Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純潔のマリア 第2話『CONTRA MUNDUM 世界に対す』 海外の反応

entry_img_216.jpg
以下MyAnimeListRedditより翻訳


・なんでこの番組をもっとたくさんの人が見ていないのか理解できない!  (不明)


sotohan_maria2_img002.jpg


・よし野郎ども戦いの時間だ。
弓兵が前線にいて、それ以外の全員が後ろに下がってるぞ!   (不明)



Re:いや、だって散兵ってそういうものだし。  (不明)


sotohan_maria2_img003.jpg


Re:この事を熟知するために結構ローマ:トータルウォーをプレイしてきた。
軽装の弓兵や散兵を前方に配置して広く陣形を取るんだ。
敵が突撃してくるならそれらを自陣の槍兵ラインまで走って下がらせるんだよ。   (不明)



Re:でも当然のことながら、それだと君の軍隊は遅れるから、連隊として動けないだろ。
そして敵が通過してる間に乱戦になるぞ。
そして騎士部隊が軍の横っ腹に突撃する。  (不明)



sotohan_maria2_img004.jpg


Re:たぶんエッチタグが張られているから、典型的ないつものやつだと思われてるんじゃないかな。
僕だってクロスアンジュを教訓にしなきゃ、黙って見逃すところだったよ。   (不明)


sotohan_maria2_img005.jpg


・あのアルテミス!
司令官に『あなた以外どうでもいい』と言わせるほどの神業の持ち主なんだな!
彼女は本当に経験豊富だよね、同性愛者を除いてw
あとマリアがインキュバスの○○○を具現化できなかったのには笑ったw
そして当のインキュバスもホモの相手をさせられるだなんてかわいそうだったよ><
最後にマリアがミカエルに圧倒されたが、ジョゼフがミカエルを撃つだなんて予想してなかった。
彼に何が起こるのか気になるよ。   (男性)


sotohan_maria2_img007.jpg


・ファルスタッフと呼ばれていたイギリスの隊長はシェイクスピアから来てるな。
同じ名前を見たことがある。   (不明)



・このアニメが本当に好きだ。
1話からクオリティが全く落ちてない事が嬉しいね。
アニメーションは未だに素晴らしく、番組自体も楽しめるもので、マリアは今もなお可愛らしい。
アルテミスは依然として変態だし、間違いなく今期一の嬉しい驚きだ。  (不明)


sotohan_maria2_img008.jpg


Re:君は変態(pervert)の意味を正しく使う必要があるな。
彼女はサキュバスであり、あるべき姿をまっとうしてるんだから完全に健全じゃないか!  (不明)


*日本語の変態に充てられる訳語としては大抵この"pervert"ですが、この言葉には『道を誤る』という意味合いを含んでいます。
元から変態なのがサキュバスの仕事であり、本業をまっとうしているだけで、道を誤ってないから変態じゃないよ!という事。



sotohan_maria2_img009.jpg


Re:そうだな、その通りだ!
だから僕はこう言わせてもらおう。
今回もまたアルテミスがアルテミスだったと!  (不明)


sotohan_maria2_img011.jpg


・このアニメはとても激論を呼びそうだね!!
こういうの大好きだよ!!
全シリーズ通して見ていこうと思うわ。   (ブラジル 女性)



・この番組は大好きだよ!
下品なジョークが出てきたかと思いきやそれが実際のプロットの中で生きているんだ。
サマリーを読んだだけじゃこのストーリーの行く先が分からないが、でもこれはすごい。  (不明)


sotohan_maria2_img010.jpg


・なんでこのアニメに”ecchi”タグがついてるのか分からない。
確かにいくつかの性的なテーマがあったけどさ、でも欲情させる要素は無いし、
アクシデントで胸を掴むシーンとかも無い、単に無垢な好奇心に留まるものじゃないか。
僕は大抵はこの手の話はどうでもいいんだけど、
タグによって間違ったコンセプトのコメントや番組に対して誤った判断が下されるのが困るんだよね。  (不明)


sotohan_maria2_img012.jpg


・僕はこの番組が示すように宗教に対して手加減をしない所が気に入った。
暗い歴史をきれいに水に流す事無く、今の世界ではもっとこういうのが必要だ。 (不明)


sotohan_maria2_img013.jpg


・うーん、マリアのキャラクターはとても好きなんだけど、『戦争を止める』という発想は目新しくは無いね。
ここまでは予想通りだったよ。   (アメリカ 男性)


sotohan_maria2_img014.jpg


・マリアのキャラ付けのされ方が大好きだな。
テーマに関連づけられたキャラ付け、そしてもちろんデザインも好きだ。
ジョゼフも男だね。
もしこの後ミカエルに粛清されなければ、彼とマリアの交流を楽しみにしたい。
唯一の問題は前回のエピソードと比べるとディレクションが下がった事かな。
シーンの移り目が粗くて、本来持ち得るインパクトが無かったように思える。  (アメリカ 男性)


sotohan_maria2_img015.jpg


・今週はとても面白いエピソードだった。
アルテミスにも魅了できないものがあるという所は腹を抱えて笑ったよ……w
でもなぜ使い魔は白フクロウの形態を取らなきゃいけないんだろ?
冬でもないのにね、単に可愛いから?
ところで僕はミミズク(great horned owl)やアナホリフクロウ(Burrowing Owl)が好きなんだ。
素敵な多様性があるよね。
さらに付け加えるならフランスでは1791年まで同性愛は有罪ではなかったんだよね……。
初期のギリシャと似たような変遷をたどったんだ。   (カナダ 男性)


sotohan_maria2_img016.jpg


・このアニメは面白すぎるlooooooool
始まりのシーンはとても魅力的過ぎて眠れなかった。
サキュバスにすっかり恋しちゃったよ。
彼女には僕の所にも訪れて欲しい。
必要ならば娼婦の様に泣き叫んでみせるよ><
この番組はとても面白くなるだろう。
コメディとシリアスのバランスをうまく保ってるのが好きだ。  (男性)


sotohan_maria2_img017.jpg


・無垢なのにマリアがイキュバスを作るという、またもやとても楽しめるエピソードだった。
そしてその使われ方もねw
そしてマリアがいる村が傭兵に襲われたようだ。
ここでは村人たちが憎しみなどに駆られて血を流す事も無くとてもナイスだった。
ミカエルには戦争や犯罪とて自然の営みの一つに過ぎず、
マリアが目に映る争いのみを止めるのは騒動の種に過ぎないと言われた。
マリアがミカエルにその力をはく奪されようとした時にジョゼフがミカエルを撃ったね。
使い魔たちはとても愉快な奴らだし、もっと増えて欲しいな。  (カナダ)


sotohan_maria2_img018.jpg


・僕はこの作品がどういう風に天国や神を描いていくかに興味があるよ。
インキュバスも素晴らしかったね。
僕たちにはもっとインキュバスアニメが必要だ。   (男性)


sotohan_maria2_img019.jpg


・何? ゲイの聖職者がいるのか?
見なきゃ。   (不明)


sotohan_maria2_img021.jpg


Re:この番組の大部分はさておきホモ聖職者は現実だからな。  (不明)


sotohan_maria2_img022.jpg


Re:僕が覚えてる歴史が確かならば、
聖職者同士が同性で性的交流をするのは受け入れられていた事だったと思う。  (不明)



Re:いや、受け入れられていた事なんて全くないし普通の事でもない。
過去多くの同性愛者が火あぶりにされてきただろ。
ただそれが隠ぺいされていただけであって。   (不明)


sotohan_maria2_img024.jpg


Re:戦争も人間の愚かしさも現実だよ。  (不明)




Re:百年戦争やジャンヌダルクもね。  (不明)


sotohan_maria2_img025.jpg


・マリアの仕事を快く思ってない神々の注意を引いてしまった。
今回もまた堅実なエピソードだったよ。
僕は間違いなくこのシリーズを最後まで見続けていく。   (男性)


sotohan_maria2_img026.jpg


・あのサキュバス関連の出来事はちょっと不穏だねw
同様に男同士の所も><   (女性)



・マリアがインキュバスに名づけたプリアポス……。
おお、我が神がこの番組にw!   (不明)


sotohan_maria2_img027.jpg


・素敵なストーリーの進展だと思う。
新たに登場した全てのキャラが気に入った。
この番組が取る実際の方向性はまだ分からないけど、
それは全く悪い事では無い。   (アメリカ カリフォルニア州 男性)


sotohan_maria2_img028.jpg


・戦争? 可愛い魔女? ゲイ聖職者……?
おお、神よ。
なんで全ての人がこの作品を見てないんだよ!?!?
おいおい、マジでこの番組は良過ぎるよ。
マリアは完全に可愛いし、珍しく良いタイプのツンデレだ。
そしてアルテミスは愉快で、もちろん魅力的だ。
さらに些細なわき役でもとても意義深くプロットに関わりを持っている。
そしてマリアの小さなスケールでの対立や信念を中世的な戦争や政治に優先順位をつける事で、
ストーリーに入りやすく、とても追いやすい物にしてくれている。
付け加えるならアニメーションがファンタスティックだ。
神撃のバハムートでもそうだったけど、天使や悪魔がただの善と悪で無い所も良いね。
マリアの小さな視点での価値観とは別に、より大きな視点での自然の秩序を優先付け理解できる形で展開してくれた。
これは単なる善vs悪という分けではない、実際的な対立だ。
あああああ、僕は出来る限り全力でこの番組を求めに行く。
来週また会おう!!   (不明)


sotohan_maria2_img029.jpg


Re:僕の理解によれば神撃のバハムートに登場した天使や悪魔は単にそう冠するだけの別の生物だ。
彼らが善である必要も悪である必要も無いだけなんだよな。
この番組の天使はもっと神聖であり、不可知的なものであり、純粋善であるべき存在に見える。   (不明)


sotohan_maria2_img030.jpg


Re:僕は天使たちの立ち位置は『善』よりも『秩序』(彼らに設定されたもの)であると思うよ。
天使たちはその秩序に明確に従っている。   (不明)


sotohan_maria2_img031.jpg


Re:僕が見た限りではそれを純粋善と考えていると思う。   (不明)


sotohan_maria2_img032.jpg


Re:公正な見方をすれば神撃のバハムートに出てくる天使たちはバハムートが再び覚醒し、世界を破壊しまくる事を阻止していただけなんだよね。
不断の決意で善や秩序の教えを説くためにいるようなものでは無いと思う。  (不明)



Re:同意。
あの作品の天使は単なるステータスとしてのものだった。  (不明)


sotohan_maria2_img033.jpg


・素晴らしいプロットの展開だ。
このストーリーの方向性が興味深い。
冴え渡った発想があちらこちらで見られるね。
ただ気になったのが何で誰もヴァルキリーが登場していて、死者をヴァルハラに送ると言っていた事について話してないんだ?
このまま神話の複合路線で話が進むのか?
別に僕はそれでもいいんだけどさ。   (不明)


sotohan_maria2_img034.jpg


・ワォ、これはだんだん面白くなってきたな。
僕はミカエルの機械的、非人間的な描かれ方がとても気に入ったよ。
ただしあの髪型は好きではないけどね。
さらに北欧神話からも何か出てきたようだ。
この世界には全ての神話的生物が存在するのかなぁ。  (不明)


sotohan_maria2_img035.jpg


・僕はこの番組をここまでの楽しんでいるんだけどこの番組はカトリック教会に対してとても厳しくなりそうだ。  (不明)


sotohan_maria2_img036.jpg


Re:一般的に15世紀の宗教はめちゃくちゃ狂ってただろ。
この番組はそこを強調しつつ軽快なコメディを交えて実際に起こった事を描いている。
この番組はファンタジーエッチものにしては驚くぐらい正確な歴史を描いているよ。   (不明)


sotohan_maria2_img037.jpg


・インキュバスにつけられた名前であるプリアポスはギリシャの農耕をつかさどる神だね。
オーバーサイズなアレを持っている事で知られている。   (不明)


sotohan_maria2_img038.jpg


Re:そうそう、マリアが呼び出した巨大なサーペントのサイズを見たか?  (不明)


sotohan_maria2_img039.jpg


Re:しかもその用語は近代の医学用語"priapism"(持続勃起症)にも関連してるしな。  (不明)


sotohan_maria2_img040.jpg


・んで、プリアポスはアレを手に入れたのか?
マリアはアレの形を知ったのか? どうなんだ?  (不明)


sotohan_maria2_img042.jpg


Re:まぁあの後マリアが巨大なサーペントに乗っていた事から判断すれば、
彼女はそれを事細かに理解したと言うべきだろう。   (不明)


sotohan_maria2_img043.jpg


Re:たぶん彼女はそれがどのようなものなのかを知っただろうね。
ただどうやって繁殖するかについてはまだまだ知る必要がありそうだ……。  (不明)


sotohan_maria2_img044.jpg


・自然に考えればあのサーペントは男性の生態から学んだものだろう。   (不明)


sotohan_maria2_img045.jpg


・これはエッチショーにしては特筆すべきほど正確に描かれている。
軍隊や戦術、ラテン語の文法、すべてだ。
僕はとても感銘を受けたよ。   (不明)



Re:僕はこれがエッチショーだとは思わないけどね。
確かに多くの性的テーマをはらんでいるが、だからといってecchiジャンルであるという事にはならない。  (不明)


sotohan_maria2_img048.jpg


・世界観への細部へのこだわりと、歴史的裏付けへの努力はアニメとしては感銘を受けたよ。
シャルルVII世を "King of Bourges" と呼んでいたのがいい例だね。
大部分の中世ヨーロッパを舞台にしたアニメじゃせいぜいフランスの王と呼ぶのが良い所だろう。
もしくはガリア王とか何かそんな感じ。   (不明)


sotohan_maria2_img049.jpg


・うぇぇ……。
僕は売春が嫌いだ。
アルテミスの仕事のくだりは嫌いだよ。
汚らわしい。大嫌いだ。
あのような美しい女性がそんな事をするべきではないよ。うぇぇ……。
エピソード自体は大丈夫だけど、大天使が出てくるのは一体何事だ。
彼の描かれ方については……ちょっと賛同出来ないかな。
僕自身、キリスト教徒として、このエピソードは少し不愉快だった。
その理由の大半は大天使聖ミカエルの描かれ方がとても良く無い事だ。
それ以外は大丈夫だった。  (中国 男性)


sotohan_maria2_img050.jpg


Re:そうよね。
これは元ネタの漫画でイライラさせられた記憶を思い出すわ。
使い魔の扱われ方には笑えなかったもの。
彼らは自由意志を持ったただのフクロウだったのに、
今やマリアの命令で誰とでもセックスする使い魔になってしまったわ。
まぁ彼らはその時間を楽しんでいるのかもしれないけど、
でもこのエピソードのインキュバスはまだ恐怖心があったし、準備が出来てなかったように見えるわね。
天使についても同様ね。
私はそれほどキリスト教徒ってわけではないんだけど、
天使の要点を捉え損ねているように思えるわ。
これらはコンセプトへの興味を損ねてしまうんじゃないかしら。   (ロシア 女性)


sotohan_maria2_img052.jpg


Re:僕はこの作者はこのテーマの複雑さを描く能力があると思うし、
この話がどれほど深くなって行くのかを興味深く見ているよ。
基本的にマリアは魔術を通して、自由意志を改ざんしているように思われるが
仮にマリアが善意で行っているとしても、確かにそれが正しい理由にはならないよね。
これはなぜ神が悪や痛みを含めた世界を作ったのかという疑問を呼ぶことにもなる。
その解答としては、『悪も痛みも、共に人間が自由意志を持つために必要だから』という事になる。
人生は確かに不公平なものかもしれないし、
悪や痛みが我らを待ち受けているかもしれない。
だがその悪や痛みにどう応えるかは個人の行い次第という事だ。
そして、より大きな試練はより大きな機会を生み出す。
これが人間の成長につながる。
神が善を助けて、悪を罰するために仲裁するのであれば、神がサイコロを振る事になり、
人間は自分で自らの将来を決める事を止めてしまうだろう。
そしてフクロウについては、インキュバス自身がインキュバスになりたいと望んでいた事を忘れてはならないよ。
その問題に関しては、彼自身が自由意志を表明した。
その後に何が起こるのかは全て自分の決断が招いた結果だ。
アルテミスについてもきっと同じだったに違いないと確信している。
彼女はサキュバスになるという決断を下し、
だからこそ今サキュバスがサキュバスたる所以を実行しているだけだ。
そしてミカエルについてだが、彼の責任は人間の自由意志を守る事だ。
それゆえ、人間が邪悪に振る舞う事や傭兵になる事さえも見守るんだ。
だから、超自然的な力を用いて自分の意思を押し付けようとするマリアを止める事『こそ』が彼の役割だよ。
だからこそ、僕はここからこの先どうなっていくのかを興味深く見ているんだ。
ここには挑戦的なアイディアがあちらこちらに転がっている。
この作品が辿る道筋は二つしかないんだよ。
一つは『善は正しさを生む』というありきたりな結論にする事だね。これじゃつまらない。
それを超えた何か面白い物を提示してくれる事を期待しているんだ。   (不明)


sotohan_maria2_img055.jpg


・マリアはその行いは良いけど、聖ミカエルが言うように、
天や魔女などの超自然的な力を持つものが自然の営みに対して、何か悪い事が起こるたびに干渉してはいけないという点は正しいんだよね。
それにマリアは個人的な嫌悪から戦争を止めようとして、全体を見渡す事をおろそかにしていた。
一方で聖ミカエルはその点を押さえていたが、でも彼は結局何もしないんだよね。
これは人々が魔女崇拝に転向して、魔女マリアの信仰を促すようなものだ。   (不明)


sotohan_maria2_img056.jpg


・マジかよ、大天使まで関わって来たぞ。
宗教的にはちょっと止めて欲しいという思いがある。
ただ、ミカエルのマリアの身勝手さについての指摘が的を射ていたのは良かったよ。
この番組は良いんだけど……何かが足りない気がする……。
なんかぎこちないっていうか……。  (男性)


sotohan_maria2_img060.jpg


・アルテミスはワーカホリック気味じゃないか?
まぁあの太った王はすべての瞬間を楽しんだだろう。
そしてマリアの博愛的努力にもかかわらず、僕はミカエルに同意せざるを得ない。
当時のあの時代においては、マリアの行動は世界における自然の営みをかき乱しているだけなんだよね。
あのような大きな力はノブレス・オブリージュを身につけ、より良い世界への手助けとして使わなければならない。
マリア自身の力ではすべての戦争、集落、犯罪に対処する事は出来ない。
彼女が出来る事は自身の優先順位のリストの高いものを助ける事のみだ。
さらにマリアは止めた後に起こる連鎖的反応については不確かでしかない。
例えば盗賊たちはまた戻ってきて村を再び襲撃するかもしれないし、それか単純に復讐のためというのもあり得る。
それはさておき、大天使に矢を射かけるだなんてジョゼフはバカとしかいいようが無いな。
彼がただちに煉獄の炎で焼かれるとかそういう目にあって欲しくは無いけど、
はぁ……しょうがないか。
カッコよさと愚かしさは共存するんだもんね。   (男性)


sotohan_maria2_img061.jpg


・マリアは純粋無垢なんだね…… T_T
このアニメの純粋無垢的な側面が大好きだ。
ただ、ミカエルについてはあまり言える事は無い……。
どれほど多くの人間が救われ、助けられようとも、人は依然として堕落したままだ。
人間がどうなろうとその中核は腐ったままだ。
違いや独特さ、無垢、そういったものは堕落の前に屈してしまう。
それならまだマリアの方が好きだよ。
だって、少なくとも彼女は自分が出来る範囲で誰かを助ける努力をしているからね。
何もしてくれやしない"ありがたい"天使たちとは大違いだ。
やってくれる事とといえば世界を変えようと頑張ってる人に立ちはだかるぐらいだね。
世界をありのままの姿でいさせようじゃないかって言っても、
ほっといたら腐敗が広がって、やがてすべてを飲み込むだけだ。
この論法でいけば天使や神は世界の終わりまで何もしてくれない。
単純に全てが崩壊した後に世界を作り直すんだろうね。
人間の堕落は絶え間なく広がって行っている。
まぁいいか、少なくともこのアニメはこれらの側面をうまく描いていたし、
人々が切望するものが存在しないって事を見せてくれたよね……。
何にせよ、このアニメについて何を考えればいいのかはまだ具体的に分かっていない。
面白そうなコンセプトは持ってるんだけどね。
これが適切な方向へ進展してくれる事を期待しているよ。   (エストニア 男性)


sotohan_maria2_img062.jpg


・まぁこれこそが武装蜂起が必要な理由だよ。
神や大天使でさえあのざまなんだから。  (男性)



・天界のルールその一:瞬きをすることを禁ずる。   (不明)


sotohan_maria2_img065.jpg


・このプロットが好きになり始めている。
特にミカエルの地上での役割に関する説明。
気になっているのがサタンや悪魔などが登場してくるかどうかだ。  (アメリカ 男性)



・マリアは使い魔をレイプさせられるために送り込んだのに、
村人がレイプされそうになるのを防ぐんだな。
それはなんだか偽善な気がする。、   (不明)


sotohan_maria2_img066.jpg


・ジョセフは肝っ玉がデカいな。
天からの使いに対して矢を射かけようだなんて思うか?
悪い事が起こるに違いないって思うよな?   (不明)


sotohan_maria2_img068.jpg


Re:しかもそれが単なる誰かさんじゃないんだよね。
聖ミカエルだ。たぶん最も強力な大天使だ。   (不明)


sotohan_maria2_img069.jpg


・マリアの『戦いは悪』という理想がこんなにも早く踏みにじられるとは思わなかった。
しかもほかならぬ大天使の手によって!
僕の疑問は『魔女やその使い魔たちが神学のデザインの上でどのような役割を果たすのか?』だね。  (不明)


sotohan_maria2_img071.jpg


・一体いくつの神話を混ぜる気なんだろうか?
もちろんだが、まず明らかにキリスト教がある。
だが今回は北欧神話のヴァルキリーが出てきたし、タラニスっていうのはケルト神話の雷神だよね。
マリアの使い魔につけられたのも神話から来てるし、なんだかFateシリーズでも始まる気がしてきたよ。  (不明)


sotohan_maria2_img072.jpg



・なんで日本はすべてのアニメにおいてミカエルを女として描くんだ?
ハハハ。
確かバハムートでも女だったよな、あれ。   (不明)



Re:でも実際中世までのミカエルの全ての肖像物は、女っぽかったけどね。   (不明)


sotohan_maria2_img077.jpg


Re:天使には性別が無いことになってるからね。
女っぽい天使でもいいじゃないか。
キミだってムキムキの天使がそこらじゅうを走り回ってる所を見たくはないだろ?   (男性)


sotohan_maria2_img076.jpg


・この番組のクレイジーなところは信仰をうまく捕え、価値観、時代、
そして理想に苛まれるマリアの苦悩のリアリティを見事に表している所だ。
優しい心を持つ魔女がそれらに抗うというわけだね。
100年戦争の間、もしくはその前後で当時の人々は”Great Chain of Being”というものを信じていた。
封建的カースト制度は神によって定められ、基本的に『その身分に生まれたのならば、それに従いなさい』というようなものだ。
このエピソードではミカエルがその価値観をうまく表しているよ。
ミカエルのあの目がそう言っている。
『システムは維持されなければならない。秩序は保たれなければならない。どんな犠牲を払ってでも。そしてルールは絶対であり、すべての者はそれに頭を垂れよ』って感じ。
僕はマリアのように神聖な愛を体現する人はしばしば、現状を守ろうとする人によって中傷され、悪魔と蔑まれるという事を含んだキャラ付けが気に入っている。
ストーリーの主役が役割によって演じられるのではなくて、
たとえ『間違っている』『罪深い』『悪』と呼ばれようとも、
そのキャラクター自身の深い感情のままに行動して見せてくれるのがいいんだ。
マリアは時代の思想に手なずけられる事を拒否し、
彼女が持っている譲れない何かに譲歩する事を拒否し、人を鼓舞するヒロインだ。
しかも説教臭くなく、ただ自分の眼前に広がる世界を気に掛ける女の子だ。
うん、間違いなくこれは今期一のお気に入り番組だね。
この先マリアの進展を見ていく事や天界との対立がどうなるのかが待ち遠しいよ。   (不明)


sotohan_maria2_img080.jpg


・止めるんだジョゼフ……ボコられるぞ。   (男性)


sotohan_maria2_img081.jpg


・ジョゼフは天使を撃ってしまった。
でもこれはいい結果にならないと思うんだよね。
安らかに眠れ、ジョゼフ。   (アメリカ 男性)


sotohan_maria2_img082.jpg


・ジョゼフは背後から大天使を撃ちやがった!
この描かれ方は良く無いよ。   (不明)




Re:しかもただ背後から撃っただけではなくて、大天使が殺しうる存在であるかのように描いたのはいけないね。
たとえミカエルが痛みを感じていなくともだ。   (不明)



関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

これはまた・・・翻訳おつ・・・

いかにもLight-Lawって感じだなミカエル

純潔のマリアがアニメ化されることを知って一番海外での宗教観の違いが気になってたが予想通り議論されてきたな

大多数のムスリムは風刺と言う名の侮辱に耐えてるというのにクリスチャンは・・・

ミカエルに矢を射掛けた行為を「愚か」と見る人が多いのに少しビックリ。
惚れた女が暴行されてる現場に居合わせれば、誰だってああするだろうに。
しかも、あの時点で相手が大天使だと知るすべも無いのにね。
まあキリスト教の熱心な信者からすると、思うところもあるのかもしれないけど。

もやしもんは原作も見てたけどこっちはノーマークでアニメで初めてみたが
結構面白いな。時代考証とかもちゃんとやってるみたいだし。

宗教ごった煮に関しては日本の平常運転だからなーw
ウァルキューレの前にギリシャも混ざってたしアニメ見てる人は大分慣れてそうだ
宗教観絡みのも興味深く読んだ
特に自由意志云々の長文の人のは(管理人さんありがとう)

>大多数のムスリムは風刺と言う名の侮辱に耐えてるというのにクリスチャンは・・・

いや、現代でキリスト教徒がイスラム教徒をテロで殺す事はないだろうし、
今回のフランスの風刺も問題だったとはいえ、イスラム教国家も新聞に
イエスを侮辱する描写を載せていたらしいよ。

あと個人的に純潔のマリアは作者がキリスト教徒じゃなく、むしろキリスト教を
批判する意味で描いていると思うから、悪意があると思われても仕方ない。

>時代考証とかもちゃんとやってるみたいだし。
服装とかいろんな時代のがごちゃ混ぜでオカシイみたいっすよ
他のアニメみたいに○○警察って輩はいないけど

今までは特に深く考えたことがなかったけど、表現の自由って素晴らしいなw
翻訳有り難うございます。次も楽しみにしています
ちゃらんぽらん宗教観の日本人で良かったわ

これは正に海外の反応にぴったりの作品だな。
我々日本人には理解できない宗教観の議論が楽しみだ。
だがこれから展開しだいによっては嫌悪感を出す人も増えるんだろうな。
イスラームと違ってカトリックなら流石にテロ起こす人もいないと思うけど。

いまいち海外の宗教や神話になじみの薄い日本より
なじみ深い地域の人達の感想は中々興味深いわ

間違ってもこのアニメが
ヴァチカンに見つからないことを願うよ
聖☆おにいさんすら
非難されたらしいし

キリスト教の権力者はつい最近も権力を盾にロリショタ喰い散らかしていたじゃねーかwww
ホモショタロリペドはキリスト教徒の十八番だろうwww

聖☆おにいさんの方がアウトだろ

長文奴はウザい
外人だろうと日本人だろうと同じだね

ユーゴ紛争のときに知ったが生物学的に同じ血筋同じ言語同じ土地で数百年暮らしてても、宗教が違えば民族として違うらしい
大好きな漫画だがそういうデリケートなとこに踏み込む内容なのでちょっと心配

大切な人が危険な時は命を捨ててでも助けろと言うであろう人達も
相手が天使なら諦めるんだなw
日本では害のある神様は討伐対象だから撃つよw

宗派はわからないがキリスト教徒として生きている人たちは、やはり見る部分が違って面白い。
長文批判してるのもいるが無視して長文だろうが短文だろうが、更には賞賛だろうが批判だろうが引っ張ってきて欲しい。
キリスト教における愛の話に突っ込んでいくからそれらについてどういう視点が出てくるのか気になる。

宗教ごった煮に関しては、実際にごった煮だったんだから良いんじゃないか。
ミカエルも魔女マリアに「古の力を持つ者」的なことを言っていたし、この作風でイングランドとバイキングの戦争を描けば、大天使ミカエルvs電神トールとか見られるんじゃ。

>聖ミカエルが言う天や魔女が自然の営みに対して、何か悪い事が起こるたびに干渉してはいけないという点は正しいんだよね。

キリスト教って、悪を見過ごす事は罪って発想なんじゃなかったっけ??
自然だろうと不自然だろうと、目の前に起きた悪は、どれも等しく悪であって何ら変わりない筈

人間が行う善悪を自然淘汰で割り切ってしまったら、信仰や布教する意味って何なの?って話しになる

なんもかんも1日休んだヤハウェが悪い

宗教に対する表現の自由^^

まぁエロカテゴリが気に入らないみたいだけど・・・
子供は見ても面白いとしか思わないけど
親が子供に見せたくない表現はあるからねw

翻訳をありがとうございます。
それにしても…原作にあったミカエルとヴァルキリーの掛け合いをカットしてしまったから、やっぱりいらぬ疑問や批評を招いているね。2話においてもう全3巻中ほぼ1巻を消化してしまってるし、そのせいか劇中のテンポはやたら早かったな。
次回からオリジナルキャラが登場するくだりからいよいよ谷口監督版マリアの開演なんだろうけど、どうなんだろう。今のところ「まおゆう」の二の舞臭がしてならない。

>>キリスト教って、悪を見過ごす事は罪って発想なんじゃなかったっけ??
自然だろうと不自然だろうと、目の前に起きた悪は、どれも等しく悪であって何ら変わりない筈

人間が行う善悪を自然淘汰で割り切ってしまったら、信仰や布教する意味って何なの?って話しになる


まぁ海外の反応であって、キリスト教徒の反応ってわけじゃないしな
キリスト教徒であったとしても、教義と個人的見解が同じとは限らないし
あくまで個人の意見じゃね?

チェスター・フィールドが尼僧院の地下は幼児の白骨でいっぱいでまるでベツレヘムの
ようって著書に書いてたようにクソみたいに乱れてたんだよね

>・インキュバスにつけられた名前であるプリアポスはギリシャの農耕をつかさどる神だね。
オーバーサイズなアレを持っている事で知られている。  


また一つ賢くなった。

海外のコメントが、意外なことに評価がいいのに驚き。

ひょっとして、批判コメは訳さなかっただけのこと?

最終的に慰安婦問題の敵がどういう人達になるのかが垣間見えるな

>なんもかんも1日休んだヤハウェが悪い
2日休めば良かったのに

どの神も等しく存在するって発想にはならんのか……
これだからまったく

 これだけの長文を翻訳した上に素早いUPありがとうございます。大変だったと思います。とても楽しく分かり易く、また興味深く読ませていただきました。宗教への切り込み方では人それぞれに違いが有り、有意義でした。

>シャルル4世を "King of Bourges" と呼んでいたのがいい例だね。

 『1442年
王位の継承から排除されたシャルル7世はブールジュに逼塞しました。そこで 歴史家はシャルルの国をブールジュ王国と呼びます。』(「bourges-tourisme.com」より)
 のちの歴史家がシャルル国全体をブールジュ王国と呼んだとのことなので、この段階で4世を "King of Bourges"と呼ぶのは、おそらくアニメ制作側の間違いなのではないかと。この台詞がどこであったのか分からないのでもう一度観直そうと思います。

>なんもかんも1日休んだヤハウェが悪い
>2015年01月19日(21:33)

 まさか江崎仁美様がご降臨なされるとは!

スゲー面白い
これほど海外の反応が気になるアニメはないなw
日本は八百万の神で慣れてるからいろんな宗教どんと来いだけど
キリスト教徒はやっぱ色々気になるところあるんだなw

原作途中までしか読んでなかったけどこれは本手元に置いておきたくなるなあ…

アニメとは関係ないけど気になったので
キリスト教徒にも過激派はいてテロを起こしているので気になったらぐぐってみて
今大多数を占めてるのがキリスト教だからあまりテロを起こす必要がないってだけ
何を信じようが個人の自由だけど
絶対的にどっちの宗教が良くてどっちが悪いとかないと思うよ

>>ひょっとして、批判コメは訳さなかっただけのこと?

批判込みでこんな感じですね。
一言感情のみの批判はスルーする事もありますが、
海外ならではの、根拠ありの批判は大抵率先して取り扱ってます。

あちらのみなさんも、現状まだまだ様子見というところでしょうか?

宗教関連には比較的慎重な様子。
お下品ジョークや世界観の膨らませ方などなどに話題が集中しているようですね。

・素晴らしいプロットの展開だ
のコメがダブってんよ
それはともかくマリアと夜のヤッターマンを続けて見ると善悪についての描き方に類似性を感じる

>・インキュバスにつけられた名前であるプリアポスはギリシャの農耕をつかさどる神だね。
>オーバーサイズなアレを持っている事で知られている。   (不明)

あの使い魔って、別に零落した神とかでなく、古代の神にあやかって名前をつけられただけって事でいいんだよね?

かと思うと、マリアはタラニスみたいな大陸ケルトの神っぽいの召喚できるみたいだけど。
モノホンの古代の神。

(大体アニメやラノベに出て来るのはアイルランド神話の島ケルトばっかりだったりするんで大陸ケルトは珍しい。殆ど記録がないから仕方ないけど)

誤字修正報告。

>>・素晴らしいプロットの展開だ
のコメがダブってんよ

ご指摘ありがとうございます。修正しておきました。



>> 『1442年 王位の継承から排除されたシャルル7世はブールジュに逼塞しました。そこで 歴史家はシャルルの国をブールジュ王国と呼びます。』(「bourges-tourisme.com」より)
 のちの歴史家がシャルル国全体をブールジュ王国と呼んだとのことなので、この段階で4世を "King of Bourges"と呼ぶのは、おそらくアニメ制作側の間違いなのではないかと。この台詞がどこであったのか分からないのでもう一度観直そうと思います。


>>申し訳ありません。これは完全にこちらの推敲ミスです。
まずローマ数字のⅥとⅣを勘違いしたまま訳した点。
そして現在確認のため原文を見直してみた所、コメント主がⅥからⅦへと訂正していらっしゃったので、2015年01月19日(22:50) : うちはん様の内容通り、シャルル7世で正しいと思います。
ご指摘感謝です。
訂正しておきました。

>大天使が殺しうる存在であるかのように描いたのはいけないね。
>たとえミカエルが痛みを感じていなくともだ。

いやそれはジョセフは殺せると思ってるかもしれないけど、
本当に殺せる存在として描かれてるかどうかは別だろ
実際のところ、頭に矢を撃ち込まれるくらいミカエルはへっちゃらなんでないのか

ミカエルは表情や行動から大天使というより
仁王や四天王とかの仏教の闘神みたいに見えるな

さすがというか普段から意識するところなのか、
あちらの人は良く考えてるね
中にはほぼ完璧に作中のミカエルの役割を見定めてる人もいる
感想フォーラムの翻訳ってこともあるのか、
日本の短文コメントの山より質が高い

あの大天使ミカエルの言っていることって99匹の羊の例えからずいぶん異なっている、

「小善は大悪に似たり、大善は非情に似たり」というが・・・。

価値基準がニアな日本人同士だと曖昧になりがちな善悪の彼岸について考える契機としての中世欧州設定なんだろうね。
多くの日本人は、まずマリア視点で出発させといて、思考の死角を突いてくる展開になれば面白い。

ミカエルだけは、原作の瞳孔が開いた感じのままにしたのね・・・。
あとエロに対する認識の低さは、永井豪を通るか否かで日本人でも
違ってくるし、しょうがないな宗教も絡んでいるし。

ヒトはアニメを観て改宗出来るだろうかという壮大な実験

日本の神様は100円玉で願いを叶えてくれる可能性があるから好きだわ

なんかミカエルに納得いかないんだが。

天使どもは地上で人間がどうなろうと決して手を差し伸べようとしないくせに、
同じく地上で魔女が人間を助けようとしたら魔女の方を止めるのか。
襲われた村人たちにしてみりゃどっちが魔女なんだ、って言いたくなるわな。

予想以上に宗教はめんどくさいね。神の配下の天使すら細かい事言われる
死神や福の神とか神様をどんなに最低野郎に書いても批判されない日本に生まれて良かったかも

>同じく地上で魔女が人間を助けようとしたら魔女の方を止めるのか

キリスト教では異端者は火炙りにするのだから合ってるんじゃないのか?

>>なんかミカエルに納得いかないんだが。

日本語が理解できる側なのに何を見聞きしてたのか...
ミカエルをはじめ、天上の者にとっては人間界は水槽の中の出来事、
メダカ同士で殺しあうのは水槽の中の規定の範囲内
それを外の飼育係と同じ力でもって水槽内に介入することはレギュレーション違反ってだけだろ

マリアの行動は「虐げられる者に利する行動」であり、
この時点で偏りがある
これが神の視点では「どちらも同じ人間なのに、どうして片方にだけ贔屓をするのか」となる
まして魔女であるマリアの場合、それはもう肩入れどころではなく
マリアが付いた側が勝利となるレベルで天秤を傾ける

言い換えるなら、この行動を見逃す限り
マリアに見える範囲の世の中は、全てマリアの思い通りになる

>死神や福の神とか神様をどんなに最低野郎に書いても批判されない日本に生まれて良かったかも

ジブリのかぐや姫で天皇がしょうもないカス野郎になってたことに一部の輩が怒り狂ってたがな
日本における福の神とキリスト教圏におけるミカエルじゃ重みが違いすぎる
頼むからもうちょっと公正で客観的な置き換えをしてくれ

ジョセフがミカエルに弓を引いたことに意見する者がいるが、ジョセフはマリアと一緒にいるのがミカエルだとは気がついていないから仕方がない。
ジョセフからすると、マリアが暴漢に襲われているようにしか見えない。

現代なら電飾つけた暴漢で通るかもしれないがこの時代だと流石に発光する人間がただ者じゃなさそうって事は分かりそうだけどな

あと、村人に経緯を聞いてマリアの所に行ったんだから、相手はミカエル(っぽい?)奴だという事は分かりそうなものだけど

普通、惚れた女が見知らぬ鎧を来た変な男に首締め上げられてたら矧なっちゃうだろ…
これは当たり前の人の営みで神や天使には手を出せない領域の話だ
アウェイの人間界でジョセフの彼女(予定)の首絞めてた大天使が悪い
だからジョセフは大丈夫だよ

欧米人にとって、いいテキストだよ、
大いに考えてほしい

>この番組は良いんだけど……何かが足りない気がする……。
>なんかぎこちないっていうか……。

これ同意
とくにマリアの反教会的な思想部分が消化しきれてない
逆にこれがマリアの子供であるがための受け売りっぽい物言いを意識的に描いてるのであればそれはそれでまあかわいいんだけど
今の時点ではどっちなのかよくわからないな

楽しみで見てるんだけど、正直たった12話くらいのアニメだけで宗教問題をわかった気になるのも、なんだかこそばゆい気がするんだよね
難しく考えすぎだよ。所詮は「原作者(とアニメの監督)の思想がこうだ」だけの狭い意見に過ぎないんだから、このアニメの宗教描写もオヤジたちがする居酒屋の政治談議と同じさ

>所詮は「原作者(とアニメの監督)の思想がこうだ」だけの狭い意見に過ぎない

創作物全てが作者の自己投影というワケではないよ。

>>ミカエルをはじめ、天上の者にとっては人間界は水槽の中の出来事、
メダカ同士で殺しあうのは水槽の中の規定の範囲内
それを外の飼育係と同じ力でもって水槽内に介入することはレギュレーション違反ってだけだろ

なるほど。つまり天上の者ってのは完全無欠に立派で公平な人格者で、強い者にも弱い者にも、お金持ちにも貧乏人にも、善人にも悪人にもただ平等に見守るだけで決してどちらか一方をえこひいきして手を差し伸べることはしないわけだ。
なんてありがたい神さまなんだろう。死んじゃえ。

外人の宗教観に関しては、こういう”素材が与えられてそれについて論じる”シチュエーションが、分かり易くて結構好きですね。個人的に。

なかなか漠然としたテーマで話されてもピンと来ないし。日本人の自分には。

逆になんで「助けてもらって当たり前」などと思い上がってしまったのだろう

作中の神や天使の在り方はあくまで日本人の作者やアニメ制作側がキリスト教を噛み砕いた一つの解釈として描いてるんだろうに、動画サイトのコメントや感想サイトのコメントとかでこれだからキリスト教は、とか言ってこれが実際の教義として捉えちゃってバカにしてるような人がたくさんいてなんだかなあって感じだ
ここで紹介されてる海外のコメントのがよっぽど冷静で客観的に見てるような

宗教は矛盾だらけだから論破は容易いけど信じる人間には理屈などどうでもいいんだよね
神は人間に介在しないと言いながら都合のいい時だけ神の奇跡だの天罰だの言ってる

「お前のやっていることは身勝手な独善だ」
「独善で何が悪い」
というのはルルーシュにも繋がる善悪の問答だな
監督的なポイントはやはりそこか

人間同士の争いは人間のみで解決しなければならない、そこに人間以外が意思をもって介入してはならない、理不尽を最終的に解決するのは常に人間自身でなければならない、というのが天界のスタンスでマリアは人間ではなく「魔女」なので、天界はマリアの過度の介入を咎めているのではないだろうか

つまり何が言いたいかというと、人は常に戦いに備えよ、自分を守れるのは、つねに、最終的に、自分自身だけなのだから

天上の教会は、地上の教会も人の営みの一部としか見なしてない
人間が、勝手に神の代理人ぶっているだけに過ぎないという扱い
それを信じて祈るのも人間のやり方なだけで、
祈りや願いは我々の行いのなんらを決定するものではない
というスタンス

これで大天使がジョセフになんかしたらマリアのしたことを責められないねw

善悪の範囲ていう使い古されたテーマが、このアニメのメインであれば、興醒めだな。2話の時点でそこ持って来たてことは、単なるつかみ的なもので、これからもっと宗教に突っ込んでいってくれることに期待。
てか、原作を絶讃してる評価みたこと無いので、この原作者にそこまで期待していいのか?

>あちらのみなさんも、現状まだまだ様子見というところでしょうか?

俺が感じたのは、あっちのアンチって時が経つほど、コロッと評価変える気がする。
コードギアスやBLOOD+を批判していたアメリカ人が、イラク戦争後に「昔は反米コメントに
噛みついていたけど、今は日本の方が視野が広いと気づいた」と反省をしていた

>ファルスタッフと呼ばれていたイギリスの隊長はシェイクスピアから来てるな。
同じ名前を見たことがある。   (不明)

惜しい。ジョン・ファストルフ(Fastolf日本語読み表記)
は実在の人物 1378?~1459 ヘンリーⅣ~Ⅴの時代の高名な軍人

グラント・オーデン著 西洋騎士道辞典からの引用
名前と時代が同じとはいえ、このノーフォークの兵士と有名なシェークスピア劇の登場人物
ジョン・フォールスタフとは、関係がないとみてよい。

2015年01月19日(23:53) : そとはん@管理人様へ

>2015年01月19日(22:50) : うちはん様の内容通り、シャルル7世で正しいと思います。ご指摘感謝です。訂正しておきました。

 ありがとうございます。
 あれから日本語放送版を観直してみたんですが、あの表現がなく(あるいは気がつかなかっただけかもしれませんが)、英語字幕化過程での翻訳ミスなのかなと思っておりました。

この世界観でいくとジャンヌ・ダルクはマジもんて事になるのかw
1話のセリフから火刑後らしいので、1430年5月30日以降なんだね

まぁあんまり史実の話もアレだけど歴史上の人物がからむファンタジーはおもろいわ

確かに使い古されたテーマではあるけど、2話の時点ではすごく楽しめてる。漫画だとそうでもないのに、アニメでやると途端に鬱陶しくなるのはなんでかね。

ミカエルに関してはああいうものだよ天の教会の役割は
人間が動物界に過度に介入するのは同じ人間としてどう思う?
シーシェパードとかグリーンピースとかさ?
秩序を守ることは見守ることだと思うがね

中世という時代もキャラ付も昔の日本アニメーションぽくて、で、よく動くし、ストーリーにもメリハリあるし。完成度高いなあ。

ヴァチカンが批判とか絶対ねーよw
聖☆おにいさんもあのヘルシングですら
最寄り駅で英語版だけで売ってんだぞ

昔はともかく、現代のヴァチカンは「異教徒の
することはシカト」っつー方針だから心配無用。

「ダヴィンチコード」とかが問題になったのは、
プロテスタントの作者が
現代では毒にも薬にもならねー秘密結社を悪の組織に描き、
「営業妨害だ」っつーて当該団体に泣きつかれたから。

原作読んだけど相変わらずこの作者のプロットは底が浅い
最終回でガッカリするコメントが並ばなきゃいいけど
ゴローだから何かやらかしてくれるといいな

アニメとか漫画ではキリスト教が悪役だったりラスボスだったりがよくあるけど
イスラム教に対してはそういうことできないからね
昔某漫画の中でコーラン破って大変な目にあったし
聖おにいさんだってイスラムには触れてないし

>>あの大天使ミカエルの言っていることって99匹の羊の例えからずいぶん異なっている、

だってそれはイエスの教えであってミカエルにしてみればあずかり知らぬところでは。
つーか、天使の忠誠は主なる神へのものだけど、イエス個人に対してはどうなるんだろう。神に準ずる存在という認識になるのか、神の命令でイエスのサポートをしているに過ぎないという認識なのか。

これがアニメ化するって知ってから、海外の反応が楽しみだった
管理人さん乙です!

なかなか面白いんだけど、いきなりミカエル登場ってのが唐突に感じるかな
もっと下級天使の方が逆に天使や天界の”箔”を出せてよかったと思う

ところで、長文奴って単語は初めて見た。どう発音するんだろうw
知能が足りない人間はそれにふさわしい言葉を用いるもんだね

なんか天使が悪者に見えてきたよ。このアニメはキリスト教徒の欧米の人には興味深いだろうね。

>逆になんで「助けてもらって当たり前」などと思い上がってしまったのだろう
そしたら、信じる者は救われるなんて説くなよって話じゃね?

別に宗教は混ざってないな
新しい秩序(キリスト教)と古の秩序(怪物、魔女、ヴァルキリー)が対立してるだけ
混ざっていると言うのならキリスト教自体がゴチャ混ぜだし、恣意的に解釈してるじゃん

これはどう考えても天使側が悪だ。
命令はする。救いは説く。しかし高見の見物で決して助けない。
だから現代はバカか困窮者しか神など信じないんだよ。

キリスト教も2000年近く教義をこねくり回しているんだから、
神学者からすれば一般人は表面的なアホにしか見えないだろうな。
神学は日本に比べればはるかに立派な学問とされている。
車輪の下から学んだだけですが・・・。

まぁ、外コメ上位に散兵も知らない奴がいてワラタ。
あの人たち終盤で突撃してくる騎兵に踏みつぶされるだよ。。。。
敵味方両側から。最初に騎兵で突撃すれば
敵の弓兵と槍兵を突破しなきゃだから、
本戦前にお互い邪魔なのを散らすのさ。

日本人からしてみればたとえミカエルでも秩序への隷属を強要するような神は悪神なんだよなあ

天使や神は見てるだけで助けない~系の話今までいっぱいあったけど
ミカエルの説明は天使側としては今までで一番納得できる出来だった

ミカエルに対して※欄でも意見が割れててい面白いな

たぶん作中の魔女を、あくまでも人間としてみてるか、超自然的な存在としてみてるかが、違うんだろう

翻訳ありがとうございます。

>たぶん作中の魔女を、あくまでも人間としてみてるか、超自然的な存在としてみてるかが、違うんだろう

そういえば今のところ魔女がどういう存在なのか不明だね。
人間が修行して魔術を使えるようになったのか、姿かたちは人間そっくりだけど人間とは別の種族なのか。

宗教は洗脳
キリスト信者が嫌悪してる米見ると愚かしく思う
洗脳されきってるなぁって

もう少し宗教から離れれば、せめて架空の異世界とかならまだしもだが
実際にある最大多数の宗教の概念を無宗教の連中にいじられて
その上尊崇の対象の大天使が主人公いじめて平民に矢を射掛けられりゃそりゃー怒るだろうさ
この原作は国内向けの漫画だし、若者向けだからしかたないけど
ジャパアニメにしちゃう以上カトリックのご本山でも見られてしまうんだから、そろそろその辺考えようよと思う。

>ジャパアニメにしちゃう以上カトリックのご本山でも見られてしまうんだから、
>そろそろその辺考えようよと思う。

荒唐無稽な天界&魔術アニメと違ってリアルに描いているから、意見や発言したくなる人は多いだろう。とくに天界が人の理に介入しないと言われて「俺が習った教義と違う」となるかもね。
でも、リアルだからこそアニメで提示されたテーマを議論できる訳で、翻って、自分の信仰を見つめ直すというのは意外に楽しかったりするもんよ。キリスト教会は元来横のつながりが強いといわれてるけど、Twitterのある今の時代、本当にヤバければとっくに世界中で騒ぎになってます。
第三巻などは日本人だったら涙する人多そうだけど、欧米のキリスト教徒や他宗教の人の反応が今から楽しみ。
コミック英語版は「Maria the Virgin Witch」というタイトルになってるね。とっくに発売されていると思ったけど、まだ出てなかったようだ。

複数の神話の神々が登場したり、それをミカエルが消し去るのは、キリスト教が原始宗教を弾圧し消し去ったことへの暗喩だと思う

>神学者からすれば一般人は表面的なアホにしか見えないだろうな。
実際、日本のお坊さんもそうだけど、宗教研究を突き詰めた人にとっては神や仏の引き起こすスピリチュアルな現象というのは片腹痛いだろうね
ただ、そういった人達は宗教のシステムを理解した上で、その心の在り方を伝えようとしているんだよ。

これでも日本じゃこれでもミカエルは「中性的」なんだけど
外人からすると普通に女に見えるんだよなあ…
バハムートのミカエルにいたっては声優は男だったし

クリスチャンはキリスト教ラブなんだな。改めて思い出した。まぁ日本のクリスチャンも似たようなものか。俺は三世の無宗教所属だけど、もっともらしいが中身のないことを言うのは似たようなもんかと思った。カルトよりはマシなんだろうが、本当に宗教はピンキリだ。本物は、あんまりというか、宗教関係では、ずば抜けた人は知らないな。無宗教関係がどうかというと、似たようなもんだが。

キリスト教とは、自分たちが一番正しいと勘違いした集団であった。
そのため、自分たちと違う考えをする人民を拒否し、排除し、無理やり自分たちの考え方を押し付けた。
特に科学を悪魔と唱え、信者を助けず、病死する人たちを「神の思し召し」と都合のいい言葉で葬った。
そして、神と言う仮想偶像を無理やり世界中にkし付けた結果、世界中で病気が蔓延し、多くの人間が死んでいった。
また、彼らは都合の悪いことは隠して、暴かれそうになるとその相手を葬り、なかったことにしてしまった。
ある意味、キリスト教徒は都合のいい信者にかっこいいことを言いながら操り、反信者を神の罰と言う名で殺戮しまくった最凶の宗教である。

このエピソードを見て
視野の狭い人は、天使側が悪だと感じる。
視野がやや広い人は、天使側が善だと感じる。
視野が広い人は、どちらも一理だと感じる。

海外のコメを見て
視野の狭い人は、宗教は洗脳だと感じる。
視野のやや広い人は、日本でも似た様な例は有ると感じる。
視野の広い人は、全ての立場はバイアスでしか無いと感じる。

主人公がマリアだからどうしても感情移入するからそっちを支持したくなるけど、実際は長期的視点と短期的視点のバランスが大事なんよなぁ。
プロフィール

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。