Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/stay night -UBW- 第07『死闘の報酬(こたえ)』 海外の反応

entry_img_179.jpg
以下MyAnimeListより翻訳




sotohan_UBW7_img001.jpg


・前回のエピソードはアクション不足だったが、言わせてもらう。
このエピソードが完全に埋め合わせをしてくれた!
セイバーvsアサシンとアーチャーvsキャスターが一度に見れるなんて
何て素晴らしい番組だ!!!!   (不明)


sotohan_UBW7_img002.jpg


・カラドボルグやセイバーの直観、燕返し、バカ話、剣の丘、アーチャーvsアサシン。
ここで描かれている出来事すべてが最高だった。   (ギリシャ 男性)


sotohan_UBW7_img003.jpg


・バガボンドの佐々木小次郎とFate stay nightの佐々木小次郎は完全に違うな。   (不明)



Re:同じ人物じゃないの……? (男性)




Re:その人格はもちろんの事、例えばここでの佐々木小次郎は聾唖に見えないね。
Fateルートではアサシンのアクションは本当に見る事が出来なかったから、
今回の試みはとても新鮮に思える。  (不明)



sotohan_UBW7_img005.jpg


・彼らは戦っているのではない。
踊っているんだ。   (男性)


sotohan_UBW7_img006.jpg


・セイバーとアサシンとの間に見られる騎士道精神が大好きだ。 (リトアニア 男性)


sotohan_UBW7_img007.jpg


・『疾風の剣士( lightning swordsman)』のBGMが無かったことにはイライラしたな。
ここまでのBGMはそれほど好きじゃない。   (男性)





Re:そうだな。ここまでのBGMはなんだか微妙だ。  (トルコ 男性)




Re:僕は『疾風の剣士』のファンってわけじゃないから言うけど、
正直今回のBGMの方が良いと思う。   (アメリカ 男性)



sotohan_UBW7_img008.jpg


・キャスターに関すること全てが自動的にこのエピソードを10点満点にしている。   (不明)


sotohan_UBW7_img011.jpg


・正直実際の戦闘よりもアーチャー、士郎、キャスターの会話を楽しんでいた。
理想を語ったところはもちろん良かったけど、バカと罵り合っていたところも良かった。
そして明らかに伏線を張りまくってるような……。  (アメリカ 男性)



・アーチャーと士郎のシーンがこのエピソードで最高の瞬間だったな。
今回は彼らの関係をうまく設定していた。  (フィンランド 男性)


sotohan_UBW7_img012.jpg


・アーチャーったら……
カッコよすぎて、絶頂してしまったじゃないの……
けど、小次郎の眉毛が面白いと思ったのは私だけかしら。  (女性)


sotohan_UBW7_img014.jpg


Re:まだこのエピソードを見ていないけど、これのせいで天井破りに恍惚状態になっている。  (男性)



sotohan_UBW7_img015.jpg


・あのアーチャー! あの佐々木!
だが、一つだけ不満がある。
音楽がどうにも平凡に感じた事だ。
特にキャスター戦のところ中がね。
イマイチ壮大な音楽に不足しているような気分だった。
川井憲次は必要な時にどこにいるんだ。  (ポーランド 男性)



Re:ヴィジュアルノベルからのリミックスだったはず。  (ギリシャ 男性)




Re:最近の音楽よりはよっぽど良いだろ。   (ポーランド 男性)



sotohan_UBW7_img016.jpg


・マジかよ! 最高のエピソードだ。
このエピソードは、セイバー/アーチャーvsバーサーカーよりも良かったと思う。  (不明)


sotohan_UBW7_img017.jpg


・キャスターのクールな魔術も見る事が出来た。
そう、レーザーの嵐だ。   (不明)


sotohan_UBW7_img019.jpg


・セイバーは小次郎相手に、主に彼の剣技(燕返し)によって、苦戦を強いられたようだな。
だがセイバーはこれで回避不可能の技を二度も回避した。
一度目はもちろんゲイ・ボルグの事だ。   (不明)


sotohan_UBW7_img020.jpg


・アーチャーと士郎のトークは伝説以上だな。   (男性)


sotohan_UBW7_img021.jpg


・このエピソードが終わるまで呼吸する事を忘れていたよ。  (男性)


sotohan_UBW7_img022.jpg


・とても良い戦いだったけど、詳細部分を省略していたな。
アーチャーはキャスターのあの魔術がAランク魔術の釣瓶打ちだと評していたのに……。
そして士郎がアーチャーは嫌ってもあの双剣を褒めている事。
これは今後重要な事になるんだよ。   (不明)


sotohan_UBW7_img023.jpg


Re:前者はそれほど重要な事ではないし、後者は暗喩してあったと思うぞ。
たぶん、のちのエピソードでもっと説明してくれるだろう。  (トルコ 男性)



sotohan_UBW7_img024.jpg


Re:剣についての憧れは前にセイバーと士郎が戦いについて議論している所であったぞ。
キャスターの魔術(spells)については
アーチャーが魔法(true magic)のようだと言及した事でカバーされてる。  (男性)



sotohan_UBW7_img025.jpg


・見れば見るほどアーチャーはミニ切嗣に思えてくるよ。
この調子で続けば彼の事を好きになるだろう。
だが、士郎については、未だに彼の愚かな態度が好きになれない。  (男性)


sotohan_UBW7_img026.jpg


ツンデレ張りつめた瞬間だな……。  (不明)



Re:この伏線……。  (男性)



sotohan_UBW7_img027.jpg


・こっしはねじれくるうんだからね! ば、ばかっ! (女性)


sotohan_UBW7_img067.gif


・GARcher <3   (女性)



・アーチャーが"I am the bone of my sword"って言った所ではピザを取り落す所だったよ。  (女性)


sotohan_UBW7_img031.jpg


・あのカラドボルグⅡ!!
あの『 I am the bone of my sword』!!   (男性)


sotohan_UBW7_img032.jpg


・今回で最も重要な事は、アーチャーと士郎がとてもキュートだって事だよ。
みんなも知ってるよな?
ただ、この展開は全く予想していなかったね。
彼らはマジでお互いツンデレのようだぜ。
僕はアーチャー×凛を推すが、でもこの二人だって魅力的だ。イェイ!  (不明)


sotohan_UBW7_img033.jpg


・アサシンはマジで最高だ!
彼はこれまでで最も紳士的なアサシンだな><  (男性)


sotohan_UBW7_img070.jpg


・あの燕返しや、セイバーがそれを直感で回避した所の描き方は美しかった!!  (男性)


sotohan_UBW7_img034.jpg


・HAHAHAHA。
これこそ求めていたものだよ。
ツンデレ士郎は完璧だった。
燕返し(Return of the swallows )も完璧だ。
理想を抱いて溺死する(Ideal Drowning)所もね。   (不明)


sotohan_UBW7_img035.jpg


・もしこのアサシンが偽物ならば、本物がいるって事か?
なんてこった二人もアサシンがいるのか!  (男性)


sotohan_UBW7_img065.gif


Re:そうそう、数話前にいた紫の髪の女性の事を思い出せ。  (不明)




Re:UBWルートにはいないよ。  (男性)



sotohan_UBW7_img038.jpg


・キャラ付けと設定固めという意味では本当に良いエピソードだった。
たとえその裏に理由が隠されていたとしても、サーヴァント同士が道を譲るのは気付いていたけどね。
そして今回のエピソードで切嗣を参照した事も気に入ったよ。  (不明)


sotohan_UBW7_img039.jpg


・僕がこのエピソードで抱いた唯一の問題は、
士郎がイライラさせられる馬鹿野郎として描かれている事だな。  (カナダ 男性1)


sotohan_UBW7_img040.jpg


Re:士郎はそういう奴だよ。
僕はそう思っている。
彼は成長すべきだ。   (不明)



sotohan_UBW7_img041.jpg


Re:まぁ、イライラする馬鹿野郎である事は悪い事ばかりでもないけどな……。
事実として士郎は時々そういう風になる。
彼はそういうキャラクターなんだよ。  (トルコ 男性)



sotohan_UBW7_img045.jpg


Re:とはいえ、士郎が何百もの人が苦しんだり、殺されたりするのを深刻に捉えないのもおかしいだろ。
それでもいいのか?
彼のリアクションは状況にぴったりだと思うし、理解出来るよ。   (男性)



sotohan_UBW7_img047.jpg


Re:考えは素晴らしいと思ったよ。
でもキャスターはまかせろみたいな事をやるのはちょっと……。  (カナダ 男性1)



sotohan_UBW7_img063.jpg


Re:彼はそんな事言ってないよ。
士郎は自分の身は自分で守るというニュアンスで言ったんだ。
だからアーチャーもそうさせてやった。   (男性)



sotohan_UBW7_img048.jpg


Re:彼はそういうキャラクターだしね。
前のエピソードで士郎がライダーにやった事を忘れたか?   (不明)



sotohan_UBW7_img049.jpg

Re:すべてが順調にするんでいるんだよ……そしてその後には……。   (男性)



sotohan_UBW7_img050.jpg


・まてよ、サーヴァントが異なるサーヴァントを呼び出す能力を持っているだって?
その発想は無かった。
そして凛の夢の中での剣の墓標は本当に気に入ったよ。
なんだか本当にクールな印象を受けた。
ベルセルクの中での剣の丘を彷彿とさせるね。   (アメリカ 男性)



・アーチャーの夢を垣間見ることが出来たのも良かった。  (男性)


sotohan_UBW7_img051.jpg


・凛が見れなくて悲しいよ。
最低のエピソードだった。   (男性)



Re:アーチャーの夢の後で寝間着姿の凛を見ただろ。
満点だよ。   (不明)




・乳首が堅くなった。  (不明)


sotohan_UBW7_img052.jpg


・士郎は、本当だと多くの人を助けるために人を犠牲にする『父』こそを嫌うべきなのよね……。
アーチャーは本気で士郎を仕留めようと思ったのなら、
切り裂く代わりに心臓を一突きするべきだったわ……。   (ベルギー 女性)



Re:本来なら士郎も僕たち視聴者も、切嗣がどういう人間なのか知らないからね。  (男性)



sotohan_UBW7_img053.jpg


・二大ツンデレがここに集結した。
凛って誰?  (不明)


sotohan_UBW7_img054.jpg


・クランチロールの翻訳にはがっかりした。
『理想を抱いて溺死しろ』は"Let your ideals drag you to your death."じゃなくて、
" Drown in your ideals and die."だろ!   (男性)


sotohan_UBW7_img064.jpg


Re:そうだよな。   (アメリカ 男性)




Re:いつも通りの事じゃないか。  (不明)



sotohan_UBW7_img055.jpg


・HAHAHAHA。
これこそ求めていたものだよ。
ツンデレ士郎は完璧だった。
燕返し(Return of the swallows )も完璧だ。
理想を抱いて溺死する(Ideal Drowning)所もね。   (不明)



・予算に溺れて溺死しろ。  (女性)


sotohan_UBW7_img056.jpg


・アーチャー、どうか士郎を救うのを止めてくれ。
士郎がいなければこのアニメは1000倍良くなるから。   (不明)


sotohan_UBW7_img057.jpg


・だが、アーチャーと士郎の諍いがここで起こるのは
時期尚早な感じがして奇妙な気分になる。   (リトアニア 男性)


sotohan_UBW7_img060.jpg


・マジでStay nightのサーヴァントはZeroのサーヴァントよりも全体的に優れてるな。  (不明)



Re:完全に同意する。
何人か互角のような奴がいるけどね(バーサーカーもかな)。
でもZeroのライダーはここに出そろった奴よりも強いだろう。
少なくとも僕の目にはそう見える。   (不明)




Re:まぁたぶん単純な力だけならそうなんだろうね。
だがキャラクターの発展のさせ方ではZeroの方がもっと面白いと思う。
まぁ僕がそう語る裏には、Zeroが初めてアニメ化されたFateであり、
意図的に萌えやハーレムを回避したからそう見えるのかもしれないけどね。
あと……みんながみんなセイバーをイジメてたのが好きだった。  (不明)



sotohan_UBW7_img059.jpg


・アーチャーがベストキャラクターであるという事が確定したな。
残りにはがっかりした。   (ポルトガル 男性)



・アーチャーは正しい事をしたと思うよ。
聖杯戦争ってのはまさにこういう事なんじゃないの?   (男性)


sotohan_UBW7_img061.jpg


・へい、気付いた?
アーチャーはキャスターとの交渉で『ノー』と言わなかったよな。
これってキャスターに加わる意図があるって事を意味するのか?  (不明)



Re:違うだろ。  (男性)




Re:彼の理屈はそういう風に見えたけどね。
アーチャーがキャスターと組まないのはキャスター陣営がバーサーカーに劣ると考えてるからだし。
彼にはセイバーが必要だな。   (不明)

関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

外人はなんで最初から完成されてる主人公を望むんだろうか
主人公の成長物語こそ日本のアニメなのに
そういえばアメコミなんかは大抵最初からすごいやつばっかだな
そういうのも関係してるんだろうな

5次サーヴァントはチート級の奴らばっかだしな
4次の連中じゃギルぐらいしか相手にならなさそう

士郎がイライラするキャラなのは知ってる

UBWではそのイライラをできる限り出さないような演出だけど、流石にこの辺りはどうしても出てしまうんだよな

士郎の馬鹿げた理想主義は演出で誤魔化せない程酷いから仕方ない

アニメしか見てないけど
よくある日本アニメ的理想主義の主人公を掘り下げたような士郎の性質は
個性的な深みを持っていて好感が持てるよ

5次アサシンの小次郎はやっぱかっけーな
技量のみ宝具級の技になった燕返しもかっこいい
たしか第二魔法にまで到達してるんだっけ?

Zeroは最初から設定の大半を提示して話を進めるタイプ
SNは少しずつ明かしていくタイプ
方向性が違うからキャラクターの発展の仕方とかをZeroと比べるのは全部終わってからにしたほうがいいと思う

たしかに、アーチャーはキリツグっぽいな。
アーチャーが凛の方針とは別に、魂喰いを嫌ってはいるものの他のサーバントがするのまでは咎めておらず
聖杯戦争に勝つという目的のみに真っ直ぐであることと、大多数の幸福のため少数を切り捨てることを是とする部分だ
ま、最初は凛が手を組んだ士郎救うために散歩に出かけたアーチャーだが、勝ち目も自分の実力も考えず突っ込む幼稚な士郎の正義感にあきれて、殺しにかかった。
峰打ちで気絶させてセイバーに放り投げる程度でもよかったと思うがな。

シロウがどうしようもない愚図なのは、かのキャラクターとの対比をより強める為だと思ってる

>Zeroが初めてアニメ化されたFate

DEEN版をさらっと無かったことにするなよ…

アーチャーがキリツグに似てるのは意図的なものだし、話が進まないとアーチャーについて理解できない人も多いだろうからな。
ここでは、ハンパにシロウを殺しにかかるアーチャーの特異性だけ注目しとけばいい。

士郎に蹴りを入れて自分から引き離して
キャスターの攻撃を受けた所とか漢やなあ

そこで”I am the bone of my sword.”を呟くとか
あちらの方もよく見てらっしゃる。

キリツグとの類似点はZEROの方が後発で士郎を掘り下げるためだから仕方無し

外人が完成された主人公を望むのは作品が映画のように短編が多いのと成長過程に強いられる視聴者側の忍耐力がないからじゃね。
それと漫画やアニメが毎年星の数ほど生まれる日本とそうじゃない文化の遅れかな。

士郎はイライラするのだろうがその理想論が彼を英霊にまで引き上げていったんだろ?
英雄と凡人は違うんだということかw

I'm gar for Archer

川井さんが今担当してるアニメの事知ったらどんな反応するんだろうか・・・

※1
子供は大人より劣った存在という固定概念が海外にはある
だからオッサンが主人公になる

>個性的な深みを持っていて好感が持てるよ

志貴「アルクェイドは女の子だから」
士郎「セイバーは女の子だから」

>主人公の成長物語こそ日本のアニメなのに

一見成長してるよう見えて
士郎は最後まで良くも悪くも成長しないがな

イスカンダルは5次では瞬殺されんぞ
ゲイボルグも石化の魔眼も十二の試練もフルンディングもエクスカリバーも防げないからな

「王の軍勢」って意外に微妙なんだよな。
四次はギルとバーサーカーだろうな。特にバーサーカーはセイバーで召還出来れば、五次でもトップクラスだろ。

士郎がいなければ1000倍良いアニメになるのか・・・
いいぞ、何も知らないGAIJING共よ
今のうちにせいぜい士郎sageアーチャーageに勤しんでおくがいい

アーチャーの言葉はたしかに一理あるし真実の一端ではあるが
だからといって士郎の考えを愚かとかウザいとか言っちゃう奴は切り捨てられればいい

まさかサーバントのキャスターがさらに佐々木小次郎を召喚してたとはおもわなかった
でも召喚されるサーバント七体に数えられるのか、それともアサシンが二体だぶるのかがまだわからんな

注:士郎のウザさは最低限に抑えられています

「理想を抱いて溺死しろ」だったのか?
「理想に溺れて溺死しろ」だと思ってたよ
「溺れて」→「溺死」をかけているんだと思ってた

>>理想に溺れて溺死しろ
確かに理想におぼれるとは言うが
溺れて溺死だと雷が落雷レベルになるぞw

なんだか頭が頭痛で痛くなってきた

この時点の士郎はうざがられると嬉しくなっちゃう
いいぞ~

セイバーの分身が死んだように見えたのは、あれはセイバーのイメージだったのか
小次郎の技かなにかだと思っていたw

士郎の何がイライラするのかまるで分からない。
理想論に対して「そんなに甘くねえんだよ」って?あの性格は事故と優しさで十分説明が付いてるのだからなよなよした弱さで自然発生的にそうなった他の作品の軟弱キャラとは違って信念として昇華されしっかりとキャラ立ちが成されている。
言ってみればるろうに剣心の剣心も甘い理想論を振りかざしてるキャラと捉えているようなもの。それに士郎が現実的な精神性で戦うFateを想像すれば作品に必要な立ち位置としか思えない。キャラとして全く邪魔者扱いする理由が無い。

>>士郎の何がイライラするのかまるで分からない。


理想はいいんじゃない?
ただ行動面で癇に障る事が多いのは事実かな

要するに出来るわけがない事を
作戦も実力も無しでやるのがいけないんだ
その結果として他人に尻拭いさせてるしな

適切な言葉を選ぶなら理想に対して実力が伴ってないってやつだ
年収1000万の男と結婚したいって言ってるだけの女みたいなものだよ

士郎にイラつく時はあるけども嫌いではない。今の士郎が成長してこその『未来の士郎』なんだろうし。

アーチャーage士郎sageの人は、多分知らないだと思うけど。それはそれで楽しみ方だよね。
あ、でも知り合いにもいたわ。知ってるけど、アーチャー大好き士郎嫌いって人。

『理想は高いのに実力が伴わないのでイライラするキャラ。』はいろんな漫画アニメにいくらでもいるんだが、
シロウの言動がそれに拍車をかけているのは、

セイバーという絶対的な駒が(言葉は悪いが)いるのに、
効果的に使おうとしないしばかりか、足を引っ張ってさえいること。
これで『ああもう!』とならないほうが難しいよ。

基本的にゲームやれば士郎は現実を理解しているんだよな。
死ぬ可能性があるとか、自分ではこの状況で打つ手が無い、と言った判断を頭のなかで冷静に判断してる。
凛を自分の腕を犠牲にかばったり、慎二を殺そうとしたり、藤ねえのために遠坂すら殺そうとしたりシビアな思考もしてるし。
それでも我慢ができないから、誰かのためにがむしゃらに前に進もうとするからこそ士郎はかっこいいんじゃないか。
ま、アニメだと限界はあるよね。

士郎って凜をかばって腕を怪我したり背中斬られても泣き言1つ言わないんだよね。
そこに逞しさを感じる。

士郎嫌ってる奴は十中八九原作知らないだろうから今後のリアクション考えるだけでニヤニヤが止まらんww

……ん? 原作読んだけど理解できてないような奴は知らん。

まあ、士郎というキャラはその在り方を理解する事は出来ても共感は難しいからな
原作プレイした人も嫌いな人は嫌いなんじゃないかな?

ちなみに俺は大好きなキャラだ!

>>士郎の何がイライラするのかまるで分からない。

士郎は言ってみればVガンダムのシャクティみたいなものさ

この時点の士郎であれば彼女が一番わかりやすい例えだと思う

いや、作中でもくどいくらい言われるけど士郎が嫌われるのは基本的に「理解されない」からだからな。
プレイヤー視点でなら理解できない訳がないから、好きになれないまでも嫌いになる奴が少ない人格なのは分かるはず。生き物としては狂人だけど倫理道徳的には聖人だからなコイツ。

外国の人のコメントはやっぱいいなあww
こっちだと士郎disのコメントに悪意があることがちらほらあるけど、向こうの人は新鮮に物語を楽しんでる感あるからこれからの士郎の評価がどう変わるか楽しみだし

zeroから入った人多いからどうしてもzeroと比較してしまうコメントあるのはしゃーないね
自分も序盤は原作よりzeroの方が面白いと感じたし(後半は全くもって逆だが)
とりあえず最後まで見てから判断してほしい所もあるけど、これはこれでいい流れだと思う

理想を抱いて溺死しろ

他の誰に負けてもいい(ry

と答えを出すと考えればまさに馬鹿一代で成長してない、とも言えるかw
要は覚悟の問題

士郎に関しては自分は苦手
実力に見合わない行動をするのは別に構わないんだけど
自分より他人を優先するぐう聖というのがどうも受けつけない
どうしてもそれを求める人間の自己中心性を想定してしまう
キャラ内だけでは自分の人間理解の範疇を超えているのが
モヤモヤするのかもしれない
そういう設定です、といえばそれまでなんだけどなんか受け入れがたい

まぁこの後のHFの映画を見れば流石のガイジンもカタルシスを感じるかなぁ・・・

ガイジンがガイジンがって言ってるが、ここのコメを見ても分かるとおり、おまえらもかなりシロウを嫌ってるけどなw

>外国の人のコメントはやっぱいいなあww
観てるサイトが悪いんじゃないの?ネットはどこでもカスコメで溢れてるし訳されないだけで結構なアンチはどこでも沸いてるぞ。外人は絶対数が少ないってのもあるが

これこそ理想を抱いて溺死しろ

>外人はなんで最初から完成されてる主人公を望むんだろうか
>主人公の成長物語こそ日本のアニメなのに

日本にも、成長物が盛んな一方で、昔から完成された主人公がなかった訳じゃないし、「成長物は説教臭いから嫌」みたいな青臭い志向の視聴者も居たけれど、その完成っぷりに対する説得力が希薄なキャラの乱造で俺TUEEEEEEEに堕してしまったよな・・・。

一見優男が実は柔良く剛を制す・・・みたいなギャップを楽しむ志向の為に敢えて説得力のある描写を外す手法も昔からあるから、必ずしも説得力のなさが悪いとは言わないけど。

>・僕がこのエピソードで抱いた唯一の問題は、
>士郎がイライラさせられる馬鹿野郎として描かれている事だな。  (カナダ 男性1)

ギアスの枢木スザクとか、SHIROBAKOの高梨太郎とか、制作側が自覚して酷いキャラを出す事は往々にしてあるけど、そういうキャラとして描かれている事が分かって居ても我慢ならないならもう仕方ないわな。

阿良々木さんも「実力は不足してるけどみんな救おう」に近い価値観だったけど(なでこスネイクの時とか)、士郎よりはマイルドで、そこまで嫌われてなかったよな・・・。

>・予算に溺れて溺死しろ。  (女性)

したくても「しろ」っつって出来るもんじゃない現実・・・。

士郎好きだけどな
アーチャーだけでいい、士郎いらないは理解できない意見だ
UBWで一番好きなのがアンサーだから

士郎が合理的にセイバーを使わない理由は明白だよ。
士郎にとってはセイバーも守るべき対象だからね。
自分が貧弱でセイバーが強者だったとしても、士郎にとっては見を呈して守る存在。
ここでセイバー使ったほうが~って合理主義に行くようだと行き着く先は切嗣なんだよ。
もちろん、士郎自身自分の理想のハードルの高さとか矛盾とか色々抱えてるから全てが一貫した行動なわけじゃないけど。

>外人はなんで最初から完成されてる主人公を望むんだろうか
>主人公の成長物語こそ日本のアニメなのに

4chanでアメリカ人と話した事があるけど、日本人と違うのは
「アニメで成長とか現実逃避したい人間には酷だよ」と

あとアメコミにハマる人は確かに「如何に努力しないで
ある日イケメンになれたら」と空想するのが好きらしい

つまり孫悟空みたいに修行で強くなるとか、上條みたいに
欠点が多すぎるのに何故かモテるとかが理解出来ないんだ。
もちろん好きな人も中に入るけど、白人は日本式主人公を
受け入れない人が多いね なぜ「アニメに成長」を求めるのかと
「アニメキャラの顔が童顔なのに成長とかw」とバカにする奴も多い

大人にくらべたら童(顔)だからこそ成長するんだけどね。

>Zeroが初めてアニメ化されたFateであり、

お、おう……?

本気なのか皮肉なのか理解に苦しむね。

士郎の馬鹿げた理想主義
ってのが既に、士郎が壊れてる事を表してるんだけどね。
友達でも家族でも知り合いでも無いからイライラする。

もし現実にこんな男がいたら気味悪いだろう。そういう事だ。

>結構なアンチはどこでも湧いてる 訳されないだけ

知っとるわアホ
こっちのコメントとの雰囲気の違いに言及しただけなのに的はずれな曲解ごくろうさん
てか これこそ理想を抱いて~(キリッ
とか恥ずかしくないのかよw
どうせ俺はわかってますアピールしたかったんだろうがな

セイバーがアーチャーに士郎が切りつけられてるのに、あんま怒ってないのがちょっと不思議だ。
Cパートでアーチャーには不純なところはないって言ってるし、誰かセイバーの頭の中を解説してくれない?

そもそもFateは成長物語とも言いがたいけどな。どっちかっていうと色々と乗り越えながら覚悟を決めるだけの物語。
戦闘能力の方は向上してるかもしれないが
・自分の本当に出来ることを自覚しただけ。
・自分がこれから努力して積み上げることが確定している分の技量を前借り。
・命・記憶と引き換え。なのに中途半端な爆発力。
だし、成長と言えるものでもない。
シナリオ上でも、覚悟を決められるだけの成長をしたというより、真実を知って覚悟を決めざるを得ない状況になっただけだった。セイバーも「貴方は初めから強かった」と言ってたくらいだし、全編通しても最初から完成されすぎててあまり成長したという感じはなかったな。

士郎うざい、邪魔くさい、とろい。ガイジンがどうの以前にこんな主人公無しだわ。fatezeroの後に観たからかな、こんな酷い話だったのか。士郎は魔術と剣技でサーバントと直接闘う人間なんか?超ショックありえへん。くだらん会話にも嫌気がさした。fatezeroとは全く別のカスアニメじゃないか。典型的な一昔前のイラっと来るタイプの萌えアニメだったことのショック。でも最後まで観る。fatezeroが素晴らしかったから。あと凛がいい。いい女。スラッとしてる。骨格がしっかりしてる。時臣かっこいいし、パーソナルカラー引き継いでるし、音楽もいい。
バーサーカーも凄かった。つまり、ufotableは良い仕事をしている
どんなに愕然としようと最後までは観る。なかなかない。外人が煩く言う程自分も同じくらい主人公にイラつく事が。全く感情移入出来ない。凛やアーチャーの方が理解できる。しかし1回死んだだけあってほんととろくさい男だなぁ士郎は。マジでイラっとくる。うん

イライラするも糞もシナリオがあってキャラの特徴や考えがあって、製作者がそう視聴者に思わせようとして狙ってやってるのになーにキレてんの?って感じだわ。ばっかじゃねーの。つか年齢ひくそう

士郎は凛みたく魔術師として英才教育みたいなの受けてないし、ただただ人を救うという強迫観念にかられてる未熟な高校生なんだからやりたい事と出来る事の落差があって当たり前。
そういう士郎が聖杯戦争を通してどう成長していくかという話じゃないの?。
士郎みたいなのはやりたい事と出来る事が重なり始める(力量が追いつき出す)と凄く格好いいキャラになると思う。

キメェ違法視聴してる外人オタ共の反応を見てマスかいてるキモオタ日本人
プロフィール

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。