Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰羽連盟 第六話『夏の終わり 雨 喪失』 海外の反応

entry_img_21.jpg
以下MyAnimeListより翻訳



■海外の日付表示は月:日:年です■





05-10-08, 5:19 PM
 さよなら、クウ  (男性)



06-29-08, 9:15 PM
 このエピソードは別離について語られてるんだね。
 自分はクウのことをあまり気にかけていなかったけど、とても気の毒だ。(アメリカ 男性)
 


   ・07-10-08, 9:28 PM
    同じね。彼女は決して私のお気に入りではなかったけど、
    他の人たちと同じように落ち込んでいるよ。 (女性)



   ・03-25-13, 7:17 PM
    君たちの言ってることが信じられないよ。
    そのままの意味じゃなくて、なんでクウのことが好きじゃないのさ?  (不明)



   ・04-30-13, 3:30 PM
    うん、たぶん私たちがクウのことについてあまり知らなかったからじゃないかな?
    それがクウに対して結びつく感情のない理由になると思うわ。
    私は個人的にまだ大部分のキャラに対して無関心なんだけど、
    クウの別離を見たときは悲しかったの。
    彼女のために数滴の涙を流したぐらいだよ。  
    そして、たくさんの推測できる象徴的なものや、旅立ちの伏線があるように見えるわね。
    それについてどう考えればいいかは分からないけど、誰かの別離を見るのは悲しいこと。
    自分はクウがよりよい場所へと行ったのだと信じているよ。
    結局のところ、彼女は別れの際に悲しそうにしていなかったもの。
    彼女は自分の『コップ』は今や満ちたと言っていたよね。
    つまりそれは何かについて満足を得たという伏線なのでしょう。
    彼女個人のものだったり、一般通念的なものだったりするかもしれないけどね。 (女性)

37a27e35532dd9fffe218af0733cc45b.png

9b2df258622595e251606a103a5d7a63.png


07-20-08, 6:44 AM
 とても悲しい話だわ。
 クウが本当に死んでいないことを望んでいるよ。  (イスラエル 女性)



08-21-08, 6:56 AM
 安らかな眠りを。クウ……。   (ロシア 男性)



02-03-08, 7:14 AM
 彼女はただより良い場所へと飛び去っていっただけさ。  (イタリア 男性)

0cd8205e1dfd4f1304f63fed363e86e5.png


04-19-09, 12:23 PM
 本当に恐ろしい体験だった。
 このシリーズは自分にとってお気に入りの一つになるだろうなあ。 
 本当にドラマチックだ。
 彼女はさよなら一つも言わずに去ってしまったんだ。
 でもこれじゃ一つ謎が残る。
 何日か何年か分からないけど、
 その旅立ちの『時』が来るまでの日数をどうやって知ることができるんだろう。(不明)

647b28c099cb60af3c0de3837b24f569.png


07-03-09, 10:21 PM
 これは*煉獄をコンセプトにしているように思えた。
 彼らの見る夢は人間だったときの記憶が関連しているんだ。
 そして、彼女らは灰羽として生まれる。
 おさがりの服を着て、中古の道具を使って、そしていくつかは生まれ変わるために残していく。
 生まれ変わるための資格については分からないけど、でも……ふむ。  (男性)

 *煉獄は、天国には行けなかったが地獄にも墜ちなかった人の行く中間的なところであり、
  苦罰によって罪を清められた後、天国に入るとされる。



   ・10-18-09, 11:05 PM
    自分もこの物語の象徴主義的な側面から同じようなことを思ったよ。
    でもこれはそんなに正統教義的なものではないと思うんだよね。
    自分にとっては、自殺者志願者やアイデンティティの喪失者のための診療所の隠喩に見えるんだ。
    そして、そういう人間たちはえてして、死に近づくことによって達観し、
    他者の心を動かすような神聖性を獲得するという側面がある。
    それが、クウが彼女の『未熟さ』を克服して、『元の世界』や『元の生活』
    ……まぁ呼び方はなんでもいいけど
    そこへ帰って行ったんだと考える理由さ。
    彼女は灰羽連盟にいた最後の瞬間がいかに幸せで喜びに満ちていたかに気づいたんだよ。
    自分はこのエピソードがとても好きだよ。
    旅立ちの話をとても穏やかに描いているんだ。
    このシナリオを作った、安倍吉俊を讃えたい。
    大部分のアニメとは違い、喜んで見ることができる。  (不明)
    
    
20d874c29f8d767b83a1bf2746510568.png



10-18-09, 11:05 PM
 幻想的なエピソードが異なった方法で示されている。(アメリカ 男性)




06-07-10, 5:32 AM
 これを雨の日に見ているとなんというかとても筆舌に尽くしがたいものがあるよ。
 以前までのほのぼのしたエピソードとは打って変わって、
 ドラマティックな旅立ちになるなんて、なんという変化なんだろう!
 とても美しく配置されているね。
 自分の視点からは最高のエピソードに見えるよ。  (男性)




08-09-10, 4:06 PM
 素晴らしく、そして同時に悲しい。
 クウの天使の輪が点滅していた時、何かが起こると分かっていた。  (アメリカ 男性)

6a809a3a1b5b701a0649c5df24f4b7bb.png



09-02-10, 9:27 AM
 今回の話は自分にとってターニングポイントだ。
 このエピソードの前までは、単にこの物語が好きだったに過ぎないんだけど、
 このエピソードは美しいと言える。 (男性)



09-25-10, 1:10 AM
 孤児としての象徴性がより高まってきたね……。
 子供たちが18歳になったら、行かなければならない。
 正直いって、クウが女の子だったなんて分からなかったよ……o_O
 そして、時間が来たとき、灰羽達はカラスになって望むがままに飛んでいけるのかな?  (ルーマニア 男性)



    ・09-25-10, 3:28 AM
     『望むがままにどこへでも』というのはちょっと確かではないけど、
     壁の向こう側へと飛び去るんだ。   (男性)

9370c1b2a6290d251191ee44d3cf7f50.png


10-31-10, 4:21 PM
 天使の輪が点滅したとき、とても大きな寒気が背中を伝ったし、突然目から滂沱の涙が溢れた。
 素晴らしい番組だ。ただただ素晴らしい。  (男性)



12-11-11, 9:30 AM
 このシリーズで最高のエピソードが提供されたわね。
 灰羽達の突然の別離が甘く切ない形で美しく描かれていたわ。
 このエピソードは私の涙を溢れさせたよ。
 クウのキャラクターに強い結びつきがなされていなくてもね。
 近しい人との突然の別れというものを感じさせられたの。
 たぶん、壁の向こうに行ったんだろうね、自由のために、生まれ変わるために。
 この象徴性がとても愛しいわ。  (ベネズエラ 女性)



04-25-11, 11:15 AM
 なんてエピソードだ……おそらく一話以来からもっとも衝撃的なエピソードだった。
 例えそれほど多くスクリーンに登場していなかったとしても、クウとの別れは寂しいものだね。
 以前までの日常の仕事探しのエピソードのおかげでより憂鬱な気分にさせられるよ。  (アイルランド 男性)

8044ff02b2bc14df1e93e8c676c1c059.png


05-09-11, 2:31 AM
 可愛くない少女がこのエピソードでかわいいことをした。  (フィンランド 男性)



05-10-11, 9:54 PM
 みんな知ってるとおり、ごく最初のエピソードから、灰羽達は転生して、
 消えちゃうんじゃないかって推測してたけど
 どうやらそれが起こったようね。そしてそれは一切の警告なしに起こった。
 そしてその灰羽はさよならも言わずに行ってしまった。とても悲しいことだね。  (アメリカ)



06-08-11, 5:49 AM
 灰羽達の転生という概念はとても興味深いものだね。
 もっと灰羽の生態について学べることを期待している。
 でもこの物語はおそらく私たちに解釈の余地を残すんじゃないかな。
 輝かしいエピソードで、クウの巣立ちはとても悲惨なものだった。
 レキの最後の言葉にはとても落ち込んだよ。
 もしかして、彼女は以前の生活を思い出したのではないだろうか。  (男性)

5edd1a230f9b87760c00e8d3bfcc0e58.png


02-20-12, 11:42 AM
 これはとても張りつめて感情的なエピソードだったね。
 この話は悲しく反面、警告も説明もなしに消えちゃうことが不公平な気がした。
 うん、旅立つ人々が幸せなものであることを期待するよ。
 少なくともクウは消滅/旅立ちの原因となる最後の一滴をラッカからもらったことに満足しているようだった。
 灰羽が生活を他者に頼らなければならないことや、
 実際の人間よりも低い地位(おふるしかもらえなかったり、限られた権利)、
 これは独立の証を残していくことを意味するんじゃないか思う。
 灰羽たちがもし、前作の最後で示されたような失敗した存在であるとすれば
 彼らは援助なしに十分に生きていけるようになった時、
 灰羽たちが有する制限から解放され、おそらく去っていくのだろう。
 クウは天使の輪を置いて去ってしまった。
 でも一組の羽、あれは何を意味するんだろう。  (フィンランド 男性)



04-29-12, 12:47 AM
 この物語は素晴らしい、今はこれがすべてだわ。  (アメリカ 女性)


06375558dec99bb50face0d78326b493.png

bf76e9746649c947c95d358db6a2ca77.png



05-13-12, 12:43 PM
 わお、前回までの一話完結型のようなエピソードから一転して
 なんて悲しくドラマティックな変化を迎えたのだろう。
 クウが壁の向こうに飛び去ってほしい、そしてそれがある種の取り繕いじゃないことを期待する。
 最初の前半部分のエピソードはちょっと退屈だったけど、でもそのあとの十分は僕の神が持って行っちゃった。
 この調子で続くことを期待してる。  (イギリス 男性)



08-03-12, 1:00 AM
 うーん、なんて泣ける話なの。私はただクウが飛び去っただけだとは思ってないよ。
 彼女の羽が残っていたし、前半部分で天使の輪が点滅していたもの。
 彼女はちょっと……ただ飛び去ってしまうだけのようなキャラクターには見えないわ。
 自分の意見ではね。
 それでまた、何が起こったか確証を得ることは出来ないわね。
 かわいそうなレキ、彼女の人生でもこれと同じようなことを何度も見てきたんだと思うよ。
 彼女は他の灰羽たちよりも長く存在していて、何度も何度も別れを経験しているんだ……
 このシリーズはすべてに対して素晴らしい仕事をしてくれたわね。   (アメリカ 女性)

b8dafafef4d88321fcbf068fa58661ef.png


09-27-12, 12:10 AM
 わお、なんてエピソードだ。
 灰羽にとって特別な旅立ちになることが分かったね。
 何かが起こって、クウを初めて見たとき光輪が点滅していた。
 素晴らしい象徴性がこのエピソードで示されたね。
 自分が絶対に楽しみにしていることは、これに関してどういう種類の説明がなされるんだろうということだ。
 自分の予想では、ラッカの旅立ちの日が最後のエピソードで描かれるだろうってことさ。  (インド 男性)



12-16-12, 10:52 PM
 クウ;_;  (男性)



01-06-13, 1:41 PM
 これは本当に悲しいエピソードだね。良いものだけど、悲しい。  (ベルギー 男性)

898d3b0dffa2e32c227079c04350d23d.png


02-16-13, 3:03 PM
 クウのサヨナラの日がやってくるってことは前回のエピソードから知ることができるよ。
 素晴らしい伏線だった。
 実際にその伏線をうまく拾い上げることができなかった人たちにとっては微妙なエピソードだったかもしれない。
 自分はやったけどね、その手のことが得意だからさ。
 そして煉獄のような場所であることも同様に発見した。
 そしてだんだんと彼らの出発の日が迫ってくるというのもだ。
 ただ、唯一の問題点はそれが自分にとって予測可能だったおかげで、全く悲しい気持ちにならなかった。
 それもまたクウのことをあまり気にかけていなかったことに関係があるけどね。
 それでも、非常にうまく描かれたエピソードであることは変わらないよ。
 自分の一番のお気に入りにはならないかもしれないけど、
 二番目か三番目ぐらいには候補にあがりそうだ。  (男性)



02-18-13, 1:39 PM
 ついにそれが起こる日がやってきたわね! 
 私はそれをくみ取ったんだんだよ。
 この番組はよくなる一方だね。  (アメリカ 女性)



03-12-13, 1:22 PM
 良いエピソードだ。
 ラッカがクウの光輪が点滅しているのを目撃したから、
 それが消えかかっていたことについて言及してくれるのが待ち遠しい。  (アメリカ 男性)


42a214bf8798c57ddc29873baf6dbbf5.png


03-15-13, 3:36 PM
 クウはたぶん飛び立つ前に雷に打たれた後、カラスに食べられちゃったんだ。
 それが彼女の羽と黒い光輪が残っていた唯一の理由だよ。
 プロットが厚くなるな^_____^   (不明)



05-28-13, 11:29 PM
 最初の半分のエピソードはキャラクター個人を紹介するためのエピソードだったね。
 このエピソードはとても重要なこの物語のターニングポイントの兆しを示しているわ。
 クウのキャラクター性はもっとも掘り下げられなかったことには同意よ。
 それでもラッカに与えた影響が特に悲しいね。
 そして、レキの『みんな自分をおいて行ってしまうという』台詞は寒気がしたわよ。  (アメリカ 女性)

a370b807b481ec42ddad3b7aea495a81.png



09-03-13, 6:23 AM
 ついに僕を座らせて、注意深くさせるエピソードになった。
 ラッカにとっては悲しいエピソードになったね。この場所は煉獄のような定義を持っている。  (男性)



02-17-14, 3:09 PM
 とっても悲しいエピソードだ。
 このカラスたちが疑わしい。  (男性)


f60f4c92af36f9862c6eea92c12b996d.png


04-16-14, 8:45 AM
 悪い予感がする。
 この番組は今まさに、もっと鬱になっていくところなのかな。  (男性)



05-29-14, 1:46 PM
 悲しかったわ。
 クウがうす暗くなった光輪を残して行ってしまったのは感慨深かったよ。(女性)

8cbcf97f5ae98a44569fe623a0776060.png


06-07-14, 11:51 AM
 これがこの世界のコンセプトなんじゃないかと想像してしまう。
 でも自分はこのエピソードのドラマがうまく扱われているとは思えなかった。
 クウが平均的に親しまれたキャラクターではないという理由だけではなく、
 なぜ、どういう悟りを彼女が経たのかということが全く示されていなかったからね。
 まぁ、とにかくクウは世界から去ることになる何かに至ったと言う事かな。   (ブラジル 男性)
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

2つ合わせれば完全に答えに辿り着けるな

この話でこの作品に引き込まれたなあ
自分も泣いた記憶が……w
こっから物語が動き出してきて、先がすごく楽しみだったのは覚えてる

あと、すげー親切なんだろうけど日付は別に必要ないな
逆にあると気になって仕方が無い。平等に感想コメが見れなくて

この回を機に物語も季節も急速に流れて行って本当、毎週夢中になって見てたの思い出した。なんかちょっと泣きそうになるw

日付に関してだけど、個人的にはありがたい。面倒なひと手間になるとは思うけど、あるのとないのとでは全然違うから続けてくれるとありがたい。

5話の反応を読んで、もう一回見直そうと思い立った

この作品を初めて見たときに灰羽達の名前の共通性に気付いたのは、何話まで見た時だったかな。
クリスチャンがそれに気付いた時にどういう感想を持つのかに興味が有る。

たしかにいい回なんだけど、少女たちのイニシエーションだけが氾濫するアニメ業界で、村上春樹の世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランドの“世界の終り”で、少女でしかその世界に存在することが出来ない、

煉獄らしき世界。
弔鐘が鳴り続ける葬儀のイメージ。
キリスト教世界の人には日本人以上に思う所がある回でしょうね。
放送当時、ちょっとファンタジックな日常系アニメだと思ってたら、このエピソードでガツンとやられて引きこまれたのを思い出します。

この回の後フジに放送2週位飛ばされたんだよなあ

 クウはそれほど掘り下げられたキャラではなかったけど、いなくなってしまって心に空虚な穴が開いたことを覚えています。今でも。
 なぜ飛び立つことにいたったのか、とかどんな娘だったのかとかいった疑問を残していってしまったからこその穴なんだと思います。
 海外陣も身につまされる人が多いようですね。

5話まではストーリーにあまり動きがなかったけどこの6話から一気に動き出す感じ
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。