Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/stay night -UBW- 第05話『放課後に踊る』 海外の反応

entry_img_165.jpg
以下MyAnimeListより翻訳



・またもや素晴らしいエピソードだった。
Ufotableだから予想は出来ていたけどね~
士郎がスーパーヒーロになりたいことに関するメインイベントを見る事が出来たな。
そして凛は士郎の愚かしさと危機感の無さに激昂したようだ。
そして学校での追いかけっこに発展した。
二人の間に愛が芽生えた証拠だな~。
凛が真剣に士郎を殺そうとしたかについては気になっているよ。
今日日のツンデレは過大な暴力を伴うのは当たり前だしな~。
まあ、凛の魔術をさらに見る事が出来たのは良かった。
これはとてもクールだった。
そして士郎の魔術は……とても基本的なものだな。
しかし生存するためには実用的なものだ。
だがさらに重要な事がある。
紫髪のサーヴァントだ! イェイ! ついに彼女の登場だよ!  (不明)


sotohan_UBW5_img002.jpg


・本当に素晴らしいエピソードだった。
ヴィジュアル、音楽、戦闘、新しいサーヴァント……全てがよかった。  (スウェーデン 男性)


sotohan_UBW5_img003.jpg


・またもや原作に忠実なエピソードだった。
おかげでこのアニメ化に対して抱いていた一抹の不安も緩和されたよ。
それ以外の点では期待通りだった。
士郎の対立や対戦相手に対する士郎の戦術的アプローチを見せてくれた。
当たる前に回避するシーンさえもうまく描写してくれたしね。
これはランサーのシーンで欠けていたものだった。
そしていくつかのモノローグが手助けしてくれていたし、
それもまたとても忠実に描かれていたと思う。  (男性)


sotohan_UBW5_img004.jpg


・ペースの進行がとても速い気がする。
それほど悪い事ではないが、いくつかのパートでは本当に駆け足のように感じた。
前のエピソードのいくつかのシーンをカットして、
今回の重要なシーンにつぎ込める時間をもっと増やした方が良かったかな。
士郎があのサーヴァントに対処するシーンがもうちょっとあるものかと思っていた。
まぁそれでも短い中でとてもうまく描いていたけどさ。  (不明)


sotohan_UBW5_img005.jpg


・素晴らしいエピソードだったわ。
でも綺礼が欠けていたから5点中4点よ。   (フランス 女性)


sotohan_UBW5_img007.jpg


・未だにDEEN版との違いが見えてこない。  (男性)



Re:キミは懐古厨に違いない、2006年版とは似たような事は全く起こってないんだが。
3話と4話の全てのシーンなんかは特に完全に違っているぞ。  (男性)



sotohan_UBW5_img006.jpg


(凛の表情がおかしいのでは? という事について)

・もしヴィジュアルノベルみたいな表情ようなものにするなら、これはUBW2014ではなくUBW2002になる。
僕はアニメの中においての人間の表情描写も前に向かって進歩していると信じたいよ。
そしてそれはufotable のおかげでもある。   
sotohan_UBW6_img116.gif

真剣にさ、おかしい所はどこにも見当たらないと思うぞ。
この一連の流れはとても自然で、彼女の気持ちを完全に伝えてくれている。  (男性)


sotohan_UBW5_img008.jpg


・このエピソードでは士郎と凛のたくさんの絆が見れた。
最も重要なエピソードだったというわけではないが、
重要なエピソードの幕間として、こういうエピソードは必要だ。
次のエピソードはきっとtanoshiiだろう。  (フィンランド 男性)


sotohan_UBW5_img009.jpg


・この調子で進んでくれれば、何も心配する必要は無いな。
まぁ、人気作品を嫌いたいだけ人には例外だろうけどね。
そういう奴らは本当にイライラする。   (ギリシャ 男性)


sotohan_UBW5_img010.jpg


・素晴らしいエピソードだ。
今回の凛は士郎の事を温かい目で見守る気が無かった事は素晴らしい。
そして紫髪の女性がこのエピソードでデビューを果たした。  (男性)


sotohan_UBW5_img011.jpg

(紫髪の魅力的な女性が○○○であるという事はネタバレになると言う指摘を受けて)

・まぁ少なくともあの紫の髪の女性がセイバー、アーチャー、バーサーカー、ランサーではない事は確かだな。
残るはキャスターかアサシンかライダーになるが、
キャスターとするには魔術の代わりに武器を使っていたようだし、
アサシンが濃厚だけど、彼のクラスは気配遮断を持っているから気付かれることなくして背後から串刺しに出来る。
残るはライダーだが、これもどうしたものか、乗り物に乗っていないしな。  (イギリス 男性)


sotohan_UBW5_img012.jpg


・最高の女性サーヴァントが登場したわね。
今回の製作者が与えた凛の表情はA+だよ。   (ドイツ 女性)


sotohan_UBW5_img013.jpg


・士郎と凛のパーソナリティへの洞察がもっと必要だな。
士郎が戦術的な戦い方をすることが出来る点で、
士郎に対する人々の肯定的な評価を獲得してくれる事を期待したい。
凛は未だかつてないぐらい生き生きとしたキャラが立っているツンデレだ。
紫髪の女性サーヴァントの登場もとても上手く出来ていた。
ただ僕が期待していたよりも画面に映っていた時間は短かったけどね。  (不明)


sotohan_UBW5_img014.jpg


・くそ、このエピソードの遠坂のツンツンクオリティにはちょっと悩まされた。
これによってセイバー>遠坂になったよ。  (男性)


sotohan_UBW5_img017.jpg


・もっとも大人が必要だよ。
このシリーズは十代の子供ばかりじゃないか!
そういう意味ではFate/Zeroの方が良かったよ。  (男性)


sotohan_UBW5_img018.jpg


・ナイスエピソード。士郎のカッコいい所もいくつか披露してきたな。
彼のアクションシーンはとても気に入った^^
机を強化して凛の魔弾から身を守った……。
そしてまるで大物のように紫髪のサーヴァントのスピードについて行きさえした。
士郎はカッコいいよ。  (不明)


sotohan_UBW5_img019.jpg


紫の髪の女性!!! 僕のお気に入りがきた!
彼女はこの今回のアニメ化でもとても美しく見える。
でもこれはヘブンズフィールじゃないんだよな……
だから、あーまぁ……映画が素晴らしいものになる事を期待しよう。  (アメリカ 男性)


sotohan_UBW5_img020.jpg


・士郎が望むなら彼はアスリートになれるな。
凛のガンドの隙間を走り抜けるのは簡単な事ではない。
そして机を魔術で強化した所もとてもクールだった!
身を挺して凛を守った所はとても気に入ったよ。
けどあれはとても痛いだろうな!!  (男性)


sotohan_UBW5_img021.jpg


・良い物だ。
気が重く感じた唯一のものは士郎とサーヴァントとの戦闘だけだ。
彼女はふらりと立ち寄ったかのように消えてしまった。
だがまぁ、正直このシーンはそれほど重要ではないんだよな。
大事なのは士郎の自己献身の極端さを描く事であり、
それは十分表現されていたと思う。
だから、それほど困らされる事は無かった。
学校での追いかけっこはクールだったし、切嗣と士郎の回想も良かったよ。  (アメリカ 男性)


sotohan_UBW5_img022.jpg


Re:その点こそ僕がこのエピソードを駆け足だと評した理由なんだよ。
でも今は、もしモノローグとかを入れるとすれば無理に引き延ばしているように思えてしまうだろうから
たぶん、これがベストなんだろうな。  (ヨルダン 男性)



sotohan_UBW5_img023.jpg


・あー、これほど美しいアニメを毎週見られるだなんてそれだけでも勝ち組だよ!  (ポーランド 男性)


sotohan_UBW5_img026.jpg


・ガンド撃ちは正直思っていたよりも威力が高かったな。  (ヨルダン 男性)


sotohan_UBW5_img027.jpg


・ガンドってあんなに強力だったっけ?
確かにヴィジュアルノベルでもマシンガンを士郎に向けて撃っていたような感じだったけど。  (不明)


sotohan_UBW5_img028.jpg


Re:前回の骸骨モンスターを吹き飛ばすほどの力があるのなら、コンクリートを砕くだけの力もあると思う。  (男性)



sotohan_UBW5_img029.jpg


Re:それがツン-ツンの力だ。  (ギリシャ 男性)



sotohan_UBW5_img031.jpg


Re:一般的にガンドはまるで風邪にでもかかったかのように対象の健康を悪化させるのみだが、そこに注ぎ込むマナ次第ではどちらにも(作中で凛がやったみたいにも)なり得る。  (不明)



sotohan_UBW6_img110.gif


Re:唯一の問題はUfoがその点を全く示さなかったことだな。
あのショットは士郎の身体に大穴を開けてしまうだろう。   (不明)



sotohan_UBW6_img111


Re:確かにガンドの表現は少し過剰気味だな。
だがそれによって追いかけっこの緊迫感を与えてくれる。  (アメリカ 男性)



sotohan_UBW6_img112


Re:単なる呪いではないよ。
ガンドの有効性は使用者の意図に大きく作用される。
なんていうかこれは……とても『多様性』のあるモノなんだ。
凛は今回の戦いで本気で士郎を殺そうとしていた。
彼女自身に言い聞かせていたようにね。  (男性)



sotohan_UBW5_img037.jpg

Re:ガンド(Gandr)
北欧を起源とした呪い。
術者は指をさす事で対象を呪う事が出来る。
しかし対象は術者の視界にいなければならない。
これはガンド撃ちともいわれる。
人を指差す行為が失礼だといわれるのはこのガンドに由来する。
凛のガンドはきわめて強力で、フィンの一撃ともいわれる。
凛のものはフィンのガトリングと呼ぶのが相応しい。   (ニュージーランド 男性)



sotohan_UBW5_img038.jpg


Re:まてよ、それは凛の祖先が北欧の系譜だって事を意味するのか?
もしくは北欧でそれを学んできたとか?  (フィンランド 男性)



sotohan_UBW5_img039.jpg


Re:いや、遠坂家は普通のキリスト教系日本人だよ。
エーデルフェルド家はフィンランド系譜のガンドの名手だけどね。
ガンド自体は単純な呪いなんだ。
凛はとても便利だからそれを使っていると言うだけ。
別の凛の家系の魔術がガンドというわけではない。  (不明)



sotohan_UBW5_img040.jpg


Re:ああ、OK。
だって凛が魔術は何代にもわたって受け継がれてきたものだって言ってたからさ。
それで誤解しちゃったんだ。  (フィンランド 男性)



sotohan_UBW5_img041.jpg


・士郎は自分の命に価値を見出してないようだなw  (イスラエル 男性)


sotohan_UBW5_img043.jpg


・オゥ、たくさんの凛の表情が見られた。
そして紫髪のサーヴァントが登場してくれて嬉しいね。
切嗣;^; あんたは最高の父親だ。  (不明)


sotohan_UBW5_img044.jpg


・ああああ、イエス!
『士郎、アンタの事を殺したいからそこを動かないで!』シーンは小説でも愉快だった所だよ!
その後に『べ、別に、あ、あんたのことを殺したいわけじゃないんだからね! バカ!』ってか。
ちくしょう。遠坂め。教室を滅茶苦茶にしやがって……!  
一晩のうちに起こったあの惨状を学校側はどうやって生徒に説明しろって言うんだ。  (カナダ 男性)


sotohan_UBW5_img045.jpg


・凛と士郎の対立のシーンは良く無かったと思う。
凛が士郎を怖がらせるために意図的に攻撃をはずそうとしていたといった方がまだ理解できる。  (不明)


sotohan_UBW5_img048.jpg


Re:凛は明らかにガンドで士郎にダメージを与えているけどな。
士郎がただ回避のプロであるだけだ。
ランサー君のおかげだ。
それは凛の自分の攻撃が回避された事による驚愕の表情からも読み取れるだろ。
初弾は士郎にかすり、かろうじて何とか交わしているだけだったが
それ以後は純粋な計算に基づいた回避だ。
階段を飛び下りる時にも二段階のジャンプをしているのも考えてやっているものだろう。
紫髪のサーヴァントとの戦闘でも完全に二度回避している。
彼女は明らかに凛よりも早い。
だから、そうだよ。士郎は本当に回避するのがうまいんだ。 (男性)



sotohan_UBW5_img051.jpg


・ところで、今回の凛と士郎の戦いはかなり『真剣』なものに思えるよ。
ヴィジュアルノベルでの士郎と凛の戦いは、なんというか……コメディ色の強い物だったよな?
それを見慣れてしまってるからここの切迫感がどうもしっくり来ないんだよね。  (アメリカ 男性)


Re:特に凛がスーパージャンプをしたところでは
士郎が『贅肉ジョーク』を披露して凛を怒らせていたしな。
今回は全くそういうものは見られなかった。  (不明)



sotohan_UBW5_img052.jpg


・イエイ! ついにあのサーヴァントが登場した!
彼女の戦闘スタイルはとてもクールだよ。
でもなんで彼女のクラスが○○○なのかは分からない。
名前から到底連想できそうにないよ。   (ドイツ 男性)


sotohan_UBW5_img054.jpg


・確かに素晴らしいシリーズだし、僕はそのそのクオリティに驚いているけどさ、
でもなんでこんなに投票結果が低いんだ?
5 out of 5: Loved it!

153票 48.88%
4 out of 5: Liked it

50票 15.97%
3 out of 5: It was OK

52票 16.61%
2 out of 5: Disliked it

22票 7.03%
1 out of 5: Hated it

36票 11.50%
Voters: 313
まぁ、アンチがアンチしてるだけって言うのは分かるんだけどさ、でもなんでこんなに多いの?
こういうのは今までに見たことがないよ。
このエピソードで何か悪い所でもあっただろうか?
今期の別の番組でさえもっと高い投票結果になっているのに。   (男性)


sotohan_UBW5_img055.jpg


Re:たくさんの人に好かれるモノは更なるアンチを生み出すって事だ。  
人気が出てたくさんのファンを獲得していると言うだけでアンチがわく理由になるからな。 (ギリシャ 男性)



sotohan_UBW5_img056.jpg


Re:低評価を入れているやつはセイバー信者だろ。
このエピソードにはほとんどセイバーが出てこなかったから。  (男性)



sotohan_UBW5_img058.jpg


Re:確かに今回はセイバーとアーチャーのシーンが十分では無かったな。
このエピソードはまるで士郎と凛との間の暴力的なデートみたいなものだった。  (イスラエル 男性)



sotohan_UBW5_img059.jpg


・またもや士郎が凛の事を救ったな。
凛が士郎の事を憎もうとすればするほど、そう出来なくなっていく。
良くやったよ。Ufotable。   (男性)


sotohan_UBW5_img060.jpg


・ちょっとこのエピソードで気になった所を指摘し忘れていた。
凛がそれを使った時、士郎がガンドを北欧の魔術であり、自分が知っているものとは威力が違うと言っていた。
だが、なんで士郎はそんなに北欧の魔術について幅広い知識を持っているんだ?
なぜ、凛のガンドが普通の物とは違うと分かったんだ?
切嗣は士郎に対して強化の魔術しか教えてなかったんじゃないの?  (イタリア 男性)



Re:士郎はもっと無知であるべきだって事?  (男性)



sotohan_UBW5_img061.jpg


Re:切嗣は士郎に対して、世界を旅してまわった時の様々な奇妙なものを教えていたからじゃないかな。
その中にガンドが含まれていたというだけだろう。
切嗣が普遍的な知識の境界線を越えて、土着の神話や由来などにも言及していたかもしれないし、驚くほどの事でもないだろう。  (不明)




Re:切嗣は士郎に対して魔術の『使い方』を教える事に気乗りしなかっただけで、
それは基本的な魔術の知識を教える事に反対したわけではないんだよ。   (男性)




uyPg9nQ.jpg


・なんだこいつ? こそこそ動いてるやつがいるぞ。
誰か想像してみようか?   (ヨルダン 男性)



Re:大げさに騒ぐな、明らかにキノコだ。  (男性)




Re:ビックフットだろ。  (不明)




Re:にしては細すぎる。  (男性)



sotohan_UBW6_img114


・ナイスナイフ  (北朝鮮)


sotohan_UBW5_img064.jpg


・Ufotable はやり方が分かっているな。  (不明)


sotohan_UBW5_img065.jpg


Re:このサーヴァントの人気を増進させる主な理由になるだろう。  (不明)



sotohan_UBW5_img066.jpg


Re:このサーヴァントは既に人気だ。
わざわざ増進させるまでもないよ。   (トルコ 男性)




Re:人気だと? 正気か? 『俺の嫁戦争』スレに行ってみろよ。
その投票結果を見てからもう一度言ってみな。  (男性)



sotohan_UBW5_img067.jpg


・あの紫の女性は完璧なデザインだ。しかもあのOPPAI!
アニメのみの視聴者には紫髪のサーヴァントのマスターが誰かは分からないだろうけど、
でも明らかだよなw   (不明)


sotohan_UBW6_img113


Re:同意する。
Ufotable の彼女はDEENの彼女の5倍は良い。
あらゆる意味でね。
それこそ、攻撃パターンからキャラクターデザインまでだ。
そしてあのサーヴァントが『私のマスターとは違ってあなたは勇敢なんですね』って言ってたな。
このことから彼女のマスターが誰なのかは容易に想像がつくだろう。  
そのサーヴァントにに向かって行った士郎は本当に素晴らしい。
たとえ勝機が皆無だったとしてもね。
士郎のよどみのないトークに対して凛が照れた所もキュートだ!
まぁ、凛は士郎と手を組んだからすぐには殺す事を考えなくても良くなったな。  (男性)



sotohan_UBW_img115.png


・士郎は何か胸糞悪いモノを見てしまったようだ……。  (不明)


sotohan_UBW5_img072.jpg


Re:これで確定したな。彼女には『付いている』んだよ。  (ヨルダン 男性)



sotohan_UBW5_img076.jpg


Re:出来るだけ痛く無いようにしてください><
でも、UBWでは彼女の出番がそれほど多くないのが残念だ  (男性)



sotohan_UBW5_img078.jpg


Re:ヘブンズフィールを見ればいいじゃないか。心配する事は無い。  (不明)



sotohan_UBW5_img077.jpg


Re:MALではそうでもないかもしれないが、日本では彼女は人気キャラクターだ。
10位に入るかどうかぐらいだが、でもそれでも人気だ。
カーニヴァルファンタズムでは一度は桜を負かした事を言及されている。  (不明)



sotohan_UBW5_img079.jpg
sotohan_UBW5_img080.jpg


・これは絶対に萌え死ぬ。  (不明)


sotohan_UBW6_img115-compressor.gif


・素晴らしいエピソードだ。
士郎と凛との生い立ちの対比が大好きだ。
かたや切嗣は魔術師としての生き方を捨て父親になった。
時臣はその一方で父親として接する事はなかったわけだ。
たとえ士郎は頭が鈍い奴だとしても、
凛は自分が持ち得なかった『父親』の事で士郎を妬んだようだね。
凛の父親は親として接するよりも魔術師として接する事を選んだからな。  (カナダ 男性1)


sotohan_UBW5_img085.jpg

Re:僕も最後の会話の扱い方が気に入った。
これの目的は凛と彼女の生い立ちの肉付けをする事はもちろんだが、
最後の切嗣が魔術師よりも父親である事を選んだという事を強調しているのが素晴らしい。
これはFate/Zero視聴者向けだね。   (アメリカ 男性)



sotohan_UBW5_img095.jpg


Re:というよりもむしろこれはEp0とEp1で示された凛と士郎の違いを文字通りうまく要約したものだな。
そして凛がそのことに気付いただけ。  (男性)



sotohan_UBW5_img098.jpg


Re:僕でも士郎が頭の鈍いとまでは思わないぞ。
彼は単に前々から言ってきた事を付け加えているだけだ。
士郎は凛を敵として数えたくないんだよ。
それが凛を怒らせた要因でもあるんだけどね。
凛が士郎を打ち負かそうとしたのは、
どちらかと言えば自分がツン-デレではなく、ツン-ツンになれる事を示そうとした様に見える。
そして士郎に対してこの出来事が真剣勝負なんだという事を証明しようとした。
でもそれも士郎が士郎である所以を見せたことによって破綻してしまい。
凛はデレ-デレになっちゃったけど。  (男性)



sotohan_UBW5_img099.jpg


Re:凛が士郎を攻撃した動機は知っていた。
そして士郎がサーヴァントを追いかけて森の中へと入っていった事もね。
これら両方は事前のエピソードまででうまく伏線が張られていたよ。
僕が士郎を頭の鈍い奴だと言ったのは、
士郎がいつまでたっても凛が敵として対峙している事を認識してなかったからだ。
まぁこれこそが士郎の性質なんだと思うけど、
でもこれでは、本当に鈍い奴か、
もしくはまるで凛の事を脅威とすら思っていないかのように見えてしまう。  (カナダ 男性1)



sotohan_UBW5_img100.jpg


Re:キミが士郎の事を頭の鈍い奴だと感じたのならばそれはUfotable の描写が素晴らしいって事だよ。
それでいいんだ。そう感じるのが正しい。
少なくともヴィジュアルノベルでは士郎が完璧な主人公としては描かれていない。
ただ、それは士郎のカッコいいシーンが無いと言いたいわけではないぞ。  (不明)



sotohan_UBW5_img101.jpg


Re:間違いないね。
僕だって、何も士郎のキャラクターが悪いと言いたかったわけではない。
実際彼の描写はとてもうまく扱われていると思うし。
ただ彼の本質として、未熟なまでの楽観主義者のような一面を持っている事を指摘したかった。  (カナダ 男性1)



sotohan_UBW5_img091.jpg


Re:その通りだ。未熟なまでの楽観主義者。
これも後々とても重要になってくるだろう。   (イスラエル 男性)



sotohan_UBW5_img086.jpg



今回初登場したサーヴァントについてですが、当たり前の様に名前を出して議論されておりましたが、
作中ではまだ名前すら出てきてないので当記事では意図的に伏せております。
関連記事
スポンサーサイト
Powered By 画RSS

コメントの投稿

非公開コメント

凛のケツフリフリとか顔芸とかちょっとやりすぎ、遊びすぎ感
優雅さとは程遠い。

さりげなく北朝鮮のやつがいたんだが、一般市民ではなくて上流階級なのか?

凜は基本うっかり娘だろう

記号的な誇張表現ではあったけど
無かったらなかったであのテンポの早さじゃ変化を読み取れない人がたくさん出てきそう

個人的には大満足な回だった

>ナイスナイフ(北朝鮮)

お、おう
正恩ナイフと命名してもいいよ
でございます

原作を知らないけどそんなにカットしてるのか、ゲームは苦手だから小説出てたら買おうかな。

>だがそれは士郎のカッコいいシーンが無いと言う事を意味しないのでは無いぞ。

「カッコいいシーンが無いと言う事を意味しない」の間違い?

桜なんか本編どころかopまでたれ眉顔が消えて…シャフトさえ描いてくれているというのに…なんか過度にビッチ感が増えてるし、いやビッチ感は好きなんだけどたれ眉描写を消しちゃ何もかもが足りないんだよ…

修正されてたね

>>「カッコいいシーンが無いと言う事を意味しない」の間違い?

誤字報告ありがとうございます。
修正しておきました。

評価が低いのはZEROと違ってガキ臭いからだよ

凛の祖母はたしか北欧の魔術師の家系の出じゃなかったかな?
つまり凛はクォーター。

北朝鮮大丈夫か?
日本のアニメ見てたとバレたら
マジで銃殺されるだろ
韓流見た奴銃殺されたし

ゼロから入った人には展開がぬるく感じるだろうね
残念ながら

士郎、養父にむかって爺さんとか口悪すぎだろw

桜がいつ本性出すのか。

やっぱ士郎が「ヒーロー」「英雄」になりたがってる、って勘違いしてる人が海外にもいるんだな
大体DEENのせいなんで(一部、原作やってもこの勘違いに至っちゃったプレーヤーもいるけんどもね)、Ufoには何より、ここをひっくり返して欲しいよ
その上でなら、士郎を嫌うひとは嫌っていいと思うし
でもって、「まぁ見てろよ」感満載のコメントが嬉しいなぁ

ボディコンサーヴァントが褒め称えられているのも嬉しいw型月随一の美女です、もっと褒めろ
そしてHFをみるがいい

ZEROより評価低いなんてどこに書いてあるんだ??
何年も前に放映されてDVDも出回ってるアニメと、現在進行形のアニメの人気や評価なんて比べられるわけないだろ
知名度からして全然ちがうんだから
でもMALファーラムでの評価のグラフからすると、今回のフェイトのほうが更に評価は高いような印象があるね
第三話なんて600票以上の8割の人が、パーフェクトの5点を付けているんだから

MALユーザーは自己編集で出身国を適当に書いて遊んでるだけだよ
北朝鮮もその類

前回から十年しか経ってないから大人が少ないんだよな。
まあ結局後付けだけど。

いやいや、高評価の内訳が面白さのみとは限らない。人気作が最も面白い作品ではないように。ZEROの方がエンターテイメント的に明らかに面白いよ。アクションが無い話でも脚本で魅せて繋いでたZEROと比べてエンターテイメント的に見所の無い回が多すぎる。作画が良くてもマスターのアクションじゃ物足りないってことよ。

ゼロの続編と考えるやつは間違いなくつまらないだろうね
ゼロの空気感とステイナイトの空気感はまったく違うし

ゼロが戦争物だとするならステイナイトは学園物だよ
学校に通ってる主人公が不思議なことに巻き込まれていくってのがステイナイトで
願いを叶えるために主人公が殺し合いをしていくのがゼロ

スタート地点が違う

単純にzeroとSNは趣向が違うからね、那須もウロブチも人気あるけど、かなりクセがあることは確かだし、ZeroもSNを期待したSN信者に叩かれてたし
単純に趣味に合う合わないだけだろうに、どっちが面白いだの矛盾だの言い出すんだよな感情論に過ぎないのに

遠坂のガンドの起源はやっぱホロウで出てきた第三次の時のエーデルフェルトの双子の片割れと関係あんのかな。
代々姉妹であるはずのエーデルフェルトの現当主はルヴィア一人みたいだし。

>日本のアニメ見てたとバレたら
>マジで銃殺されるだろ

いや、北でも外国人ならアニメ観れるよ
違法視聴だけどね 一般の北朝鮮人は
そもそも日本のアニメ知らないと思う

>遠坂のガンドの起源はやっぱホロウで出てきた第三次の時のエーデルフェルトの双子の片割れと関係あんのかな。

説の1つとして、凛は3次の双子の生き残りだった姉の孫ではってのがあったよ
つまり時臣が息子なのではってことだけど、ZEROで随分若い父親として登場したので、時間が合わなくなってしまった
でも時臣が髭を生やしている理由が、母似の顔へのコンプレックスだったりするんだよなぁ・・・

国籍が北朝鮮だって、国外在住なら見ることは可能だろう
例をあげれば、日本には北朝鮮籍の人がいるし、それも国会議員がいたりするわけで。ベトナムにだってインドネシアにだっているからね。
だからネットをつなげば見ることは可能なのさ。

>一部、原作やってもこの勘違いに至っちゃったプレーヤーもいるけんども

そういう人も居るかもしれないが、一部に士郎が嫌われてる理由はそれとは関係ないけどね

むしろ、士郎の不人気は批評空間であの誠以上に投票集めてるあたり、エロゲ主人公として、の趣きが強いと思う、選択肢つきで、一人称で進んでいくのに一般的ではない価値基準で動くから感情移入しにくい、プレイヤーの意思や願望とはあさって行動をとることが多い
悪いことはやらないし基本良い奴ってのは分かるんだけどね、DEEN版はそれ以前だったけど

DEEN版の主人公にはイライラさせられたがufo版では今の所そうでもないな
それとこちらの方がヒロインが可愛い
セイバーも可愛いが彼女はサブヒロインポジションにいたときの方が可愛い気がする

そりゃあゼロは後付けだし書いた人間も違うしな
おれもDEEN版視た時は何か軽くて好きになれなかった
Zeroを踏まえたUBWは今のところ割と楽しく視れてる

まあzeroは実際つまらないし
50万以上売れた神ゲーであるstay nightと数万部程度の同人誌zeroでは比べるのも可哀想だよ

>ナイスナイフ  (北朝鮮)

!?

刈り上げの人じゃないよね・・・?(震え声

Zeroってファッション鬱でしょ?
「こんな酷い事出来る俺SUGEEEE」とか「こんな残虐に殺せる俺YABEEEE」と同じ。
精神的に幼いうちは喜べる内容だけどさ。

だからいちいちzero持ち出して喧嘩すんなよ

あと、作中では名前が出てないけど、エンディングのスタッフロールではしっかり名前でちゃってるんだよね、ライダーってw

ZEROにはZEROの良さがあるし無印には無印の良さがあるってことじゃ駄目なのか
欠点だけしか見えないならある意味可哀想な人だと思うよ どういう生活環境なのか想像つくしね
もっともネットじゃアニメに限らず天邪鬼な人間が多く見えるものだし、普通の感性なら相手にするのも面倒がるかな

またzero厨が暴れてんのか
虚淵信者って仮面ライダーの過去シリーズも鎧武と比べて叩きまくってたし、シリーズのファンからすれば害悪でしかないな

↑みたいな奴は自分で呼び込んでるんだよね、敵視する同レベルの人間を

>>やっぱ士郎が「ヒーロー」「英雄」になりたがってる、って勘違いしてる人が海外にもいるんだな
「正義の味方になりたがってる」から違うってこと??
ごめん、よく分かんないから教えて。

こんなところでまでゼロ叩きしてるバカは
あのプロットがステイナイトの時点ですでにきのこが大まかに作ってたものだってことはわかってるんだろうか

>作中ではまだ名前すら出てきてないので当記事では意図的に伏せております。

EDのキャストテロップは作中じゃない…のか

北朝鮮籍と朝鮮籍の区別がついてないやつ多そうだな。

そもスピンオフとオリジナルを比べんなよ

>あのプロットがステイナイトの時点ですでにきのこが大まかに作ってたものだってことはわかってるんだろうか

そりゃきのこの考えた切嗣は感情を押し殺した機械だけど虚淵の考えた切嗣は私情でセイバーを無視する餓鬼なんだもん

もうゼロのは話題はいいよ
どうせsn叩いてるの対立厨かバカなガキだけだろ
つーかゼロのほうが面白いって言ってる奴はせめて原作やってから言えよ…
ファッション鬱って言ってたのがいたけどまさにそれだな(ゼロがじゃなくて過剰に持ち上げてる奴らがね)
コメント見てるとゼロの魅力も表面的にしか見てねえくせに原作叩きしてんだから笑わせてくれるわ

海外の人も意外と原作プレイ済っぽい感じの人多いね。国は問わず。
まとめだからコメントもチョイスされてて当然だけど、結構「わかってる」人が多くて嬉しいわ。

あと紫の髪の彼女の人気の高さも嬉しいなぁ。

まずzeroはきのこが骨組みどころか肉付けまで終わらせて色塗りだけ虚淵に任せただけの作品
きのこ貶してる奴も虚淵貶してる奴もお互いにブーメランなのが分からんのか

Zero-chuu-がZero持ち上げることで却ってZeroアンチを増やしている感じの米多いね、ここ。
普通にZeroもsnも好きな人が大半なのに。
わざわざ「snよりも面白い」ってZeroが賞賛されないと死んじゃう病気にでもかかっているかの如く、だわ。
普通Zero面白い、snも面白い、がなんでだめなのかね。Zeroはsnよりも面白い、ってことになってないといけない、あの強迫観念はどっからくるんだか。

まあ、自分が先に見たもの、知ったものの方が上じゃなきゃイヤ、っていう頭の悪さ加減がchuu-らしいといえばらしいけど。

ゼロの話題はいいと言いながらゼロゼロ言ってる奴は何なんだ?

時臣はハーフで凛はクォーターだろ。
その説明アニメでは無かったから仕方ないけど、どっかでいれておいてくれれば混乱せずに済んだかもね。

ただ、士郎が普通の高校生にしては北欧のガンドに詳し過ぎる、と言うツッコミはなるほどと思ったけど。
やっぱ切嗣がそうした魔術周辺のあれこれをいろいろと話をしていた、っていう推測コメの考え方が自然かな。

士郎は実際の魔術の腕に反して魔術の知識のほうはわりとある
超マニアックな部類の魔術である固有結界についてもそこそこ知ってたり
凛にも「つまんないことはよく知ってるのね」とか言われたり

ただしっかり体系立てて身につけた知識ではない感じなんで
やっぱり切嗣がちょいちょいと吹き込んだものっぽい

翻訳乙です。

士郎と切嗣の別れから始まって、凛の切嗣への魔術師としての弾劾で終わる。
よく考えて作られてるよね。
Zeroのラストからまた物語が動き出すって感じで良かったな。
確かに戦争物を求める人には物足りないんだろうけどね。

> ゼロが戦争物だとするならステイナイトは学園物だよ
> 学校に通ってる主人公が不思議なことに巻き込まれていくってのがステイナイトで
> 願いを叶えるために主人公が殺し合いをしていくのがゼロ
>
> スタート地点が違う

どっちも好きなんだけど、これすごくよく分かるわ
やろうとしてることがそもそも違うから、
片方を求めて見るとなんか肩透かし喰らっちゃうようなとこはあるよね

凛のガンドは高出力すぎてただの呪いが物理的な破壊力までもってる
そんだけ凛のスペックが高いってことだけど
フィンの一撃に関してはまほよで実際に使われたものと比べても別物なんでたぶん違う
凛が使ってるガンドは呪いという面では即死するほど強烈ではないはずだから

>ガンドの由来は人を指さす事が失礼である事から来る。

逆じゃないですかね?
人を指すのが失礼なのは、ガンドの事があるからでしょ?

>>逆じゃないですかね?
人を指すのが失礼なのは、ガンドの事があるからでしょ?

ご指摘ありがとうございます。
wikiか公式からの引用のようだったので、私の翻訳ミスです。
修正させていただきました。

士郎の評価が低いことは良いことだ。ここで士郎が嫌だなと思うやつほど、むしろ回を追うごとに評価がうなぎ登りになっていくからな。
この時点の士郎が好きな奴は、むしろ最後の方の士郎をあまり好きになれないかもしれない。

北朝鮮www
UBWは少年漫画じみてるからな。ZEROの様な群像劇が好きない人には受けないだろうな。俺も月姫からの型月厨だけど、SNよりはZEROの方が好きだし。

>今回初登場したサーヴァントについてですが、当たり前の様に名前を出して議論されておりましたが、
作中ではまだ名前すら出てきてないので当記事では意図的に伏せております。

EDクレジットでクラス名と声優出ちゃってるんだけどどうなんだろう。

>月姫からの型月厨だけど~

さすがにクサすぎんだろ
月姫からのファンならUBWを少年漫画で終わらせはしないハズだが(確かに王道展開で近いものはあると思うけど)
最後にわざわざzeroの方が好きとか余計な一言つけるあたり胡散臭さ丸出しなんだよなぁ

少年漫画じみてる=少年漫画で終わらせる、なのか?

どちらかっていったら、少年漫画に似ている、それに近い要素がある、みたいなニュアンスだと思うが

>>EDクレジットでクラス名と声優出ちゃってるんだけどどうなんだろう。

そこまでチェックしていませんでした。
要らぬ杞憂だったようですね。
とはいえ、名前を伏せる事が害になる事でもありませんし、
ストーリー中で出てこなかったのも事実なので、このまま伏せておく事にします。

>原作を知らないけどそんなにカットしてるのか、ゲームは苦手だから小説出てたら買おうかな。

ノベルゲームが小説として発売される可能性は限りなく低いと思うよ…

サーヴァント名伏せた管理人判断は名采配でしょ
おかげで記事を楽しく読めたよ
コメントしてる海外勢が知りつつ敢えて「紫髪の女性」なんてミステリアスな名称使って隠すことで、作中でサーヴァント名が判明する時までのワクワク感・臨場感を楽しんでいる…という設定でw

>ノベルゲームが小説として発売される可能性は限りなく低いと思うよ…

おっそうだな(パラダイムノベルス版 痕 を見ながら)

原作はテキスト読むだけで60時間だったっけ。
タイガー道場入れたらもっとだな。
あれを小説にするなら三部作にするしかないし、それぞれエンディングをどうするんだって話になってしまう。

「誰もが納得する小説」ならきのこに書いてもらうしかなくなる。
果たして奴にその余裕があるのか分からんが。

苦手なら仕方がないが、読むゲームもなかなか良いものだぞ
特に音楽な、盛り上がりの味付けとして最高

てかそろそろ公式はiOS版のセイバールート無料を開放するべき
もう11月だぞ、秋っていつまでだよ

>EDクレジットでクラス名と声優出ちゃってるんだけどどうなんだろう。
さすがにこれは揚げ足取りのいちゃもん。
管理人さんは大人の対応。

劇中も作中でもかまわんけど、これはストーリー上で説明されてないって意味でしょ。
ファンもさして問題視してないからいいんだろうけど。
俺は、あれ?凛の説明とか改変で入ってたっけとか思って見返してしまったw

連射してるガンドがまるで士郎に当たらないところが
ガルパンの片メガネに繋がる

たしかにzeroから入った人にはぬるく見えるかもしれない…でもそれはゲームとしてのSNをやってないからだと思うんだ。
ゲームだとちょっと選択肢みすっただけで凜が首チョンパになったりしちゃうし緊張感あるよ。
是非プレイしてみてほしい。

正義の味方というより、正義の狂人とか正義怪人のほうがしっくりくるな>士郎
プロフィール

sotohan

Author:sotohan


更新状況を呟いています。
よかったらフォローしてください。

スポンサードリンク
最新記事
翻訳した作品一覧
人気記事
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。