Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【改訂】純潔のマリア 第11話『SI VIS AMARI, AMA 愛を望むなら愛せ』 海外の反応

entry_img_268.jpg
以下MyAnimeListRedditより翻訳


追記した箇所は色を変えて掲載しております。

sotohan_maria11_img001.jpg


・神父たちが魔女の薬を利用していた事で魔女の罪を非難していた事と同じ理由で裁判にかけられてぜひとも火刑に処されてほしいと思っているのは僕だけかな?
本当にあいつらは大した偽善者だよ。
ベルナールはその弟子によって告発されて死刑になった方が良い。
まぁこの作品の皮肉的なところが好きだよ。   (マルタ 男性)


sotohan_maria11_img002.jpg


Re:そうだね。
ほぼ君だけだと思うよ。
なぜならば人々は実際に起こってない事に対して動揺したりはしないからね。
現実の歴史では『教会』は魔女をほとんど焼いてないよ。
スペインでは教会による文章に残っている魔女の処刑の実例は6件だけだ。
そして全体での魔女の処刑はたった50件以下だ。
しかもその焼かれた魔女の大部分は教会とは関係ない世俗の役人によって処刑されている。
教会じゃないんだよ。
宗教裁判が最も強かったスペインでもこれなんだからな。
その魔女騒ぎだってイエズス会によって直ちに中止を求められた例もあるしね。
しかも『治療』が原因で魔女が告訴された事なんてない。
現実に告発された魔女の大部分は動物に毒を盛ったとか、まぁうん、竜巻を起こしたとか……そういうのだ。
まぁ概していうならば他者を傷つける事が立証されてなければならないんだよ。
まぁ、この作品に出てくる魔女はフィクションだって分かってるからね。
落ち着くと良い。   (不明)


sotohan_maria11_img007.jpg


・うーん、なんだか予期せずしてディズニーみたいな終わり方に向かっているように見える。
頼むからそんな子供っぽい終わり方にはしないでほしい。
ここまでずっと異彩を放つ成熟した作品として進行してきているんだからさ。   (不明)


sotohan_maria11_img003.jpg


・このエピソードは本当に良いエピソードだったんだがちょっとした葛藤を抱えている。
マリアが戦争を止める事よりもジョセフを助けようとしたことに優先順位を付けたことは嬉しくて彼女とジョセフの幸せを喜ばずにはいられない。
でもその一方でこのシリーズがこれまで築き上げてきた雰囲気とは対照的になんだか気楽なエピソードになってしまったという印象がある。
『自分自身を信じて、愛を探しさえすれば、すべての物事がうまく行く』と言う展開。
まぁ別にいいんだけど、マリアがその後に大規模な魔法を使ったのがね。
これでこのままミカエルがマリアの好き放題にやらせてしまうとなると、僕は眉を吊り上げる事になるだろうな。   (男性)


sotohan_maria11_img006.jpg


・なんだかとっても安っぽくて使い古された手って感じだけど……まぁある意味良いのかな?
最後の方ではディズニーの映画を見ている気分になっちゃったよ。
マリアが魔法を取り戻せた理由がジョセフの愛よりも自分の愛を優先したからだという私の仮説が正しい事を期待しているよ。
ロマンティックな愛が全ての答えというのでは使い古された安っぽすぎる手だと思うのよ。 (イギリス 女性)



Re:あの異教の神の話からなんとなく推測がついたよ。
マリアは自分の事を疑い始めてそれが信じる力を失わせ、魔法が使えなくなったんじゃないかな?   (不明)


sotohan_maria11_img008.jpg


・笑顔が抑えきれない。
ついにこの時が来たか。
いけ!ジョセフ。   (男性)


sotohan_maria11_img010.jpg


・ジョセフとガルファの戦いはなんだか面白かったな。
しかもお互いを意識してるのが良く分かる。   (カナダ)


sotohan_maria11_img011.jpg


・ガルファvsジョセフは期待以上だったよ。
だがガルファを生かしたままにしておく価値があるかどうかは分からないな。
何はともあれマリアは力を失うか、清い関係を続けるかという選択を迫られるだろう。
正直どっちが好みかは分からないんだけど、マリアが普通の女の子になってほしいと思う反面、アルテミスやプリアポスには去ってほしく無いんだよね。   (不明)


sotohan_maria11_img016.jpg


・唯一僕が楽しめないところはガルファが生きている事だな。
確かにジョセフには人を殺めて欲しくは無かったけど、でもガルファにはどこかで死んで欲しかった。   (不明)


sotohan_maria11_img018.jpg


・教会での会話はとても初々しくて楽しめるものだった。
それとガルファがボコボコにされたところを見れて本当に良かったよ。   (不明)


sotohan_maria11_img019.jpg


・ガルファには死んで欲しかったんだけど、ちくしょう。
だが一体あの女はなんだよ、軽々しく鎧を着こんだ男を抱えて行ったぞ。
強すぎるだろ。    (女性)


sotohan_maria11_img024.jpg


・次のエピソードではそもそもなぜマリアが純潔を失う事もなしに魔法を失ってしまったのかという事についての説明がなされることを期待する。
あの告白、プロポーズの後に急に魔法の力が蘇ってしまったからね。   (不明)


sotohan_maria11_img025.jpg


・まぁ、力を取り戻したことがちょっと突飛で、最初のルールを無効にしてしまったとしても、あのプロポーズの最高の瞬間を愛さずにはいられない。
マリアは今期のアニメの女性キャラの中で最高のヒロインの一人だ。   (アメリカ 男性)


sotohan_maria11_img026.jpg


・ガルファとジョセフのタイマンは素晴らしかったな。
ジョセフが死ぬ前にマリアが教会に間に合った事が嬉しい。
とてもうまく締めくくられていたと思うんだけど、僕はまだガルファはアナキン・スカイウォーカー的なキャラだと思ってるんだよね。
まぁまだ四肢は3つ残ってるけどな。   (アメリカ 男性)


sotohan_maria11_img027.jpg


・正直ガルファとジョセフの戦いの進行が気に入っている。
ジョセフが義憤に駆られて、そして愛の力で急に強くなってガルファを倒すとか言う展開にならなくて、やっぱりそこには埋められない力の差があって結局ベテランであるガルファが優勢だったっていうのが良いね。
そこにプリアポスや魔法を使えないマリアのコンビネーションがさく裂したっていうのがさらに良い。   (不明)



sotohan_maria11_img028.jpg


・俺だけかもしれないが、ジョセフはしょぼいと思わないか?
奴は実際ここまでずっと名誉な事をせずにただ誰かの命令に従い続けただけだよな。
マリアに忠実であると主張しているにも関わらず、マリアの意思を避けて人間の戦闘に参加しているしマリアの助けにもなってなかった。
マリアが捕まっていた時に助けようとしなかっただけではなくて、それをほったらかしにして戦争に行ってしまったしな。
戦争や復讐が愛する者の命よりも大事なのか?
奴は名誉挽回を果たす事が出来るのか?
もしくは本当にマリアの愛を受けるに値する男なの?   (不明)


sotohan_maria11_img029.jpg


Re:ジョセフは貴族の召使いだからな。
それこそ彼がやって来た事が彼の君主が命令したことばかりであると言う理由だ。
1400年のフランスではこれらの命令に従う事が名誉ある事なんだよ。
そしてジョセフは甘い理想を持っていた。
これがマリアの関心を引く理由だよ。
なぜならばマリアも同じだから。
ジョセフはジョセフなりに制限された状況の中で出来る範囲でやれることをやっていたよ。
マリアのような膨大な力を振るう事は出来ないんだ。
マリアを助けるって言ったってどうやってやるんだ?
ローマカトリック教会を片手で倒すのか?
それにマリアと一緒にいる資格が無いって言うのはジョセフ自身が痛感している事だろ。
今回のエピソードでもその事に触れていた。
まぁ何にせよ僕はこの二人の対照的な側面がとても楽しめたよ。
これだって『悲痛に暮れている少女を輝く鎧の騎士様が救う話』なのさ。   (不明)


sotohan_maria11_img030.jpg


Re:そうだな、ジョセフが出来る事、彼の制限、彼の理想、その当時の彼の立場がどのようなものだったかという事は完全に正しい。
でもそれと同時にエンターテイメントの観点としては、ジョセフは行動力の欠如したキャラに見えてしまう。   
この甘さが彼の持ち味だって事は分かるけど、でもそれ以上に彼のキャラの強さや決意を鈍らせてしまうように思える。
なんだかこれじゃ視聴者として応援したくならないと言うか……。
特に今回の『魔法の喪失』のプロットが単に骨のない男を追いかける事で解決しちゃうのが不服なんだ。
まぁ確かにジョセフではマリアを救出する舞台に立てないとはいえ、愛する者のために戦う決意が見たいし、それによってその女性の心を掴んで欲しい。
確かにジョセフは知ってのとおりやる事はやったわけだけどさ。
僕が見たいのはジョセフが大したことは出来ないと理解しつつ、自分の命を賭してマリアの理想を支える覚悟を見せて欲しかった。
そういう男が自分のために理想を貫いてくれた事によってマリアの魔法が元に戻るとかなら……うーんやっぱこれは良く無いな。
でも言いたいことは分かってくれると思う。   (不明


sotohan_maria11_img031.jpg


Re:でも、もしそれ性別が逆だったら同じことが言えるか?   (不明)



Re:何だよ?『童貞魔法使いジョセフ』って作品でも見たいのか?
そんなもの見ないし、そもそも興味を惹かれないっての。
この作品の中に置いてのキャラ付けの話をしてるんだよ。   (不明)



sotohan_maria11_img032.jpg


Re:戦いや復讐が愛する者の命よりも重要なのかって言ってるけど、君主の命令に従って戦争に赴き、法律を尊重し公正に裁判の判決が出るまで待つ男を骨なしだとは思わないけどね。
まぁ彼はずっと臣下としてのキャラクターだった。
だから戦士として育ったわけではないし、どちらかといえば従者って感じだろ。
だからジョセフがどれだけ行動したくても彼を取り巻くしがらみに縛られてしまうのはしょうがない事だ。
他のクソみたいなアニメのキャラのようにすべての義務を投げ出して逃げさるわけにはいかないんだよ。
それが彼のキャラなんだ。   (不明)



sotohan_maria11_img033.jpg


Re:まぁ普通に考えてみれば、熟練の傭兵相手に戦いを挑む男を骨なし呼ばわりは出来ないよね。
しかもジョセフは以前に大天使に対してヘッドショットを決めているからな。
この時点でジョセフは自分の育った身の上である堅い階級社会によって生まれながらに自分の役割が定められている。
それに対して疑問を持ったり抵抗する事はとても難しい事だ。
それでも彼はまだマリアのために自分の性分に反する事をやって見せている。
そういう事だったから、彼の君主がジョセフが果たすべき義務よりもマリアの事を考えすぎている事にちょっと激怒していた。
それなのに彼はマリアに関わり続けただろ。
街の人たちはマリアに反感を抱くようになったし教会にも目をつけられているのにね。
骨のない奴っていうのはそういう時『うん。そうだねマリアとかどーでもいいや』って感じの事をいう奴だ。   (不明)



sotohan_maria11_img034.jpg


・ガルファが単にボコられただけな事に失望してるのは俺だけか?
奴は吊られて、八つ裂きにされるべきだ。
アイツはマジで最悪。   (不明)


sotohan_maria11_img035.jpg


Re:それ以上の目にあって欲しい。
まぁあいつが半身麻痺になっている事を期待する。   (不明)


sotohan_maria11_img036.jpg


・あのロロットはめちゃくちゃ力強いな。
彼女はガルファを肩に担いで何事も無かったかのように歩いて行った。   (オーストラリア 男性)



・ガルファは死んだ方が良いって言ってる人いるけど、ガルファがこの先、敗北の恥辱を永遠に味あわされるから僕は本当に幸せだ。
このままジョセフがガルファを罵りながらおずおずと逃げ去っていく事を強く望んでいるけど、まぁクソ野郎に相応しい報いを受けてくれてよかった。   (カナダ 男性)


sotohan_maria11_img037.jpg


・ロロットはマリアに並んでベストガールになるのか?  (不明)



Re:ベストかどうかは分からないけど、確実に最も力の強いの女ではあるだろうな。
フル装備の男を軽く肩に担いで行ける女はそうそういない。
しかもロロットは金属の十字架(純金かどうかは分からないけど)すら担いでいたからな。   (不明)



sotohan_maria11_img038.jpg


私は本当にロロットが好き。
ようやく彼女の名前が分かったんだよね。
フルアーマー武装のガルファを片手で担いだ事に驚いちゃった。   (イギリス 女性)


sotohan_maria11_img020.jpg


・どうやらベルナールは慣習に執着する代わりに実用主義者になったようだな。
まぁ、僕の勘違いであって欲しいけどね。   (不明)



・ベルナールが言うには世界にあるものは世界をよくするためになんでも使ってもいいんだそうな。
政治、戦争、魔女、さらには……。
さらには何だろう? 彼は何を言おうとしてたんだろうな?
宗教とか主義主張すらもって事だろうか?   (ポーランド 男性)


sotohan_maria11_img021.jpg


Re:宗教だろうね。
知っての通りだが、宗教はひどいものだが、人々を教育するのに役に立つ側面もあるし、文字で書かれた知識を広めることにもなる。   (男性)



Re:僕はベルナールが続けようとした言葉は悪さえもって感じだと思う。  (不明)



Re:神じゃないかな。
たぶんベルナールはそういうつもりだと思う。   (イタリア 男性)


sotohan_maria11_img040.jpg


・ベルナールはずいぶんとくだけた感じになったな。
あのマリアとの決定的な夜の後、彼の価値観が劇的に変わってしまった。    (男性)


sotohan_maria11_img041.jpg


・次のエピソードがマリアとジョセフが結婚して終わるなら本当に幸せだね。
あの二人はとてもキュートだ。    (女性)


sotohan_maria11_img042.jpg


・最後になんでスペイン語とラテン語を混ぜたんだろうな。
"Apocalipsis "はスペイン語だし"Omnia vincit amor"はラテン語だ。
これは番組が二つの側面を表そうとしているって事かな。   (男性)


sotohan_maria11_img044.jpg


・漫画を読んでないから僕の無知を許してほしいんだが、このエピソードは穴埋めなの?
それとも漫画にある話?   (不明)



Re:どうやったら穴埋め回扱いに出来るんだ?
ガルファvsジョセフの決着がついただろ。
マリアが乱入してジョセフを助けて、ジョセフがマリアにプロポーズして、マリアがミカエルに会った。
どうやったら穴埋めになるんだ?
キミが言いたいのは単にアニメオリジナルエンディングで終わるかどうかって事か?   (不明)



sotohan_maria11_img046.jpg


Re:そうそう、アニメオリジナルで終わるなら今回のは原作にない話なんじゃないかってね。
それをなんて呼ぶかはあまり気にしないでくれ。
僕は漫画に忠実であって欲しいと思っているんだよね。
オリジナルエンディングってのはあまり好きになれないんだ。
その手のエンディングがオリジナルに勝る事はほとんどないからさ。   (不明)



Re:まぁ漫画はこの作品よりももっと短いからな。
事実としてここまで出番がありまくりのガルファはアニメオンリーキャラだ。
少なくとも僕は漫画の中で彼の事を思い出せない。
僕はアニメを見て良かったと思ってるよ。
想像を上回っていたからね。   (不明)



sotohan_maria11_img047.jpg


・よっしゃー! マリア×ジョセフが確定した!
正直この番組は全員生きていて曖昧なオープンエンドにすると思ってたんだよね。
けれど今回ジョセフがあのクソ野郎ガルファをボコボコにして、マリアに結婚のプロポーズをした。
そしてマリアの愛の告白も良かった。
このシリーズで90%ぐらい見たかったものは見れちゃったよ。
後の10%は二人の神父の死とエゴイストな天使の羽が切り落とされる事だ。   (不明)


sotohan_maria11_img050.jpg


・どうやら自己評価が低くグチグチ言ってる男と鞭を振るってしゃんとさせる女って感じだな。
この二人はお似合いだと思うよ。   (男性)


sotohan_maria11_img051.jpg


・そういえばマリアが魔法の力を失ったらプリアポス達は元のフクロウに戻るんだから、ペニスジョークを忘れる事が出来るんじゃないか?   (不明)


sotohan_maria11_img054.jpg


Re:でもどのみち元のフクロウだった彼にはついてるだろ。   (不明)


sotohan_maria11_img055.jpg


Re:フクロウのそれと人間のあれは完全に異なるタイプのものだぞ。   (不明)



Re:ペニスは常に僕の心の中についている。   (不明)


sotohan_maria11_img058.jpg


・誰がストーリーを語っているのかに気付くまでに11話もかかってしまった。
それでもまだ100%確かだとは言えないけどね。   (不明)


sotohan_maria11_img059.jpg


Re:もしかしたら何年後かのアンだったりするかもな?   (不明)


sotohan_maria11_img060.jpg


・ついに素晴らしい事が起こったな。
幸せなマリアこそが最高のマリアだ。   (不明)


sotohan_maria11_img061.jpg


・今回はエドウィナが教会の薬もマリアに使った毒も作っていた事が判明したな。
ジルベールがその件でベルナールに激怒していた。
ベルナールは次のエピソードで罰せられるのかな?
そうなったら本当に清々しい思いだ。   (不明)


sotohan_maria11_img062.jpg


・どうやら見てる限り今回の話を嫌いな奴は僕だけのようだ。
僕はずっとこの番組を好きだったんだけど、今回のエピソードは脚本が弱いと思う。
マリアは急に以前よりも強力な魔女になったし、他の魔女はなんだかんだで何もしない。
僕は以前のエピソードに表されたモラルの曖昧さというものが本当に好きだった。
それなのに今回のは少年漫画的要素を詰め込んだみたいなエピソードだったよ。
安易なハッピーエンドじゃなくて、これまでに築き上げてきたダークな感じをうまく出してほしいものだ。
全体としては今回のエピソードが今までの純潔のマリアの全エピソードの中で一番微妙だと思う。   (不明)




Re:キミだけじゃないよ。
このスレを見てると僕が狂ってるんじゃないかと思える。
ここまでモラルの葛藤をうまく築き上げてきたのに最後にはなんだか『自分を信じて結婚相手を探そう』ってか?
それだけがマリアの力を取り戻させたわけじゃないんだろうけどね。
でもマリアの家まで魔法の様に復活したぞ?
最終話は真剣に持ち直してほしいと思う。
そうで無ければこの番組は大きな肩すかしになるだろう。   (不明)



sotohan_maria11_img064.jpg


Re:家はガルファがマリアの自信を打ち砕いた時に自壊しただろ。
結婚するための男っていうのはマリアがずっと求めていたものと一致しているし、マリアを取り巻くプロットの1つがきれいに終わったって感じだよ。
みんなはただもっと悲劇的な終わりになるって思ってただけなんじゃないの。   (不明)



sotohan_maria11_img057.jpg


Re:マリアの家はMOBに放火されたもんだと思ってた。   (不明)



Re:僕が覚えている限りではマリアが襲撃を受けたときに家は勝手にボロボロに崩れていき、それがマリアの力が失われた事を表していたんだろう。
その次にMOBどもがやって来て焼いただけ。
だからマリアが力を取り戻せば家が復活するっていうのは理に適っている。
こういうのはどこかでも見たことあるよ。
民話か何かの中でね。   (不明)



sotohan_maria11_img065.jpg


・ガルファのキャラが『贖罪ルート』に入らなかった事を神に感謝する。
ジョセフが『あなたの事を尊敬していた』って言った時からそうなってしまうんじゃないかという恐れがあったんだ。
ガルファはおそらく嫉妬や欲望、不誠実など寓話にいるような救いようのなさを表すキャラなんだろうな。   (不明)



sotohan_maria11_img066.jpg


・ロロットが力持ちなのはかなりの時間を戦場で拾い集めたものを運んで回ってるからだな。
彼女みたいなキャラは好きだ。
彼女が気にする事は全てお金のような単純なものだ。
ガルファがぶちのめされようとあんまり気にしないんだよな。
彼からこのまま搾り取り続ける事が出来れば幸せなんだろう。   (不明)



Re:ロロットは毎日スクワットしてるから足腰が強いんだよ。   (不明)



Re:ロロットはガルファを見捨てていくと思ったけどな。
それでも彼女は彼の安全のために運んでいった。
あんな男を選んだロロットに同情するよ。   (不明)



Re:とはいってもロロットはガルファを良いように使ってるだけだと思うけど。
小ざっぱりしてるというか、結構割り切ってる感じ。
男を利用するだけの嫌味な女という感じはしないね。   (不明)



sotohan_maria11_img067.jpg


・ミカエルはマリアが人と新しい関係をもった事に感銘を受けないだろうな。
それにジョセフの上司が却下するだろう。   (男性)



Re:ジョセフがここまでやって来た事は上司の命令以上でも以下でもないからな。
だからジョセフは操り人形と呼ばれていた。    (不明)


sotohan_maria11_img068.jpg


・『見て、ミカエル、彼氏ができちゃった』
マリアはとてもキュートだ。
彼女が普通に戻り、以前にもまして幸せになったのが嬉しい。
あのプロポーズのシーンはめちゃくちゃ可愛かった。   (男性)


sotohan_maria11_img070.jpg


・今回のエピソードはファンタスティックだった。
マリアがついに報われるときが来た。
ミカエルにはそれを台無しにして欲しく無いね。   (不明)



・ミカエルがマリアにどうするかは分からない。
でもジョゼフには『ミカエル。僕がマリアを直ちに魔法が使えなくするから心配しないで』って言ってほしい。   (不明)



sotohan_maria11_img069.jpg


・ミカエルはこの後どうするんだろうな?
ミカエルがこの二人の結婚を祝って、マリアから力を取り除き、二人は幸せに暮らしましたってハッピーエンドか?
まぁ、僕は別にそれでもいいけど。
でもそれだとあまりに都合がよすぎるな。   (不明)


sotohan_maria11_img100.gif


・エンドカードがビデオになっているって気付いた人いる?
これすごい良いよね。
最後にマリアが幸せな顔になっているのがとってもスイートだ。
彼女はついに幸せになったんだよな。   (不明)







関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

ベルナールが続けようとした言葉は魔女さえも。だろう

「本当に伝えたいなら直接言ってる」

まあ、友人の言葉だが。
それとも、邪魔してんのは、宗教が原因なのか?
理解不能だわ・・・

ジョセフはほんとは惚れ惚れするくらいかっこいいんだけどね

ベルナールが最後に言おうとしたのは神だと思うな
かすかにロザリオを握る音が聞こえたし
音といえばジルベールが魔女の薬を使ってしまったことを知った瞬間に
嘔吐する音も微妙に聞こえたな
ここまでベルナールとの倫理観が違っていると決別は明らかだろう
ホントいろいろなところが細かくて好きだわ

ジョセフに男らしくマリアを守って欲しいと言ってる外人さんに
原作読ませてあげたいわ
原作マジでかっけえから、ジョセフ

>ガルファが単にボコられただけな事に失望してるのは俺だけか?
>奴は吊られて、八つ裂きにされるべきだ。
>アイツはマジで最悪。   (不明)

ガルファとかアニメオリジナルなんだよな
結局コイツは何か許され過ぎなところが気に入らねえ
傭兵団のボスを殺すわ、マリアにレイプ未遂をしておいて、
更にジョセフを瀕死にさせる。挙句の果てに娼婦に「まあお前ら、
許してやれよ」とか、オリキャラに対して贔屓され過ぎだろ 

なんかイケメンなら何をやっても命まで取られないという展開が好きじゃないかな

ガルファ嫌われてるなぁ~
個人的には登場人物は立場が違うだけで、善悪なんてないと思うから
神父たちも含め、誰かが死んだりする必要はないかな

ディズニーのようなハッピーエンドが子供っぽいと言っている人がいたが、
勧善懲悪こそ子供っぽいと思うわ

ここまで変更したのにあのラストシーンやるのか
外人がディズニーみたいな流れだと言ってるのは鋭いw

外国の人がいうように自分も拍子抜けした。下で屍累々で、母親を殺されて泣き叫ぶ子供がいて、奪って犯されて殺されてるのに、花吹雪舞い散って「彼氏で来たよ☆」じゃあなあ…風呂敷たたみ切れなかったのか。最終回でエギザエルが無双して、ベルナールジルベールガルファ串刺しにするくらいしてほしい。ソードマスターヤマトみたいに。

でもヨーロッバに関して今まで持たなかった見方があった。そとはんのコメでどこのどういう人かわかんないけどやたら神話とか伝承に詳しい人が惜しげもなく色々語ってくれてたのが驚きだったし面白かった。やっぱりキリスト教圏の人にとって、たとえ無神論者でも「神」があるからこそなんだなと目が開かれた思いがした。

ジョセフは序盤にミカエルとは知らずに射撃した以降はいいとこ無し。
プロポーズもマリアに先手取られた上に手ぶらでミカエルのところへ。
こりゃあジョセフの最後の見せ場もなさそうだね。

ベルナールとガルファの落とし前をきっちりつけないとオリキャラ出した意味が無いから来週はかなり時間は割くだろうし、最終回やることたくさん残してるなあ。

アニメ最後まで超がんばれ。
もはや原作とは全く別物な「谷口版マリア」として応援してる!



展開が急にフルスロットルになったからコメント多そうだな
翻訳頑張ってくれい

俺もベルナールの落とし前がどーなるのか楽しみ

ベルナールの言葉は「神」で間違いないだろうな。
400年以上早く弁証法的唯物論にいたった訳だ。
あるいは宇宙論における人間中心原理のほうがふさわしいかも知れん。
「宇宙のすべては人間が観測し利用するためにある」
という考え方だが、ベルナールの
「この世にある全てはより良き世の中を作るために使ってよいのです」
という意見はこれに近いと思う。
いずれにせよ天才といえるだろうな。

ベルナールはマリアとのやりとりで完全に悟ったんだな
数世紀は進んでるけどこの時代では革新的過ぎて異端扱いされそう

ガルファって憎まれてるっぽいけど、彼なりにジョセフには気をつかってたんだよな。対決の最中の会話をみても。
そもそも、この作品本当の悪者がいないんだよな。
みんなそれぞれ自分の理想に向けて戦ってるだけで。

魔女の自白して処刑(火あぶり)された件数は少なかったかもしれないが、審問で否認して拷問死・獄中死させられたのはもっと多かったと思う

刑の執行件数語ってる外国人は、魔女裁判前の拷問について調べてみるといい。
尋問(拷問)の、人間なら生き残れるとされる条件がむしろ魔女でないと死ぬ。

勇ましければ男らしいと思っているみたいだけどそれこそディズニー的だろと突っ込みたい

 

>>魔法を失ってしまったのかという事についての説明

ないだろうなぁ。アニオリだし。
原作はすねてただけだったけど。

んー、結局こういう展開にするなら、原作通りにしてほしかった。原作に地上の教会からめるだけじゃあダメだったのかね?

魔法が使えなくなったのはマリアが自分の行動理由に自信が無くなったからだって先々週から示されてるだろ
他人を愛することは自分を愛することの延長線上にある
外人て頭悪いのか?

戦争を題材に扱う作品にはこの手のが必ず沸くんだよ。
主要キャラが死なないのは~、展開がご都合主義~、リアルじゃない~、etc.
彼らの見たいのはバタバタとキャラが死ぬショッキングな展開であって
物語の主題は別にあって戦争は背景に過ぎないという事が理解出来ないんだ。

なんだか拍子抜けの最終話になりそうで不安

教会の得意気な顔で魔女の薬を神の加護やら恵みやら宣ってたのはジワジワくるな
まさにm9(^Д^)プギャー
現実を顧みずに神に依存する愚か者がいかに滑稽かわかるってもんだ

オマエラの日々の炎上活動と
キチガイのBPOに対する苦情活動が
ついに実を結んだみたいだなwww

誰も傷つかない、みんな平等で幸せな世界になるんじゃねーのwwww

大縁談きちゃうのコレ

もしかして 大団円?

>スペインでは教会による文章に残っている魔女の処刑の実例は6件だけだ。
>そして全体での魔女の処刑はたった50件。

ジャンヌ・ダルクの魔女裁判とか有名だけどなあ
あれには教会が政治と結託してどっぷり関わってたし
魔女の処刑件数の多寡じゃなくて、魔女裁判や異端審問が当たり前だった
時代の教会の異常さは現代人ならちゃんと感じるべきだと思うんだけどね

まあ、うちら日本人も「そんなに殺してない!」って見苦しい言い訳してる案件あるけどねw

最後の方のマリアのセリフ「みんなのおかげでもあると思うの!」って言い回しがなんか好きなんだけど、これって何かのオマージュかなんかなのかな?

>今回魔法の力を取り戻した事についてだが、そもそもなぜマリアが魔法を失ったのか良く分からないよね。

2015年03月24日(07:08)さんのような意見も分かるし、それでも良いと思うけれど、過去の回でケルヌンノスが説明していたように周りの人間の信心も関係していると自分は思ってる。以前の回でマーサ、彼女の息子、村人が魔女のマリアを否定して彼女の魔法は使えなくなった。今回、アンが「魔女のマリアを信じる」と力説してからマリアは魔法を取り戻しているから、この案もありえると思うんだよね。

>また明日補完して改訂します。
>今回は分量が結構多くて目を通すだけでも一苦労だったので。

 ありがとうございます。楽しみです。

ルネ伯って意外とジョセフのことを気にかけてるよね。
マリアの助命を嘆願した時とかジョセフを怒鳴りつけそうになるのを
ぐっと堪えたり、今回なんかはジョセフはちゃんとやってるかなとか
色々気にかけてる。

一人の人間がどう武勲を立てたとして、できることは知れてる。
千人斃した万人斃したと言っても、それは嘘だろうって言われるのが落ち。
普通はそれが分かるが、理屈に合わない難癖をつけてくる国もある。

魔法が使えなくなった前後
最後に使った魔法は火の鳥みたいなのだった
その後すぐ殴られ使えなくなった
だから部屋に炊かれた薬のせいかとかショックで一時的に使えなくなったように予想されてた
処女でなくなった予想はマリアの態度から否定されてたね
その後にずっと使えなくなってたのは言われてるように自分への疑問とかかもしれん
自分はキキを思い出した

>他人を愛することは自分を愛することの延長線上にある
>外人て頭悪いのか?

残念ながらアニメを見ている外国人は2chのアニオタに比べると
学歴も民度も低いよ。マリアが魔法を取り戻し、復讐してほしいと
考えたり、やけにズレていて、攻撃的なんだよね。

原作エンドと同じにするにしても、アニメは一般人を殺しすぎたよ。
原作はあくまで軍人同士の戦争だったし、マリア自身も「戦争は軍人同士してりゃいい」と言い切る場面もあった。イングランドの一般市民を、フランス軍から守るシーンもあったのに、削ってしまったからな。

幸せいっぱいの足元で非戦闘員の屍累々とか、まともに考えると正気の沙汰じゃないな。宗教や戦争の悲惨さをリアルに描いてきたから、その分グロテスクだよ。

あたし幸せになっちゃった
のマヌケで愛らしいニュアンスは伝わりにくいだろうな
原作知らないんだが、どうオチをつけるのかまったく予想できない

原作では凄く好きな回だったのに
改悪しすぎて悲しくなった

何故変えたか理解できない

まぁこのオチは原作でも微妙だしね。
いっそ設定だけ借りて、もっと大幅にシナリオ改変したほうが良かったのかも。

アニメ版ではなんかしらんが回復魔法使ってるぞ
ガルファ以外のあの戦場の人間の怪我がみんな治っている
たぶんあの無駄に肉感的なお母さんも

魔女の宅急便+もののけ姫だった

>ガルファって憎まれてるっぽいけど、

マリアへのレイプ未遂から決定的にクソ野郎扱いが増えた様な感じだなぁ。

性的な問題って、被害者に極端に感情移入して、加害者への見境がつかなくなって問答無用で叩きたくなる傾向って多いんだよね。
慰安婦問題とか痴漢冤罪とか。
まぁ逆に「加害者にも人権ガー」みたいな方向性にイっちゃうのもそれはそれで問題だが。
(生臭い話ばかりで失礼)

>彼なりにジョセフには気をつかってたんだよな。対決の最中の会話をみても。

「異端として焼かれるよか処女失った方がマシ」
「このまま血を出し続けたら死ぬからやめとけ」
「このまま魔女に加担したら見捨てられるぞ」
みたいな事を言ってたね。

>たぶんあの無駄に肉感的なお母さんも

前話の記事で死体扱いされてたお母さんか?
まぁあの血の飛び散り具合じゃ、死んでそうにも見えるけど。
蘇生するかどうかは、あのお母さんが本当に死体か否か、魔法がどの程度強力か、によるだろうなー。

死者の蘇生は無理な魔法だけどあのお母さんはまだ瀕死で虫の息レベルだったか。
完全に死んでネクロフィリアがごっつぁんです状態だったけど死後数時間以内なら蘇生回復できるレベルの魔法だったか。
みたいな。

・・・いやまぁ、無粋な話だけどね。
ああいうハッピーエンドな場面なんだから、全員助かりそうなノリであるのは確か。

漫画のジョセフはミカエルの正体を知った後も計二度も弓を引き、ビブでも出来なかったミカエルへのクリーンヒットを成功させてるからな

俺はベルナールは「悪魔でも」だと思った。マリアに求婚したジョセフにもっと嫉妬するかと思ったけどそうでもなかったな。必死にキリスト教を擁護している人がいるけど魔女裁判の黒歴史は変えようがない。何よりたった50件だったらここまで全世界の歴史に残るはずがないだろう?
ディズニーぽいという言葉はアニメでは「子供受けのプロットだった」という意味だからがっかりした回だったと言うことだな。

ジョセフってなんだかのび太的な印象があるから、原作のジョセフはカッコイイと言われると相当なキャラチェンなんだろうなwww
イケメンキャラがマリアに告白って展開を嫌ってオリジナルに変更って具合だろw
それか、原作で進行すると話数が足りなくなるからとかだろうな~

それにしても、何でイキナリ現実的でない要素を混ぜ始めたのか・・・・・娼婦が片手でガルファを抱えるシーンとか、いくら喜んでるって言っても召喚あんなに出来たら今までの緻密なリアリティがすっ飛んでいくわwww作品として減点ですえ

最終回は30分間マリアとミカエルが殴りあいます。

>原作はあくまで軍人同士の戦争だったし
そうだったっけ。原作はすでにうろ覚え…
でも中世の戦争で軍人と民間の区分なんてほとんどなかったろうな
補給を支えていたのは多くが非武装の人間だったし巻き添えもやむ無し
そもそも軍規に則った兵士という意味で、軍人という概念が
できたのももっと後代だ

> 漫画のジョセフはミカエルの正体を知った後も計二度も弓を引き、ビブでも出来なかったミカエルへのクリーンヒットを成功させてるからな

そうそう。このままではエゼキエルがビブに言った「人間はミカエルに触れる事すらできない」ってセリフとの矛盾が生じるよね。ジョセフが再び矢を当てるのと対になるシーンのはずなんだから。
アニメは原作に大層に肉付けをしたけど、芯の骨をとっとと抜いてしまっているからなー。あと1話でどちらに転ぶか。

ガルファはジョゼフのことが羨ましいんだよね。
だから反感も覚える。
ジョゼフのもっている穏やかさ、素直さ、ひ弱そうだけど強い精神力がまぶしいんだろう。
傭兵としてはあの姐さんが付いていてくれれば何とかやってけるかな。

検索してもスペインの魔女処刑50人のみのソースが出てこないな。
スペインが魔女狩りの本場というソースも出てこない。
魔女狩りが盛んに行われていたのはプロテスタント国のドイツ・フランス・イギリス・オランダ・スイスなど。
カトリック国のスペインで盛んに行われていたのは異端審問であり、
魔女狩りではないというソースはたくさん出てきた。
処刑者数は研究者によってばらつきがありヨーロッパ全土で4万人~300万人と広すぎる。
すくなくとも、魔女狩りの犠牲者が少なかったという主張は嘘だと思うよ……。

立場の違いだけで善悪なんてないってのはちょっと無理でしょ。人間社会に生きている以上。どんなヤツにだって立場はあるけど、悪を働こうとして働いてるキャラもはっきりといたしさ。ガルファだって自覚してるし。

>>検索してもスペインの魔女処刑50人のみのソースが出てこないな。




調べてくださってありがとうございます。


おそらくこれは私の訳し間違えですね。
"no more than 50"を【わずか~』『少量の~』の意味で訳してしまいましたが、『50以下』の意味だと思われます。

それと翻訳元のコメント主はスペインが魔女狩りの本場とは言っていないと思います。
本場(the strongest)なのは"Inquisition "であり、これは『宗教裁判、異端審問』の両方の意味を取るようです。


その点についてはまさに名無しさん@ニュース2ch様が調べた通りかと思われます。

やっぱりガッカリ(笑)する海外ファンが出てきたすなぁ
この物語はあくまである夫婦の馴れ初めのお話に過ぎないのに
宗教観だの中世暗黒時代の描写だのに重きを置いて見てる人たちの阿鼻叫喚が心地いいわ
最悪な結末を迎える名作より、ハッピーエンドな駄作の方が面白いんじゃよ

自分がやってきたことへの迷いで魔法が使えなくなり
自分がやりたいことに気付いて魔法が使えるようになった
やる気スイッチだよ
信念が揺らいでる時なんざ失敗するに決まってるさぁね

>カトリック国のスペインで盛んに行われていたのは異端審問であり、
>魔女狩りではないというソースはたくさん出てきた

自分が知るかぎりでは、それたぶんユダヤ人相手のヤツだと思う(昔読んだユダヤ史の本に書かれていたとウロ覚え)。

百年戦争終結から約半世紀、「レコンキスタ」を達成した後、スペイン(そん時はカスティーリャ王国だったかな?)はイベリア半島を完全なキリスト教世界にしようと、ユダヤ教徒や残存イスラム勢力に棄教を迫った。
で、ユダヤ人たちに「棄教拒否なら財産剥奪のうえ国外追放」と脅しをかけたら、一般民衆だけでなく本当は引き止めたかった重臣とか大商人とか王国を支えてきた者も含め、みな一様にイベリア半島を後にした——という話だったと認識してるんだけど。

不備・誤認あったら指摘ヨロ。

>・うーん、なんだか予期せずしてディズニーみたいな終わり方に向かっているように見える。
>頼むからそんな子供っぽい終わり方にはしないでほしい。
>ここまでずっと異彩を放つ成熟した作品として進行してきているんだからさ。   (不明)

あなたにとても残念なお知らせがあります。

この展開でもしアニメが原作通りのラストを迎えるのなら
これは世紀の凡作になるんじゃないだろうか
今回を観てそんな危惧を強く感じてしまった
原作よりシリアスな面を強調しすぎたせいで
「幸せに暮らしましたとさ」的なラストが許されなくなっている気がするな
はたして谷口版マリアはどう風呂敷を畳むのか楽しみだ

ジョセフ(ヨセフ)って聖母マリアの夫、イエスの(義)父の名でもあるけど、
キリストがまた生誕しちゃう心配してる海外の人が居ないのが意外だな。

色々意見が飛び交ってるのというのに、外人は○○みたいなことを言う方が民度低いだろ。
マリア自体はいいけど、これだから外国はキリスト教は…ってほざく輩が湧いてくるのが残念でならない。
日本の中世時代だって色々ひどいことやってたというのに…

ジョセフいま弓もってないしな〜。
ミカエルとの生命と人間の誇りを賭けたやりとりが、
原作に匹敵するレベルで
アニメ版のヤツにできるのか、正直ちょっと疑念。

んで、ミカエルはどうせなら原作通り騎馬で登場する方が重々しくて良かったなーと;

あとは「exhibition」のエピが含まれる可能性高いかな(エゼのね)、と予測。

>この物語はあくまである夫婦の馴れ初めのお話に過ぎないのに
個人的に駄作とは思ってないけどこの部分は結構同意
アニオリで戦争と宗教の描写を丁寧に掘り下げた分壮大なテーマの作品だと思われたんだろうな
そういうのを期待してる人には確かに最新話は子供っぽく感じられたかも
その子供っぽさが本来のテーマに掛かる部分じゃないかなと自分は勝手に思ってるんだがw

 原作知らないけど中世世界をリアルにやってきたから、もう一つのテーマの性愛リア充万能感パワー・意志の魔法でひっくり返すのが爽快だったけどな。クロスアンジュも気に入ってるけど、頭でっかちの子供が良い子ちゃんに平凡な日常を取り戻したくて世界を救うのばかりに、食傷してたから、たまにはこういうのが見たかった。

 ジョセフは中世のしがらみの中で主人公補正と言えるくらい、すでに無茶なモラルを持って命令違反してるし十分男気を見せてると思うけどな。追加部分はココが多いね。
 略奪やら娼婦の戦場稼ぎなんかも普通。城塞都市を作ってるわけや、男女混合のヤクザな傭兵隊として各地をさ迷っていた。

 マリア&ジョセフ、使い魔二人、アンと村、ガルファ、教会とベルナール、天の教会とぽっぽちゃん、それぞれの道のエンディングを見せてくれるだろう。

漫画のジョセフは正直共感しづらい

漫画のジョセフは競争相手がいなくてもマリアの愛を獲得する努力をしてる。
アニメのはとくに好かれることしてないけどマリアのほうからが来てくれた。

今回の結末をディズニーみたいと感じるのは理解できないな
予め残酷さや人間の醜さが排除された世界においてキレイゴトでまとめるのがディズニー
それに対してこのアニメでの「愛は素晴らしい」は、色々な葛藤をふまえた上で一周回っての賛歌でしょ
表層的な部分しか見てないからディズニーとか言えちゃうんだろう

本作中で死者の蘇生が可能かどうかについてですが、
ビブがミカエルに対する時に伝説上のブリトンの王ブラドゥードの名を唱えて武器を飛翔させたのは、
ブラドゥードがネクロマンシーを使って得た知識で翼を作り飛んだという伝承からのようなので、
作中における魔法が死者の蘇生にまで及ぶ可能性はあると思います。

> アニメ版ではなんかしらんが回復魔法使ってるぞ
> ガルファ以外のあの戦場の人間の怪我がみんな治っている
> たぶんあの無駄に肉感的なお母さんも

そうか!その手があったか!と11話見直してみたけど確信を持てるようなシーンはなかったな・・・でも願望としてそうであってほしいね。でないと、このレスの四つ前のレスの「正気の沙汰じゃない」みたいな感想になるのは避けられないし。

正や善と信じているものも実は自分が否定したり悪だと思っているものに支えられたり裏付けられているっていう感じが好きだ
だから閉じていない限りガルファみたいなのもお花畑も裏切りも許しも必要です
アーメン(ニヤリ)

原作知らないからラストどうなるのか全然わからないけど
ハッピーエンドは嫌いじゃない。
ジョセフに告白された時のマリアのうれしそーな顔に観てるこっちも癒されました。
マリアの自分の本音最優先のストレートさは潔くて好きですね。
魔法失うのか魔女のままでいられるのかわからないけど
どうであれ二人がずっと幸せに暮らして欲しいですね。

誰も指摘していないですけど,マリアはラスト近くに,「全ての者」に感謝しています。
作中で神は「普遍」であるとしていますが,つまりマリアは「神」に感謝していると言ったのと同じことではないでしょうか。
その後,ミカエルに,今まで対立していたのがうそのように,笑顔で「彼ができた」と報告しています。
自分に罰を与えた「敵」ですら受容している。
これは理屈ではなく,体験です。

この作品の登場人物は,すべて単純な善悪で区分できず,それぞれの人物が他の人物を愛し,憎み,対立しつつも,ある部分で共感もし,相互に他人に影響されて,変わっていく。
ガルファとジョセフの関係などは極めて象徴的です。このオリキャラは必要だったと思います。
ルメ伯のジョセフに対する感情。不満を述べつつも父親代わりのような気持ちで見守っているセリフも印象的でした。

母親が虐殺されて泣く子供の姿もあれば,愛を告白する若者たちもいる。

原作未読ですが,どのようなラストを迎えるか楽しみです。

翻訳お疲れさまです。
弓や槍をバカっぽいお花に変えてっちゃう魔法のが見たかったな
映像的では漫画のが勝ってるぞ監督ー

ミカエルが馬に乗っていないのは、上手に馬を描けるアニメーターがいないからでしょう。

>最悪な結末を迎える名作より、ハッピーエンドな駄作の方が面白いんじゃよ

そういうのはアンパンマンとかで間に合ってるんで
日曜朝にでも流してくれ

ハッピーエンドな名作が一番いいですw

BS11で確認したが、死者の蘇生らしきシーンはなかったよ。
巨大樹に吊るされたり魔獣に追われて逃げたりしてたのは、
もともと無事だったり後で攻めてきた兵隊のようだ。

残念ながら、あの肉感的なお母さんが生き返ってない。
蘇生してたら、それらしいシーンを挟むだろうしな。
略奪や殺人の憂き目にあった一般人は、「マリアの幸せ」とやらをどう見てるのかね。
戦争を終わらせてくれて「ありがとう」と言えるんだろうかね。

やはり、アニメ版は中途半端にリアルを追求しすぎて、
『グロテスク』と呼ばれるなものにしてしまったようだな。
元々は単純に「めでたしめでたし」で終わるような話だったのにな。

「童貞魔法使いジョセフ」は見てみたいなw性的な意味ではなく

あと1話を残しての大団円感だし安直なハッピーエンドでは終わらんと信じてる

マリアは信仰によって力を得たわけではない
大きな力で一方的にどちらか選べと強制されているだけで
ハトが見ていないところでもやりたい放題だったのに
愛していると言ったとたん力をなくすことはないのではないか?
マリア自身も何故どちらかを捨てる選択をする決意をしているのだろう

ガルファというアニメオリキャラの存在を否定する気はないけど、ジョセフとマリアの最終的な互いの恋愛感情確認過程に、ジョセフとガルファの決闘を背景としてもってきたのは、ちょっとどーかなーと思う。

原作の方ではなんというか、戦争という巨大な殺戮破壊システムが無機的な非情さをもって「押し寄せる」中で、ふたりが「それ」を選択する描写がとても重要だったような気がする。アニメではガルファというキャラ個人の思惑とか感情がある意味ノイズのように作用して、ふたりの選択に対して受け手がシンプルな理解をしにくかった。

おそらく、よく指摘されてる「いい体してる母親」の件とかもこれと同じで、ガルファの内面や個々の犠牲者の「個別の事情」を俯瞰せずにクローズアップしたことで(これ自体は「地上を這いずり回る人間の視点」を追求したかったのだろうとは思う)、物語のテーマ自体は少しボケてしまったように見える。

だから

>略奪や殺人の憂き目にあった一般人は、「マリアの幸せ」とやらをどう見てるのかね

という意見に対して、このアニメは現状反論できないのではないかと自分は思ってしまう。

頑なな宗教家ではなくなったベルナールの好感度が上がった

>地上を這いずり回る人間の視点」を追求したかったのだろうとは思う

そういえば、組合の魔女は戦争を止めない人間を「虫みたいだ」って言ってたな。唐突すぎたし、谷口倉田の顔がひょっこり見えて浮きまくった台詞だなと思ったわ。

最後のマリアが異常すぎて理解できなかった。惨状のなかを走り回ったあとでリセットしたかのごとく「幸せになっちゃった」はないだろう。ロロット等の略奪も認めっちゃってるし。マリアの戦争嫌いってなんだったの。原作は違うと指摘している人教えて。

魔女マリアはお子様過ぎて自分が本当に欲しがっているものが何か解らなかったのさ。
無自覚に抱え込んだ大きな愛情のはけ口が戦争介入だったんだから、今回やっとそれを正しく向けるべき対象を見つけた訳だ。
ロロットの件は、弱き者だった筈の女性の逞しさしたたかさを目の当たりにして、マリアは若干毒気が抜けてしまったんだろう。
自分がどんなに干渉しても人間の営みは変わらない。ただ、憎まれもしたけど彼女に感謝し好いてくれる人間が大勢いるのも事実なんだから。

↑解り易く教えてくれてありがとう。まだまだ自分がガキなので俯瞰で見れないのだと思う。でもやっぱりそんな考えなしのマリアがミカエルと渡り合えるとは思えないんだけど。

ジョセフがマリアの使い魔になってエンドなんだろ
きっと

>原作は違うと指摘している人教えて。


原作も同じだよ
むしろその意味ではさらにあっけらかんとして酷いよ

ジョセフは元脱走兵だったが、親切にしてくれたアンの村の人々に替わって徴兵に応えようとした。

それを知ったマリアは「結局、現実は何も変わらない」と絶望したが、それでも戦争を止めようとしミカエルの槍に打たれた。

重傷を負い動けなくなったマリアを残し、義務を果たすためもう一度ジョセフは戦場へ戻る。

マリアといえば魔女狩りに遭い、火刑に処されそうになるが、ビブとエドウィナの助けを受け、ジョセフの元へ飛んでいく。

原作じゃこんな流れだな。ちなみにマリアが告白を受けた戦場は野外戦(撤退するイングランド軍の追撃)で、市街戦じゃないから、傭兵の略奪も一般市民の虐殺シーンはないよ。

マリアの心情は、解説してくれた人の通りなんじゃないかな。

白兵戦も市街戦もマリアは直接その目で確認してたよね、原作でも。
蹂躙されて死んでいった一般人たちの惨状をエゼキエルに訴えて
お前のせいでそうなったと糾弾していたし。

黒い聖母マリア、ブラックマリアの伝承はヨーロッパの各地に残る
ケルト神話にダーナオシー、いわゆるダーナ神族を産み出したダーナ、ダヌ、もしくはアナ、アヌという名の黒い地母神がいる
そしてイエスの母はマリア、マリアの母はアナ
土着のケルト神話とキリスト教、二つの神話から地母神アナの娘ブラックマリアというハイブリッド女神が生まれた
同じ名前の二人を同一視すれば、教会側もケルトの光の神ルークとイエスは親戚ですよとか宣伝できるし
ケルトの風俗で生きてる人たちも、
黒い聖母像ならすんなり受け入れられた
ブラックマリアはケルト神話が産み出した最後の女神なのである

魔女狩りが50件とか嘘でしょ
wikiにゃ3000件とか足して5000件とかそんなんだぜ

こいつら「もやしもん」読んでないのかw宗右衛門がびっくりして、
細菌が見えなくなるエピソードを知らないなんて・・・。
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。