすごかったんだと実感した
回想と会話いれすぎてグダグダだし

映像は完璧そこにイチャモンつけれる作品なんかないしただ構成演出は下手くそすぎいちいち立ち止まりながら会話するんじゃなくて打ち合いながら問答すべきだった
なんかアルドノアの残念さ思い出した

こう言っては何だが、一番の不評の原因はワカメにあると思う。
場面切り替えはいいけど、あのシリアスな展開にワカメは余りにも浮いてた。
結果、全体的に茶番に見えてる所もあるとおもう。
原作でも浮いてたけど、ここまで酷くなかったきがする。

打ち合いながら問答とか笑っちゃうわ
ufoが作ってくれて本当によかった

そもそも戦闘しながらディベートを繰り広げるって物語の手法は、現実に当てはめようとすると無理があるんだよね。

リアルタイムではだれている気がしたけど、前回と続けてみると全然気にならなかったけどな
作風的には
死ぬほど頑張らせた人間を最後に突き落とすのが虚淵
死ぬほど頑張った人間を最後に助けるのが那須
作品としての性格は虚淵のほうが捻くれているけど、それが世の中を知った風なガキには受けがいい。根底にあるのは一緒なのに

原作からして意地と信念をかけた剣戟で盛り上がったシーンなのに
それをないがしろにして盛り上がらなかったんだから不評なのは当然だ罠

ここの感想見てなんとなく不満に思ってたことが分かった。とにかく軽かったんだ
先週は言葉も剣筋も重かったんだよ。自分も折られる勢いがあって、ラストの願いに演出抜群で反動が半端なかった

要所は綺麗だし〆の演出は満足だったから、剣戟を綺麗にではなく丁寧に描いて欲しかった
士郎が動きすぎって、そうだなと。これって演出の違いなんですね…。技術が上がってることやかっこよさは伝わったけど、逆に軽く見える…

きのこ作品が好きか、それともfateが好きなのかで評価が別れる回だろうな。
きのこ好きにとっては前回と並んで興奮しっぱなしなんだけどね。
とは言え、一週間置いたのは失敗だったと思う。並べて見たらもっとよかった。これ、boxとかで一気見したほうが楽しめると思う。原作もそんなんだし
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。