Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/stay night -UBW- 第10話『五人目の契約者』 海外の反応

entry_img_189.jpg
sotohan_UBW10_img002.jpg


・UBWの一節の朗読なんだけど、遠坂(日本語)はアーチャーバージョン(英語)ほど素晴らしくは無かったね。
"Karada wa tsurugi de dekiteiru"は"I am the bone of my sword."ほどの壮大さを感じない。 (男性)



・"Karada wa tsurugi de dekiteiru"には不満を言わざるを得ない。
特に"tsurugi"の所だな。
"tsurugi"と"ken"は日本語では同じく"Sword"を表すようだけど、
"ken"の方がピッタリな気がする。   (不明)


sotohan_UBW10_img003.jpg


・歴史的な英霊が最高の歴史教師から良い教訓を得たようだな。
『古参よ。近代の力を過小評価する事無かれ』だ。
あと、最初の夢のシーンはナイスだった。
ようやく製作者達はカットしない事を選んでくれたようだな。   (ヨルダン 男性)


sotohan_UBW10_img004.jpg


Re:あの夢のシーンって凛が話していたのか、単にそう見えるだけなのかどっちだろう?   (不明)



Re:あれは凛が話していたのだろう。   (ヨルダン 男性)


sotohan_UBW10_img005.jpg


・ところで今回の凛は士郎の事をファーストネームで呼んでいたぞ。
つまり、そういう事だ。
なんでこんな事を言おうと思ったのかは分からないけど。   (ヨルダン 男性)


sotohan_UBW10_img006.jpg
sotohan_UBW10_img008.jpg


Re:もっとアニメの前の方で士郎のファーストネームを呼んでいたと思ったけど。   (不明)



Re:言ってた?
僕が思い出せる全ての事は『衛宮君』という呼び方しかないけど。   (ヨルダン 男性)


sotohan_UBW10_img012.jpg


・ついに蛇のシーンが見れたぞ!
Ufotableが予想通り最高の物をもたらしてくれた。
今回の士郎はハンサムだったし、BGMはとても素敵だったね。   (フランス 男性)



・とある理由で一成が面白かったわw
……先週の服を脱がせる所を彷彿とさせられたわね。   (女性)


sotohan_UBW10_img009.jpg


・夢のシーンは確かによかったんだが、アーチャーがあの一節を英語で言ってくれたらもっと良かった。
回想は素晴らしかったよ。  (ブラジル 男性)


sotohan_UBW10_img011.jpg


・士郎vs葛木は間違いなくこの章で最高のパートだな。
アニメーションや音楽、設定固めは驚愕に値する。
そのうえ、アーチャーの回想や、名前を呼んではいけない金髪の外国人にハイライトされていたのも良いね。
確かに先週よりも良かった。
この調子でクオリティを保ってくれるのならば、ここから先は良くなる一方だろう。   (スペイン 男性)


sotohan_UBW10_img014.jpg


・うまく伏線が張られ続けていた事についてコメントをしなければならないんだが、
でも……僕が唯一言える事はこれはマジで最高ってことだけだ。
葛木はめちゃくちゃかっこよかった。
あと、士郎の投影シーンもね。   (不明)


sotohan_UBW10_img016.jpg
sotohan_UBW10_img017.jpg


・最高のエピソードだった>.アニメーションはいつも通り壮大なものだしね。
そしてあの葛木!!
マジで大物だったな!
セイバーを圧倒し、あのように投げ飛ばすだなんて本当にカッコいいよ!
肩を脱臼するのは痛いだろうねぇ。
しかもそれと同じものが凛にも叩きこまれるだなんて……。
士郎にかかった投影の負荷をうまくアニメーションにしてくれた所も良かったよ。
あと、金髪の外国人。
一体どうなったら彼が慎二に肩を触らせる事を許すっていうんだ><  (男性)


sotohan_UBW10_img018.jpg


・全ての、一瞬一瞬が、愛しかった。   (不明)



・葛木は3人のワイフをめちゃくちゃにしたからな。
桜とイリヤもその備えをしておいた方がいいぞ……。   (パキスタン 男性)


sotohan_UBW10_img019.jpg


・士郎のカッコいい二刀流を見れて満足している。 (アメリカ 男性)


sotohan_UBW10_img020.jpg


・良いエピソードだったけど、セイバーがやられちゃった。
彼女は最強のサーヴァントだったんじゃないの?
バーサーカーは例外として。   (不明)


sotohan_UBW10_img021.jpg


Re:一体どこの誰がセイバーが最強のサーヴァントだなんて言ったんだ?  (男性)


sotohan_UBW10_img022.jpg


Re:僕もそう聞いた気がするな、どこでかは思い出せないけど。  (リトアニア 男性)


sotohan_UBW10_img023.jpg


Re:厳密に言えばセイバーのクラスが最強なんだ。
しかし、このセイバーは士郎がマスターである事が枷になっている。  (不明)


sotohan_UBW10_img024.jpg


Re:セイバーのクラスは最強では無いぞ。
ただ、ステータスという意味合いに置いて最もバランスが取れているだけだ。
しかし、そのステータスもマスター次第である。
さらに思い出す必要があるのは、英霊の伝承もまた重要であるという事だ。
戦闘技術や能力、宝具などがそれに影響する。
セイバーにとっては不幸な事だが、神話に近いサーヴァントもこの聖杯戦争に登場している。
だから、単に最強であるだけでは不十分だって事だな。   (ヨルダン 男性)


sotohan_UBW10_img025.jpg


・先生vsアーチャーの戦いが見てみたい。   (不明)



Re:言峰vs先生の方がもっと壮大だと思う。  (カナダ 男性)



Re;葛木vs切嗣の方がもっと見ていて楽しいと思う。  (カナダ 男性)


sotohan_UBW10_img026.jpg


・なんてこった、葛木がブルース・リーのようになっちゃった。   (アメリカ 男性)


sotohan_UBW10_img027.jpg


・葛木の戦闘技術と言ったら……。
私もあんなことが出来ればなぁ……。   (女性)



Re:腕立て伏せ100回、腹筋100回、スクワット100回、そして10キロのランニング。
これを毎日欠かさずに続けるんだ。    (不明)


sotohan_UBW10_img028.jpg


・ヴィジュアルノベルでは今回のセイバーvsキャスターのマスターの戦いはいつも嫌いだったんだ。
でも驚いたことに、今回のアニメではとても気に入ったよ。
きっとアニメーションがかなりの違いを生み出してくれたんだろう。
本当に凄いよ。付け加える事は何もないね。   (クロアチア 男性)


sotohan_UBW10_img029.jpg


・なんてこった、あの教師強すぎるだろ。
セイバーと1vs1が出来るなんて。   (男性)


sotohan_UBW10_img030.jpg


Re:いやいや、キャスターが葛木を強化していたのよ。
彼が手足に纏っていた紫色の光を見なかったの?
あれはキャスターの魔術なのよ。
加えて葛木の戦闘技術が驚くべきものだったわ。
でも奇襲だからセイバーに通じただけで、これは二度目は通じないわ。   (女性)


sotohan_UBW10_img032.jpg


Re:キャスターは葛木のスピードやセイバーの剣を白羽取りするスキルも強化したのか?
それこそ少年漫画的だけどね。  (カナダ 男性)


sotohan_UBW10_img033.jpg


・このエピソードの表情についてはあまり好きではないな。
セイバーが首を絞められていた所とか、士郎が鼻血を出していたところとか、
眼が腫れ上がっていた所とか、などなどだね。
まぁ、そうする必要があったんだろうけどさ……。
あと、僕にとっては、士郎の投影を真剣に捉えるのが難しい。   (男性)


sotohan_UBW10_img034.jpg


・セイバーのクラスは基本的にAクラスの対魔力を備えているんじゃなかったの?
なぜキャスターがそのことについて知らなかったんだ?   (不明)


sotohan_UBW10_img035.jpg


Re:セイバーのクラスは高い対魔力を持っているけど、Aクラスが必然というわけではないだろう。
Aクラスの対魔力というのはとりわけ高い物なんだ。
キャスターがショックを受けたことはどちらかと言えば、
彼女の時代の魔術が全く歯牙にもかけられず、効果が無かった事についてだろう。
たとえそれが高い対魔力を誇るセイバーが相手だったとしてもね。
それほどまでにキャスターは自分の魔術に信頼を置いていたんだ。   (不明)


sotohan_UBW10_img037.jpg


Re:他の『騎士』のサーヴァントのステータスを見てみなさいよ。
高い対魔力はセイバー、ランサー、アーチャーに与えられるわ。
でも、その中でもとりわけセイバーが高い。
そのことがセイバーの強さを強調している理由でもあるわ。
まぁ、この事はUBWでは説明されてなかったと思う。
だから興味があるなら他のルートを見てみる事ね。   (女性)


sotohan_UBW10_img042.jpg


Re:ライダーも高い対魔力を持っているけどね。
Fate/stay nightのライダーはBクラスの対魔力を持っている。
これはアーチャーやランサーよりも高い。  (不明)


sotohan_UBW10_img036.jpg


・セイバーは人間相手にボロボロに負けちゃったな。
たとえそれが驚愕によるスキから生じたものだったとしてもね。
でもあれはマジでクレイジーだった。   (男性)


sotohan_UBW10_img038.jpg


・またセイバーが滅茶苦茶にされてしまった。
僕はFateの世界の人がセイバーをイジメるのが好きだよ。   (不明)



・今回もまたセイバーがサンドバッグになっていただけで、何も新しい事は無かったな。   (男性)


sotohan_UBW10_img040.jpg


・ああ、そうか。奇襲でセイバーに初弾を与えたことで負傷させたのか。
やっとわかったよ。
だが、士郎がスーパーサイヤ人2になってしまった事には複雑な心境を抱いている。 (パキスタン 男性)


sotohan_UBW10_img041.jpg


・士郎がなぜか急に秘められた力を解放したけど、張りつめた雰囲気にピッタリ合ってたからいいや。
実際最高だったし、ワクワクさせられたからね。  (イギリス 男性)


sotohan_UBW10_img043.jpg


・セイバーは3話でバーサーカーに剣を受け止められた時にはインビジブルエアーを解放して吹っ飛ばしたのに
葛木に受け止められたときはバカのように彼を見つめていただけだったな。
馬鹿げている。
12歳の子供が書いた作品のように矛盾を孕んでいるよ。
まるでナルトか何かのように士郎が突然力に目覚めてでたらめなパワーアップをしたことについては言うまでもない。
Fate/Zeroのような成熟した大人向けのショーを見た後だから更なる名作を期待してたのに残念だ。
残念だが僕はこの少年番組から去る事にする。   (男性)


sotohan_UBW10_img044.jpg


Re:Fate/stay nightに不満を言う奴はみんなZeroの信者で
Fate/Zeroが単なる二次創作だって理解してないやつばかりだな。  (不明)


sotohan_UBW10_img046.jpg


・これは痛い。
凛が殴られている所。  (フィリピン 男性)


sotohan_UBW10_img067.jpg


・凛については気の毒に思う。
つまり、セイバーは人間じゃないから葛木のパンチを食らってもまだ大丈夫だと思うけど、
凛はきっととても痛かっただろうね。   (女性)


sotohan_UBW10_img047.jpg


Re:彼女は腕を強化してパンチからくる大部分のダメージを防御した。
けど、フェンスや壁にぶつかった背中の痛みには何の手助けにもならなかっただろうけどね。
あれは痛いに違いないよ。  (ヨルダン 男性)


sotohan_UBW10_img048.jpg


・今回のエピソードから得たことは、士郎>セイバーって事だな。  (不明)


sotohan_UBW10_img049.jpg


Re:今回、士郎がセイバーよりも葛木に対して善戦したのは例外的な状況だと思うよ。
その事をアニメの後半で説明してくれるかは分からないけど、これにはちゃんと理由があるからね。   (男性)


sotohan_UBW10_img050.jpg


・正直言って、青い稲妻を放ってる士郎は、僕には馬鹿らしく見えたよ。   (不明)


sotohan_UBW10_img051.jpg


Re:たぶん、ufotable は魔術回路の火花を文字通り表現したかったんじゃないか?
これのようにね。 (不明)


sotohan_UBW10_img066.jpg


Re:ヴィジュアルノベルにあるような魔術回路として表現してくれたならばもっと良かった。
なぜ、代わりに今回のような表現にしたのかは分からない。
たぶん、より効果的な演出を狙ってのことだと思うけど。   (スペイン 男性)


sotohan_UBW10_img052.jpg


・投影のシーンはなんだか少年漫画っぽいね。
ありきたりだったよ。
僕の彼女が死にそうになる。
僕は彼女を死なせたくは無いんだ!
彼女を救うために何かしなければ!
彼女を救うために今まで秘められていた力を解放しよう!
トレースオン。 
  (女性)



・少年漫画っぽさを悪く言う人が多いけど、何がそんなに悪いのか分からない。
ちょっとした安っぽさを含んではいるが、カッコいいパワーアップにはワクワクするだろ。
それだけのことじゃないか。   (不明)


sotohan_UBW10_img053.jpg


Re:親切で自分の死も考慮に入れない人物が、突然熱血少年ヒーローに変身するのか?   (男性)



Re:士郎は事実として、少年だし、士郎はヒーローよ。
士郎はよく叫ぶわ。
士郎は誰かの身に危機が迫れば、彼はいつも熱血漢になるわよ。
ufoはその辺をうまく描写してると思うわ。   (フランス 女性)


sotohan_UBW10_img054.jpg


Re:原作の士郎はこのシーンで叫びも喚きもしなかったけどな。
彼はずっと『武器が必要だ、武器が必要だ、武器が必要だ、そうしなければ遠坂が死ぬ』って感じだった。  (不明)



Re:そうだね。
モノローグでね。
今回のアニメにはそこが欠けてたな。   (不明)



sotohan_UBW10_img055.jpg


・オーマイガッ!!
士郎はアーチャーなのか?   (不明)



Re:はぁ!? なんでそうなるんだよ?   (不明)


sotohan_UBW10_img056.jpg


Re:そうだね。士郎はアーチャーだね。
そして、それなら凛はキャスターだね。   (不明)



Re:じゃあ綾子は式ね。   (フランス 女性)


sotohan_UBW10_img057.jpg


Re:だとすると慎二は青い男か?  (不明)



Re:慎二はランサーだな。
両者ともに青い髪をしている。   (不明)



Re:大河はバーサーカーだ。   (カナダ 男性)


sotohan_UBW10_img058.jpg


・僕はブロンドの男が慎二に肩を触られたという理由でパンチするのを待ち望んでいたんだけど。  (男性)


sotohan_UBW10_img060.jpg


・慎二の新しい友人は辛抱強いね。
僕だったら既に慎二の顔にこぶしを叩きこんでいる所だ。   (不明)


sotohan_UBW10_img061.jpg


・みんなが言ってるように、士郎の投影についてはちょっとくどすぎるかなと思った。
もっと絶妙に出来ると思ったんだけどな。
簡潔に魔術回路を示して、身体の内側から荒れ狂い、それで士郎が震えるとかそういう方が良いね。
Fateを読んでない人にとっては少し少年漫画的なものに見えてしまうだろう。
まぁ、僕はそれほど気にしてないんだけど。
このエピソードに関しては原作に忠実だとは言えないね。
たとえば凛が立ち聞きするシーンとかは原作にはなかった。
まぁそれでも素晴らしい事にはかわりがないけど。
おそらく、話を何とか短くしようと試行錯誤した結果だろうね。   (ブラジル 男性)


sotohan_UBW10_img064.jpg




今回は士郎の投影が披露されたエピソードでした。
それに伴って、突然の士郎のパワーアップが少年漫画的だという事で否定的な声が目立ちました。
海外の反応では少年漫画的である事はそれ自体が否定的な意味合いを持つようですね。
MALに限った話なのかもっと全体的な話なのかは分かりませんが、他の作品でもそういう傾向が見られました。
海外では基本的に『秘められた力』というものがタブーなのでしょうか?

全体として目立ったのが"Ass Pull"というスラング。
どうやらこれは主に映画やテレビ番組で用いられ、キャラクターが今まで全く見せていなかった力がちょうどいいタイミングで開花し、その結果として戦いに勝つ。
作者が都合よく説明し忘れた信じられない理由付けに対して使われるものだそうです。


例)最近、一護が卍解を習得したんだ。
理由は……えっと……まぁ、分かるだろ、ass pull.だからだよ。
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱ海外の人の意見も面白いw
翻訳乙です!

ufoは小奇麗だけど演出はそんなに~だから

Zero信者の臭さは相変わらずだな
ご都合主義で言えばあちらの方がよほど酷いけどw

かつらぎじゃなくて、くずきだったんだなw

zero信者の暴走っぷりは国が変わっても共通なんだな

Zeroマスターのレベルの低さが際立った回だった
全員葛木に殺されるわ

個人的にはセイバーを無視し続ける不自然さとかのほうが気になってたなZEROのw

不快だなぁ 少年漫画的な演出を毛嫌いし過ぎ 海外掲示版は日本よりそういう風潮があるのかもしれないけどさ

士郎が投影した時、らっきょの妹みたいに魔術回路で服の腕の部分が破けてたらそれっぽいのにと思った

ステイナイトからゼロに入った奴は文句言わないが、ゼロからステイナイトに入った奴は口うるさい。
口うるさくさせるゼロに称賛を送りたいがね。

セイバーが剣をとめられたときに止まったのは
完全に想定外で驚いて固まっただけだろ
ただの人間(だと思っている)があんなことしたらそりゃ呆けるわw

なんか士郎に対する見下しが透けて見えるな。だから急に士郎が強すぎる力を持ったことに不自然さを感じるんだろう

>>・今回のエピソードから得たことは、士郎>セイバーって事だな。  (不明)

対セイバー戦でキャスターからの強化魔術消化してなかったら士郎はもちろん凛も初撃でミンチだぞ

観るのを止めるのにわざわざ書き込んでアピールするやつってどこにでもいるんだな

マトリックスの覚醒とか少年漫画的だとか
言われて馬鹿にされてるのかね?

秘められていたのではなく勘違いしてただけなんだけどね(親含む)

それとZEROが成熟した大人向けのショーに思える奴は、自分の精神的な幼さを自覚した方がいい
よく出来た面白い話ではあるけど、原作との擦り合わせが出来なかった時点でウロの(あの時点での)力のなさは明白
ZEROは大人向けなのではなく、大人になりたい、大人ぶりたい人向けの作品。

ご都合主義的展開なのは否めない

まあスーパーサイヤ人でさえ
長い伏線はずっとあったからね

これはまあ描写不足でご都合主義のように見えるかもね
セイバールートをやってる前提だから原作どおりにやると唐突すぎてこういった感想も出てくるであろうことはまあ予想済み

でもまあ・・・zero信者がここまでひどいとは思わなかったな
zeroはそれっぽく見せてるだけで、イデオロギーの対立の内容の浅さも聖杯問答やケリィの独白であらわになってるし、「大人のショー」なんて言われても苦笑しか出てこないわw
あの全体的に暗い描写と鬱展開、当時の映像美のすごさも相まってかなり補正かかってる・・・というかもう洗脳に近いな
そもそもこのSNがなかったらzeroも存在しないし、設定やらキャラのほとんどもSNの作者からの流用なのに
批判内容も痛々しいんだよなあ・・・上記の外国人も痛々しいコメは大概zero厨くさいし
「成熟された大人のショー」だってw寒すぎるわ

葛生を短く言うとクズw

ちなみに個人的にzeroという物語自体は好きだよ
いろいろ制限がある中であそこまでよく書いたと思う
特にギルvsイスカは良かった

でもSNより面白いってのはないな
zeroはやっぱ序盤から中盤までがピークでそっから盛り上がりに欠けるし
これを大人っぽいだの深いだの言うなら・・・アニメ以外の作品媒体にもっと触れてくださいとしか言えないw

間違えた。葛木だったね…orz

なんと!あの金髪の青年はサーヴァントだったのか!
一体何ガメッシュなんだ・・・

ま、どこにでも自分の趣味を押し付けたい野暮な奴は、存在するからな・・・。

ネタバレ回避しているくだりが微笑ましかった

「口うるさjくさせるzeroに賞賛を送りたい」
それってやっぱりzeroのファンってすぐ口うるさくなるガキって認めてるんだがw
大人ならもっと言葉も選ぶしアニメの感想に口うるさくならないだろ

まさかとは思うが1日1400回ペースでIP変えまくってZeroだZeroアンチ
だと自演遊びを繰り返す型月界隈で有名なキチガイが海外フォーラムにも現れてるわけじゃあるまいな

いや、海外の人はある意味こっちより作品批判に関しては激しいし声もでかいからそれはない
というより静岡君の文章能力の低さから見て英作なんて無理だろw

個人的に物語終盤でこの評価がどう変わるか見もの
てか士郎の投影が不自然ってこと以外はそこまで言われてないしいいんでね
きちんとこれに関しても説明や理由があることはちゃんとわかるし

士郎に限って言えば全く急な覚醒じゃないんだよなぁ、これから説明されるからいいか
毎日の自殺未遂の成果っぽいなにかと思ったけど実はそうでもないってのが切ないけど

2次創作で下らないZeroは嫌いだがufoのsnもな戦闘シーンと見た目が綺麗なのは良いんだけど
なんか煮え切らない

そういや投影した剣の剣技も投影出来るんだったな

腕立て、腹筋、スクワットにランニング…サイタマさんのことか?

stay/nightの凄さは文章校正を除けば100%きのこってこと、zeroの辻褄合わせに充足感感じてたら一流のgeekにはなれんぜよ。

原作組だし、Fate好きなんだけど、ちょっと今回は士郎が唐突にパワーアップしすぎな気がしたよ。
ゲームの方だと「持ち手の技術までトレースするからこんなこと出来るんです」的な解説があった気がするけど、今回それがないせいか、唐突な印象を持たれてしまうのは仕方ない気がする。

次回くらいに説明されるんだろうか。

セイバー強かったじゃん
瀕死の重傷と思いきや意識をとり戻したらケロッとした顔で全復活していたw

士郎のモノローグが足りないわ
全部口に出すから間抜けになってる

まあ、手からバリバリする投影の演出はダサかったと思う。
あれ間にカットされたシーンありそうだな。

ああ、海外にもいるのか。
「俺は大人のアニメーション作品を見ているんだ、少年漫画にハマるガキ共とは精神レベルが違う」
みたいな高二病みたいな人。

海外の人たちの気持ち、分からないでもありません。

「 英雄セイバーが体育教師にやられたゾ !? 」
「 体育教師と教え子が、英雄より強いなんてありえない ! ! 」

簡単に言えば、海外の英雄のセイバーは、戦国武将最強の英雄「 上杉謙信 」みたいなモノです。

上杉謙信が体育教師にボコられて、普通の高校生より弱く設定されたら、面白いハズがありません。。

国家代表、国別英雄選手権の感覚で観ていた人もいるでしょうし · · · · 。

せめて、先生が暗殺のプロ「 忍者 」の血筋だと、言っておくべきでしょう。

むしろ士郎が普通の人間であると思っているのかな外人は
あれほど色々と逸脱した人間はいないんだがなw

葛木は忍者の血筋どころじゃない
YAMASODACHIだから
型月ではこれで理由は十分だよ

士郎のパワーアップを批判してる人って
次回その理由が説明されるとか思わんのかね

セイバーを吹き飛ばすようなパンチを腹にくらったら
凛さん子供埋めない身体になっちゃうよ…。
士郎ははやく責任を取ってあげなさい。

凛はちゃんと両腕でガードしてたじゃん

原作ではUBW、2回目のルートで基本情報はFateルートで示されていたから
説明なしで済んだところの説明が不足すると、置いてきぼりになる人がいる
という事だな

Fateルートから作り直すか、もう少し説明またはモノローグが必要だと思うけど
アニメという媒体だとモノローグや説明の多用はテンポが悪くなるし
難しいところですなぁ

やはりきのこさんはZEROに合わせるために無理をして墓穴を掘っている感じだな。セイバーが人間にやられたのは変だし、士郎が武器らしいののがなにのないのにいきなりアーチャー化したのは少年漫画みたいといわれても反論できまい。あれは日本人の俺が見ていても「どうして二刀流が出てきたんだろう」と変だ、と納得できなかった。

SN、ZERO、どちらが好きであろうとも
派閥争いする見下したがりが発生するのは日本も海外も同じか

戦闘よりワカメの挙動にハラハラしたわw

「つるぎ」と「けん」の違い分かる外人っているんだな。
俺もあそこは「体はけんで出来ている」だと思ってたから同意だ

二つ目のルートだからいまんとこ説明は省かれてるし、なにより少年漫画的なのはいけないことか?

俺はツルギの方が文字数的ににしっくりくるんだが
からだはけん だとなんか足りない感じ
ソード云々とかフリ仮名の読みが違うだけだしな

元からそのくらいの作品なのに期待しすぎなんだな

予想通りコメント欄が「zero厨」に煽られて発狂してる型月厨でいっぱいだな

別サイトの読者まで引っ掛けるとは大した釣り師だわ

変に理屈っぽい設定を捏ねてるから、少年漫画的展開になるとdisられるんだと思う。

原作では投影の前に色々前兆みたいなのがあったし、アニメで「まだ」説明してないだけなんだけどな
少なくとも都合よく覚醒したわけじゃないってこと

まあ外人は違法アップロードされたやつでも見てればいいよ

前から思ってたが外人って高二病多いよな
少年漫画的だからダメとかあからさまにそう

いやいや、普段あんだけ伝奇とか厨二やっておきながらここぞと言う時にだけ王道で綺麗な物語になるからこそきのこ作品は「きのこ分かってるな!」とファンに好かれてるんだが……最初から最後まで理屈が全て、みたいな作風だったらここまで売れてないって。

おかしな話だ
あらゆるフィクションは、全て、作者の都合によって描かれているのに

ピンチに対して何も出来ない といった描写だって作者が意図した『ご都合』なのに
おまえらときたら「リアリティがある!これは大人向けだね!」と大はしゃぎだ

>シロウはアーチャー

以降の流れは
向こうの人も知ってて誤魔化してあげたんだろうなw

きのこがzeroに合わせたとか言ってるのは冗談でいいのかな?
どっちが先に出たかもわからないのか・・・

報道や処分を恐れずに体罰を武器に出来る教師はイタズラ好きの生徒より強い
生徒に仕えるサーヴァントより強いのも当然なのだ

士郎の投影については確かにちょっと大げさすぎるというか、すごい大ざっぱな感じがしたね。遠坂を助けなきゃ!→うおぉぉぉ→できた!って感じで若干安易な感じはした。
原作だと何本か折ってなかったっけ?

士郎のコレは今まで何度も何度も伏線入れられてるんだけどなぁ

まあそれ以上に、UBWはFATEルートをやった直後だからこそ謎が解決して面白いルートだから
単発で見てる人は印象変わっちゃうのかもね

zeroが成熟された大人のショーで笑った
ずっとそのままでいてほしいな

アニメ見ながら「少年漫画みたいな演出くせー」っていっちゃう大人って・・・
これがリアルな高二病か。漫画嫌いならアニメなんか見るなし。

外国人ってスパ●ダーマンや社長みたいに苦悩する大人の正義の味方が好きだしね。
おまけにファミリーパパで銃使いの切嗣はまさにハリウッド脳にドストライクだと思われ。派手なビル爆破や大怪獣戦もあるしね。
けど、エピソードが鬱やグロだらけで、そこに必然性やメッセージが無い。分かりやすいエンタメ。
展開は面白いけど、つまらん拘りで仲間割れしたりして登場人物全員薄っぺらいガキすぎてな・・・。

士郎は自己犠牲とか矛盾を孕んだ理想とかが大事なテーマだけど、ここの細かさは原作やらないと無いと分かりづらいかもな。個人より社会重視とか、日本人だからこそ通じるような理論が士郎にはあるし。

好みの問題だろうけど、今作のアクションはとにかく派手重視。
とにかくエフェクトぴかぴか光りつつすさまじいスピードで動きまくる。
ゼロの剣士が達人なら、今回は超人。アクションを求めてる人が多い作品だから
どうしても前作より凄い動きにしないとまずい、と言うのはあるんだろうけどね。
内容を理解させるより、とりあえず光らせとけ!みたいな感じは確かにある。

早い、光った、かっこいい、凄い、でも良くわからん、説明不足、と言う意見は出てくるよな。

まぁ原作を知らないお子ちゃまZeroにわかが海外でも暴走してるこったな

zeroにわかはセイバーがやられるのも原作はセイバールート 凛ルートでルートによって、活躍するキャラ 無視されるキャラが入れ替わったりするという常識を知らないからね

Fate/zeroは所詮 公式公認のパクリ同人誌だし zeroで登場するキャラは全て、SNのキャラを模倣した物に過ぎない 

そんなものを成熟した大人の・・・w 片腹痛いなww

上の二人、いい加減にしとけ
そんなんだからzero厨と同レベルなんだよ
原作もzeroも好きな人間からすればどっちもウザイ
いいからスルーしとけよ、セイバー並に煽り耐性低いな

コメント欄読む限り、「Zero信者」なんてものより「Zeroを目の敵にしている原作信者」の方がずっと多そうだね。
Fateってこういう拗らせちゃったファンがデフォなんだろうか?

原作から入った奴はzeroも好きな人が多いけど
zeroから入った奴はzeroを持ち上げてsnを叩く奴が多い
この争いの原因はzero信者だよ

つぎは対立厨と煽り耐性の無い奴どっちが多いかでも比べようか
鶏と卵みたいな話だ

単純にZEROとs/nは対象年齢というか作風が違うから仕方がない。
ZEROから入った人は残虐、絶望、ニヒリズムみたいなのを期待しちゃってるから今回のは拍子抜けしちゃうんだろう。
設定が分かってくれば楽しめると思うんだけどね。

そもそも型月は厨二設定の王道を楽しむものだと何度言えば

DEEN版に欠けてたのはこういう少年漫画的な、凄い事してますよー!って演出なので、俺はUFOよくやった!って感じだったけどね。
UFOの過去作みてもこういう演出苦手そうだったから心配してたんだよ。
ほんと良かったわ
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。