Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/stay night -UBW- 第13話『決別の刻』 海外の反応

entry_img_274.jpg
以下myAnimeListRedditより翻訳




sotohan_UBW13_img001.jpg


・僕は今本当に幸せだ。
UFOTABLEの名作が帰って来た!!
ようやく今、春アニメが本当に始まったと言える。   (不明)



・長い事待ちくたびれた。
だがやはりufotableには失望させられない。
素晴らしいビジュアル、そして驚きの音響、偉大なOP、そして彼らはファンサービスの与え方という物を知っている。
凛の絶対領域とか。
そして戦闘シーン好きに対するファンサービスもあった。   (不明)



・まるで昨日の事のように感じる。    (男性)


sotohan_UBW13_img002.jpg


・このエピソードでは士郎のキャラがとてもうまく表されていたと思ったよ。
とても素晴らしかったし、彼のキャラの進展に関する全ての出来事がうまく実行されていた。   (アメリカ 男性)


・唯一惜しまれるのは士郎が凛を探しているシーンだな。
バッサリとカットされていたからね。   (男性)


sotohan_UBW13_img003.jpg


・始まりのシーンで『Sorrow』が聴けてうれしかったよ。   (男性)


・今回のOPは1期のよりも良いね。
EDはそれほど好きじゃないけどな。
そして最初の方で『Sorrow』のリミックスを聞いたか?
とっっっても美しかった。   (カナダ 男性)



Re:確かにね。
もうちょっと聞けることを期待したい。   (オーストラリア)





Re:もうちょっと?
おいおい、あれはめちゃくちゃ良い曲だろ。
最初に聞いた時からすっかり気に入ってしまった。
そしてビジュアルも同様に輝かしいものだった。   (男性)



Re:本当にな。
EMIYAのテーマも聞けることを祈ろうじゃないか。   (カナダ 男性)


sotohan_UBW13_img004.jpg


・あのセイバーの緊縛シーン( ͡° ͜ʖ ͡°)  
マジかよ。
このエピソードはハチミツとミルクみたいだな。
マジで美しかったよ。    (セルビア 男性)



・可哀想なセイバー。
前かがみにさせられて縛り上げられるだなんて。   (男性)


sotohan_UBW13_img005.jpg


・OPのビジュアルは最高だった。
そしてセイバーが苦しむ顔とか……。
キャスターは面白いなw
本当にあれで言峰が死んだと思っているのかい?   (男性)


sotohan_UBW13_img006.jpg


・前期では葛木がキャスターがどこで何をしていようとも気にしないって言ってたのに今回の問い詰めはなんだか矛盾してない?   (不明)



Re:あれはなんていうかもっとこう『キャスターのやる事には関心があるけど、その過程でどれだけの人を犠牲にしようが気にしない』って感じだと思ってる。  (男性)


sotohan_UBW13_img007.jpg


・葛木があの場所に留まる事に文句を言う事は出来ないさ。
ぼくだってあの場所から離れたくないんだから( ͡ಠ ͜ʖ ͡ಠ)   (不明)


sotohan_UBW13_img008.jpg


・オーマイガッ!
間違いなくこのエピソードを愛している。
2期を始めるにあたってとても輝かしいものだったし、OPもEDも素晴らしく、凛は可愛すぎた。
確かにペースが速いが、でもそれは悪い事だろうか?
僕は全ての戦闘シーンを楽しんだし、同様に全ての会話も楽しんだよ。   (不明)


sotohan_UBW13_img009.jpg


・この番組にはもっとイリヤが必要だ。
更にイリヤを出す事が誰にとっても得になる事なんだよ。   (男性)


sotohan_UBW13_img010.jpg


・1期がまるで昨日の事のように感じるね。
あのEDのシーンのアーチャーにはいろいろと想像が膨らむよ
EDの曲については典型的なKalafinaの曲っていう感じでそれ以外に特筆する事は無いかな。
OPはとても良かった。
1期のOPよりも気に入っちゃったよ。   (オーストラリア 女性)



Re:2期2期って言ってるけど、これは別に2期じゃないよ。
これは1期の後半みたいなものだ。    (不明)


sotohan_UBW13_img011.jpg


・アーチャーの守護者としての夢のシーンは良かった。
そして凛に毛布を掛けてあげた所も。
凛のお決まりの質問に、お決まりの答えを返してやったところも好きだ。
そこからつながる裏切りのシーンも完璧だった。   (男性)


sotohan_UBW13_img012.jpg


・今回もまた素晴らしい壁紙素材が手に入った。   (不明)



・ちくしょう、アーチャーめ……。
キミのことは今まで決して好きじゃなかったが、これで君の事が嫌いになったぞ。   (男性)


sotohan_UBW13_img013.jpg


・ベストガールが帰って来たぞ!  (不明)



Re:イリヤのことだろ?
彼女はOPの中でちょっとしか映ってなかったんだけど……。    (不明)



Re:悲しい事にベストガールはキャスターに捕まっているんだが……。   (不明)


sotohan_UBW13_img014.jpg


・原作をプレイしてから久しいんだけど、このエピソードはなんだかとても大量の要素を飛ばしているように思える。
僕が間違っているのかな?   (不明)



Re:それほどでもないよ。
大部分は士郎が町中を歩き回って凛を探すシーンだからね。
少なくとも今回は重要なモノローグがちゃんと入っていたし、凛とアーチャーの会話もあった。
この日のシーンの重要な部分は全て今回あった裏切りの部分に集約されるだろう。   (不明)


sotohan_UBW13_img015.jpg


・アーチャーが一体何を考えているのかが気になるところだ。   (アメリカ 男性)


sotohan_UBW13_img016.jpg


・やっとか。
本ッッッッ当に長かった。
そしてこれから毎週の土曜日が楽しみになる事が幸せだ。
ただちょっとペースが恐ろしく早い気がしたけどね。
どういう風に計画を立てているのかが気になるところだ。
ただまぁ、ちょっとセイバーのシーンは居心地が悪かったな。
そして士郎のモノローグが増えていた事はとても喜ばしい事だけどね。    (不明)



・教会のシーンは一体何なんだ?
セイバーは本当に品位を傷つけられる様なポジションになったな。   (アメリカ 男性)


sotohan_UBW13_img017.jpg


・オーケイ、オーケイ。
誰か教えてくれないか?
Zeroの時もそうだったけど、なんでこのシリーズではアサシンのサーヴァントは役立たずなんだ?   (男性)



Re:何言ってんの?
アサシンはセイバーに一泡吹かせたじゃないか。   (不明)



Re:アニメには無いけど、ランサー、アーチャー、バーサーカー、ライダーから拠点を防衛する事に成功しているからな。  (男性)


sotohan_UBW13_img018.jpg


・アーチャーは今年一番の裏切り者だな。   (ブラジル 男性)



Re:アーチャーは最高な男だぞ。
馬鹿な子供たちに自分のいるべき場所を示し、家に帰してやったんだからな。
僕はアーチャーが一人で戦いに勝つ計画がある事に賭けるよ。
マジでなんてかっこいい男なんだ。   (ヨルダン 男性)


sotohan_UBW13_img020.jpg


・あそこって教会の地下なんでしょ?
だったらキャスターはあのビームをばら撒くべきではないと思うんだが……。   (不明)


sotohan_UBW13_img022.jpg
sotohan_UBW13_img021.jpg


・うーん、アーチャーの裏切りはちょっと良く分からないんだけど。
あのまま葛木を倒せばいいんじゃないの?
それですべてが終わったと思うんだけどな。   (不明)


sotohan_UBW13_img025.jpg


・みんな忘れてるかもしれないけど、キャスターはその気になればいつでも令呪を使ってセイバーを完全にコントロールする事が出来るんだからな。
事実として原作のバッドエンドの一つに士郎が早く来すぎてキャスターは躊躇いも無く令呪を使った。
そして最強の魔力を得たセイバーが全てを圧倒した。   (男性)


sotohan_UBW13_img024.jpg


・始まりはやや緩やかだったけど、あの裏切りのパートは完全に予想外だったよ。
でも凛を殴るシーンはちょっと尻込みしちゃったな。    (ポーランド 女性)


sotohan_UBW13_img027.jpg


・このエピソードにはたくさんの凛の素晴らしい瞬間があった。
そして士郎にも見せ場が訪れたね。
士郎が穏やかに自分の気持ちを伝えた所はいつもの鈍感な主人公よりも気に入った。
そして僕はこれからキャスターにまつわる歴史や神話を調べなければならないようだ。
メディア、彼女の名前は全く知らなかったからね。   (不明)


sotohan_UBW13_img028.jpg


Re:知らないならギリシャ神話を見ると良い。
僕も正確に覚えているかは分からないが、彼女は王女であり、アルゴー船団のイアソンがメディア王女を勝ち取るために迷宮に潜ってミノタウロスを討伐し、彼女と結婚した。   (不明)


sotohan_UBW13_img026.jpg


Re:いやいや、ミノタウロスや迷宮の神話に関係がある女性はアリアドネだよ。
メディアはアフロディーテがメディアをイアソンとの恋に落とさせた金の羊毛に関するストーリの女性だ。   (不明)



Re:オオゥ、混同していたようだ。
ありがとう。   (不明)


sotohan_UBW13_img029.jpg


・キャスターはポケモンマスターのサーヴァントなの?
おk、全員捕まえちゃえよ。   (男性)


sotohan_UBW13_img030.jpg


・アーチャーはなんというクソ野郎(butt hole)だ。

*butt holeは尻の穴という意味ですが、転じて人を侮辱する言葉として使われます。


sotohan_UBW13_img060.png
Re:その通り。
これを見れば分かるだろ。   (不明)


sotohan_UBW13_img031.jpg


・士郎が高い所から飛び降りたシーンでは感銘を受けたよ。
運動量によって転がってよろめいて、なんとか体制を立て直そうとしていた所がね。   (男性)



・士郎が落下するシーンは現実的だった。
どれだけ運動神経が良くても着地のときはよろめくし、うつ伏せに倒れそうになるからさ。   (男性)


sotohan_UBW13_img032.jpg


・凛とアーチャーの会話から裏切りのシーンまでがとても上手く出来たと思っている。
しかしながら教会のシーン自体は……うーん、なんていうかもうちょっとうまく出来たと思う。   (不明)


sotohan_UBW13_img033.jpg


・アーチャーの裏切りについては良く分からない。
あれ以上の事を何か裏があるのか疑ってみたけど、凛は本当に途方に暮れていたようだった。
だから事前の計画の一部ってわけでもないんだよね……。
つまりアーチャーが独断で決定したって事でいいんだよな?
でも一体どうやって来たるべき時にアーチャーはキャスターの手元から離れるつもりなんだ?
アーチャーには何らかの策があるんだろうけど、でも本気で凛を裏切って見せるのは彼のキャラに合わない気がする。   (不明)


sotohan_UBW13_img034.jpg


・戦闘は短かったけどとてもクールだった。
まぁアーチャーが裏切りを考えていたんだから、戦闘を長引かせる必要も無いからね。
凛を助けに現れたときの士郎はマジでカッコよかった。
何処からともなく剣を取り出すところは大好きだ。   (不明)


sotohan_UBW13_img035.jpg


・原作は決して読んでいないんだけど、戦闘中の裏切りのシーンは僕に感銘を与えた。
アーチャーは凛を救おうとしたか、もしくはダメージを軽減させようとしたんだろうな。
あのシーンがどういう事を伝えたかったのかという事の真相が次期に明らかになって行く事を期待している。   (不明)


sotohan_UBW13_img036.jpg


・アーチャーはとても賢いな。
彼は故意に凛に為す術がないという事を伝えただけではなく、キャスターに対しても彼女がより優れた魔術師であると言う事によって、もはや凛が脅威ではない事を気付かせた。
その方が最後の『行かせてやれ、あいつらはもう脅威じゃない』という言葉を言いやすかったんだな。   (男性)


sotohan_UBW13_img037.jpg


・なんでみんなは裏切り者のアーチャーを愛しているの?   (不明)



Re:別にみんなアーチャーが好きってわけでもないよ。
彼はクソ野郎だけど、でもカッコいいクソ野郎だ。   (不明)


sotohan_UBW13_img038.jpg


・それで、これでもう主人公側には一人のサーヴァントもいないって事?
すごいな。   (アメリカ 男性)



・遠坂家はマジで違うクラスのサーヴァントでプレイする事を学ばなければならない。   (不明)


sotohan_UBW13_img039.jpg


・今回はアーチャーがどのようにして凛を守ったかというエピソードだったな。
でもアーチャーは凛を突き飛ばす代わりに葛木をブッ飛ばす事だって出来たと思うんだが……。
初見の人にとってはアーチャーの行動は不必要で残酷なように見えてしまわないか?   (カナダ 男性)



Re:まぁエピソードの初めの方で、凛がキャスターの相手をするみたいな事を言っていたけど、アーチャーは凛がキャスターを引き受ける事を心配していたよね。
そのことによって凛に多大な犠牲を支払わせたり重大な損失を生むことは私にでも分かるからね。
だからアーチャーは凛が考えを変えないという事を知って、あの裏切りを決行したんじゃないかな。
それにあの意味ありげな含み笑いを忘れてはならないよ。
私が正しく覚えていればの話だけど、アーチャーのクラスは他のクラスよりも自由意志を働かせる事が出来るんじゃなかった?
だからいつまでもキャスターの操り人形になるってわけでもないでしょう。   (女性)


sotohan_UBW13_img040.jpg


・アーチャーがやった事で理解出来る事は二つある。
1:実は実際に契約を結んでおらず、凛との契約を無効にしただけ。
2:アーチャークラスは独立行動スキルを持っている。そして契約が無くても数週間は単独行動が可能である。そして彼は今自由になった。  (不明)



Re:それが正確だとは思わないな。
まず(1)に関してだが、セイバーがルールブレイカーを食らった時はその結果として令呪がキャスターに与えられたじゃないか。
そして(2)については、単独行動が出来てもマスターと契約していなければマナの受け渡しが出来ないんだから、サーヴァントにならなず独立行動し続けるって言うのは無理があるんじゃないかな。   (不明)


sotohan_UBW13_img041.jpg


・原作をやってなくてもアーチャーが本気で裏切ったわけでは無い事は分かるな。
彼は計画があるんだろう。
とても素晴らしいエピソードだった。
凛と士郎との仲もさらに進展したし、キスとかもしちゃうんじゃないかと思ったぐらいだ。   (不明)


sotohan_UBW13_img042.jpg


・オーケイ、僕は正直『アーチャーの意図』の見方についてみんなに同意したい。
まぁとても簡単に『オーマイガッ! これは明らかに凛を助けるためにやった事だ』って考えに至るのは明白だ。
でもそれは大したことじゃない。
誰も凛が立ち去る前に言った事に対するアーチャーのリアクションを話していない事に驚くよ。
あれだけでも伏線を考えさせるには十分なものだと思う。   (男性)


sotohan_UBW13_img043.jpg


・このエピソードでは凛が自分の感情を全て制御する事は出来ないという事を示してくれた。   (不明)


sotohan_UBW13_img045.jpg


・あれ?
墓地のシーンじゃなかったっけ?
なんでイチイチ些細なシーン変更を加えるんだよ。   (不明)



・なんで凛と士郎が背中合わせで座ってるシーンで『消えない想い』が流れないんだよ!   (男性)


sotohan_UBW13_img046.jpg


・わぉ、士郎。
キミは本当に口がうまいな。
凛を愛している事をさりげなく伝えるなんて。   (カナダ 男性)



・凛が泣いた事と士郎の告白がこのエピソード一番のハイライトだ。   (男性)



・原作では凛と士郎が背中合わせに座るシーンはもうちょっと悲壮感に溢れていたと思うんだけどな。
まぁそれほど大した問題ではないけどね。   (不明)


sotohan_UBW13_img047.jpg


・あのネックレスは何?   (不明)



Re:エピソード0の最後の10分を見ればいい。   (不明)


sotohan_UBW13_img048.jpg


Re:うん、まぁどういうわけか二つのネックレスがあるんだよな。
凛は以前士郎を蘇生するために学校でそれを使った。
その後直ちにアーチャーが回収してきたようだけど。
でも1話では士郎がそのペンダントを拾って、家に帰ったところを見る事が出来る。   (不明)



Re:あのペンダントの説明として必要なものが今回あるべきだったんだけど、それは後で加えられるのかな?   (不明)


sotohan_UBW13_img049.jpg


・原作未プレイの身としては士郎が実際に凛に告白に驚いたよ。
彼はそういう感情を晒すタイプの人間だとは思ってなかったからな。
そして今回のエピソードでのセイバーはまるで忘れられていたかのようだった。   (不明)


sotohan_UBW13_img052.jpg


・士郎がベストガールを泣かせやがった。
全く学ばない男だぜ。
ワイフと一緒に見ていたんだが瞬きするうちに終わっちゃったよ。   (不明)


sotohan_UBW13_img051.jpg


・最後のシーンの告白は本気の告白なの?
よくある鈍感主人公ものの『好きだ』じゃないの?
もしあれが本気のものなら、ワォって感じだね。
これほど早く告白するとは思いもしなかった。
彼らの間で愛を感じさせるような瞬間があったかは覚えていないけど、でもまぁいいや、士郎はよくいる典型的な鈍感主人公とは一線を画すようだから。   (ポーランド 女性)


Re:そうだよ。
士郎のあの告白は本気だ。   (不明)


sotohan_UBW13_img053.jpg


・素晴らしいエピソードだった。
士郎の強い決意とアーチャーによる裏切りのとてもセンチメンタルなエピソードになった。
僕はアーチャーのパーソナリティが好きなんだよね。
そのカッコよさや、いつも纏っている得体のしれないような雰囲気に驚かされるんだ。
今回は士郎と凛にとってバッドスタートのように見えるかもしれないが、それでも彼らの関係は前進した。
クオリティは前期と同じだったし、アニメーションや音楽、そしてプロットもいつも通り素晴らしかった。
今期最高のアニメとして確固たるスタートを切ったね。   (ブラジル 男性)


sotohan_UBW13_img054.jpg


・あれはイルカなんだよ!
間違いなくイルカだった!
エンディングテーマのシーンの始まりで、間違いなくイルカが泳いでいたんだ!

sotohan_UBW13_img056.jpg


Re:僕が使うChromeの拡張機能では君が使う『イルカ』という言葉が別のものに置き換えられるんだが……。
まぁどうやら君は本当に興奮するほど水族館に行きたいようだ。   (不明)
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

オヤジ狩りまだー?

誰も言峰の心配してねぇのかよwwww

ちょっと待て何故先行上映の内容を知ってるんだ

向こうでも先行上映があったから

海外にも原作原理主義者がいるのか

そりゃ原作知らずにアニメだけ見て偉そうに語る奴が嫌われるのは万国共通だろう

セイバールートのトゥルーエンドしか読んでないからこの展開は
驚きだった
キャスターがサーバントを三人もかかえることになるとは

むこうにも原作プレイ済はいるのだな
士郎の好きの意味はlikeかLOVEか今一わかってない人が結構多かったみたいだ
やはり言葉だけじゃ伝わらないかな。

士郎が凛を探しまわるシーンがカットされたのは13話のシークエンスを見渡せば仕方ないことに思える。ただシーンの繋ぎ方や見せ方が幾分不親切でもう少し工夫が必要だったかもしれない。ハイライトのザッピングを見させられた感じがする。
ディスク穴でアーチャーのケツを作ってる画像に笑った。

2つの赤い宝石は、普通に考えるとアーチャーが投影した複製品だって思っちゃうよねー

DVDw

投影品ならなぜ投影できるのか、まで考えれば、、、

色々感想言いたかったけど、アーチャーのケツが全部持ってったわ…

OP聴いてないけど前のOP良かったと思うけどな。

あれイルカなのか、精子かと思ってた・・・w

酷い ! 余りにも酷過ぎる ! !

· · · · お尻の DVD が w w w w

OPに関しては、曲や歌詞はともかくボーカルが苦手
ああいう妙にブレスを強調する歌い方って、何アピールなんだ?
単純に肺活量が足りてないだけ?

凛の魔術回路のイメージはイルカというよりは『泳ぎ回る魚』だったような……

なんだろう・・・凄く凛と士郎の距離が縮み、アーチャーのあの思わせぶりな
裏切り方に感銘を受けたけど、セイバーのエロシーンが少し萎えたな。
最初は笑えたけど、段々キャスターと先生のあのやり取りが、ディーン版の
時の事を思い出すと、正直あの緊縛シーンで尻のアップは露骨に見えた。

やっぱりAimerの歌声は好み分かれるんだね
Salyu とか UA に近い歌声だと思うけど、肺活量ないわけではないと思う

告白シーンは、あまり照れもせず伝えてるから自分も
これLike?と一瞬思った

>ああいう妙にブレスを強調する歌い方って、何アピールなんだ?
あと、イラストにもいろんな絵柄があるように
歌でもいろんな歌い方があるだけだよ

DVDの穴の使い方が・・・向こうの人は心得てるなあw

>ああいう妙にブレスを強調する歌い方って、何アピールなんだ?

ブレスにアピールを感じるなんて面白い奴だwww

原作ならこうだったのにとか言うやつはホントいらないわー
原作やってても初見の体でコメできなやつは邪魔でしかない

自分にとってのFateの初めてがこのUBWなんだけど

このままセイバーの活躍するところ見られないまま終わるの?

主人公格で一番強い(強くなる)と思ってたのに、期待してたのと違う・・・。

>>このままセイバーの活躍するところ見られないまま終わるの?

マジレスするとセイバーさんが最も輝く場面は小聖杯をエクスカリバーで破壊するシーンだから…
HFルートなんか、その役まで士郎に奪われてしまうから、もっと悲惨…

レスどもです。

扱いだけは主人公格でも強いわけじゃないんだ・・・。
しかも別のルートではまだ酷い扱いとは。

まあ、後から別のルートや派生作品も生まれているみたいなので
セイバー無双が見られる作品が今後見られますように。


それなら2006年放送のfateがおすすめ
セイバー無双という訳ではないし作画も古いけどセイバーの魅力は十二分に伝わるはず
まあ原作ゲームを買うことが最善だが

セイバーは強いらしいんだけど
士郎のせいもあって無双的な活躍はしなかったような・・
Zeroでも契約者のせいで・・・

今後リメイクする可能性がなくもないけど
DEEN版も結構いいですよ 

意外と裏切り後のアーチャーを信じてる人でも
「これは一時的なもんで凛とまた組む」と思ってるな
このへん上手いよねFate

いま、見てはいけないものを見てしまったような・・・。

ゲームは持ってます。VITAのレアルタ・ヌア?
ただ、時間がかかりそうなので発売以来積んだままに。

機会があればDEEN版視聴したいです。

opは歌含め前の方が良かったわ
なんか適当にサビに英語いれとけみたいな歌だし

オチが素晴らしいな

※5
原作原理主義者って言葉に違和感。
それが悪いことのように言う輩が多いからかな。
原作がその名の通り原点であり原典なんだから、尊重しないことの方がおかしい。
貶されて不快になるのは当然かと。
時折、映像化などしたものの方が原作よりより良くなることもなくはないけど、そちらの方が少数。
それと改良されようと、原作をリスペクトする姿勢は必要だよ。

>>原作原理主義者って言葉に違和感。
もちろん原作をリスペクトする姿勢は大事だけど、「原理主義」って言葉がついた場合はちょっと意味合いが違う。
例えばキリスト教だったら「太陽は地球の周りを回ってるんだよ!だって聖書にそう書いてあるんだから。地動説を唱えるやつなんて処刑だ処刑!!」みたいな、要は「原本以外は何があっても認めない」主義のこと。
だから原作「原理主義」と書かれた場合には、その時点でネガティブな意味になる。
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。