Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/stay night -UBW- 第19話『理想の末路』 海外の反応

entry_img_299.jpg
以下MyAnimeListRedditより翻訳




sotohan_UBW19_img001.jpg


・成長した士郎を見れたのはいいんだけど、最後の際でさえ、肌が色白だし、髪も赤いのはおかしくない?
それじゃアーチャーのような風貌になった説明になってないぞ。   (女性)



Re:これじゃ魔術を使いすぎたせいで、肌や髪が変わっていったとこれ以上言う事は出来なくなるな。
やれやれだ。   (男性)


sotohan_UBW19_img002.jpg


・今回の士郎は元の肌や髪のまま、抑止の守護者になったけど、
誰か Fate/Extraのアーチャーについて言及している人はいないのか?   (男性)


Fate_Extra_Servant_Archer_01.png


・結局いつ髪の色が変わったのか分からずじまいだったな。   (男性)



・なんか回想シーンを嫌ってる人多くない?
アーチャーが人を殺しまわっていた所やセイバーのシーンも良く出来てたと思うし、
大げさに騒ぐほどの事じゃないと思うんだけど。   (不明)



Re:アーチャーの回想シーンは矛盾があるし、プロットの穴になるからだな。
契約の時は赤毛であるべきではなかった。
しかもテロリストを殺すって?お笑いだ。
抑止力は国ごと消しさえするものであって、単なるISISのようなテロリスト如きに使われるものじゃない。   (不明)


sotohan_UBW19_img003.jpg


・おそらく、僕は少数派である事を自覚しているけど、今回のセイバーが取った行動が嫌いだ。
マスターを助けに行くという選択肢を取らずに、士郎と共に残って、しかも全く手を貸さないってマジ?
自分のマスターが誘拐されて、最悪の状況に陥って、それがランサーの死を招いた。
正直、このセイバーは凛の事をマナ用の道具として使っていて、ほとんど気にかけてないように感じるんだが。
なんだかこれはセイバーのキャラとしてはおかしいと思うし、ここのセイバーは全く認められたものじゃない。
少なくともセイバーは凛に対して、今もなお自分が士郎を助ける事が出来ている事、
そして自分の全力を取り戻せた事に関して感謝の念を見せてもいいんじゃないのか?
間違った事を言っているだろうか?
僕の眼にはとても自分勝手な行動に映るよ。   (不明)


sotohan_UBW19_img004.jpg


Re:おそらくセイバーは凛が本当の危険が差し迫ったら令呪を使って召喚してくれるものだと思ってるのでは?
悲しいかな、凛はここぞというところでうっかりするからなぁ。   (男性)



Re:つっても、凛の令呪はあと1個なんだが。
わざわざ、使わずに済ませる事が出来る事に対して消費させてどうすんの?   (不明)


sotohan_UBW19_img005.jpg


・ランサーのクラスってのは本当に辛いな。
あのラックじゃどうにもならんよ……。   (カナダ 男性)



・これマジでランサーを主人公にしたスピンオフ作品を作るべきだよ。   (アメリカ 男性)


sotohan_UBW19_img007.jpg


・Bro(アニキ)のルーンですら苦難から救ってくれなかった。
これがランサーのクラスのラックか。   (不明)


sotohan_UBw19_img055.gif


・最高の瞬間がここにある。
凛が慎二に叩かれた。   (不明)



・慎二が凛を引っぱたいた事によって奴の運命は確定したな。   (不明)


sotohan_UBW19_img009.jpg


・慎二はもう本当に小悪党っぷりが板についてるな。
この後の展開は全く予想通りだった。
それでもその瞬間はスカッとしたけどな。   (不明)


sotohan_UBW19_img011.jpg


・今回のランサーもまた、悲劇的な末路を避けられなかったようだ。
少なくともさよならの前に慎二に一発くれてやることは出来たけど。
どうしてランサーはこうも不遇なのだろうか。   (カナダ 男性)



・いっそ慎二がランサーになればいいんじゃね?
彼のネタ要因と死亡要因が合わされば生き残る可能性もある。   (不明)


sotohan_UBW19_img012.jpg


・クソ野郎の慎二でさえ、あのSランクの絶対領域を認めてしまったようだな。
だがその汚い手雑種の手で、至高の絶対領域に触った事を恥じろ。   (不明)


sotohan_UBW19_img013.jpg


・慎二のあの顔を見れた満足した><   (不明)



・慎二はここでランサーに殴られるためだけに存在したと言っても過言では無い。   (不明)



Re:慎二にはもっと苦痛が必要だ。   (不明)


sotohan_UBW19_img014.jpg


・なんでランサーは慎二を殴る代わりにぶっ殺してやらなかったの?
ランサーは慎二が金髪の男のマスターだって知ってると思うんだけど。



Re:ランサーは人畜無害な奴を殺さないから。
1話で士郎を殺そうとしたのは、士郎はマスターだとは分からなかったし、魔術師は神秘を秘匿するものだから、目撃者を消さないといけないからね。   (不明)


sotohan_UBW19_img015.jpg


・ちくしょう……。
ランサーは苦しみから解放されないのか……。
だが自殺するときでさえ、自分のスタイルを貫いてくれた。
ランサー、死ぬ前にどうか言峰を殺してくれ。
UBWの言峰は最低の言峰だ。   (男性)


sotohan_UBW19_img017.jpg


・おお、言峰はやっぱり生きていたのか。
だが、ランサーに何をしやがる。   (不明)



・ランサー、ノオオオオオオオオオオオオオオオオ。
ファッキュー、綺礼。
でも最後は鳥肌が立ってしまった。   (ドイツ 男性)



・ランサーよ安らかに眠れ以上に何も言えないんだが。   (スウェーデン 男性)


sotohan_UBW19_img018.jpg


・今回はアーチャーと士郎のシーン、そして凛やランサーのシーンを数分おきに切り替えまくっていたのが好きになれない。
集中の妨げになるだろ。
アーチャーが真剣な話をしてるのに、その度に慎二のシーンに切り替わって^o^こんな顔してたらそう思うだろ?   (不明)


sotohan_UBW19_img032.jpg


・言峰が生きていて、ランサーに自害させた。
めちゃくちゃ驚いたよ。   (男性)


sotohan_UBW19_img033.jpg


・今回の愉悦はZeroに比べるとまだまだ弱いな。   (不明)


sotohan_UBW19_img035.jpg


・この笑顔、守りたくならないか?  (男性)



Re:本当にこの神父はトロールだな。   (不明)

*Troll:ネットスラングで掲示板の荒らしや釣り行為をする人。


sotohan_UBW19_img036.jpg


・F/Zと関連付けてきたね。
このシーンはZeroを見てるものにとっては懐かしくて良い物だった。
起こった内容自体は既に知ってるから驚きは少なかったけどね。   (不明)


sotohan_UBW19_img039.jpg


・マジギレした遠坂はマジで怖い。
慎二がすっかりビビってるのを見たか?
あれは面白かった><   (不明)


sotohan_UBW19_img041.jpg


・慎二『やっべ……。遠坂って怒らすとあんなに怖かったんだ。よかったぁ、何もしなくて』   (不明)


sotohan_UBW19_img045.jpg


・ランサーが死んでしまった。
なんてこった。
しかもあの神父のおっさんは令呪持ちすぎじゃないか?   (アメリカ 男性)



・あの令呪の数を見たときの慎二の顔w
いいなぁ、僕も一個欲しいって感じの顔だ。   (不明)


sotohan_UBW19_img046.jpg


・製作者達はランサーには最も下らない死に方をさせたな。
あんなに素晴らしいキャラを壮大な戦闘も無しに死なせてしまうだなんてもったいなさすぎるだろ。   (男性)



Re:本当にベストキャラクターを無駄死にさせただけだったな。
なんてこった。
まるでF/Zのランサーの死では不十分だと言わんばかりだった。   (男性)


sotohan_UBW19_img048.jpg


・このエピソードでは待ち望んでいた多くの謎が明らかになった。
そしてついにアーチャーの正体が本格的に確定したな。
まぁそれは今まで散々伏線が張られてきていたわけだけど。
セイバーの正体やランサーのマスター、そしてランサーの運のステータス。
何が最悪かっていうと、これが原作でランサーのベストルートになる事なんだよな……。
他のルートのランサーの末路は……涙が出る。   (不明)


sotohan_UBW19_img050.jpg


・なんてこった。
ランサーが死んだ!
この人でなし!( You bastards!)   (不明)



Re:ランサーを殺す時のその台詞って、サウスパークのケニーのパロだよね?
言われてみれば、確かに彼がそう言われるのも納得出来るなぁw   (不明)



Re:使い始めたのはカーニバル・ファンタズムというアニメの中だけどね。
カーニバル・ファンタズムの中で、彼がまるでケニーのように毎度毎度無残な死に方をしていて、そう呼ばれていた。  (不明)


sotohan_UBW19_img019.jpg


・結局アーチャーって誰なの?   (不明)



Re:マジで言ってんの??
流石にここにきて分からないとかありえないんだが。   (不明)



・なるほど、分かった。
つまりアーチャーはセイバーだったんだな。   (不明)



Re:すっとぼけてるつもりかもしれないけど、ある意味その二人は共通点があるからなんとも。   (不明)


sotohan_UBW19_img020.jpg


・セイバーの回想が見られたのは良いんだけど、なんかすっかり付け焼刃って感じだね。
このルートではセイバーに関する掘り下げがほとんどされてなかったし、しかも回想自体短かった。
アニメのみの視聴者にとっては『だから何』って感じの中途半端なものに見えるんじゃないかな?
やっぱりそこが難しいんだろうな。   (不明)



・今でもアーチャーは切嗣だと思うんだよな。
あの正義の味方に関するトークは、切嗣なんじゃないかと考えさせられる。   (オランダ 男性)


sotohan_UBW19_img021.jpg


・アーチャーの主張は良く分からないんだよな。  (不明)



Re:あれはモラルの問題じゃないんだよ。
もし多数の子供たちの中の一人の孤児を殺す事が100万人の命を救う事になるんだとしたら彼はそれをやるって事。   (不明)



Re:その辺がストーリーを面白くしているんだよな。
はっきりいってこれは具体的な結論が出ない問題だ。
疑問が疑問を呼ぶ事になる。
そこにドラマが生まれるんだ。   (不明)


sotohan_UBW19_img023.jpg


・アーチャーは人々を殺していたわけでは無い。
魔女になる前の魔法少女を救っていただけだ。   (不明)


eDPbEVz.png


Re:『雑種よ、我と契約を結び魔法少女になる事を命ずる』   (不明)


sotohan_UBW19_img024.jpg


・抑止の守護者は今、ISISと戦っているんだな。  (スペイン 男性)



・抑止力がアーチャーにリベラルを殺させてたのが気に入った。
抑止力とはどうやらイルミナティの事だな。   (男性)



・ISISを倒せという抑止力。
つまりアラヤはオバマなの?   (男性)


sotohan_UBW19_img026.jpg


・結局アーチャーは記憶障害を偽っていたの?   (不明)



Re:そうだな。
最初から彼は自分が誰かを知っていた。
事細かには分からなかったかもしれないけど、でも十分覚えていただろう。   (不明)



Re:最初は本当に分からなかったと思うけどな。
凛がめちゃくちゃな召喚をしたのは事実だし、でも緩やかに分かっていって、それを明かさない方が良いと判断したのだろう。   (不明)


sotohan_UBW19_img029.jpg


・正義の味方とかすべての人を救いたいとかちょっと使われ過ぎだよな。
頼むから自害してくれ、士郎。
何かすごい事が起こるのを見たいんだ。頼む。   (アメリカ 男性)



・このエピソードをかいつまんでいえば、『自害しろ。衛宮士郎』って事だな。   (ドイツ 男性)


photo2dhuu8.jpg


Re:誰かその画像の目にギアスのシンボルを書いてくれないか。   (不明)


WFrKHEq.jpg


Re:ほらよ。   (男性)



Re:お前らバカすぎw
マジ愛してる。   (不明)


sotohan_UBW19_img043.jpg


・もし士郎が自害しろって言われて「分かった、もう正義の味方になろうと思わない」って言ってたら大笑いしたのに。
そしてアーチャーが消滅する。   (不明)



Re:それでもアーチャーは士郎を殺そうとすると思うけどね。
士郎が英霊エミヤにならなくても、タイムパラドックスを作ろうとして、可能性を摘んでおくだろう。   (不明)


sotohan_UBW19_img030.jpg


Re:アーチャーは英霊エミヤになろうとする士郎を殺す事にしか興味が無いと思う。
もし士郎が理想を捨てて逃げ去るのなら、アーチャーの原型にならないだろうし、そんな士郎を殺す事はアーチャーの利益にならない。
そもそも、最初にキャスターに襲われた時、方向性がまだはっきりしてない時の士郎を助けたのは他ならぬアーチャーだしな。
その後、アーチャーとの言い合いで、士郎が理想に固執して、実質的なアプローチを拒絶した士郎をアーチャーが殺そうとした。
それはアーチャーが過去にやってきて、後悔してる生き方だったから。   (不明)


sotohan_UBW19_img051.jpg


・このエピソードはなぜ僕がFateシリーズを好きなのかを示してくれた。
アクションでもない、キャラでもない。
そこに秘められた哲学なんだよね。
士郎の目的はヒーローになって人々を救いたい事だ。
そして彼は成し遂げた。
でもその過程で、彼は殺しに殺しを重ねた。
人間性を滅茶苦茶にするやつらを殺しまくった。
そしてその結果士郎はアーチャーになった。
士郎は周囲のだれにも涙を流して欲しくなかった。
だが、残りの彼の人生は涙を流す人しか見れない状況になった。
そんな事をもう続けたくはないから、彼は自分を抹消しようとした。
だが守護者になった彼は人間を超え、自分の意思では死ねなくなった。
だがそれでもアーチャーは0.00000001%のチャンスを待った。
そして彼は聖杯戦争に呼ばれた。
今のアーチャーは正義の味方になる事が間違いだと信じている。
だが、士郎は行動が間違いだとしても、理想はまちがってないと信じている。
理想に準じるという考えは本当に崇高なものだ。
そしてセイバーもまたアーチャーの後悔に似たようなものを持っているからあそこにとどまったのだろう。   (不明)


sotohan_UBW19_img052.jpg


Re:セイバーがあそこにとどまったのは、二人のうち勝者に料理を作ってもらわないといけないからだろ。   (不明)



Re:体は包丁で出来ている。
血潮は鉄で、心は炎。
幾度となく料理を作り無敗。
飢えを知らず
満ちる事を知らず、
故にこの舌に意味はなく
その身体は無限の料理で出来ていた。
UNLIMITED CHEF WORKS――アンリミテッド・シェフ・ワークス   (不明)



Re:うまい。  (不明)



Re:ごちそうさま。   (不明)


sotohan_UBW19_img054.jpg


・この状況の問題は両者ともに間違っている事なんだよな。
アーチャーは自分の受難の憎しみに目が曇っていて、自分が為してきた本当に価値のある部分を見てない。
一方で士郎は10年生きてきた自分の理屈を無視する事が出来ないでいる。
だが、士郎が理想を貫けるかどうかなんて最期の時まで分からないんだし、
士郎の反論は具体的な論拠に乏しくてアーチャーから見れば失笑ものなんだろうけど。
まぁそれを来週に剣で語るんだろう。   (不明)


sotohan_UBW19_img055.jpg


・アーチャーが士郎だと公式に明らかになったら聞きたかったんだけど、あの双剣は元々アーチャーのものなのかそれとも後から見つけてきたものなのか、どっち?   (不明)



Re:あの干将莫耶はアーチャーがコピったものだよ。
元々の由来は中国の鍛冶夫婦にある。   (不明)


sotohan_UBW19_img057.jpg


・このエピソードは音楽のボリュームがもっと必要だと思った初めてのエピソードだ^^   (男性)



Re:本当にな。
EMIYAの曲ではもっとボリュームを上げるべきだったよ。   (不明)


sotohan_UBW19_img056.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

かなりいいエピソードだと思ったけど未来の士郎の髪色は残念だったな。
前回の凛と再契約した瞬間のセイバーの演出もそうだけど、UFOは細かい部分への配慮が足りない。
士郎のキャラクター性は元々SN→UBW→HFと完成されていく物語だから
士郎の性分に反論が多いのは寧ろいい事だと思うけど

昔ディーン版を見た時、士郎という人物が自分的にワースト1キャラになった。
でもあれは原作を捻じ曲げてるんだ、2流会社と2流スタッフが駄目にしたんだ、という人があまりにも多かったので、そうなのかもしれないと思ってた。確かにクオリティひどかったしね。
今回のシリーズを見て、やっぱり間違いなくワースト1の位置は揺るがないと確信したよ。
まだ慎二の方が解りやすいし、愛すべき小悪党だな。
でもそうなのか?性格更に変わっていくのか。↑アニメ版しか見てないんでね。

守護者になって肌や髪が変わったんじゃないの?

今週と来週のエピソードは次週休みでもいいから1時間ぶっ通しで一気にやって欲しかったな

deenが言うほどクオリティひどいとは思わないな
それ言ったら後半始まってからのufoも大概だろ

魔術の使いすぎで髪や肌の色が変わっていったけど
契約前後について原作でふれられていたっけ?
契約後に無茶な使い方してあんなふうになったんじゃないの

守護者になって強大な魔術の副作用として髪や肌の色が変わった

元は髪赤いんだから最初はそのままでも全然不自然じゃない
批判してる人は原作や設定を知らないのに文句言ってる

アメコミ・ヒーローものでもこういう議論をやって欲しい。
白熱教室があるんだから本場のヒーローと正義について聞きたい。

士郎はもともと好き嫌いがはっきり分かれるタイプの主人公だし
どう思おうが好きにすればいいと思うよ
人気自体はかなりあるほうだけどね

髪の色の変化の具体的な時期は確定してないよ。
守護者の描写は確かにちょっとものたりないなぁとは思ったがそこら辺ははでな方でさじ加減失敗するともっとあれるしなぁ

士郎は好き嫌いがはっきりわかれるのはしょうがないと思う。まぁでもとりあえず最後まで見てくれとしか

最初のシーンは世界との契約のシーンであって、死ぬ前のシーンではないだろ

髪は魔術の使いすぎより、守護者に切り替わっての方が説得力があるな。

士郎に対して好き嫌いって意味ないと思う。
士郎は明らかにトラウマから精神に異常をきたしているし、
そうでなければ普通の人間があんな狂ったように正義の味方を追い求めない。
人間離れしすぎてるんだよなぁ。

冒頭のシーンは「死後を売り渡す契約」をしただけで
そこから死んで実際に守護者になるまでに
魔術の使いすぎで風貌が変化していく時間はいくらでもあるので
残念でもなんでもないんですけど・・・?

あと士郎という人物は原作登場以降数年経ってようやく人気が上昇してきたレベルなんで
アニメしか見てない人にはワースト1になっちゃうのもしゃーない
わかりやすく格好良いヒーロー主人公じゃなくて
凛のセリフにもあるけど「そういうやつがいてもいいんだ」ってキャラだし

原作未読だけどつまりアーチャーとは
聖杯戦争を生き残った後に世のため人のため戦ってたら大いなる存在のようななにかに守護者認定され英霊と似て非なる存在となり、様々な時代(このときその時代の宝具をコピー?)で同じく戦い続けていたら助けた人に裏切られ絞首刑にされて死後英霊になり絶望し過去の自分を抹殺する機会を待っていた、ってこと?

神様目線で「俺にもわかる最善手」というのを
登場人物がなかなか採らないから
そういう爽快感を求めて見てる人には向いてないよねこの作品
原作でもプレイヤー目線で「正しい行動」の選択肢を選ぶと主人公すぐ死ぬし

アーチャーは聖杯戦争後に士郎が正義の味方になるためにあちこち飛び回っていたときに、
自分の力ではどうしようもない惨劇があってそれを救うために世界に自分が死んだらその後にこの力を好きに使っていいから今力をくれ、みたいな感じで契約した

契約のシーンだがあのあとすぐに士郎が死んだってわけじゃないだろ
士郎の最後は絞首台っていってたじゃん


まああの描写だとそう誤解するのも無理は無いけどな
所々白髪にするとか、一部肌を黒くするとかした方がぜったいに良かったと思う

>原作未読だけどつまりアーチャーとは

なす世界観では、力をもった存在が世界と契約することで死後の安らぎを対価に奇跡を叶えられるという設定がある

救うことができない人を救う奇跡を叶え、世界から力を得て英雄となった士郎は
生前、戦いに戦って殺して殺しまくって世界を救って見せたが、その姿は誰にも理解されずに裏切りの果てに死んだ
そのことに後悔はなかったが、死後守護者としてあらゆる危機に召還されては
それに関わった人々を虐殺しつくし、消える道具として使いつぶされた

それによって理想は摩耗し己を憎悪したってわけ

・聖杯戦争終了後、世のため人のため戦ってたら、ヤバイ惨劇に出くわし
 自分の死後と引き換えに力を得て、惨劇を止める
 (この時点では回想シーンのような見た目)
・その後も世のため人のため戦ってたら(魔術使いすぎて見た目がアーチャー化してくる)
 なんか裏切られて処刑される
・死後、人類を危機から救う仕事を任されると思ってたら、結局危機の原因も人類だもんで人殺しばっかりのブラック労働でした。死にたい

作画と原作はいいが脚本と構成はかなりレベル低いよな

理解力がないだけなのに「「プロットに穴」とか言って欲しくないよな

うわ、外人はにわかばっかだな

>原作未読だけど

大体はそんな感じだけどアーチャーは裏切られたことに絶望した訳じゃない
死後守護者となったあと世界のために善悪関係なく脅威となる勢力、組織、人を殺しまくった
民の為、正義の為、理想の為に戦っていたとしても「世界」の脅威と「世界」というシステムが認識したら殺すために送り込まれる
守護者に自由意思はなく、ただの道具として殺し続ける
英雄っていうシステムに絶望したのよ

と解釈してる

>アメコミ・ヒーローものでもこういう議論をやって欲しい。
>白熱教室があるんだから本場のヒーローと正義について聞きたい。

既に80年代に、アメリカとソ連が冷戦時代の時にさんざんやったぞ
あとお前、ウォッチメン読んだ事ないだろ?

あれで如何にヒーローと言うのが偽善者なのか分かるぞ

日本人だって原作やってなくて見てる人間のほうが多いだろ。
10年前だぞ?
おっさんかよ

FateはUBWで熱血ヒーロー物やって、
次のHFでホラーやるギャップが面白い

アメコミも結構異端ヒーロもの多いぞ?

正当派ヒーローがもてはやされれば、その正義の偽善をつくアンチヒーローやダークヒーロー物が生まれてくるのはあっちでも同じ。

バットマンとかもそうだしな。

日本の場合誤った認識していても疑問に思い調べてる過程で分かったり、どこかでコメして他者から訂正されたりするけど
海外の場合情報少ないから訂正されずに固まっちゃうんだろうなー

まあ海外配信の翻訳に問題がある場合も多いみたいだけど

士郎を好きだという人がわりと多いのにはちゃんと理由がある
でもアニメ版だけ見てる人にそれを分かれなんていうのは現実的じゃないし傲慢だからなあ

理解力ゼロの馬鹿外人のコメントは翻訳する必要ないんじゃない?

テロリストらしき人しかいないのは微妙だったな
会話だらけで余計動きがなくなるとはいえあれは回想でやると陳腐になる場面

「自害しろ衛宮士郎」これは意味不明だな

>FateはUBWで熱血ヒーロー物やって、
>次のHFでホラーやるギャップが面白い

最初とこのルートで主人公が正義の味方になりたい、間違いなんかじゃないと
散々言わせておいて「正義の味方はやめるヒロインの味方になる」だもんな
最初はズコーだったよ
今なら受け入れられるが、映像化するとなるとこの部分も批判されそうだな

一応アーチャーのセリフにあるけどね
人類全体にとっての悪を犯すのは幸福から滑り落ちる弱い人間だ。
本当は救いたかったその人々を粛清する機械になったことを激しく後悔している、と。
喩えるなら、桜が黒化したらUBWルートのアーチャーなら殺さざるを得ないという結論になってしまう

だからこそHFへと続く「覚悟」が士郎にあるのかどうか確かめる必要があるのだろう

あの回想だと弓矢でISIS狩りしてただけになるな
なんだかなぁ…

守護者の仕事の割には、ちっぽけな団体しか相手にしてなかったな
あの程度の有象無象が何をしたところで、人類の危機になるとはとても思えない

ここまで見てきて士郎が好き嫌い云々て話出るのがなー
物語の根幹担ってるとこよく探ればどういうことを描いてるのかわかるでしょうよ

ゲームだとセイバーとの修行シーンが多いし、二人の会話も多いからな
セイバーと士郎の絆もよく分からんのだろうな
二人の絆を感じさせるセイバーのセリフも省いてるし

ランサーが死んでると思ってる人は来週びっくりするだろうなー。
あと、bgmは海外の人も小さいと思ってるんだな。もっとあげていいと思うんだが。

※2
桜を助けるために理想を捨てて最終的にセイバーを殺すことになる

逆に考えるんだ。最悪の事例だけは守護者達が食い止めてるからこそ、世間での認識が「テロとか大したことない」という程度で済んでいるんだと。
しょぼく見えるかもしれないが、そもそも前提として「現代じゃ金持ちが力を入れて森林伐採しただけでも人類の危機を起こせるから、世界を一度や二度救ったくらいじゃ英雄にはなれない」というのがあることを忘れちゃいけない。

原作に狂った英雄って書いてなかったっけ?

>最悪の事例だけは守護者達が食い止めてるからこそ~

守護者が派遣されるのは、事態が人の手に余る状況での
最終段階って設定じゃなかったっけ?
それに古代や中世くらいの時代もちらほらあって
人類の危機ってのは無理がある気がする

ここのコメントみてて思ったし、俺も勘違いしてたタイプなんだが

士郎が世界と契約したのって死ぬ前とは言わないにしても人間としての人生の最後の方の話じゃないのか?

最後に力尽きて、どうしようもないから契約したって思ってた。

ぶっちゃげあと10年は生きるのに世界と契約するとかだったらおかしくね?

だから自分としてはあの段階の士郎の容姿に変調をきたしているべきだと思った。

そもそもHFルートみたいな感じで投影ぶっぱしてたら絶対すぐに変調きたすと思うんだよな。
その後も魔術使って正義の味方しようとしてるならなおさら。

だから、あれは死の間際じゃないから外見変わってなくてもいいだろって言われてもイマイチぴんと来ないっつーか。

やっぱあの契約のシーンは褐色肌と白髪であるべきだったよ。

有象無象って言ってるが、言うたら聖杯戦争だって有象無象の7人の魔術師(遠坂凛という特例を除き、個人で根源に辿りつけない程度の魔術師)で、根源へのアクセスに気づかれて霊長の守護者が出張る事態になった際にコロコロするのは1人2人を宝具でぐっさりで終了だぜよ?

その時には国1つ程度滅んでたりしてて手遅れだし、根源開いた魔術師も悪人じゃない可能性があるだろうけど、霊長守護者は抑止としてコロコロするのは確定。
そういうのがアーチャーは嫌だったというわけだろうけど。


>管理者様
・なんてこった。
ランサーが殺されてしまった。
この人でなし!( You bastards!)   (不明)


→サウスパークのパロディをカーニバル・ファンタズムでやったことのコメントなので、一般的には"Omg, they killed lancer"は「なんてこった! ランサーが死んだ!」「このひとでなし!」かと思われます。

生前ならともかく、死後は無理やりやらされてるわけだし
もっとこうハルマゲドンでバーサーカーな感じでいいと思うわ

>最初とこのルートで主人公が正義の味方になりたい~

でもあの殺されかけた夜が士郎の転機になるって話だから
王の誇りを尊いと思うのも、理想をつらぬくのも理想を捨てるのもいろいろあっていいんじゃね
Fate UBWでは抱く理想と真っ向からぶつかる存在はなかったけど
HFではその理想に完全に反する存在とぶつかって葛藤するのが面白いし
何より、展開が完全にバラバラで言峰ですら一時的に協力関係になったりすることもあって飽きない

創作的にも幅がある展開によってIf物逆行物七騎全部他作品のキャラなど、いろんなもの出せる余地が生まれたしな

力不足だった若い頃だからこそ力を欲したんだろ
死後奴隷化契約すれば多少守護者補正かかって目の前の危機救えるけどどうします?てな感じで

ついにUBWの評価がCにまで落ちた

そりゃつまらねーもん仕方ない
原作なら盛り上がる所もアニメじゃ棒立ち会話が気になって会話劇としても微妙だ
Fateは映像化向いてないのか?ufoと相性悪いのか?
でも空の境界は面白かったんだけどな

自分を大事にしないやつ、そもそも命の秤にすらかけないなんて散々描写されてるっしょ
そもそも救える方法があるのに、命惜しさに投げ出すやつなら英雄になんかなってないわな

>アメコミ・ヒーローものでもこういう議論をやって欲しい。

まるでアメコミはこういう葛藤が無いような言い方だな。
映画のアベンジャーズシリーズでさえシビル・ウォーなんて鬱に
入っていくんだぞ…キャプテン・アメリカシリーズは特に時代における
アメリカの正義の変遷とか踏み込みつつエンタメしてる。
fateのシリーズ世界の多さとアメコミワールドの多さは結構親和性ありそうだとおもう。

同じ名前、三分で返信、四行レス
あっ・・・(察し)

勘違いするのも無理ないがあの契約のあと死んだんじゃないと思うよ
あの契約は死んだら守護者になるから力をあげるってものだから
あの後士郎は一生懸命がんばって髪と肌の色が変わることになるんだろう

>>まるでアメコミはこういう葛藤が無いような言い方だな。

実際、アメリカのヒーロー物も手かえ品かえでいろいろやってるよな。
アメコミとはちと外れるが、ハンコックっていう映画で、主人公が事件は解決するけど、その余波で街を破壊するから嫌われ者のクズヒーローとして描かれている物語を思い出した。

あの作品も単純に正義がもてはやされるのではなくて、普通の作品なら覆い隠されてる正義の副次被害に焦点を当てたなかなか変わった映画だった。

ヒーローが投獄されたりするし、まぁオチの転がし方が微妙だけど、そこそこ見れる作品だ。
日本語吹き替え版が棒読みすぎてゴミだけどな。
EXILEの誰かが起用されてたんだっけ。
声優はやっぱり偉大だなと思わされる作品だった。

でもまあアメコミは基本話は浅いけどな。浅いっつうか、話を間延びさせた結果、変な方向に持っていくっつうか。
そこら辺の話になると日本の漫画は最初期から大人の作者の主義主張の表現の場にもなってたから、少年漫画のクセにふざけたくらい重い話とかあるからなあ

でも世の中のフィクションのイケメンって結構「たとえ世界を敵にしてでもお前だけを守る」系の主人公がウケるからHFは成功すると思うけどね。

しかも皆を余すことなく救いたいという士郎の口からそれが語られて、エミヤが存在をかけてそれに手を貸してる訳だし。

あと丁度今回のシーンで多く語られた「ついてこられるか」に対比されるシーンとか、なによりFateのシリーズの始まりであるエクスカリバーvsベルレフォーンと対比される、最終決戦のベルレフォーンvsエクスカリバーオルタがあるから現時点でのキャラやストーリーへの批判的な意見なんてのは何処かしらで全部吹っ飛ぶよ。

>士郎の反論は具体的な論拠に乏しくてアーチャーから見れば失笑ものなんだろうけど。

これは違うだろうね
衛宮士郎と言う壊れた人間がどれだけバカバカしい理想だろうと
絶対に曲げずに追い続ける人間だと、誰より理解してるのは
他ならぬ「本人」のアーチャーなんだから

だから彼は士郎に自身の「末路」を示して、自害を促したわけだけど
その効果もどこまで期待してたかはやっぱり疑問だ

最初から「後悔はない」と言わせた時点でもう勝負はついてんだよ

アーチャーの勝ちだけどw

>おそらく、僕は少数派である事を自覚しているけど、今回のセイバーが
>取った行動が嫌いだ。
>マスターを助けに行くという選択肢を取らずに、士郎と共に残って、
>しかも全く手を貸さないってマジ?
                               (不明)

まあ、気持ちは分からんでもないが落ち着いてほしい。
士郎と凛を比べると、どうしても実力は凛が圧倒的で
セイバーからすれば目の前のアーチャーに士郎は負けるか、
自己犠牲で命を落とすのではないかと考えたんじゃないかな。

逆にワカメ(慎二)はすぐに凛を殺す事はしないし、セイバーも
救出できるor取引できる凛の方を助けるよりも、目の前で死にたがりの
士郎をほっておくのは危険だと、歴戦の経験から離れようとしなかったのでは?

ラブコメ目線だと言いたくないが、セイバーは士郎に恋をしてて、
単純に凛よりも士郎の方が大事だと思っているかも知れないが。

ワカメは本人以外は「人畜無害」判定だから、、、

セイバーは凛の圧倒的な(魔術師の実力以上に精神的な)強さを信頼してたからあの場に留まったんだと思うんだけどな
あ?慎二?羽虫が凛に何かできるわけねーじゃん?

あの場面でセイバーにとって何より重要だったのは士郎とアーチャーの対峙を通して自身の聖杯に託した望み(選定のやり直し)が本当に正しいことなのかどうかを見極めたかった
それに尽きるんじゃないのかな

>今回のシリーズを見て、やっぱり間違いなくワースト1の位置は揺るがないと確信したよ。
>まだ慎二の方が解りやすいし、愛すべき小悪党だな。

いや、原作やっても嫌う人は嫌うよ
意味わからん、気持ち悪い、こいつ!ってね
けどDEENは、その意味わからなさの表現をぶん投げて、
ただの勘違いフェミニストのあるある熱血キャラにチェンジしてしまった
で、当時にアニメにわかに士郎が嫌われ一番大きな理由は、まさに、わかりやすく勘違いフェミニストでいるいる熱血野郎だったから、だ
だが、もしかしたらお前さんは、そのキャラ変すら貫通して、士郎の本質の1つである、普通には嫌悪感と混乱を招くほどの気味の悪さを掴んでたのかも知れんぞ
あーその場合は、好きになるの無理かもw
まあとりあえずは、このアニメの最後までは付き合ったってください
エログロだいじょぶなら、ついでにHFもね

来週、いよいよEMIYAアレンジがFullで聞けるのかな?(ワクワク

>成長した士郎を見れたのはいいんだけど、最後の際でさえ、肌が色白だし、髪も赤いのはおかしくない?

ある人達を救うために契約したのが若い頃、そしてそのまま闘い続け今の姿になってから死亡
全盛期は死の直前だからそちらの姿が選ばれる
ただそれだけのことではあるんだろうけど

分かりにくいってのは同意だし、以前このアニメの作中で
「体は剣で出来ている、それが英霊になった後~」って凛の台詞で
まるで生前はUBWが使えなかったみたいな印象を受けたし、全体的に混乱させる脚本だよな
実際は生前からUBW使い続けて皮膚が変色していった設定があるはずなのに

アーチャーが初対面時にバサカを殺した部分もカットで変なことになってたし
前話の、二度寝って言われてるアレもそうだし、組み立てが全体的に甘すぎるというか
初見さんお断りみたいな作り方な上に、原作やってた人すら混乱させる

BDで追加シーン盛りだくさんで色々カバーもするんだろうけど、正直言って褒められない

単純に演出が下手すぎる
原作云々の前に一つのアニメとして不出来だしつまらないわ

>ここのコメントみてて思ったし、俺も勘違いしてたタイプなんだが

いや、士郎の魔術回路単体じゃ、見た目が変わる程の大魔術をポンポン使用する事は出来ないでしょ。
セイバールートの時は、アヴァロンの存在もあってセイバー関連の物を投影する事は出来てたけど、基本的にはどのルートでも、凛の燃料タンクを共有してもらうとか、アーチャーの腕を移植されるとか、外部からのブースト要因があって初めてまともに使えてるわけだし。




紙芝居そのまま映像化しましたって感じでね
原作通りに作ってるつもりなんだろう

>あの場面でセイバーにとって何より重要だったのは士郎とアーチャーの
>対峙を通して自身の聖杯に託した望み(選定のやり直し)が本当に正しいことなのかどうかを見極めたかった

おそらく外人からすれば、そこが「自己中な奴だなセイバー」と受け取ったかもな

これ→僕の眼にはとても自分勝手な行動に映るよ。   (不明)

やっぱりつまらねぇよなぁ。fateって。
どうでもいいことを小難しく言いってるのを理解できる俺かっけー!
って思える奴にしか魅力が無いんだろう。

もう少し何とかならんもんだったのかねぇ。
”正義の味方”なんてものはそういう存在だってどこかで割り切るだろう普通

ランサーの見せ場は来週まだあるよ。かっこ良すぎてランサー株がまた上がるんたけどな。他のサーヴァントが死んだ時の状況みんな見てないのかな。マーボー油断し過ぎ、師匠のうっかり病に感染してるぞ

シロウは本編全部やらないと共感できないだけのキチキャラだしな
HF編でようやく人間らしくなり共感できる

壊れたロボに共感しようとする方がおかしい事なんだけどね
HFも人間になったというよりは別方向に壊れたようにしか
桜の木の下には死体が埋まってる感じでとてもいい最終回とは思えなかった
あれがきのこのいうグランドフィナーレなのかと
HFはノーマルエンドの方がまだスッキリする

士郎に共感できた事なんて一度もないけど
それでも来週やるであろう
間違いじゃないって言い切る士郎がなぜかとても好きだった
デチューンするって事はだいぶ内容も変えるんだろうな、あのシーンが好きだからできればそのままやってほしかったのだが

絵は綺麗だけど原作にあった熱さが足りない
まあ、あの文をそのまま映像にするのはなかなか難しいよね

最初のシーンは契約前だから髪の色はあれでいいんでしょ?

>正義の味方なんてものはそういう存在だってどこかで割り切るだろ、普通
そういう「正義の味方」を望んでいたわけじゃないし、割り切れないのが士郎なんでしょ
それはおかしいって散々周りに言われてるのが士郎なのに
そこに文句ってなんなんだ

まぁ世界に通用させるには、脚本をもう一度再考する必要があったかな、と。
そこはスタッフが見直して次回作に生かしてくれれば良いです。

士郎がきらいって人がいたほうが士郎冥利に尽きるんじゃないかと思うんでいいな
あえてそういうキャラなんだし
逆に慎二とかは共感を得すぎてはいけないのでわかりやすい小物キャラにグロエロ描写が足されている
あの世界で他者に対するやさしさを持って行動しているキャラのほうが実は変人(褒め言葉)というのを際立たせるための小物

俺は士郎好きだけどね。
基本的に楽しんでアニメ見てるけど、
抑止力の描き方はかなり酷い。
ufoはきのことか型月に抑止力ってどういうものか
聞いたほうが良かったんじゃねえの。
何か誤解してる気がする。

結局、より多くの幸福のためには少数の犠牲は仕方ないという合理論と、少しでも犠牲が出るのは許せないという理想論の対決という超絶手垢まみれのネタ。
日本の漫画アニメゲームはこのネタやりすぎ。ろくな引き出しがない書き手のお茶濁しにしか思えない。
で、アーチャーは前者に同意納得して守護者になったんじゃないのかよっていうねwそれまで散々修羅場見てきただろうに。これがアーチャーの矛盾点というか突っ込みどころであり、だから外人もよくわからんって言ってるわけで。

しかし2期に入ってからアニメとしては実につまらんな。凛ルートは後半口喧嘩ばっかでアニメ化向かないのはわかってたけどさぁ、それを差っぴいても酷い。原作のだらだらしたところは助長し、一方で肝心なところは落とすというね。今回のアーチャーの士郎風台詞とか。
凛ルートは所見置いてけぼりなのは明白なのにそれを補うアレンジは一切しないくせに、要らんオリジナルはふんだんに盛り込むし。

2クール目になってからほんとつまらん
次回も駄目なら見る必要もなくなる

じゃあこれはもう僕のもの
とか言って両手を広げてる慎二がプリティすぎて草不可避

合理論と理想論の対決ってより
夢を形にしようとするものと、壊れた幻想の対決だろ

>夢を形にしようとするものと、壊れた幻想の対決だろ

いや、そうじゃない気がする。アーチャーはどちらかと言えば
「守護者」としての立場にうんざりし、その元凶は士郎と思いこみ、
士郎は士郎で「俺の人生や価値観をアーチャーに決められたくない」と
自分を曲げたくないだけだと思う。

まあ、第三者の目線で言えば「二人とも面倒くせえ」と思うw

赤弓も士郎も結論だけ言えばサバイバーズギルトって精神病だからな
歪み方が判りにくいというか、ステータスグラフに実は奥行が存在してたというか
あと赤弓も士郎も理想論側だからね?

結局、より多くの幸福のためには少数の犠牲は仕方ないという合理論と、少しでも犠牲が出るのは許せないという理想論の対決という超絶手垢まみれのネタ。

切嗣の物語ならそのテーマかもしれんが士郎の場合は違うな
その理想は本物か偽物かということだ

髪の色なんか原作を読んでない俺でさえ、まぁここでは語られない様な恐怖を伴う事を経験したのだろう、と軽く流せるのに、つまらない重箱の隅を突付いたり、ストーリー理解不足で不満を言ったりして、本筋を楽しめない連中ってのは不幸だと思うよ。
アニメの楽しみ方を間違えているし、そんなつまらない事ばかり気にしてるから本筋が理解出来ずに別の不満が生まれるんじゃないの?とさえ思う。
要するにIQが低い。
って言うか、不満を見つける為だけに見てる様にさえ思える。
じゃなかったら自分の理想と少しでも違うとブー垂れたりね。
様々な登場人物、様々な価値観を楽しむと言う心の余裕も無いのだろう。
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。