Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/stay night -UBW- 第20話『Unlimited Blade Works』 海外の反応

entry_img_304.jpg
以下Redditより翻訳



sotohan_UBW20_img003.jpg


・凛への触り方、言峰よりも慎二の方ががやらしかったな。   (不明)



Re:言峰は性的な意味で凛に障ったわけじゃないだろ。
彼はその手の喜びを持つことは出来ない。
彼が幸福を感じるのは他人が苦しむのを見る時だけだ。   (不明)


sotohan_UBW20_img005.jpg


Re:とはいっても妻子持ち。
続きは、ホロウ・アタラクシアで。   (不明)


tumblr_not7fqZfdo1qz64n4o1_500.gif


・エセ神父と呼ばれている言峰。
だが、このシーンの言峰は最もカトリックの神父に近い。   (不明)


sotohan_UBW20_img006.jpg


・言峰があっさり死に過ぎたのはしょぼい。
Zeroであれだけ活躍した敵がこんなにあっさりと死ぬなんて……。
言峰だって戦闘のプロなんだから、ランサーに気付かずに死んだって言うのはおかしいような。
彼ならもっとうまくやりようがあったと思う。   (不明)



Re:だからFate/Zeroを最初に見るなって言ったんだよ……。   (不明)


sotohan_UBW20_img007.jpg


Re:ほんと面白いよな。
先に見たかどうかに限らずそれがZeroの悪い所なんだよ。
この男が裏で糸を引いている事が明らかになり、しかもメインキャラの親を殺した犯人だった。
そうまでしておいて、今回みたいに単純に死なせて終わり?
ストーリーテリングとしてはクソみたいなものだよ。
これこそ僕がFate/Stay nightがアニメ向きだと思わない理由なんだよな。
3つのタイムラインによる3つの異なるルートがあって、ルート次第では重要なキャラがあっさり死ぬ。
だから、それを埋め合わせる前知識が要求される。
みんながDEEN版を嫌ったり、この作品もZeroほど好かれそうにないのは、全部のルートをやったうえで判断しないとうまく機能しないからだ。   (不明)


sotohan_UBW20_img008.jpg


Re:FateStay nightでは3つの異なるルートに別々のキャラの見せ場があるからな。
Zeroは群像劇としてそれぞれのキャラに見せ場を作りうまくまとめていたけど、こっちの作品はキャラの見せ場が各ルートに分散されてしまっている。
だから、思いもしないほどあっけない死に方を迎えてしまうキャラが出てくる。   (不明)


sotohan_UBW20_img009.jpg


・え、何? ちょっと待って?
言峰はまだ死んでないだろ?
みんなランサーアニキの事ばかり話してるけど、でも言峰がここで死んだら
彼がFate/Stay nightでやった事はこれで全てになるんだけど?
これまでずっとFate/Zeroと比較するような事は嫌いだったけどさ、でも言峰が為してきた事を考えると、この結末には落胆せずにはいられないんだけど……。   (不明)



Re:まぁルート分岐作品の問題点の一つだなぁ。
Zeroの視聴者からしてみれば、UBWの言峰の扱われ方は大変な侮辱とも思われかねないだろうね。
でもUBWは本当に士郎が凛やアーチャーと共に潜り抜ける自分探しの旅を描いたものだからしょうがない。
カッコいい言峰が見たかったらHFルートがおススメ。   (不明)


sotohan_UBW20_img010.jpg


・凛はすべての悪い男が欲しがる女だからな。   (不明)



Re:ランサーや士郎を悪い男で済ませるのか?   (不明)



Re:もちろんだ。
だって、なんだかんだでランサーは最初士郎を冷酷に殺そうとしたからな。
それに慎二が凛にした事が悪い事だっていうなら、士郎はもっとすごい事を凛にする。   (不明)



Re:Ufotable、頼むそのシーンをくれ。   (不明)


sotohan_UBW20_img011.jpg


・この世代は前回の聖杯戦争よりも強いとされてるんだよな?
じゃあ、凛はこの時点で父を凌いでいると言ってしまっても大丈夫だろうか?   (不明)



Re:凛ははるかに素晴らしい魔術師になる潜在能力を秘めているよ。
彼女の実力は歴代の魔術教会の中でもTOP100に入るぐらいの力はあるだろう。   (不明)


sotohan_UBW20_img012.jpg


Re:そうだよ。
凛は容易に時臣を凌ぐだろうよ。
彼女は生まれながらにして才能に恵まれ、たくさんの魔術属性を行使する事が出来る。
一方で、時臣は火しか使えない。   (不明)


sotohan_UBW20_img018.jpg


・ランサーは価値のある教訓を与えてくれたな。
もし死ぬことが分かってるならカッコよく逝く方が良いって事だ。
慎二のシーンは愉快だったよ。
ちょっと突っついただけで、慎二は悲鳴を上げて逃げて行った。   (不明)


sotohan_UBW20_img020.jpg


・慎二はランサーの槍に貫かれるに値しない。
あんなのほんの少し突いただけのもんだ。   (不明)


sotohan_UBW20_img021.jpg


・純粋に純粋に戦いを楽しみたくて聖杯戦争に応じたランサー。
最後の相手がこんな相手だなんて……。
まぁそれでも死に際はかっこよかったからいいけど。   (不明)


sotohan_UBW20_img040.jpg


・どっちが最高のアニキなんだ?
F/SNのランサーか、それともF/Zのライダーか?   (不明)



Re:両者ともに独自のアニキ度があるからな。
どっちはと言えないだろ   (不明)


sotohan_UBW20_img041.jpg


・ランサーこそが真のMVPだ。
安らかに眠ってくれ。   (不明)


sotohan_UBW20_img026.jpg


・ちょっとした質問なんだけど、アーチャーはすべてのルートの士郎の未来であるのか、UBWルートの士郎の辿った未来であるだけなのかどっち?   (不明)



Re:UBWルートの士郎はあのアーチャーになり得ないというのは明らか。   (不明)



Re:別に規定のルートの結末を迎えた士郎がアーチャーになったってわけじゃない。
語られてない未来の士郎がアーチャーなんだよ。   (不明)


sotohan_UBW20_img030.jpg


・士郎とアーチャーのシーンで流れた歌を知る必要がある。   (不明)



Re:Aimer - Last Stardust   (不明)


sotohan_UBW20_img034.jpg


・彼らが"I am the bone of my sword"って言うたびにその神秘的な詠唱にゾクゾクしちゃう。
でも、詠唱は全部唱えろよ!!   (不明)


sotohan_UBW20_img035.jpg


・Emiyaのフルリミックスバージョンは来週だと思っていいのかな?   (不明)



・今回まだアンリミテッドブレイドワークスのフル詠唱を聞けなかったのはなんだか奇妙な気分だな。  (不明)


sotohan_UBW20_img038.jpg


・僕のコメントはげんなりさせるかもしれないけど、でも見れば見るほどアーチャーの方が正しくて、士郎は甘くて頑固なだけに思える。
今回、士郎が自分の頑なさを認めたけど、それは直ちに士郎が頑なじゃなくなるって事を意味しないよね。
単に士郎が自分はそういう奴(愚か者)だって気付いただけだろ?
これなんか満足のいく解決法でてるの?   (不明)


sotohan_UBW20_img043.jpg


Re:士郎はアーチャーが正しいと認めていた。
だから彼の夢は実現不可能だし借り物かもしれないってな。
でも士郎はアーチャーが忘れている事を指摘したぞ。
失敗すると分かっていても追い求めるだけの価値があるって事だよ。   (不明)


sotohan_UBW20_img044.jpg
sotohan_UBW20_img045.jpg


・今回はセイバーが切嗣の望みに気が付いたって事でいいの?
これまで切嗣がすべてを救おうとしてきた事にセイバーが気付かなかった事でどのように感じるのかを想像してみようじゃないか。  (不明)



Re:いや、セイバーは切嗣が何をしようとしていたかをちゃんと知っていたよ。
アイリがちゃんとセイバーに伝えていたでしょ。
セイバーが納得いかなかったのは切嗣の勝ち方。
あれは騎士道精神に反すると考えた。
そしてそのせいで切嗣に対して疑いを持ち始めただけ。   (不明)、


sotohan_UBW20_img047.jpg


Re:ていうか、切嗣は全てを救おうとはしてないぞ。
彼は少数を殺す事によってより多数のものを生き残らせようとした。
彼にとって結果は手段を正当化するものだった。
まぁ、セイバーは切嗣のやり方に納得は出来ないとしても、多少は理解する事になったんじゃないかな。   (不明)



Re:セイバーもやって来た事なんだけどね。
当時の戦争に勝つために少数の村を犠牲にしたり。
彼女もまた王として国を保つために小数の犠牲を払って来た。   (不明)


sotohan_UBW20_img048.jpg


・本当の望みが無いのに、人々を救うのはむなしい事だというアーチャーのスピーチはどうやらセイバーの痛い所を突いたようだな。   (不明)


sotohan_UBW20_img049.jpg


・アーチャーが士郎の理想の欠点について話している時、セイバーにもカメラが当たっていた所。
あのシーンはZeroの時の事を思い出していたんだろうな。
自分の理想がライダーに馬鹿げた理想だと叱られたこと、バーサーカーと戦った事など。
セイバーがちょっぴりめそめそしていたのは、士郎の未来がセイバーにとても似た物になる可能性に気付いてしまったからだろう。   (不明)


sotohan_UBW20_img050.jpg
sotohan_UBW20_img053.jpg


・士郎が若かりし頃の士郎に『その先は地獄だぞ』と言い、
そしてアーチャーが士郎に『その先は地獄だぞ』と言った所。
このシーンはめちゃくちゃかっけぇな。
今回のエピソードはランサーがかっさらって行ったけど、これらのセリフと無上の音楽が組み合わさって驚かされた。
士郎の掲げていた理想は達成しえないと諦めかけ、馬鹿らしい事だと士郎に思わせた。
だが、しかしだ。
士郎はそういう事では無いんだと気付いた。
まがい物の未来の言う事に耳を傾ける必要なんかねぇ!って感じ。
だからこそ、士郎はまた歩み出す事が出来た。
これは良かったよ。
今回のエピソードがどういう風にアニメ化されるかって事について百万通りぐらいの考えがあったけど、この発想は無かった。
Ufo、凄い奴らだ。   (不明)


sotohan_UBW20_img054.jpg
sotohan_UBW20_img055.jpg


・今回特に重要なのは回想の部分だな。
アーチャーに指摘された事は『シロウが切嗣に憧れているだけで、正義の味方がどういうものなのかを理解していないし、本当の動機を持っていない』という事だった。
だが、士郎は回想のシーンの中で、切嗣に救われる以前に、自発的に瓦礫をどけて自らもまた生存者がいないかどうかを確かめようと必死になっていた。
これは士郎の中にもちゃんと正義の味方の起源があったという事だ。
士郎はそのことを覚えており、アーチャーは忘れてしまった。
そこが士郎とアーチャーの違いを分ける事になるだろう。   (不明)


sotohan_UBW20_img056.jpg


・今回のエピソードはしばらくの間で、マジで最高のエピソードだった。
ついに士郎が自分の運命を受け入れながらも、後退する事を拒絶し、カッコいい所を見せてくれた。
自分の理想が実現不可能だと気付きつつも、それゆえに追い求める価値のあるものなんだ。  (不明)


sotohan_UBW20_img058.jpg


・オッケーこのエピソードを見終わったけど、入り混じった感情を抱いている。
士郎が答えを得たシーンはヴィジュアルノベルほど素晴らしくは無かったな。
これはおそらく、士郎のキャラの発展不足とモノローグ不足だと思う。
でもその一方で、あのシーンをそういうものとしてとても楽しむことが出来た。
とても良い試みだったよ。
それと『その先は地獄だぞ』ってシーンはとても意義深く感じた。
あれはとてもクールな追加シーンだったよ。   (不明)


sotohan_UBW20_img059.jpg


・AVALON!!   (不明)



・アヴァロンはUBWの前にFateルートをやるかZeroを見てないと訳が分からないんじゃない?
単独でUBWを見た場合、本当にどこからともなくなんかすげーのが出てきたって印象しか与えられないんじゃ……。   (不明)


sotohan_UBW20_img060.jpg


・士郎が自分の中にあるアヴァロンが切嗣が入れてくれたものだと知ったわけだが、彼が前回の聖杯戦争のマスターだって事にも気づいている?  (不明)



Re:まだ気付いてない。   (不明)


sotohan_UBW20_img061.jpg


・まぁ今回のエピソードは先にZeroを見て置けという何よりの証拠になったな。
セイバーの鞘の治癒能力の事なんてこれ単独で見てもさっぱり分からんだろう。   (不明)



Re:原作をやった方が良いと思う。
アヴァロンの効果はZeroよりも妥当な説明がされていたし。   (不明)



・ああ、そういう事だったのか。
だからあんなに早く治癒したんだな!
Zeroを見ていたんだけど、すっかり忘れてた。
このシリーズの継続性と相互関連性を愛している。   (不明)


sotohan_UBW20_img062.jpg


Re:まぁ、Zeroを見ていなくて、原作もやってない人はこの展開をご都合主義だご都合主義だと喚くだろうけどなw
『士郎強すぎるんだけど!』『治療するの速すぎるんだけど!』
『こいつプロットの鎧に守られてる!』とか言うんだろうな。   (不明)

*Plot armor:プロットの鎧。
キャラがどんなことをしてもプロット(物語の筋道)上、生き延びる展開を揶揄した言葉。
シュワちゃんが撃たれないし死なないのはこれがあるおかげ。




Re:士郎の治癒能力についてはエピソード1で触れられていたと思うけど。
そしてその驚異的な回復能力については度々言及されてきた。
Fateルートをやってなければ十分な理解は出来ないかもしれないけど、士郎が勝手に成長したわけじゃないってのは分かる。
だから僕としてはご都合主義と言う気にはならないけどね。   (不明)


sotohan_UBW20_img063.jpg


・誰か士郎が得た解答を5歳児でも分かるように説明してくれないか?   (不明)



Re:その理想が成し遂げられないものだったとしても、それを追い求める人生は美しく、その価値があると考えた。
アーチャーはそれを是が非でも成し遂げなければならない目標のように考えていたが、士郎は単にそれを何としても成し遂げなければいけない、目標のようには考えず、ただそうやって生きられるだけで十分だと考えたんだ。   (不明)



sotohan_UBW20_img065.jpg
sotohan_UBW20_img068.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

外人さんには、やはりこういう精神的な戦いというものが受ける傾向にあるみたいね
日本人だと、わかりやすいバトルに気が惹かれがちな傾向があるような?

逆に海外だと不評だったり理解できないって声のが大きいと思ってた
訳の取捨選択の関係かもしれないけど
字幕だから尚の事話が頭に入ってくるとか、そういう所もあるのかな
他のルートやシリーズを踏まえつつきちんと理解がされてるようで何よりだ

というか、海外日本とかじゃなくて歳くってる層の方がこういう精神的な高邁さを云々する戦いは受けるだろ
若年層じゃ人生経験が浅くてその意味することが理解や実感することができる奴は少ないだろう
個人的には映画版の方も観ていたからどういうアウトラインでお話しが進むのか知っていたけど
細かい演出面も含めてこのufotable版の今回のエピソードには涙が溢れたよ

fateは文学

日本で分かりやすさばかり求めるようになったのは極最近じゃね?
まぁそれもネットで声がでかい奴らが言ってるだけかもだが

>若年層じゃ人生経験が浅くてその意味することが理解や実感することができる奴は少ないだろう

そもそも対象が18歳以上の作品として世に出たからなぁ

しかし!切嗣が瓦礫除けて生存者探しているシーンを士郎と勘違いしちゃってる人がいるね!
誰か指摘してあげてるといいんだけど
士郎が出来たことは、立ち止まらずに進むことだけで、そうやって生き延びてしまったんだよ・・・

キャラの突然死はどのような事が起きてもおかしくないという緊張感にも繋がる3ルートあるからこその利点でもあるんだよなー
謎が残っている方が次ルートに対するモチベーションにもなるし

いや寧ろxメンとかヒーローアメコミがこんな感じよ。
ずっとしゃべってて戦闘シーンはひとこまバゴーンw
ナルトとかドラゴンボールみたいなのは日本にしかないんじゃね?

外国人さんにもようやくこういう精神的な戦いが受けるようになってきたって感じだね
外国人はわかりやすいバトルに気が惹かれがちな傾向が強かった

いや、4chanでは今回罵りまくってるよ

ただドンパチしてるだけの作品が10年以上も人気を維持出来る訳無いだろ

切嗣が掘り堀りしてるとこから光が溢れだして
士郎の胸が光り出すシーンで
あの光が切嗣の埋め込んだアヴァロンだと一発で分かった人いる?

今回がアニメ版で一番感動したんだけど
あそこもっと分かりやすくならなかったのかなーと思っちゃう

正直外人には今回受け悪いだろうなと思ってた
管理人が好評なコメントを拾ってるだけか?
アンサーは単に実力だけの勝負じゃない
ぶっちゃけアーチャーが本気だしたら勝負にすらならないで士郎は負けるだろう
精神戦だからな、しゃべってないで戦えってやつはまずどこが重要なのかも理解できてない

>士郎が若かりし頃の士郎に『その先は地獄だぞ』と言い、
>そしてアーチャーが士郎に『その先は地獄だぞ』と言った所。
>このシーンはめちゃくちゃかっけぇな。

ほんとなここはオリジナルで、デチューンすると聞いた時いくらきのこでも余計な事しないでくれと思ったが、土下座物だ。いやよかったよその後の丘で剣を引き抜く所も初期OPを思い出した

あの神曲は反則だろ。あの曲のおかげでどんどん問題が解決された気になるぞ。

とりあえず、回りくどく、わかりずらく、結末がキチンと明かされないアニメは
90年代後半から00年代にかけて多すぎるくらいあった。

今、やたらとわかりやすいものばかり放映されて、受け入れられているのはソレの反動と思ってる。


・今回のエピソードはしばらくの間で、マジで最高のエピソードだった。
ついに士郎が自分の運命を受け入れながらも、後退する事を拒絶し、カッコいい所を見せてくれた。
自分の理想が実現不可能だと気付きつつも、それゆえに追い求める価値のあるものなんだ。  (不明)

ゆえに理想たるアーチャーを打ち負かしにいこうとしているわけだ。
きのこが手を入れた今回と次回。期待しか湧かないな。

馬鹿な外人が何か語ってるけど、特定のサブキャラをないがしろにしたことが作品の完成度を下げるからUBW単体ではZERO以下?スト-リーテリングがクソ?
特定のキャラの扱いの差が許容できない一部のファンの意見が全体の人気を左右するとでも?
今回の言峰のあっさりした死が許容できないからUBWはクソだ!Fateはアニメとしてルートを分けてアニメ化すべきではない!なんて評価を下す奴が全体の評価の中で一体何割を占めるというの?その連中がいるからUBWはZERO以下になってるって口ぶりだが、頭は大丈夫か?

予想していたけど、やっぱZeroからFateを知ったニワカの外国人が多いな
原作やDEEN版を見ていたら、そこまで批判はしないと思うんだけど

とりあえず俺は最後の士郎の覚醒は良かったけど、あそこまで傍観する
セイバーは違和感あり過ぎて草生えたわ

士郎がいつもの服になってるだけでなんかうれしかった

予想通りの反応で笑った
日本と同じzeroから入ってzeroしか知らない人達が沢山いる感じだね
むしろ少数でも原作既プレイでちゃんと解説してる人がいることに驚いた

こっちでもzeroがー前作がーとうるさいのはいるからね
あっちと変わらん。まあちゃんと理解してくれる人がいるのはありがたいな
英語が話せればちょくせつFateについて語り合ってみたいもんだ

切嗣→人間 ランサー→サーヴァント これ重要

zeroを基準にして他人に説明する外人wwww

最近増えたのは、ゲーマーとなぜなぜ君。あと、過度な作画厨。

言峰vs真アサシンを見たときの未プレイ者の顔が今から楽しみだな

マジで綺礼死んだの?残念すぎる。アニメ化しないほうがよかったんじゃないの?

昔の、外人さんのアニメの感想と言えば、
「目がでかくて、きもい」「髪の色が変だ」からはじまって、「戦闘中の長い会話なんて不自然だ」「戦闘中の回想シーン、いらない」、日常回や溜め回なんて見ようものなら「何も起こらなくてつまらなかった」「アクションが無くてつまらなかった」「空のシーンが長い」(DB限定)等の感想が定番だったが、ここ最近はそんなことも無く、脚本や演出面まで理解し評価する感想が確実に増えている。
逆に、日本人のアニメに対する感想はどんどん表面的な評価が増えてきている。これは嘆かわしい事体だと思う。
俺は長い間アニメファンをやってきた40代だが、80~90年前半のアニメファンは、もっとレベルが高かった。今の若い奴は、もうちょっと、頑張れ。

>切嗣→人間 ランサー→サーヴァント これ重要

いや悪いけどその説明は分かってるふりしてるヤツの口からしか出ない言葉だぞ
サーヴァントを瞬殺できる人間なんてあの世界に山ほどいる

そもそも言峰はアンリの心臓のおかげとはいえハサンと対等に戦ってるし

fate/zeroもそうだったけどUBWも声優陣はおっさんとおばちゃんだらけってのがうそのようだw
声優はすごいな
ほんとに15,6の声に聞こえるから

個人的にはあまり良いとは思えなかったけど
演出や描かれ方は良かったけどそもそも士郎とエミヤってこんなに心を通わせてたっけ?

独白ばかりで理解しようとせずに進んでいった印象しかないんだけど
HFの「しゃーねーから付いて来い」的なのが唯一通じ合った場面だと思うんですの

日本じゃ信者とアンチの罵り合いで終わって
まともな議論ななんて成り立たないからなぁ。
やっぱり幼いころから自分で考え議論する教育と詰め込むだけの教育の差かな

日本でもfate世代じゃない若い層なんかは茶化してるやつ多いよね
過去の人気作にケチつけたくて内容しっかり見てないで揚げ足取りしてるやつ
話進んでないとか見かけるけど彼らの視点で見るアニメってつまらなそう

F/Zの原作の最初の、この世の誰もが幸せであってほしいと、そう思ってやまなかっただけをカットしてたから、イマイチ繋がってない人がいるみたいだ

サーヴァントを瞬殺できる奴が山ほどいるとかは大きく出過ぎ
言峰vs真アサもほぼ言峰がカウンター取れること知った上で動き止めただけだしそもそも真アサは自己回復もできないレベルのサーヴァント

アーチャーと士郎の世界線は違うんだろうな。

先週
「セイバーは凛を助けに行けよw」
→助けに行ってたらアヴァロンによる回復が無く士郎死亡

今週
「セイバー棒立ちw」
→割って入って邪魔したら、本当に満足なのか?

先週のイチャモンは結果論に過ぎないから仕方ないとしても
今週のイチャモンは本当に文句言いたいだけで頭使わないんだなという印象

今時の人気作にケチつけたくて内容しっかり見てないで揚げ足取りしてるオッサンもいやだけどねw
昔のアニメはどーたらこーたらって
ちゃんと見てないか新しいモノについてこれないだけだろ
俺もいい加減オッサンだが見苦しいんだよ

良い歳したオッサンが鸚鵡返しみたいなこと言っててワロタ

翻訳お疲れ様です

声優さんたちの演技が良かった
映画も楽しみだ

>日本じゃ信者とアンチの罵り合いで終わって
>まともな議論ななんて成り立たないからなぁ。
>やっぱり幼いころから自分で考え議論する教育と詰め込むだけの教育の差かな

教育の話は的外れだと思うが、上2行については同感
型月関係は掲示板や動画の空気がとにかく悪い印象がある

ネットが手軽になったからアホが増えたってのもあるんだろう
セイバーが食い入るように士郎とアーチャーの問答に聞き入ってるのが好き

物事の本質に気がつくかどうかは、
そのアニメを見る姿勢の問題だと思うよ。パトレイバーがいい例だわ

>外人さんには、やはりこういう精神的な戦いというものが受ける傾向にあるみたいね
日本人だと、わかりやすいバトルに気が惹かれがちな傾向があるような?

全く逆だよ
外人こそアクションシーン至上主義だから
ここの訳が外人の感想のすべてだとは思わないほうが良いよ

>サーヴァントを瞬殺できる奴が山ほどいるとかは大きく出過ぎ

英霊が神話や歴史に絡んだだけの人間である事を忘れてない?
神や特例級がわんさか登場するエクストラは別として、
神は第四次、第五次ではルール外だから最高でも半神までだよ?
アルクならギルやヘラクレスを片手で捻れるし、ネロやワラキア、カレーは大抵のサーヴァントを瞬殺。さっちんはまだしもポエムやキシマ、やシオンやですらレスポンスでは並の英霊には負けてないよ。

上で言われてた人間枠なら式と青子が完全チートだし、橙子や志貴でも三騎士以外ならやれると思うけど。

つーか言峰ってアサシンとゾウケン倒してるけど型月の人類では弱い部類だから

zeroから入った身だからまったくもってfate世代じゃないけど、zero基準で語る奴にはイラつくくらいには原作好きだがね
原作やったかやらないかの違いだと思う。fateにおける作品の理解度って
zero基準で話する奴は一回原作やってみてほしいわ。正直fate語れる最低ラインがそこだと思う
でもノベルゲームなんざ海外じゃやりずらいだろうから、映像化に恵まれないだけというのを今回のアニメでUFOが証明してくれればと思ったんだが・・・
あとちょっとで及第点に乗れてないというのが正直な感想
原作超えは期待してないけどもう少し頑張れただろと・・HFは絶対うまくいってほしいし、監督変えるくらいはした方がいいかな

たまにはロアやパゼット、ゼルレッチのことも思い出してあげてください。

カレーがサーヴァント瞬殺できるとか嘘教えんなw
志貴なんざ魔眼が有効でも素の身体能力で並の鯖に瞬殺されるよ
知識が曖昧ならわざわざ言うな

>カレーがサーヴァント瞬殺できるとか嘘教えんなw
固まっている設定だけでも
・魔術的な才能で凛の遥か上
・ダメットが修行をし続けて成長しきった時に追いつけるかどうかという戦闘力
・素の戦闘力が全盛期言峰より遥か上
・殺しても死なない
・上記に加えてまだセブンがいる

これでもカレーの戦闘力が足りないと言うの?

あと志貴が虚弱なのは平常モードだけでしょ

為政者は大多数を救う為に少数を犠牲にする決断が必要な時があるけど、日本人は全員救おうとして結果的に多数を犠牲にしてしまう考えの人が多いと思う。
テロ事件や人質事件が起きた時に強く感じる。


シエルの魔力値はメディアより上ですよ

カレーがいくら優秀っつたって人間だからな?
サーヴァントの戦闘能力舐めすぎだろ・・・
>魔術的な才能で凛の遥か上
凛じゃそもそもサーヴァントと勝負にならないんで比較としても弱すぎ 言峰もそう
>ダメットが修行をし続けて成長しきった時に追いつけるかどうかという戦闘力
バゼットが鯖と戦えるのは戦闘能力ゆえにというよりはフラガラックという宝具の特殊性に依るところが大きい
>殺しても死なない
月姫本編でロアがやったみたいに串刺しにして固定すりゃいい
>上記に加えてまだセブンがいる
セブンがサーヴァント戦でそこまで有効と思えないんだが・・・当てらんなきゃ意味ねーしアレ

ある程度打ち合いができる時点で化け物とは思うが瞬殺できるって言葉に違和感あったんよ
あと誰が虚弱状態の志貴と比較した?万全の状態だろうが七夜の状態だろうがそれも含めた素の身体能力で言ってんだが・・・

実際zeroの方は後付けの外伝だしね。
zero基準とかいかにバカなのかわかる。

>為政者は大多数を救う為に少数を犠牲にする決断が必要な時があるけど、日本人
>は全員救おうとして結果的に多数を犠牲にしてしまう考えの人が多いと思う。

日本人の場合、考えって言うより責任を負いたくないから逃げてるように感じる。
良いか悪いかは別にして、少数を犠牲にするには当然その責任を負わないければいけないからね。

シエルで鯖打倒は難しいだろ
公式で出てる回答だけでも
・シエルは鯖に対して防衛戦レベルだし

>・ダメットが修行をし続けて成長しきった時に追いつけるかどうかという戦闘力
これは間違ってるよ、成長したらいい勝負になると言われてる

しかし某掲示板だけじゃなくここにもいるけど
セイバーが棒立ち、傍観してるだけに違和感ってなんなんだよw
セイバーがなんで凛よりもこの二人の戦いを見守るっていったのか解ってないのか?

その強さ議論はどっちにも正しい部分はあると思うけど
七夜の身体能力は並のサーヴァントに勝ると思うけど、サーヴァントを倒せるような決め手があるとは思えない。
逆に志貴が三騎士以外と戦えるというのは同意。
三騎士以外なんて士郎や凛すらまともに殺せずパゼットやマーボーに遅れをとるような連中だし、ちょっとズルいけど直死を初見で見破れる奴はそういないからね。
シエルザカリーマスターに関しては時代によって設定と考察も変わるからどっちの言い分でもいいと思う。
アルク、ネロ、青子、式は倒せる方に全面的に同意で異論は出ないと思う。

強さ議論は始めると終わらないからそれぐらいにしておけ。な?

大元である↓
>切嗣→人間 ランサー→サーヴァント これ重要
に対して人間だからという理由にはならないっていう目的は十分に議論したはず。そうだな?

ここは強さ議論がメインではない。そうだな?

個人的には、誰よりも騎士王様が精神的ダメージを受けていらっしゃったことに大草原でした。

アニメZEROとアニメUBWのみだと、切嗣、アーチャー、士郎、セイバーの関連性が情報不足でいまいち見えてないんじゃないかなと思うのだけど、どうなんだろう

鞘のこと、自分はいろいろネタバレみてるから問題ないけど
アニメだけの人は、ぼんやりとしかわからないだろうなー

凜は年齢を考えても、時臣を凌ぐだろうなぁと思うけど
実際どうなんだろな

式さんは刀持ってやっと防戦可能だと公式で言われてたはずなんですがそれは…
エクストラはは忘れなさい
あとさっちんが使えるという枯渇庭園は鯖に対してのジョーカーらしいよ

己の妄想と菌類の気分で変わる公式見解の好きな方を信じたまえwww

つーかきのこが書いてないZero・4次・extraみたいな
同人ゲームは話題に入れんなよww

どっちが戦ったら勝つかなんてストーリーをどう展開したいかで
いくらでも逆転要素組み込まれるんだから議論するだけ無駄

ただその展開を楽しんだもん勝ち

Extraはきのこ脚本では…?
なんできのこが脚本書いてるのに同人ゲーム扱いされてるの

・誰か士郎が得た解答を5歳児でも分かるように説明してくれないか?   (不明)

Re:その理想が成し遂げられないものだったとしても、それを追い求める人生は美しく、その価値があると考えた。
アーチャーはそれを是が非でも成し遂げなければならない目標のように考えていたが、士郎は単にそれを何としても成し遂げなければいけない、目標のようには考えず、ただそうやって生きられるだけで十分だと考えたんだ。   (不明)



正義の味方になることをを目的にした男と正義の味方になることを目標にした男差だね
目的にした方は結果裏切られ続けて失意し絶望したけど目標にした方は突きつけられた結果にこんなものかと納得し満足して幕を下ろした

きのこが執筆していなくても、きのこがOK出している以上は二次創作ではなく公式の「スピンオフ」だよ。

zeroもアポクリも、プリズマイリヤもね。

extraはきのこが書いてる。

Extraはきのこ作

ZEROは元々ホロウに入る予定だった作品ですが何か


いや、ZERO好きじゃないけどさ…
ま、後発作品であるのは変わらないんだけどさ
その結果今回の麻婆はあっさり退場ですけど

一言で言えば気の持ちようだな

>逆に、日本人のアニメに対する感想は
>どんどん表面的な評価が増えてきている。これは嘆かわしい事体だと思う。
それは世代による変化もあるし、欧米だと活字離れが問題となり、更には
日本のアニメを見る外人の大半はFPSやオンラインゲーム中毒者が多い。
つまり深い考察よりも浅い意見、単純にアニメを「暇つぶし」程度しか観ない
人が英語でああだこうだと批判している。しかも大半が10代の子供。

>俺は長い間アニメファンをやってきた40代だが、80~90年前半の
>アニメファンは、もっとレベルが高かった。今の若い奴は、もうちょっと、頑張れ。
俺は30代前半だが、ぶっちゃけ昔のアニメで割といい加減な作品は多かったぞ。
むしろ80年代から90年代はまだ作り手のアイディアが溢れていたし、
正直やりつくして、おまけに作り手のレベルも落ちているから、衰退している気がする。

あとここのブログはまだ良いよ。某ブログなんか承認制にして、外国人を批判する
コメントは載せないし、逆に外国人の考察を賛美するコメントしか載せないしね。

その管理人の信者曰く、「外国人を批判するコメントは荒れる」「差別になる」らしいがw
的外れな外国人の考察を鵜呑みにしろとか可笑しい。

>セイバーがなんで凛よりもこの二人の戦いを見守るっていったのか解ってないのか?

見守るという発想が4chanでも突っ込まれていたが「ただ立っているだけなら
セイバーはピンチになっている凛を救えよ」と外人から否定されてたけどな

ぶっちゃけ士郎とアーチャーの戦いでセイバーの間違いを気付かせる演出なのは
分かるけど、リアリストの外人からすれば「邪魔なだけじゃん」と思われても仕方ない
合理性を追求するのが西洋人だしな

日本ではお笑いブームになって久しいわけだが、あの悪影響として、とりあえず突っ込む、
と言うのが日常になってしまってるんだよな。解らないこと考察しないといけないことなどを考える前に
まず突っ込む、それで楽しんでる層が増えてきているのは確か。
作品の内面でを考えることを放棄して、わからんわ!何じゃあれ!と突っ込む。
それで救われてる作品も狙ってる作品もあるわけだが、やはり自分で考えないといけない作品は嫌われる傾向にあるとは思うね。

それに昔の作品はほら、円盤売る必要なかったしさ。良くも悪くも視聴者に迎合する必要がなかった。
で、クリエイターの本気度でかなりの差があったんだよね。適当に作っても真面目に作ってももらえるお金は一緒、と言うわけで。

そもそもzeroの人間勢って大した事ない奴が多い
空の境界の橙子、荒耶、「両儀式」、玄霧
月姫の志貴、シエル、七夜、キシmax、青子、バルトメロイ
魔法使いの夜の有珠
stay nightの腕士郎、剣製士郎、宝石剣凛、黒桜、バゼット
prototypeの愛歌
cccのキアラ

上記のキャラ達と比較すると数段は劣るよ

>日本ではお笑いブームになって久しいわけだが
もう廃れているだろ どんだけ情弱なんだよw

それにアニメの展開や演出に対して、揚げ足取っているのは外国人
やたらプロットを連呼しているし

>もう廃れているだろ どんだけ情弱なんだよw
それにアニメの展開や演出に対して、揚げ足取っているのは外国人
やたらプロットを連呼しているし

こちらの言わんとしてることを身をもって示してくれてありがとうw正に君のとった行動がそれだよ。
流行って久しいので日常化している、と言う論点を無視し、とりあえず自分的に引っかかったところ(これね。好き嫌いも含む)ここにまず突っ込むんだな。特に文脈も関係なく、部分的な所だけに突っ込んでくるから会話にならない。これ、最近ほんとに多い。個人的な読解力の低さ、だけではないと思う。

議論と言うのは相手の意見の意味を考え、それに対して自分の意見を言ってキャッチボールする事。
だが、自分の認めたい部分以外は拒否して、それ違うだろ!と言うのが会話のパターンとして定着しちゃってるんだよね。それ、芸人の話法が広まったせいだと思うね。
でも若年層は子供のころからそれが当たり前だから、特に何も思わず普通にやってる。浸透しちゃってるんだな。それが流行って久しいから日常化してる、と言う事。
そしてここまで説明しないと文脈を理解できない、または理解しようとしない。深く考えない。
そういう人が増えているから、内面を理解云々と言う作品が今一流行らない傾向があるんじゃないか、と言うことを言いたかったのさ。
あぁ、君が馬鹿だ、と言ってるんじゃないよ。ま、あくまで個人的な推察だけどねw

取り敢えず考えないで突っ込むのは外人も日本人も多いでしょ

>あぁ、君が馬鹿だ、と言ってるんじゃないよ。ま、あくまで個人的な推察だけどねw

まあ長文書いて悦に入っている奴にロクな人間は居ないな、あ、お前の事ねw

横からだけど、どっちも草まで生やして必死だな
みっともないからこれ以上は止めとけよ
喧嘩がしたけりゃよそでやれ、目障りだから

海外にも日本人以上にfateを愛してる人が大勢いて嬉しいね
ぜひ最後まで楽しんでもらいたいもんだ

>喧嘩がしたけりゃよそでやれ、目障りだから
まず「お笑い」とかずれた事言って、挙句の果てに長文で
ダラダラ書いてバカ丸出しの人間に指摘してやっただけだし、
お前が気にしなければ良いんじゃねえの?

>喧嘩がしたけりゃよそでやれ、目障りだから

おお、喧嘩に見えたか、それはすまん、関係ない人に不快な思いをさせたのは悪かったね。
普通に議論してたつもりだったんだが。

>まあ長文書いて悦に入っている奴にロクな人間は居ないな、あ、お前の事ねw

反論は大歓迎なんだが(違う意見ね)それができなくなった場合、会話を放棄して相手をけなすパターンも最近多いんだよね。
まさに典型的な展開だわ。相手を叩くのではなく意見を言ってくれ。
も一度言うが、芸人の悪影響、突っ込み文化っていうのはあくまで個人的な見解だが。

アルクェイドの強さは確かサーヴァント2,3人同時に相手できるぐらいってのが公式見解だったような(どの状態のアルクかは知らんけど)
あと凛は将来的には宝石剣作れるくらいだし父親より断然才能があるのは確かだと思う

>相手を叩くのではなく意見を言ってくれ。
嫌だね。あんたみたいなメンドクサイ奴ほど、こっちの意見を
聞かないし、議論したいと言うなら、2chで論破好きな変人とでも
相手に不毛な戦いに身を投じてくれや。自信あるんだろ?

ここのコメントアヴェンジャーいない?

今回凄くよかった。
よく分からないといってる奴は、感受性が弱いんだろう。
アレ以上分かりやすくはできない。ちなみに原作はもっとわかりにくいから。

つか外国人は精神的戦い結構好きよ。
古くは「るろうに剣心」なんかがそうだ。
どうも宗教的な視点から見てるような気がする。
だから日本人とはちょっと違う感覚。

>嫌だね。あんたみたいなメンドクサイ奴ほど、こっちの意見を 聞かないし

一言も意見言わないで、ただこちらをけなしてるだけの人間に言われてもなぁ
煽ってるつもりはないので喧嘩っぽくなるのは他の人にも迷惑。意見感想がないのなら、絡まないでスルーしよう。

海外の人達は言葉のハンデがあるからこそ、熱心に考察してくれてたりするしね。
日本は最近、上で語られてるように、表面上の面白さや丁寧で解り易いのが正しくて、難解なのは悪みたいになってたりするし
でも、すごい数が1クールでさっさと切り替わるわ、円盤売らないとだわ、製作側も解りやすい面白さでひきつけておく必要はあるだろうし、視聴者もこの状態に慣らされちゃってたりするんだろうな、とは思うよね。

昔は違法サイトで見ててまともに字幕もなかったから何言ってるのかわからなくても楽しめるバトル物が好かれていたのが、最近は公式に配信するサイトが出来て字幕つけるようになったからこういう精神的な戦いが受けるようになってきたね。

>アルクェイドの強さは確かサーヴァント2,3人同時に相手できるぐらいってのが公式見解
メルブラからの後付け(というか改変)設定で、アルクは相手よりやや上程度に能力制限されるから、サーヴァント1人なら楽勝、2人同時だと片方相手にしてる間にもう片方にやられるかも?くらいの強さ。
故にギルみたいに本人より付属物の方が強い奴とは相性が悪くて一対一でも負ける可能性がある、というとてもややこしい事になってる。

とりあえずFATEはコメント数がめっちゃ多いんだよ。
あちらの有名なアニメ掲示板のmyanimelist.netでも1話で1000はコメントがつく。
だからキチガイも多いんだよ。

アルスラーン戦記なんてコメント数80とかだしw

ぶっちゃけ日本でも海外でも浅い考えしか持てないやつはいるだろ

こういう海外まとめサイトでは深く考えてるやつの意見を出してるだけ
インターネットなんか今時サルでもできるんだからサルの意見が目に付くのは当たり前
そして悲しいことに世の中はサルだらけ

え?アルスラーンってそんなもんなの?
他の翻訳サイト見てかなり熱心なファンがいるなーと思ってたんだけど
ちょっとショックw

>>この作品もZeroほど好かれそうにないのは、

コメ欄が荒れ気味なのはぶっちゃけこれが原因
原作好きだけどアニメは自分も同じ意見だわ
このUBW何もかもがあっさり淡々としすぎ
兄貴のとこのパートもなんかなぁ...あっさり淡白
士郎とアーチァーのパートは熱かったけどね
あのレベルの演出と音楽をなぜ他の全キャラの散り際にできなかったのか
もっと印象的にできただろうという気持ちで一杯だわ

マーボーの死に方は、あんなもんで良かったと思うけど
zero意識し過ぎるから、なんだろという意見も出くるんだろうけど、zeroであれだけ暗躍したけど、UBWでは目的達成前に無様に死ぬ姿も因果応報の報いで良いと思うけどな。だいたい、人間がサーヴァントに勝てるわけないし
まぁ、ゾウケンとの因縁対決は次回に持ち越しという事で

あちらの有名掲示板myanimelist.netのコメント数は

響けユーフォニアムでコメントは200程度
血界戦線はコメント80程度(笑)
終わりのセラフは200くらい。
ダンマチは300程度。
俺の青春ラブコメ・・・が600くらい。
多分1000超えてるのはFATEだけかと。

これはあくまで最新話の数字で、最初はもっと多くて段々と減っていくんだ。
もう今クールは終盤なので大体このあたりの数字で最後まで行く。

ちなみにSHIROBAKOとかすげー人気が無かった。
日本限定の人気だった。

登場人物が多くて覚えられないということで第一話で切りやがったんだ、あいつら。

>的外れな外国人の考察を鵜呑みにしろとか可笑しい。

どこのブログかわかるけど、単純に荒れる書き方してるからだと思うよ
煽ったり、バカにするようなコメントしてない?
普通にこの外人の意見は違うってコメントしてる人もいるよ

承認されないからって敵視しすぎ

血界戦線おもしろいし、海外受けするかと思ったのに
そうでもないんかー

1話で切られたのかな・・

>嫌だね。あんたみたいなメンドクサイ奴ほど、こっちの意見を 聞かないし
お、そうだな?

言峰があっさり死にすぎで違和感というが、あの至近距離で白兵戦が得意の、しかも最速のサーヴァントが相手だなのに…。
裏を返せば、それくらいランサーが過小評価されていたということだね…かっけーとか言ってるくせに、ひどい話だ。

>> 綺礼の凛の触り方が性的ではないよ !

的確に心臓の場所を探っていたんだよね。

他の肉体を損傷させずに心臓を探すには、指で鼓動を確認してそして一気に取り出すんだよ。

でも「 ギル 」はチートな方だから、その必要がなかったんだよね w w

この回だけ何度も見てる
来週もきのこに頑張ってほしいな

翻訳や文化理解度の限界があるからな。
アニメの場合ダジャレも多いしなかなか理解しがたい部分もあるだろう。
分かりにくいものが受けないのは、海外ドラマに対する日本人も同じ。

ハリウッド映画でも外人が笑うべきところで日本人が笑わないので落ち着かなかったってよく言う。

零は虚ブチが設定無視して好き勝手やった結果だから・・・。
あれもうちょっと伏線とか設定とかにつなげてほしかったのに何も回収してなくて残念だった
まあ完全な別物として楽しめるけど

外人外人と一括りにして馬鹿にする時点で自分の程度の低さを物語っているということに気づこうよ。

>言峰だって戦闘のプロなんだから、ランサーに気付かずに死んだって言うのはおかしいような。
言峰を信用しすぎなんだよな……人間の中じゃ最高峰でも英霊が元になってる鯖と比べりゃ何枚も落ちる
zeroの令呪ヤング言峰ですら大英雄クーフーリンを撃破するのは不可能
気付いてようが気付いてまいがな

しかし、今更になってこの翻訳まとめてみてるけどやっぱりzeroを前提としてる視聴者多いんだな
zeroあってのSNじゃなく、SNあってのzeroなのに

>士郎は単にそれを何としても成し遂げなければいけない、目標のようには考えず、ただそうやって生きられるだけで十分だと考えたんだ。   (不明)

なんか好きだな、この一文
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。